FC2ブログ

resonance

Entries

Date : 2018年12月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 現在、お客様からのオファーで行うオーガナイズ形式での開催です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

新年を前に、大変な冷え込みですね。
どうぞ暖かくしてお過ごし下さい。



今日で2018年が終わりますねー。
自分の一年を振り返ると、答え合わせや理解のスピードが格段に上がった印象です。
……いえ、それまでがあまりにも遅かっただけなのですが……まあ、ちょっと速くなって良かった良かったんじゃないのー、っていう…(笑)。

今年も『奇跡のコース(ワークブック)』のレッスンを毎日+『ホ・オポノポノ』のクリーニングを毎日併用、という形で自己理解の道を歩いておりましたが、消化しなければならないイベントがちょっと(沢山?)残っていた(る)んだなーというのが正直な感想です。
なので、地道にコツコツと自分の中をクリーンにして来ました。


『消化しなければならないイベント』=『未完了の過去の記憶』です。
まだ表面に出て来ていなかった回収イベントが色々あって、事後に見直すと「あー…」と納得行く、っていう感じです。

体験したことについて、出来る限り速く理解して照合作業を終わらせないと、時間がとにかく勿体無い! 時間短縮! 時間短縮! という一心で毎日向き合い続けていました。
そうでもなければ、「ただただ過去の再現だけで一生を潰してしまうー! この人生全て意味無し!」ってことになりますからね(笑)。



その日に体験したことを、可能な限り流さないで終わらせる努力をする。
自分の中で発生している反応を見逃さない。
ふと思い出したことをその瞬間キャッチしてクリーンにする。
まだ因果関係が解明されていない過去の出来事について、何度も見直す。
「…でも、なんで?」「それは何の為?」「理由は?」「ネタ元は?」と、疑問を持って掘り返す。
「あれはこういうことだった筈だ」とこじつけて逃げない。
腑に落ちて納得行くまでしつこく見直し続ける。
体験した現実を何度も見直す。


ひたすら毎日そういう感じです。



奇跡のコース』で言う処の"エゴ"について、「あー……なるほど…そういうことだったんだ……」と気付いたことも沢山ありました。
何についても同じですが、文字情報だけで分かった気になってはいけない、自分の過去の体験を参照して適当に収めようとしてはいけない、私は何も知らないのだ、だから早急に結論を出したり、分かったつもりになって流すなんて以ての外なのだ、という姿勢は本当に大切です。

気付かない間に同じところをぐるぐるしていただけ…という目に遭わない為にも、何度も
「いいえ、私は何も分かっていません」
「私は一体、"本当は"何を見ているのだろう? 何を見せられているのかな?」
と気持ちを糺すのが重要であるとも痛感しました。
だってホントーに何も理解していないから(笑)。



道の遥か先を行く方々が、長い間掛けて様々な方法で沢山の教えを記して下さっていること、それを知る機会や状況に恵まれていること、そのお蔭で踏み外したり長期間混乱せずに自分の体験を確認出来ていることに、ひたすら感謝の念を覚えます。

情報化社会なので、インターネットの存在や本が沢山あることも、私達にとっては素晴らしい恩恵です。
理解までの時間短縮が極限まで可能になる、というのが今の時代の凄い所だと思います(そのように使わないと意味がありませんけどね)。
「ははー、ありがたやー」という気持ちでいつも使わせて頂いております。




本年もこちらのblogにお付き合い頂きまして、まことにありがとうございました。
皆様、どうぞ気持ち良く新年をお迎え下さいませ。



今年終了、平成終了まであと数日と相成りました。
しかし通年、平常運転で生きていると、「暑い」か「寒い」程度でしか時間の移り変わりを測らなくなりますなあ(笑)。



本日は、スピリチュアルの『基礎の基礎』であるお話をば致します。


みんな、何らかの苦痛や不幸に喘いでいるのがこの世界です。
この宇宙は神ではなく、エゴが「自分は不幸だ」と主張する為に造った夢の世界なので(詳しくは『奇跡のコース』の解説を読んで下さいな)、そのままほっとくとずーっと不幸スパイラルです。

何しろ「自分はこんなに辛い、苦しい、愛されていない」と言い続けるのが目的なので、放っておく限りは悪夢の中をウロウロし続けます。
「見ないフリをしてやり過ごせば、その内に消えて無くなる。都合よく勝手に周りだけが変わる」等と言うことはありません。


しかし心の何処かには「幸せが欲しい」「愛されたい」と思っている部分もあります。
誰の心にも、です。

引き寄せとか願望実現では、『如何に自分を変えたり見たりしないまま、プラスの蓄積をするか』に焦点が置かれていることが多いでしょう。
が、この世界は全てが自分の内側の世界、つまり"全部自分"である為、『出したものは他人ではなく自分宛て』であるという大前提が存在します。


『蒔いたように刈り取る』という表現があります。
葡萄の種を蒔いたら、葡萄の実が生って収穫することになります。林檎の木を植えたら林檎です。
何も蒔かないのに、そこに種が無いのに、魔法のようにワンサカ何かが生る…ということは無い、という話です。
ここで言っている『種』とは何かというと、『思考/心の在り方・目的』を指しています。

「周りが私に優しくしてくれない!」という不満を持っている人は、他人様に対して大概優しくしていません。
形や言動でそのフリをしている、そのつもりになっているだけという可能性はありますが、あくまで独り善がりでしかなく、心が無い訳です。
「これを寄越せ」「ああしろ、こうしろ」という目的の為に、押し付けているだけ…ということだったりします。

この宇宙は心だけが通じる世界なので、その理屈で表面上優しくされても、相手は「なーんか嫌な感じがする」「嘘くさいわ~」と思って後退りをしたり、そもそもやったことや言った言葉が相手にとっては不要であったり、逆に失礼だったりすることも有り得ます。
結果、「こんなにしてやってるのに! 返って来ない!!」ってキレたりするのですが、「してやってる」とか言っちゃってる時点で何様なんだって話です(笑)。



「自分がして欲しいことを相手にもする」という言い回しもありますが、つまり
『相手をよく見て、要不要をちゃんと判断して、その人の幸せの為になることをやったら、自分にもその結果が返って来ますよー』
ということです。

例えば自分がチョコが欲しいから相手にもチョコをあげる、っていうのだと前述の『押し付け』に当たります。
その人はチョコが嫌いかも知れないし、ダイエットをしている可能性もあるし、とにかく喜ばない可能性がでっかい。
「だって自分がしてほしいから」と言うなら、自分で買えば宜しいじゃないですか、ということになります。

「自分が! 自分が!」とアピール視点になってしまう理由は、自分や自分が体験した出来事を正しく見ていないからです。
誤った解釈は誤った結果を生み出します。




「子供の頃に自分が怒られて嫌だったから、我が子を怒りません」
という話を時々耳にします。結果は如何でしょうか。その子は、どういう学習をしたでしょうか。
先ず、その子は自分とは違う人間だということを何故か失念していませんか。
いちいち注意されないと、怒られないと学習しない、という子もいます。ただ諭して優しくすると、付け上がるタイプもいます。
一を聞いて十を知るタイプの子もいます。『人の振り見て我が振り直せ』が出来る子もいます。色々です。
よく相手を見て判断しないと、とんでもない方向に捻じれてしまう可能性もあります。

抑々、「昔、自分は怒られて嫌だった。自分は被害者だ」という解釈が正しいのかどうかを疑う必要があるでしょう。
その時に怒られたこと自体は、もしかしたら正しかったかも知れないんです。
自分が間違っていたから、悪いことをしたから、ということだったのかも知れないですよね。
自分は傷付いたと言い続けて来たものの、単にプライド(全能感)が傷付いたから嫌だった、ってことではないか? 自分の非を認めたくないと言っているだけでは? と、出来事自体を見直す必要があります。
ただ「あれが嫌だ、これも嫌だ」って言っているだけとは違うのかな? と、ちゃんと見直す。


こういった自分の見直し作業をして行くと、『実際、その人にとってどうか』という視点が訓練されて行きます。
自分の中の誤りの訂正がされると、当該箇所について他人様にも適用されるのです。
そうして、段々と『蒔いたように刈り取る』『与えたように受け取る』ことが理解出来て行くでしょう。

原因と結果は同じですよ、という言い回しにもなります。
怒りが原因なら怒りが結果です。感謝が起点なら感謝を回収します。
私達は形ではなく、気持ちの体験を蒔き、刈り取るのです。

喜びがスタートなら、必ず喜びの体験を刈り取ることになります。
否認がスタートなら、結果また否認したくなる出来事を回収します。
蒔いたように刈り取る。与えたように受け取る。実は非常にシンプルなシステムなのです。



先日は12月度のワークショップでした。
ご参加頂きました皆様、まことに有り難うございました。
2018年のワークショップ開催は全て終了しましたので、2019年のご参加をお待ちしておりまーす。


ワーク中に今年を振り返って頂いて、
「年初に想定していた内容や目標については如何ですかー。今年は予想していた通りの一年でしたか?」
とお伺いしたのですが、

「認めなければならないことを認めずに居ても都合良く行くだろうと思っていたが、全く違った」

とか

「これまでの自分の行いやあれこれの言い訳になるような、『あーそれは仕方ないよね』って言われるようなこと(悲劇的な過去世等の大がかりなストーリー)が解明されるというアテがあったけど、全然でした。それがあれば、自分に対する認識を正しく改め(下方修正し)なくても良いから、アテを作っていました」

といったようなお話がありました。



正直(笑)。



来年にこの考え方を持ち越してしまうと、また年末にガッカリ落胆する羽目になります。
別に年末まで待たなくても毎月(毎日?)ガッカリ祭りになりますので、それが嫌なのであればここから何か正しいことを学び取らなければなりません。

『こう思いたい』という内容は何らかの事実を誤魔化す為に後付けで拵えたものなのだ…ということです。
自分が大事にしているアテを見直し、「これは何の為に作り上げたのだろう」と疑問を持つ必要がありますね。


「あれ? 思ってたのと違うぞ?」
という体験をした時、如何にその段階で足を止められるかというのは重要です。
でないと、「まあ、大丈夫だろう」と言って進んでしまい、後で取り返しのつかないような嫌な体験をしたり、「あそこで引き返せば良かった」と後悔してもしきれないような思いをする可能性が高いからです。

一度、思い通りに進まないとか、嫌な思いをしたという体験をしたなら、
「ん? ちょっと待て」
と、自分の足を止めた方が良いです。
嫌な思いをする時間を引き延ばさないで、短縮して切り上げる為ですね。



私が長い間、色々な方のお話をお伺いする中で「要するにこういうことか…」と思ったのは、あれこれ悩みがあるとか嫌だとか変えたいと言っている内容の大半は、

『自分はこんなもんです』
『私は誰々と違ってこの程度です』


というのをどうしても認めたくない、という話に集約されるんだなーというものです。


親や兄弟姉妹、クラスメイトやご近所さんなど、他の人と比較して自分の方が負けた、劣っているといった事実を体験する…というのは普通にどなたでも通って来ている道だと思います。
自分と他人を比較すること自体は別に悪いことでも何でもないのですが、それをどう使ったかで明暗が分かれます。

他人との比較を自分を知る為のスケールとして使うなら、幸せに生きて行けると思います。
「私は元々こういう人なので、この辺りが妥当な線です」
と納得すれば、その後の人生で自分に合ったチョイスが出来るようになるからです。


誰にとっても、『自分』に合った生き方が一番幸せです。
自分以外の人にはなれません。
でも、「自分の方が○○だなんて認めない! キー!」とキレ続けていると、他人基準で物事を測るようになります。

誰々がやっているからそれを真似する、誰々が持っているから真似する等々、『自分』ではなく、『他人がどうしているか』によって人生を作ってしまうと、大変な不幸の連続だと思います。
自分を生きられない、自分にマッチする人生を歩めないということは、自分を自分で否定していることになりますね。


因みにこの「負けを認めない」という観点で、願望実現や引き寄せに執着している人が大変多くいらっしゃいます。
この考え方の土台を使っている限り、ある特定のジャンルについては絶対に実現しないと言い切れます。
「あれは実現したのに、これはどうしても実現しないんです」
というお話をちょこちょこ伺って来た中で、私はちゃんとしたメカニズムがあることを発見しました。

潜在意識は精密なスーパーコンピュータです。入力した通りに出力されます。
「じゃあ、自分がどれだけイメージしても、アファメーションをしてもならなかった"アレ"は何処に出力されているのか?」といった疑問も、ちゃんと答えがあります。
これについて参加者の方にご説明した折、「ああ…」と納得されたご様子。ちゃんと仕組みがあるんですよね。



個人的には色々と発見や理解が続きまして、なるほどなーと頷くことの多い一年でした。
…「でした」とは言っても、まだ終わっていませんが(笑)。
残りの毎日も、理解を深め、気付く為に使って行きたいと思っております。



突然どっかーんと寒くなりましたね! でも12月だから多分正しい寒さ! 多分!(笑)
暖かくしてお過ごし下さいねー。



毎日ぼちぼちと自己ワークを行っています。
とにかく毎日毎日、過去の謎を解明するよう、理解が進むようにと意識を向け続けています。

何も因果関係を理解せずに

「仕方無かった」
「そういうもの」

と流してしまうと、またいつかやるのはよくよく分かりきっているので、思い出した時に「あれは何だったんだろう」と疑問を持つようにしています。しかもしつこく(笑)。


宜しくない出来事に「そういうもの」なんてありませんが、自分の人生では割と普通にありましたねーみたいなレベルのネガティブさだと、つい慣れてしまって、流すように自分で癖を付けてしまったり。
というものが沢山あって、でもそんな出来事に埋もれまくった人生だと、そうそう目を向けないで今に至ってしまいます。
そんな中、ある日「…ん? そう言えばあの時のあれって何だったんだろう…よく分からないままだったな」と首を傾げる事態になると。

そんな時こそチャーンス。
ふと思い出したということは、潜在意識(を担当しているインナーチャイルド)が、「解決求ム」とサインを送って来ているということです。
ですから出来るだけ意識を向けて当時の関連情報を思い出すようにし、逃げないように、流さないように厳重に気を付けながら、理解に至るまで可能な限りクリーニングを行います。
『見たくない、思い出したくもない出来事』として処理されている場合、直ぐ意識を逸らそうとするので、ここは要注意です。

直ぐにピンと来なくても、出来るだけ丁寧にクリーンにして行くと、何らかのタイミングで「あ。もしや…」というような気付きを得たり、またそれを元に確認作業を行ったりと、嘗てはただ腹立たしいだけだったり痛かっただけの出来事に、別の角度が見えて来ます。
結果、「あー……」とびっくりするような解明に至る。ことが、多い(笑)。



自分に向き合い過去を手放す作業を続けて行くと、
「あれもこれも、本当にどうしようもなかったんだな」
という風に納得することが増えて行きます。

私は記憶にある限り、子供の頃から凄く後ろ向きな人間で、「あの時、自分はもっとどうにか出来なかったんだろうか」と過去を振り返っては悔やむというのが物凄く多かったんですよね。
外で起きた出来事にも思っていたし、自分がしてしまった言動についてもそうでした。
別の結果を出すことは本当に不可能だったのだろうか、と、出てしまった結末に長年楯突いていたんです。


そんな中、一つずつ拾ってはよく見直す…ということを繰り返して行く内に、

「そうかー。そうだったのかー」

と理解が増えて行って、「どうにか出来たりはしなかったな」「何でとかどうしてとかではないなあ」と納得したことが山程あります。
「あの時どうにか」は抵抗の一種で、このルートに入ると自己嫌悪の泥沼で益々『自分死ぬほど嫌い病』が悪化するのですが、これも呼吸するように当たり前の反応だったので、ここに疑問の目を向けることもありませんでした。


この精神的なループ部分に改めて目を向けて、「で、これは何だろう」と疑問を持つようになり、段々と理解が深まって行く中で、
「あー、これもしょうがなかったのかー。確かにねえ。こりゃしょうがないわー」
と思わぬ気付きに至るという…(笑)。

結果、その時の自分を赦すようになるんですね。
『自分が大嫌い』とは、自分を赦せずに、裁いて罰しようとする気持ちだったのだと理解が続きます。
これを『手放す』『赦す』と言ったりします。



人の心は積層構造になっています。
タマネギの皮に喩えられることが多いですね。一枚ぺろんと剥くと、下から別の皮が出て来る、っていう。
但し、剥いても剥いても永遠に…というタマネギですが。
とは言え、一枚剥けば確実に皮(思考)は減り、核心に近付いて行くものです。

気付きが増えて行き、納得が増えて行くと、不満や不足を嘆くことがなくなって行きます。
誰かの、何かのせいにしていた沢山の不幸の理由が解明されることで、心が段々と安定して行きます。
グラグラな状態を無理矢理抑え付けたり、誤魔化したり、目を逸らすのではなく、その必要が無くなって行くんですね。
この時、過去のやらかしや沢山の後悔から手が離れて行きます。

気付いた時には、如何に自分が過去に縋り付いて来たのか、しがみ付いていたかが分かりますが、している最中はあまりにも当たり前で、自分から不幸に縋り付いているとは気付かないものです。
でもやはり、私達は多かれ少なかれ不幸に自ら縋っています。



自他を共に赦す道を歩む中、『自分で自分をどうにか出来る』『何もかも思い通りにしたい』という考えは段々と剥がれ落ちて行きます。
代わりに、目の前に置かれたもの、見えるものを一つずつ見直し、手放して行くという姿勢に変化して行くものだなーと。
大昔の自分からしたら、意味不明な姿勢でしょうねー。
「はー? なんじゃそらー!」って言ってたと思います(笑)。

自分の考えの全く及ばぬ所で、確かに私達は導かれているのだと思います。
…まあ、偶に「うきー! ふざけんなー!」って怒ったりもしますけど(笑)。
これは自分の中にあるドラマに怒ってる状態ですね。
この反応も、ドラマも、確かに今の自分の中にある現実なのだと確認した上で、コツコツクリーンにして行くのが毎日の生活です。




連続更新で記事が流れておりますが、一つ前の記事に、2019年2月までのワークショップ予定を掲載しております。



ちょっと前に、占いのお仕事をされている方のお話をお伺いしました。曰く。

「例えばエネルギーヒーリングを否定する気は全く無いんだけど、その場だけ良くなった気がしても、日常生活に帰るとネガティブな状態になって、それでまたヒーリングを受けに来る、っていうのはどうかと思う。占いも一緒で、その瞬間だけどうにかなった気がしても、実生活では全く活かされなくて、また何度も受けてしまう…っていうのは本当に疑問なんだよね」

御尤も。



これはする側の思考パターンでもあり、受ける側のパターンでもあります。
とは言え、別段珍しい現象ではありませんよね。
不幸ありき、過去に執着して自分が目的を動かさなければ、この依存的なループを何に対しても繰り返してしまいます。
マッサージに通っても通っても肩凝りが治らない的な感じですね。でもまた通う。ずっと同じ(笑)。

他にも、自分が何かやらかす⇒他人様から注意を受ける⇒誰かに正当性を保証して貰おうとして、「あなたは悪くないヨー」等と擁護して貰う…というのも、構造は全く同じです。
他人様に働き掛けて言って欲しいことを言って貰おうとする時、自分の中で体験した事実を必死に否定しようと躍起になっています。

でまあ、結果としては出来ないんです。事実何らかの目撃か体験があって、それを後から「そうじゃなかった」ことに覆すというのは絶対に不可能なので。
自分が出来ないので、他人様にやって貰おうとする訳ですが、「そうでしょ! だよね!」と言う話にその場ではなったとしても、元の事実が変化することは無いので、また誰かに同じことを言って否定して貰おうとする…というループ。
これ、割とよくやりませんか?



もし、何処かの段階で根本解決を目指すのなら、同じ技術を使ってもまた違う結果を体験するんじゃないでしょうか。
私達は目的が何処にあるか(=動機が何処にあるか)、ということに従い結果を出すので、疑問を持ったらよく見つめると良いです。

「このループを続けている目的は何だろう?」
「私は何かを無理矢理否定したがっているのでは?」
「根本的に解消することって可能じゃないのかな?」
といったことに目を向けられるかどうかです。

その技術を何の為に使うのか。
何かを無かったことにする為か、一時的に誤魔化す為か。
または、完全な解消の為に利用するのか。
何であれテクニック自体は中立なので、単に目的・動機の問題ということになります。



ヒーリングを受ける時、セラピーを受ける時、占いをお願いする時、自分は何を目的にしているのか、一旦よく見直してみると良いでしょう。
もし、否定や誤魔化しの要素がそこにあるのなら、よくよくクリーンにしてから臨むのがお勧めです。




すっかり12月ですねー。
全然そんな感じがしないなあというのが年々強くなっているのですが(笑)。


さてちょっと間が空きましたが、2019年2月までのワークショップスケジュールです。
2019年! ビックリ! こうやって書くと「もう来年かー」という感じです。



★2018年12月
日時:12月16日(日曜)午前11時30分~午後7時30分(8時間)


テーマは『今を受け取る』。今年の総決算です。
終わらせるべきを終わらせ、完了させることで、新しいものが入って来ます。
是非、年内に一つでも多くの理解を増やし、納得し、手放して、新しい年を迎える準備をなさってみて下さい。



★2019年1月
日時:2019年1月13日(日曜)午後12時~午後4時(4時間)


テーマは『今年の展望』
既に潜在意識内では今年の予定がキッチリ詰まっています。
潜在意識と、また潜在意識を超えた所にあるホーリースピリットから今年の展望を見せて頂きましょう。



★2019年2月
日時:2019年2月10日(日曜)午後12時~午後4時(4時間)


テーマは選定中です。
降って来るまで待機しております(笑)。
決定次第お知らせ致しますねー。


各種詳細はホームページへどうぞ♪





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
※過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、必ず最新記事近辺を幾つかご確認下さい。
セラピストの基本姿勢、考え方をご理解の上、ご予約願います。

※相互リンクは現在募集しておりません。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi