resonance

Entries

Date : 2017年01月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

わー。
明日から2月ですよー。

今年も一か月が終了しました。
本当にあっという間で…って、まるで年末コメントのようです(笑)。





変わりたいんです、と言いながらこれまで通りの言動を繰り返している。
変えなきゃ、変えなきゃ、やめなきゃと言いながら、そのまんま。


という場合、今の状態を作っている自分の思考を見た方が良いです。
スパッと止められない、手を引けない、引き揚げられないなら、大概はそのままで居たいんです。それも、能動的に。




では一体、それはどのような理由なのでしょうか。




そのままで居ることのメリットを出してみましょう。
或いは、「これを続けて居れば、いつかこうなる筈なのだー!」という目論見があったりもするでしょう。
そういった内容について、包み隠さず明確にされることをお勧めします。


どんな言動や状況にも目的・理由が存在します。
それらを自分でも誤魔化して、どこかへ押し込んで隠していることは割とよくあります。
あまりにも昔から繰り返しているせいで、表面上は目的を忘れてしまった…とか、手段と目的が入れ替わって久しい…というようなことも、特に珍しい現象ではありません。


ですので、ちょっと腰を据えて時間を取り、

「私がこれをやりたいんだ。こうしていたいんだ。これを続けたいんだ。それはどうして? 何の為に?」

と、己に問いかけることです。


過去、これを繰り返して来て、これまでにどんなメリットがあったと思っているんだろう。
これを続けていれば、いつかどうなると思っているんだろう。何が起きることを期待しているのだろう。


直ぐには分からないかも知れませんが、忍耐強く問い掛けます。
何れ、「あっ」と腑に落ちるような、または「うっそぉ!」とビックリするような理由や目的が浮かび上がって来るかも知れません。
ガックリすることもあり得ます。膝からがくーん、って。


でも、解らないフリをして続けるより、明るみに出て理解が進む方が余程ラクになります。
なので、これを続ける理由、やって来た理由を見直されると良いでしょう…ラクな体験が良ければ、是非。

自分が自分に嘘を吐いたり誤魔化すこともよくあるので、何度も見直すと宜しいかと思います。
納得出来るまで、腑に落ちるまで見直されることをお勧め致します。









月イチ開催・グループワークで楽しく理解を深めるワークショップ情報はこちらへどうぞ~。

一対一でより絞ったテーマを掘り下げる、個人セッションはこちらデス。



去る1月22日は、1月度のワークショップ開催日でした。
ご参加下さいました皆様、まことにありがとうございました!

ご自分を見直す機会としてご活用下さいましたなら、大変嬉しく思います。
「今後に活かしてなんぼ」という内容ですので、日常の中で沢山沢山適用して行って下さいねー。



現在確定しているワークショップ予定はこちらです♪



●2017年2月
2月5日(日曜) 11:00~15:00
テーマは『より良い人間関係』

ポジティブな人間関係を楽しむ、喜ぶには?
というテーマに絞り、心を開いて参りましょう。


●3月
3月5日(日曜) 11:00~15:00
テーマは『より良い人間関係・2』

2月の続き…というか、より深めた内容になります。
これだけ単独でもOK。


●4月
4月9日(日曜) 11:00~15:00
テーマは『ヴィジョンコラージュ』

切ったり貼ったりの楽しいコラージュです。
自分の魂から湧き出る喜びに沿ったコラージュを作りましょう♪



詳細はサイトにてご確認下さいませ。







accessory




こちらは、プレゼント用に作ったフラワーブーケ風ペンダントです。
バイオレットカラーとフラワーモチーフのシェルが春っぽさを感じます。

寒さ厳しい折ではありますが、暦の上ではあと僅かで立春ですね。
お花の咲く陽気が待ち遠しい気持ちになる、今日この頃です。


大寒を迎え、一年で一番寒い時期に入りました。
もうすぐ立春がやって来ますが、暫くは寒い日が続くことでしょう。
暖かい陽気が待ち遠しいですね。





accessory


accessory


こちらはブルー×ブラウンのマルチストーンネックレス。
様々な大きさ+色々なカットを施した天然石と、ガラスビーズが混じっています。
天然石はサンドストーン、カイヤナイト、ターコイズ、アマゾナイト、スモーキークォーツ、ブルーレース、アクアマリン、カルセドニー、フローライト等を贅沢に。

民族調っぽくもあり、スタイリッシュでもあり。
身に着けた時、ファッションがきゅっと引き締まる感覚を意識して作りました♪







明日は月イチ開催のワークショップです。
日々の現実は自分の心が作っています。
一年間を喜び溢れる日々に出来ますよう、それぞれご自分の心に真摯に向き合うお時間としてお使い頂ければ嬉しく思います。



暫く間が空きましたが、各地ではこの冬最大の寒波到来ということで、大雪や寒さで大変な思いをされている方も多いことでしょう。
被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、普通の日常が戻りますように。

身体が弱ると、心にダイレクトな影響が出ます。
毎日意識して暖かくすること、栄養を取ることにご留意下さいませ。



日々、自分の心理状態や周囲で起きるあれこれを観察している時に、『手放せた~』と思っていた筈のことがまたやって来て、「全然出来てなかった!」と愕然とすることがあります。
まるで当時のような心理状態・身体感覚が蘇り、「えええええうそおおおお! 今頃おおお!?」という時間を過ごします(笑)。

また逆に、『到底これは有り得ないと解っているのに、どーしても手放せない誇大妄想』なんかもよく聞きます。
自分は凄いんだー! と言いたいが為の幼児的全能感・万能感を修正しないまま、早ン十年。
"引き寄せ"の本には、『願えば叶う』と書いてあるのに、一向にそうならない。
おかしい。色々な先生の所へ行っても、ならない。ならない。ひょっとして、根本的に違うのか…?
という風に思い始めたのに、どーしても捨てられない。といったこと。

その他、『我儘三昧で他人様に迷惑を掛け続けて来たのに、反省出来ない』といったこともあるでしょう。
きっちり見直す覚悟をすれば良いのですが、これまでヌルヌルと逃げ回る癖、正当化して逆切れする癖を完璧に身に着けて来てしまった為に、やっぱりどーしてもそれが出来ない。


以上、同じ所をぐーるぐる。
いや、ぐるぐる回ってもおらず、実際は足踏みだけ。
これを何年も続けています。

そういうことは、結構多いでしょう。



本人が同じ状態に飽きて、「もう、やめよう…」と事切れる(笑)までは、リピートし続けます。
一生を正当化・逃避・否認・抑圧の為だけに潰す、というのは決して珍しいことではありません。



何でこんなに認められないのか。
どうしていつまでも病的にこだわっているのか。
あんな昔のことを、いつまで引きずる気なのか。

手放したい、認めたい、スッキリしてラクになりたい。
でも、そうしたいのに出来ない。思えない。
と、二重三重に苦悩するケースもあるでしょう。


そういう時は、

「今の状態を認めよう」
「拘っている自分を赦そう」


という方向に目を向けると良いです。
これは、被害者で居る自分、可哀想で特別な自分を正当化する内容ではありません。


人間のエゴは、被害者で居ようとすることに強い魅力を感じます。
自分が如何に嫌な思いを"させられた"かということ、また自分には全く原因が無いということに対し、常に正当化を行います。

そうすることで、他者からより多くの搾取を試みたり、また不幸で居ることに何らかのメリットを得ている、と思う訳です(勘違いですが)。
この思考形態からも、我々が非常に深く『自分は元々欠如している』『だから他者から得なくてはならない』という考えを使っていることが分かります。

実際は、誰であってもその人の本質を捻じ曲げることは出来ないし、例え身体が傷付いたとしても、心は正常で居ることが出来ます。
被害者とは、被害者になろうという思考を意図的に選択することで成立します。
その理由は相手を攻撃する為であり、攻撃の正当化の為ですね。



さて、こういった考えも「捨てなければ」と頑張ってしまうことは多いでしょう。
終わったこと、だからもういいんだ、と繰り返し自分に言い聞かせたり。
忘れたフリもします。無かったことにしちゃえ。
でも、出来ない。頑張る程にぶり返して来る。フリは出来るけど、消えた訳ではない。

この状態は、二重に苦しいでしょう。
自分が被害者だ、弱者だという考えは私達の本質から見れば非常に不自然である為、その思考を採用している時はとても辛いと思います。
少なくとも、何らかの嫌な思いをしていることになります。

で、これを更に力業でどうにかしようとすると、二重に辛いと。
私はこれを二次遭難と呼んでいます(笑)。


その他、大嫌いなのに、好きにならなきゃと自分を追い立てるとか。
出来ないのに、出来るように見せなきゃとか。
無理ですよね。出来ないです。だから二次遭難します。

最初の思考を先ず認めることです。
例えば嫌いなら、「ああ、私はあれが嫌いなんだなあ」と。
出来ないよーと思っているなら、「あーこりゃ出来ないわ」と。
まだ赦せないなら、「あーまだまだ怒ってるんだ」と。

これを誤魔化して上塗りする癖が付いていると、結構長い間「そんなこと思ってません。大好きです!」「私は出来ますけど?」「もう過去のことだし、いいかなと思ってる」等と、上っ面だけでリアクションする可能性も高いです。
でも実際は結果が伴わないので、違和感アリアリでしょう。
これが出来ちゃうということは、全然懲りていない、飽きていないということなので、暫しそのままどうぞということになります。



しかし、二次遭難して苦しいよーという場合は、その限りではなく。
とりあえず、今の状態をはっきり認識して、「そうか、今は出来ないんだ」「今はこうなんだ」と認める。

「○○を赦せない自分を赦します、認めます」
「○○に拘って縋っている自分を赦します、認めます」
「○○が理解出来ない自分を赦します、認めます」


と、今の状態をそのまま認識するのが良いでしょう。



我々は過去に縋り、未来に意識を飛ばす癖が付いています。
肝心な現在はお留守、ということが大半です。

現在に居らず、過去に縋り付いている、未来に逃げている。
ということをしているなら、先ずそこから認めたらラクでしょう。
何れ、気付いて手放せる日が来るかも知れないのですから。



小寒を過ぎました。
もうすぐ、一年の中でも一番寒い時期ですね。
暖かいものを食べ、暖かい恰好でお過ごし下さいませ。



引き続き『願望と自分』の話です。

以前、若いお嬢さんと話していたら、外見の話になりました。
「可愛く見られたいから、自撮り画像を加工する」
のだそうです。


でも、元の自分はそのままだよね?
と訊いた所、


「とにかく他人から可愛いと思われればいい」


らしく。

上辺だけ綺麗に見えれば良いそうです。
元々持って生まれた自分の良さを引き出す、磨く、ということは興味が無さそうでした。



それはそれで良いのでしょうが、さてこのループの中で、『自分』は何処に居るのでしょう。
「他人から可愛く思われたい」という願望は、果たして何が目的なんでしょうか。




もっと目が大きくなって、肌が白くなって、スタイルがすらっとして、センスが良くなって、そうしたら周りからモテモテになって…とか。
周りが突然変わって、自分がいきなりスポットを浴びて、スターダムにのし上がって…とか。
こんなような内容を願望に挙げてしまいがちの人は、考え直してみて下さい。
それは誰ですか? あなたですか? それは何の為の願望なのですか?

こんな感じの願望を沢山持っている人は、セットで「周りが自分を認めてくれない」「褒めてくれない」といった大きな不満を抱えているケースが殆どです。
そりゃそうです、自分自身が現実の自分を認めない訳ですから。
見える世界は全て自分の思考です。


自分に関する事実を挙げて行きます。
例えば足はこの程度で短いかなーとか太いなあとか思ったとしても、うわー顔ブッサイクだわー、地味過ぎるわーと思ったとしても、それでも事実として数えて行きます。
ここはこう、ここはこう、と、可能な限り色を付けないで自分を見直す。
その自分を「んー、でもいいんじゃない?」と思えれば、その思考が世界に反射され、現象という形で体験をするでしょう。

周りからバッシングされる人は、意識の何処かで自分に対してアウトの判定をしています。
自分の言動に対し、と言い換えても良いでしょう。大概は姿勢や言動についてです(見た目がというのは稀で、後付けです)。
例えば感謝をしないとか、傲慢過ぎてそれにも気付かないとか、他人を道具扱いしている、全部人のせい…というようなことに対して、潜在意識は非常に精密な振り分けをします。

結果、それが外に反映されてバッシングされたりする。
なので、「酷いことをされた! 言われた!」「思い通りにならない!」と腹が立つ時は、自分自身の行いを見直す機会として活用すると宜しいんじゃないでしょうか。



「ありのままの私を愛して欲しい」

という願望を持つのなら、その前段階として自分が自分をありのまま愛せるようになるプロセスを辿ります。
そこに手を着けず、周囲からそういう人が現れるのをただ待っているようでは、いつまでも何も起こらないでしょう。
"そういう人"も、自分の思考が作り出すのです。


「親がありのまま愛してくれなかったから、自分でもそう思えない(だから周りが変わるべきだ)」
というようなことを理由として使う人もいますが、残念乍らそんなことは有り得ません。
環境が十二分に整っていなければ、出来ない。というのは、言い訳にもならない言い訳です。
だってその環境も、自分の意識が作っているんですよー。

まず何よりも、自分が自分をどのように見ているのかを直視しなくては。
その理由も含めて、じっくり何度も見直すことです。



自分が元々の自分そのままで居て、幸せであれるように。

それが自分を認める、ということでもあるのだと思います。
どうでしょ?


そろそろ学校やお仕事始めの方も多いことでしょう。
またぐっと寒くなって参りましたので、どうぞ暖かくしてお過ごし下さいませ。

私は新年2日より、お仕事始めでございました。
何だかんだ言って、元日からやってはいたんですが(笑)。
携われる仕事があることは、本当に有難いことです。



さて新年にあたり、願望を新たにされた方も多いのではないかと思います。
今年はあれを達成したいとか、ああなりたいとか、そういうことですね。
その願望が"正しく自分に即している"か、見直されてみては如何かと思います。


色々な方のお話を聞いて来た中で思ったのは、多くの人が「願望が達成出来ない」と言っている内容についての共通点です。
達成されない理由は様々ですが、抑々前提がおかしいと言う内容が多いことに気付きました。

例を挙げますと。
『自分はモンゴロイドの日本人なのに、最初からアングロサクソンのアメリカ人だったことにしたい』
というような感じです。
つまり、『元々自分はそうだった、ということにしたい』って感じですね。



生まれ持った自身の特徴(得手不得手の他、身体的特徴も含みます)には理由があり、元を正せば自分の潜在的な思考が指定したものです。…全く記憶には無いでしょうが。
だから、【自分で指定しておきながら、自分で嫌がる】というのはおかしな話で、更に言えば後から変更出来るものとは違います。
何故なら、元々生まれ持った特徴というのは、今回の人生を幸福に生きることと深い関係があるからです。

我々が体験している現象も、自分が作っています。
それを形だけ捻じ曲げて、「自分は最初からそうじゃなかった」「本当はこうだったんだ」ということにしたがる、というのはやっぱりおかしな話です。
無論、「そうじゃなきゃ困る!」と言うだけの理由がその下に存在します。



自分が持っている願望が叶わない、達成されない、おかしいと思うなら、こういった内容ではないかどうか、見直してみることをお勧めします。
これらは願望というより、現実・事実の否認です。自分を認めない、ということです。
「自分がこうである筈が無い」「私はこういう人の筈だ」という内容ですね。

こういった思考を持つにも、必ず出所があります。
どうしてそう思いたいのか、よくよく考え直されたら宜しいかと思います。

何度も納得行くまで見直して、本当にそれが自分の幸福と関係がある願望なのか、振り分けされることをお勧めします。





2017





明けましておめでとうございます。
心の平和と沢山の喜び溢れる一年へ、意識の目を向けられますようにお祈り致しております。





本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます♪





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi