resonance

Entries

Date : 2017年08月01日

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

8月突入ですー。







スピリチュアルの先生方が共通で仰っているのが、


「我々一人ひとりに、今生に於いての計画・シナリオがある」


ということです。



魂が何の為に計画を持っているのかと言うと、間違った思考の修正の為です。
我々はそれぞれ間違った思考を物凄く沢山持っており、個人レベルの範疇だけで数えてもそれらは莫大な量になります。
これらに気付き、ひとつずつ修正して行くことで、結果的に『良い』人生へとシフトして行きます。

この修正の為の初期計画を、別の呼び方では『ブループリント(青写真)』とも言います。
厳密には『計画』と言うと語弊があるので、単に『思考』と言って良いでしょう。
度々書いていますが、この思考には、顕在的・潜在的どちらの思考も含まれます。
潜在意識とは世界の全てですから、自分が目にするもの、体験するものは全て自分の思考です。
絶え間ない戦争や病気、身近なトラブルの数々を見れば、如何に間違った思考で溢れ返っているかが分かるという訳です。


そんな私達の潜在的な思考を投影したものが自分の人生です。
初期シナリオには、家族関係やソウルメイトの配置、どういった環境で生まれるか、どんな身体的特徴を持つか、どんな思考パターンを持って生まれるかといった設定があります。
幸せ満点人生計画とではなく、「うっかりパターンはこれだよー」っていうのをわんさか抱えて来ます(笑)。

人生を歩んで行く中で、如何に間違った思考を手放し、正しい思考に目を向け直せるか、ということの為"だけ"に私達は生きていると言っても良いでしょう。
これを「幸せに生きる為に生まれて来たんですよ」と言い換えることも出来ます。全く同じです。



思考の中の間違い(怖れ、不調和)が減って行く程、幸せ寄りの人生になります。
私達の本体は完全で完璧な愛なのですが、間違った思考を採用することによって愛・幸せから離れて行きます。
愛から離れまくった思考の集合体で現在の人生を作っている、ということです。
これらを一つずつ「やっべ! 間違った!」と気付いて手放して行くことで、元の自分、完璧な自分へちょっとずつ戻って行く。

全ての人がいずれ完全な愛に戻る選択をすることになるのですが、時間の無駄を省く為、意識的にそれを行うことも可能です。
というか、勝手に思考が戻ることはまず有り得ないので、"意識的に戻ろうとすることを、意識的に行うことが出来る"というややこしい言い方に(笑)。



人生の様々な要因がかなり厳しい人は、思考が愛から離れている部分が大きいと言えるのではないかと思います。
苦しい、辛い、どうして良いか分からない、追い詰められた時、何かに縋りたくなります。
どうしてこんなに苦しまねばならないのか、怒りや疑問が尽きないでしょう。諦めや悲しみに苛まれるでしょう。

その状態を作っている思考に気付いて手放さない限り、抑え込んでも目を背けても、全く意味はありません(経験者)。
まずは「これが現実なのだ」と認める所からです。
否定したり、目を逸らしたくなるのをぐっと堪え、正面からどーんと直視。
いつも目を逸らして失敗したのだ、ここで逃げてループしたのだということを肝に銘じ、腰を据えましょう。
それから、宇宙に助けを求めましょう。



ところで、この初期計画を捻じ曲げることは不可能です。無理です。出来ません。
不幸を変えられないということではなく、基本路線自体を変えることが出来ないんです。
基本路線と言うのは、『元々私はこういう人でーす』というものです。

何故かと言うと、その必要が自分には無いからです。
それまでの思考が癒された状態、間違いを手放した状態で、何か変化があることはあるでしょう。
でも、ジャックポットがチーン☆ ジャラジャラ…みたいなことではないと思われます。


現代によく見受けられる
「自分は赫々然々な凄い人生を送る筈だ!」
という思考を持っていると、一向にそれっぽいことが起きないことに苛々して、あれこれメソッドを試したり、色んな先生の所に行ってみたりするかも知れませんが、先にその「自分は凄いのだ!」という考えを見直した方が結果速いです。

元の自分とはかけ離れた思考を自分に押し付けていること自体が、元の自分に対する酷い仕打ちとも言えます。
「私、何でこんなこと考えるようになったんだっけ…」
と我に返るのが一番早いです。
ちゃんと元の自分自身に裏打ちされているのかどうか、見直したら良いですね。



本を読んでいたりすると『青写真自体に問題がある場合は…』といった言い回しが見られることがありますが、それはカルマのことですね。
カルマも要するに潜在的な思考パターンのことなので、基本的には気付いて手放すってことです。
そうすると自動的に"在るべき形"へと修正が行われます。
ただ、魂レベル(意識層の非常に深い個所)にブロックやトラウマがあるとすると、その思考を把握・理解するまでにかなりの時間を要する場合があります。
でも、忍耐強く見つめることです。早急に「これのせいだ!」と結論付けない方が良いですね。

浄化、癒しというのは、「自分を含めた様々な物事には元々調和に満ちた在るべき状態というものがあり、そこへ戻ることである」と言うことが出来ます。
この在るべき状態とは、私達(の顕在意識)が知る所ではありません。
「あれがいい」とか「ああじゃなきゃ嫌だ」とか「こうなる筈だ!」と自分でいちいち指定する必要は全くありません。

もし「あれじゃなきゃ嫌だ」と思って急いで形だけ手に入れたとしても、心が不幸だったら意味が無いし、自分にはそれが必要ではないかも知れないのですから。
それではない、別の何かが与えられるかも知れないですよね。
だから「やるべきことを行ったら、あとは宇宙にお任せ」と言うのです。『人事を尽くして天命を待つ』という言葉の通りです。



抑々、見るべきを見たら、気付くべきに気付いたら、理解すべきを理解したら、もう「嫌だ」とか否定したいとか変えたいという抵抗は消えているでしょう。
「そうか…」と深く納得していることでしょう。
この時点で癒されている、ラクになっている、愛に戻っているということです。

もしも自分の心がフツーに平和な状態で安定しているとして、そこから何か変化に見えることが起き、丸く収まったということなら、そっちが元々の在るべき形だということです。
という訳で、その贈り物は有難いお気持ちで受け取られたら良いと思います。
『手放すとやって来る』というのは、そういった理屈だと私は思っています。



私、昔はこの仕組みが全然ワカリマセンでした…。
自分の思考に注意を払っていなかったのが無理解の要因ですな。ふー。
どういうことかと言うと、不足や欠乏や怖れを隠す為の蓋として欲しているのか、喜びから欲しているのかの区別が全くついていなかった、ということです。

幸せと不幸、良いと悪いの区別も付かずに居ました。
喜びから望むことと、しがみ付いて執着することの違いも分かっていませんでした。
在るべき姿に向けて思考を修正することもなく、何重にも上塗りしようとしたって、そりゃどうにもなりませんわ~。って、はよ気付け(笑)。



そんな感じです。
自分そのものを在るべき姿へ戻せるよう、そのスピードが上がりますといいですね。
生きるなら、ラクがいいに決まってますからねー。



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi