FC2ブログ

resonance

Entries

resonance/ライター&セラピストの潜在意識とかちょびっとスピとか現実とか

  • <<  black×white
  • >>  2017年8月までのワークショップ予定

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 お時間の確保が難しい為、受付休止中です。
 詳細はサイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 現在、お客様からのオファーで行うオーガナイズ形式での開催です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

素直さは宝

  • 2017.05
  • 18

Edit1377

去る5月14日は、5月度のワークショップ開催日でした。
御参加下さいました皆様、まことにありがとうございました!



この日のテーマは【不要なものを手放す】でしたが、このテーマに惹かれて御参加下さった方がいらっしゃいました。
私達の人生は、ほぼ不要な思考で埋め尽くされていると言って良いのではないかと思います。
仮に物理現象や人間関係が円満(困窮するレベルではない)であっても、「足りない」「嫌だ」という思考をそこへ適用するせいで不幸である、ということはかなり多いのではないでしょうか。

この【考え】を手放した時、私達は何を体験するのかな?
これらの【考え】は、何の為に使って来たのかな?


というのを理解することが、この日の学びの肝だった訳ですね~。



長い間、押し込めて来た気持ちにやっと目を向けることが出来て、

「自分だけでは、これに気付くことが出来ませんでした」

と涙を流された方がいらっしゃいました。
その方の気付きの瞬間を目撃したことで、「これまでの自分の姿勢や考えが間違っていた」と連鎖反応のように気付いた方もいらっしゃいました。

そこに居合わせる、その出来事を共に体験する、目撃するというのは、『我々は誰一人としてお互いに無関係ではない』のだということを何度も教えてくれます。
その場で直ぐにピンと来ないとしても、いずれハートに響くかも知れません。
その時に見たこと、体験されたことは、無かったことにせず暫く見直す為に使ってみて下さいねー。





度々書いていますが、私達が目撃・体験することは全て、私たちの思考から発生しています。
この『思考』とは、潜在意識~魂(無意識)~集合無意識~超意識レベルの思考を含みます。
潜在意識以下の思考については、大概外からの物理現象として体験される訳ですが、日頃の私達はよもや自分の思考だ等と全く気付くことなく生活しています。
また、それら(物理現象)をどのように解釈(意味付け)するかについては、私達の顕在的な思考が行っていることです。

私が現代日本を見てみると、潜在意識以下は特に問題が無いのに、顕在的な意識があれこれゴチャゴチャしている結果、『自分で』問題を態々創り出したり、特に問題の無い現象に対し「足りない!」「無い!」「気に入らない!」とイチャモンを付けて喧嘩を吹っかけてみたりという事例が非常に多いように思います。


私は個人セッションをご依頼頂いた時、事前にリーディングを行います。
ご本人様の仰る【問題】が、一体何処に端を発しているのか、見てみる訳ですね。
その出元が魂(過去世なんかは此処)なのか、その上層に当たる潜在意識(インナーチャイルド等の過去一般は此処)なのか、はたまた顕在意識なのか。
分かる所まで、先に情報を拾っておくんです。時間の節約の為に(笑)。

ご要望によっては、魂がどのような人生計画を立てて来ているかも見ます。
その時のご本人が「私はきっとこうなる筈だ」「私の苦しみはこれが原因の筈だ」と思っていらっしゃることとは、正反対のことを読み取ることが結構あります。
それで、リーディングした内容を正直に申し上げることで怒ってしまう方もおられます。
百発百中とは私も断言しませんが…でも、外したことは無いですねー、今の所。
この辺りは経験がものを言っている気がします。



「これが原因に違いない!」
「こうなるべきだ!」
といった考えは、失望と怒りを生み出します。
何故なら、事実は大概そうではないからです。
もしそれが本当にそうだとしたら、問題として継続状態には陥らないと思います。

そういった当て推量をせず、また「こう言って欲しい! 自分を正しいと言って欲しい!」という期待を持つことなく、"自分の心を正直に素直に見てみるという姿勢"を持つことが、幸福という結果に対し非常に重要な要素になります。


「こう言ってくれると思ったのに」
「こうしてくれると思ったのに」
「こういう具体的な結果が出る筈だと思ってたのに」
という期待があるか無いか、自分の思考を点検しましょう。

もしこれらがあるとしたら、何らかの事実に対する否認を行っていることになります。
事実に対する否認をしていると、それを否定してくれる"何か"を探し回ります。
だから他人から何か特定のことを言わせたくなるし、同意して欲しいと強く要求することになります。
占いの先生なんかに通って…ということは多い気が。します。


抑々否認はどうして行うのかと言えば、そうすることで自分を守ろうと試みているのですが、それ以前に肝心の自分が元々の事実を知っていることで、どうしたって否定し切れないんですよねー。
結果的に、どれだけ頑張っても全然防衛出来ていないので、元の事実によって自分が脅かされていると焦り、怒っている状態です。

宇宙からのギフトは常に送られて来ていますが、それをこのような防衛的な考えで頭を一杯にすることによって、幸福を弾き飛ばしているかも知れません。
常時こういう思考を使っているとなると、「うがー!」と喚いて受け取らない訳ですから、その分【自分で引き寄せ】を頑張らなきゃいけなくなるし、凄く頑張って頑張って噛り付いて『自分で願望を現実化』しなければならなくなります。


それをやっている時というのは、「どうせ私にはくれないんでしょ!」「一人で頑張らなきゃいけないんでしょ!」「何とかして隠さなきゃ」という怒りや怖れの思考を使っている為に、例え形が上手い具合に変わったとしても全く喜べないんです。
なので、防衛に端を発した形の変化は『時間の無駄』ということになってしまいます。
「形は変わったけど、私は幸せじゃない」からです。

私達は幸せ(納得とも言います)を体験するまでは、多分どんな体験をしても満足しないように出来ています。
何故なら、幸せ(愛)が本体だからですね。自分が本体に即した状態に戻らない限りは、どうしても居心地の悪さを感じるのです。

因みに、願望実現を否定しているのではありませんよ、あしからず。
不幸な思考を元に、それを誤魔化す目的で願望実現をすると、必ず不幸に行き着きます。
そうではなく、忘れているだけで元々実は持っている喜びを思い出す為に、幸福を望むと良いということですね。




じゃ、幸せに戻ろうじゃないかー。
ということであれば、それを阻害する考えを手放すことがとても大切なのです。
それに先立ち、事実を事実として受け止めることです。
この段階で「あ、そうなのか」と納得して、問題が雲散霧消することも多々あります。

体験を素直に受け止めることで、問題解消までの時間が大幅に節約出来ます。
「でも」「だって」「私が!」と言わない。
とにかく黙って受け止める。あーだこーだ言わない。
いつものように何かコメントしたくなるのをぐぐっと堪えて「そうなのかー」と頷くことですね。


素直さは人生の宝です。
幸福へのプロセスを、速めてくれます。
小難しい理屈であれこれ言わず、事実を素直に受け止める、素直に心に目を向けるという姿勢で毎日を過ごして参りましょう♪




Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  black×white
  • >>  2017年8月までのワークショップ予定

プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
※過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、必ず最新記事近辺を幾つかご確認下さい。
セラピストの基本姿勢、考え方をご理解の上、ご予約願います。

※相互リンクは現在募集しておりません。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は





※『赦しのカリキュラム』はテキスト&ワークブック等の内容に疑問がある方向けの質疑応答集。一番最初に手を着けると難解に思われる可能性があります。学習を進めている方にお勧め。

ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi