FC2ブログ

resonance

Entries

Date : 2018年03月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 現在、お客様からのオファーで行うオーガナイズ形式での開催です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

桜が散り始めました。
毎日何事かと思う程に暖かかったですね。最早、暑い…びっくりです(笑)。



お知らせを掲載します。

4月1日受け付け分より、カードリーディングのセッションをリピーター様限定メニューに変更させて頂きます。



カードは潜在意識をダイレクトに読む為に回答が早いんですが、ご本人が
『自分とは関係の無い所から答えが来る』
と思っていらっしゃるケースが非常に多いので、根本的な解決には至りにくいと前々から考えておりました。

勿論、得た情報をどのように活かして行くかはご本人様次第です。
出た結果を見て「じゃあ、そうなるんだ」と安易に受け取られるのではなく、
「現状、自分の意識がこっちに向いているということなんですね」
という解釈が正しいんです。


そういう意味ではおみくじも、手相なんかも同じです。
広げてしまえば、日常の全てがそうです。
ただ『意識を絞って特定の何かについて見てみる』というやり方がカードやおみくじなんですよね。

神社仏閣等でおみくじを引く方も多いと思いますが、引く前に
「特にこれについて、事実を知りたい」
としっかり自分にコマンドしてから引くと、はっきりした回答が返って来ます。
正に「投げたように返って来る」のです。


カードは答えをそのまま出してくれますが、問題の原因も答えも本人の心の中にあることが分からないと、その場を凌いでも繰り返してしまいます。
目先を変えて、形を変えて、自分は同じ場所に留まって繰り返すだけ…というのは時間が勿体無いだけです。

意識構造についてのご理解がある程度以上おありでしたら、「なるほど、私がそう思っているんだなー。どれどれ自分を確認してみよう…」と受け取って頂けるのではないかと。
是非そのようにお使い頂きたいです。



ワークショップ個人セッションについては当面、従来通りです。
何卒宜しくお願い申し上げます。





東京は桜が満開です。
ぽかぽか陽気のお天気が続いていますから、お外を歩くのが楽しいのではないかと思います♪



自己観察の道に入ると、断続的に様々なことに気付きますが、それが本当なのかフェイクなのかを見分けることはとても重要です。

例えば、「私が結婚出来ないのは親が不仲だったせい」という考えを使っているとします(あくまで一例です)。
この文章の前半と後半はどこが・どう関係あるのか、誰に訊いても「確かにそうだね」と言われる理屈が通っているのか、検証してみると良いでしょう。

もしも前半と後半を無理矢理くっつけているとしたら、例えばいくらセラピーを受けたり内観をしたつもりになっても、結果は出ません。
ただ、自分の不都合をこじつけたいだけなのかも知れない。
自分の不出来な部分を見ずに、何かのせいにしたいだけなのかも知れない。
そのように疑って見てみるということで、結果への時短に繋がります。



自分の内側を見つめるというのは、日々自分の思考を第三者視点で観察し続けることでもあります。
基本的に一人で取り組むことにはなりますが、何かに気付いた時、因果関係について「あっ」と思うことが起きた時、「そうだったのか~」で終わることなく、誰かに確認を取れるならば尚良いと思います。
質問に対し正直に答えてくれる、可能なら複数の人達に訊いてみる。


質問相手を選ぶ際には、注意点が幾つかあります。

・『自分もそう言われたいから他人にもそう言う』タイプの人
当たりの良いことは沢山言ってくれるかも知れませんが、正否の判定はしてくれなかったり…です。

・『自分を不幸だと思っているから、他人にも良いイメージなんか絶対にしてやらない』という怒り(嫉妬)を強く持っている人
これも、正否の判定は難しいと思われます。ハイ。

・『本当のことを言った時の相手の反応を予測して、それに合わせて言うことを変える』人
自分が嫌な目に遭いたくないから、相手の顔色を常に窺っているタイプだと、正直には言わないかも。
勿論、答えを聞いた自分がすぐキレたり全否定をする人間なのか、という部分も見直す必要があります。

・『誰に対しても同じことを言う』人
質問する意味が無いかも知れません。


質問されたことを自分の中に持って帰り、「う~ん…ちょっと待ってね」と篩に掛けてから誠実に答えてくれる人に質問するのが良いでしょう。


例えば、自分には『大金持ちの人とセレブ婚をしたい』という願望があるとします。
自分の中ではイメージが出来る! と言えるとして、他人様にそのイメージが出来るか質問して回ることはとても大切です。
その時、お相手の方は適当に口先だけで言っているのか、本当にイメージしようとしてからその結果を言ってくれているのか、よく見つめましょう。

もし「イメージ出来る」と言われたなら、その内容を具体的に尋ねてみる。
「それはイメージ出来ない」と言われたなら、そのイメージではなく、別のどういったイメージがあるのかを質問してみる。
「これは納得行かないけど、こっちだったら大納得」という所まで、ちゃんと聴く。

他人様が「将来あなたはこうなると思う」というようなことを仰ったなら、『何故そう思うのかという理由』まで教えて貰うことも、非常に重要です。
思考には必ず理由が存在するからです。




私達は
「誰かにこう言って欲しい。自分ではそう思えないから、私の代わりに誰か保証して」
と、自分に出来ないことを他人様に期待してしまいがちです。

自分ではっきり「私はこうなります」とか「これに気付きました」と本心から言い切れるなら、他人様に耳触りの良いことを言って欲しいとせがむ必要はありませんし、もし内容について否定されたとしても怒りを感じないでしょう。
ただ、確認の為に質問すれば良いということですね。

もしも誰かに質問をして、その回答(言って欲しいことを言ってくれない等)に対し腹が立ったとしたら、
「あれ? 私、怒ってる。私は『こう言ってくれ、確証をくれ』って思ってるんだ。つまり、自分ではこれについてどう思っているかと言うと…」
という風に、その原因を自分の中に探すことも出来ます。




私が同業の先生からお話を伺う際にも、
「これはまだ裏を取っていない話なんだけどね…」
という言い方を耳にすることが多々あり、やはり『個人的にこう思った』ことで終わらせるのではなく、『事実、どうであるかを確認・検証すること』を非常に重視していらっしゃることが分かります。

特に、心の世界について見直して行く際に事実確認をするのは、重要な作業だと私は思っています。
形には見えないから、何とでも言えてしまう。何でも否定し放題、作り放題、言いたい放題です(笑)。
顕在的に都合良くイメージを作り出す(現実逃避の為に妄想する)ことも出来てしまいますよね。


見えないものだからこそ、確信を得られるまで入念に検証を繰り返す。
常に心掛けて行きたいことです。



春分の日を過ぎました。巷は桜が咲いて綺麗です。
最近は暖かい日が続き(一瞬凄く寒くなりましたが)、桜が早く咲いている様子です。
週末はお花見の方も多いと思います。どうぞ楽しんでいらして下さいませ♪



去る18日は3月度のワークショップでした。
ご参加下さいました皆様、まことにありがとうございました。


今回は、これが分かると自分と外側の世界とのやりとりがすご~く楽になる、誰かの喜びを自分も喜べるようになるキモの原理、『与えることは受け取ること』について学んで頂きました。
以下、参加者の方から頂戴しましたご感想です。



「喜びやありがたさがどんどん溢れてくる感じを体験することができて、本当によかったです。
今までは『与えることは受け取ること』と、文字としてただ読んでいるだけで全然分かっていませんでしたが、こういうことなのか! と身体で感じることができました。ありがとうございます。
この気持ちがもっともっと感じられるように、常にこちらの気持ちで居られるように、人とやりとりする時にはこの気持ちを目指して過ごします!」




スピリチュアル(潜在意識)の世界には幾つかの基本原則がありまして、その中でも根幹に関わるものが、こちらです。
これが分かるようになると、『喜びは分かち合うもの』という意義が呑み込めると思います。

これが分かって来ると、
「何で私がそんなことをしなきゃいけないの!?」「何でやってくれないの!?」「全部他人にやって欲しい~」
という不平不満の状態で居ること、またこれらを指して「私は不幸だ!」と思ってしまう癖からも脱却出来ます。
特に「チョウダイ! チョウダイ!」のみで思考が埋め尽くされていて、その考えのせいで(周りが思い通りにならないから)不幸…という場合、これが分かって行くことが幸せへの道だったりもします。




勿論、一度ちょっぴり気付いたからと言って、全自動であらゆるものに適用される訳ではありません。
拡大して行くにはその後の心掛け次第ではありますが、それでも一度事実に気付けば、脇道に逸れてしまった時に「本当はこっちが正しいんだった」と思い出して軌道修正することが出来ますよね。

何事も一気に分かるようになる、なんてことは無いので、ちょびっと気付いたら、そこから徐々に現実に適用して行き、範囲を拡大して行く…というのが安全で確実な道です。
理論は理論で勉強しつつ、あとは毎日の生活の中で実践し、当て嵌めて行くということの繰り返しです。
検証を続けることで、新たな疑問点も出て来るでしょうし、それを元に色々な面から見直し…ということを重ねて、理解は深まって行きますねー。


あれが欲しい、これが欲しい、あれになりたい、あそこへ行きたい…という引き寄せ的な変化を望むことも、楽しいことですよね。
それだけでなく、『こういう気持ちで人様と遣り取りが出来る自分になりたい』『これを大切に出来る生き方の自分になりたい』といった心の状態に目を向けることもプラスして行くと、角度が変わって気付くことがあるかも知れません。
何かを引き寄せた時、形を手に入れた時、それを沢山喜べるには心の状態が大切ですから。



すっかり春めいて参りました。
桜もちらほら咲き始め、もうすぐ新年度ですね~。



「幸せになりたいから、引き寄せやアファメーションや様々な方法を色々試しているのに、何で全然ならないの?」
という疑問を持っている場合、次の手に飛び移ることを止めて、『自分が出した結果』を受け止めなければなりません。
手段を何にしようとも、目的が変わっていない以上は、何を使っても同じ結果を出します。

私達は常に「こうしたら、こうなる筈だ」という想定をします。
でも、ならなかった。という場合、その結果(現実)を認めることなく「おかしい。もっとやれば変わる筈だ」とか「偶々タイミングが悪かったに違いない」と言って、一度作ってしまった失敗のパターンを繰り返します。


一度でも思わしくない結果が出たのなら、結果ではなく自分の考えが間違っていたのだ、と素早く認める必要があります。
何故かと言うと、結果を認めないで繰り返すことは、タイムロス以外の何物でもないからです(結果は変わりませんから)。

「と、いうことは…自分の考えの何かが、何処かが間違ってるということでは?」
と自分の思考プロセスや目的設定について精査し直す方が、余程結果に近付きます。
真っ先に見直すべきは『目標設定/目的』です。
砕いた言い方をすると「それは何の為か」ですね。


おおざっぱに、「幸せな気持ちの為」かどうかを見直したら良いでしょう。
抑々、ここから逆に考えているケースは非常に多いのです。
もし、幸せな体験の為なのだとすると、これについて考える時、行動する時、どの瞬間も幸せです。
焦りや怒りや嫉妬や不安、怖れの一切を感じません。
だから自分の気持ち、思考に目を向けて観察されると良いでしょう。

怖れが裏にある異常な興奮と、『幸せでワクワクしている』を取り違えている人はすごーく多いです。
『安心したい、ホッとしたい』という言葉が実は、単に『失望を誤魔化したい』『逃避したい』だけである、ということも大いに有り得ます。
それと『自分が正しかった!』という、鬼の首を取ったような怒りの思考を、『達成感、満足感』と履き違えているとか。


そうそう、願望や計画を達成することで「私は正しいのだー!」と主張したいのかどうかは、よくよく見直す必要があります。
この思考に自分を支配させている時、間違いなく不幸です。
いつも苛々しているだろうし、焦っているだろうし、周りを見ては妬んで腹が立ち、自分だけが不当な扱いを受けているかのような妄想で頭が一杯なんじゃないでしょうか。
『何かを否定したい』という動機/目的であるかどうかも、非常に重要な点です。ここをシビアに見分けられるかで、その先が真っ二つに分かれます。

心の何処かで『自分は間違っている』ことを知っていながら、それをどうしても認めたくないという怖れの考えがその正体です。
この怖れに衝き動かされ、そこから逃げたい、隠したい、という焦りで「あれがこうなれば幸せな筈だ」と考えます。
でも動機(目的)が怖れから逃げること、自分の間違いを誤魔化すこと、隠すことですから、ずっと不幸な気持ちのままです。
もし何か願望や計画があって、この気持ちが該当しているなら、直ぐに手を止めた方が良いんじゃないかと思います。
スタートから不幸ならば、その先もずっと不幸だからです。

途中で急に不幸が全部消えてハッピーに塗り替えられることは有り得ません。
自分が不幸の考えにしがみ付いているから、ですね。


『出した結果を完全に認める』こと、つまり『自分が間違っていた』ことを確認しないと、やり直したり、望む幸せを体験することは出来ません。
算数の計算で自分の答えが間違っていたらそれが事実ですから、「そうか、間違ってる。確かに」と認めてから正しい答えに行き着くように見直す、というものと同じです。

「自分は幸せを望んでいる『筈だ』」
という当てがあるなら、詳細に見直した方が良いです。
「幸せがいいに決まってるじゃん!」と即答する人は多いのですが、言う割にはやっていないですよね…。
沢山不平不満を言っているし、口に出さないまでも頭の中ではあれが嫌だこれが心配だって、殆どそればかりじゃないでしょうか。


自分の考えを見直して、現在体験している気持ちが「ああ、有難い。とても平和で嬉しい」ということでないのなら、幸せが良いとか、自分は幸せになりたいだなんて全然思っていません。
その代わり、何か別のことを考えていて、それを体験しているんです。
「思っているのにならない」なんてことは絶対に無いからです。

また、自分の考えに周りを当て嵌めたい、周り『だけ』が変われと要求している場合、100%気持ちが不幸です。
ここも惑わされやすいポイントなので、自分の心を誤魔化さずに見直されるのが良いでしょう。
私達はついつい「周り(相手/現象)さえこうなれば幸せなのに」と思ってしまいがちですから。
抑々、現在体験している結果は誰が作ったのよ。というのを見ずに、責任転嫁したくなっちゃうんですよねー。



自分が体験している結果を認めることは、新たに目的を設定し直す上で、とても重要なステップなのです。
ここを認めること、何故この結果なのかという事実を認めることが、最も早い幸せへのルートなのだと言えます。



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
※過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、必ず最新記事近辺を幾つかご確認下さい。
セラピストの基本姿勢、考え方をご理解の上、ご予約願います。

※相互リンクは現在募集しておりません。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は





※『赦しのカリキュラム』はテキスト&ワークブック等の内容に疑問がある方向けの質疑応答集。一番最初に手を着けると難解に思われる可能性があります。学習を進めている方にお勧め。

ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi