resonance

Entries

Date : 2016年08月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

先日の台風で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
今後はスムーズに日々を過ごせますようお祈りしています。

お盆を過ぎ、夕方以降は秋を感じるようになって参りましたね。
残暑は続くと思われますが、外に居ても徐々に気温が落ち着いて来そうでホッとしています…。

まだまだ遊ぶご予定のある皆さんは、残りの夏を楽しんで下さいねー。



以下、今後3か月のワークショップスケジュールです。



●9月
日時:9月11日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:『才能と資質を活かす』



●10月
日時:10月16日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:『ハートのコミュニケーション』



●11月
日時:11月20日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:現在選定中



詳細はサイトをご確認下さい。



9月のテーマは『才能と資質を活かす』
生まれつき持っている才能と資質に目を向け、魂が予定して来た人生へフォーカスするプログラムです。
自分で思い込んでいる自分の才能と、実際の才能は違う場合が沢山あります。
自分にあるものをフルに活用することで、元々予定していた幸福な人生へシフトし易くなるので、是非ご自身の持っている資質に目を向けて下さいねー。


10月のテーマは『ハートのコミュニケーション』です。
対人関係等で使われるのはコミュニケーションですが、言葉だけのコミュニケートだと感じられる親密さや喜びに制限があります。
自分のハートを開き、ハートからコミュニケーションを取ることで、喜びや調和が体験出来るようになります。
寂しさや孤独感を抱えているなら、それらを手放すチャンスです。
まずは自分のハートをオープンにすることで、これまで以上の幸福さや喜びを体験しやすくなることでしょう♪




11月は現在選定中ですので、暫くお待ち下さいませ。
決まり次第、更新致します!




台風の影響で雨が降ったり止んだりです。
こういうお天気になると、秋なんだな~と思いますね。まだ暑いは暑いのですが(笑)。





各種個人セッションやワークショップに参加される方、また自己ワークを行っている方は沢山いらっしゃいます。
一般的にはどのようなテクニックを使用するかに目が向いてしまいがちですが、結果を左右するのは"とあるポイント"です。
それのあるなしで、体験する現実(結果)は全く変わってしまいます。

それは、自分自身が意識的・能動的に、幸福や解放に目を向けていること
ただ何となくやる、言われた通りに・書いてあるから…という理由で、意識もあやふやな状態で居れば、それなりの結果を招くでしょう。
セラピストやカウンセラー任せで自分は何も考えず、「何とかして~」というのも、結果として不満を体験することになります。


人間は、自分のマインドがフォーカスした内容を体験します。
自己を見つめ、自分の人生に取り組む時、何よりも重要なのが自分自身が幸福にフォーカスしていること、また理解に意識を向けていることです。
言い換えれば"何の為にそれを行うのか"という目的ですね。

文句を言う為か。これまでの自分に正当性があると主張し、また同じことを繰り返す為なのか。
或いは、自分の人生に用意された幸福へ歩みを進める為なのか。
これまで通りで居たいか、これまでとは全く違った喜びを体験したいかのどちらかです。


もし幸福を選択するなら、それに対する自身の姿勢が問われます。
ただ口先だけで「幸せになりたーい」と言うのではなく、それは何を指しているのか、どういったマインドか…というような具体性を見ていれば、また真摯に自己と向き合う姿勢を持っていれば、必ずそれは達成されます。

自分の抱えている思考に理解する、気付くといった内容から目を逸らす為に、外側の世界に悪者を作ってみたり、問題を起こす人は沢山居ます(=投影)。
静かな時間を取り、腰を据えて自分と向き合う、継続的に自分を見つめるといった作業は、普通に生活している中では重要視されにくい箇所です。
しかし自分が自分の世界を作っているのですから、軌道修正や幸福体験を求めるなら、自分を見つめ気付くこと以外に道が無いというのが実状です。


実際の自分や思考から目を逸らす為に、次々と引き寄せを試してみたり(勿論大概は上手く行くでしょうが)、あれが問題だこれが問題だと言い続ける訳ですが、これをひたすらに続ける理由は『自分を見たくない』というものに尽きます。

そうして幸福を受け取らないようにしているんですね。
宇宙の愛には限りが無いので、愛を源泉とする幸福にも限りはありません。
物質的にも精神的にも限りなく喜びを体験することは可能ですが、肝心の自分がそっちに目を向けない限り、それは難しい話になるでしょう。



何もかも潜在意識や魂レベルで問題があるとは言い切れず、顕在意識で問題を拵えている人は、顕在意識の思考に気付く必要があります。
個人的な感想ですが、事実に対する否認や逃避、誤魔化しを行っているのが顕在意識でのみであり、潜在意識や魂には特に何も…という人が非常に多く見受けられます。
ただ毎日毎日、長い間ずっとそれを誤魔化す癖が板に付いている為、自分では無いことにしてあるというだけですね。

こういったことに気付くにも、自分の姿勢が最も重要です。
例えば個人セッションを受けたとしても、自分の幸福を最も阻害している内容については決して口に出さず、解消しようが変化しなかろうがどちらでも良いことをテーマにし続けるなら、やはりそれなりの結果を体験することになります。

要するに、ずっと不快なのです。
自分が内面に持っている不快な思考に目を向けず、保持し続けているからですよね。


ここで、自分が自分に対してまともに向き合おうという意欲・姿勢を持つなら、その意欲に伴って状況は一変します。
外側にばかり向けていた意識を、自分の方に向ける。
外側に対して使っていた労力を、自分の内面に向ける。
欠乏感、焦燥感、怒り、憎しみ等の諸々な不快感を根本的に手放すという決断を行えば、必ずそちらに向かって現象を体験することになるでしょう。

自分が体験している何かについて取り組むのですから、当然のこと乍ら自主的な意識、能動的な意識がとても大切です。
誰かや何かのせいにしている状態を一刻も早く停止させて、本当の原因に目を向けようとする姿勢が重要なのです。
外側のせいにしている間は、何も変化しませんからね。何より、自分が不愉快なのです。



という訳で、是非とも自主的な姿勢を持ちながら、幸福体験を目指されますように。



台風が過ぎ去り、フェーン現象らしき感じで暑さの戻った東京です。夜になっても暑いですねー。
大昔、『台風の後は…』と理科で習ったような…? あれ? 違いましたっけ?




去る14日は、8月度のワークショップでございました。
ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。

複数の人が集うワークショップ形式に参加されることの最大の利点は、『他人様を通じて自分を理解出来る』ことです。
我々は他者を通じて自分の思考を知ることになるので、手っ取り早く幸福なマインドにしたい場合、他人様をよく観察し、その他人様を見ている自分の思考を観察することが非常に大切です。



自分の思考が自分の現実を作っています。
ここで言う『思考』というのは、顕在的・表面的に我々が考えていると思い込んでいる方の思考ではなく、潜在的・或いは無意識的に行っている思考のことです。
自分が体験する現実世界には、こちらの思考が関わっています。

それが理解出来ないのだとしても、少なくとも、一定の決まったリアクションや解釈(出来事に対する受け取り方)を行う理由は、思考があるからですよね。
自分の行う言動は、決して何かのせいでもなければ、誰かにさせられている訳ではない。ってことです。


自分の使っている解釈の癖は、自分一人の中に埋没していると、中々気付かないものです。
何故なら、大概は『自分は絶対に正しい(筈だ)』という考え方を、何の疑問も無く使っているからです。
これを前提にしていることで、外の世界や他者に対して怒りを感じたり、責任を押し付けたりする訳ですね。

前提に使用している『自分は正しい』という考え方を取り外し、実際に発現している現象だけを観察すると、それまで認識していた内容とは全く違うものが浮かび上がって来ます。
『自分は正しい』ということは、対照的に『何々は間違っている』というルールが適用されています。
これを一度全部外して――――自分は被害者だという考えを取り外し、ただ一つずつ事実を拾って行く。


こういった作業は、多人数が同じ空間に集まることで、圧縮して行うことが出来ます。
普段は見ないように過ごしてしまうか、気付かないまま流れて行き易いものに、「あっ」と気付けるチャンスが沢山あります。
ワークショップ会場は心を見つめる為に使う場所ですから、一段と自己観察の取り組みがしやすいということです。
見ようとする、意識的に観察しようとする、自分を知ろうとすることで、段々と自分の思考が浮き彫りになって来るでしょう。

他者は自分の思考を完全に映し出す鏡です。
その場のリアルタイムでは分からなかったとしても、当日か翌日、その時のことをざざっと振り返ってみて、
「あの人のこと、こういう風に思ってたなー…どうしてかな?」
「あの時、私はこう言ったけど、なんでだろう…」
「そういえば、いつもああいう風に頭の中で喋ってる!」
等々、沢山の気付きがあると思います。
会場でペアを組んだ方のお話しされる内容の全てが、自分がして来たことと全く同じである可能性も高いでしょう。

当日、会場での体験のみではなく、後日まで色々振り返り、出て来た材料を元に掘り下げる。
そういったことを日常的に続けられるようになると、気付きや理解や不要な思考を手放すスピードがそれまでと段違いに上がります。
結果として、それが幸福への近道になります。



とは言え、どんなに素晴らしい教えや先生とご縁を頂いたとしても、自分がそれを何の為に使うかによって、結果は全く異なるものに変化します。
勘違いや間違った思い込みを解消し、善きものを受け取るのか。
また、実は自分を苦しめている勘違いを保持し、現実から逃げる為に使うのか。
目的をはっきり定めることが一番重要です。

自分の考えが正しいことを主張する為に使ってしまうと、結果的に怒りを感じたり、がっかりすることが多くなりそうです。
要するに、良い現実生活を体験するか、現状維持を続けるかについては、自分自身の意欲に掛かっているんだよってことですね。






今後のワークショップスケジュールはこちらです。


●9月
9月11日(日曜) 11:00~15:00



●10月
10月16日(日曜) 11:00~15:00



詳細はこちらへどうぞ♪
以降は確定次第、更新予定です。







お盆ど真ん中です。

昔はエンパス体質(諸々影響を受け過ぎる体質)が酷くて、この時期は瀕死でございました…。
ただひたすら、時期が過ぎるまでじっと我慢の子(笑)。

しかし、栄養の改善や自己理解を深めて来たお蔭で、今は普通に活動出来るようになりまして。
本当に有難い限りです。ありがたやー。
生まれつきの何かについても諦めなくて良いということ、様々な体質も良き変化をさせられるということですね。




以下残暑~初秋まで使えるアクセサリーでございます。
画像一番上の、スライスしたアマゾナイト。
リッチなゴールドと、涼しげカラーで存在感アリアリですねー。


accessory



accessory



accessory



accessory



accessory



明日は8月度のワークショップです。
暑い中ですが、ご参加下さる方々とお会い出来ますこと、楽しみに致しております♪




残暑お見舞い申し上げます。
立秋を過ぎたので、暦の上ではもう秋なんですねー。8月も半ばに入りました。

私、『海の日』の存在は知っておりましたが、『山の日』というものに最近初めて気付きまして、驚愕した次第でございます。
あれは何なの~どういうことなの~(笑)。

甲子園やオリンピックで、連日盛り上がっていらっしゃる方も多いでしょうね。
レジャー等を楽しんでいらっしゃる皆さんも、お勉強やお仕事に励んでいらっしゃる方々も、こまめな水分補給をしつつ、適度な休憩を挟みながら良い毎日をお過ごし下さい。




お客様のマインドの変化についてお伺いしていると、
「以前はあれやって、ここ行って、こういうことをして…という風に思っていたけど、そういうことって今後無くていいやと思うようになった」
というお話をよく耳にします。

自己に対する認識が正しい状態に変化することで、それまで欲を感じていたものが自然と減って行き、どんどんシンプルな思考になって行く。ということです。


例えば、以前はあちこち旅行する生活がいい! と思っていたのに、自己に対する理解が深まって来たら、「実はそういうことに興味が殆ど無いし、必要も感じない」ことに気付いた。
だから、今後の生活では理由があって何処かに行くことはあっても、イベント的にあっち行ってこっち行って…と自発的に行うことは全く無いだろうなーと思う。

とか。


必ずチェックしていたファッション誌を、全く見なくなった。
とか。


そういう感じです。
人によって、また気付きの度合いによって、他にも色々あるでしょう。




『私はこういう人の筈だ』
という後付けのセルフイメージに沿って、それに相応しいであろう言動を取ってみたり、イベントを考えたりする。

でも、『実際、私ってこうなんだなー』という理解に沿って、それまで好きだと思っていたものや、嫌いだと思っていたものへの認識が変化して行く。
それは、人でも、ものでも、環境や出来事でも同じです。



例えば何かを嫌いだと思っているのに、嫌いだと思っていることを否定するとなると、何重にも自分を誤魔化すことになります。
嫌いだという思考は何らかの理由によって発生しているので、その根元まで確認してしまえば、大概は"嫌いでいる必要性"が無くなります。
あとはどーでも良くなる。手放す所に行くと。

なので、嫌いだーとか嫌だーと思っている何かがあるのなら、
「何でだっけ…」
と、詳しく解明することがお勧めです。
手放した状態まで行き着けば、身軽になるからですね。



人生に於けるイベントをあまりにも「ああじゃなきゃ嫌だ、こうじゃなきゃ嫌だ」と願望を載せすぎている場合、何かそれなりのこだわる理由があるのでしょう。
「なんでならないの!」というものが多い人は、何かを誤魔化すフェイクとしてその思考を使っている可能性もあります。

「なんでこれがいいとか、こうじゃなきゃ嫌だとか言い出したんだっけ?」という風に、はっきりしたスタート地点まで遡ると、ちょっと驚くことに気付くかも知れないですね。
「それ、なんで?」と辿って行くと、何らかの自己認識や自己評価まで行き着くことが非常に多いなと私は思います。




自分の幸せの為に時間を取って、理解が増える体験をされると良いですね。
マインドがシンプルになると、人生もシンプルになり、結果とてもラクになりますから。




8月ですねー。
全国の親御さん達はごはんの用意が増えたりして、日頃よりもお忙しいことが多いのかなと思います。
暑さもありますから、休み休みでも夏休みを乗り切って下さいね。




これまで色々とお話を伺って来た中で、人間関係や親子関係・家族関係について私が思う所をざざっと並べてみます。
内容は細かく分けると様々なのですが、集約されるのは大概これです。

『相手は自分の思う通りの言動を取るべきである』

もっと愛して欲しいとか、前の相手とのやり取りを一切するなとか、こんなに尽くしているのだから自分を褒めろ・認めろとか、こんなに傷ついたのだから優しくするべきだとか、色々ですが、要するに内容は全部これですね。

相手が思い通りに言動を取るべきだーという要求の下には、「それが無い」という事実が存在します。
「~して欲しい」というニーズが叶えられなかった。
事実は『それは無かった・発生しなかった・体験されなかった』ということです。



自分が欲する限定的な意味(これを我々は愛と名付けることが多いのですが)で、コミュニケートしない人も沢山居ます。
自分のニーズに相手が沿わないことは珍しくなく、それは家族でも親子でもそうですよってことです。
というか、全世界的に見ればそっちの方が大半です。そっちが普通と言っても良いでしょう。

人間の究極的な本質は愛ですが、我々が「愛しているならこうする筈だ!」と言う内容とは全く次元が異なります。
「愛しているなら云々」というのは愛ではなく、エゴです。ニーズ、欲望ですね。
これに合致している相手(互いのニーズ・利害が概ね一致している相手)も居るでしょうし、そうでない相手も当然居ます。
色々居る。それが当たり前である。
…という風に思えないと、苦痛を感じることになるでしょう。

何故か。
事実を否認しているからです。




よく聞く、「何で愛してくれないの!」というのは、"自分の欲求を相手が100%果たさない、それはおかしい"という意味です。
これは
「オマエはワタシの思い通りになるべきだ! それが正しいのだ!」
という前提があっての話です。
よく考えなくても前提がおかしい。相手にそのような義務はありません。
どうして他人の思い通り・言いなりになる必要があるのかと思いませんか。

自分の思い通りに言動を取るべきだという考えは、一体どこから来たのか。
という内容をはっきりさせるのはどうだろうかと思います。
自分だってそんなこと一切しないし出来ないのに、何故他人には正当性があるかのように要求出来るのか。
どういうことなの?


これを想う時、相手と自分の立ち位置を何処にセッティングしているのか。
何故そんなことを声高に言えるのか。
それだけの理由が、根拠があるのか。
あるなら、それは何か。
それは他人をきっちり納得させ得る根拠であるか。
そういったことを見直してみたら如何でしょう。

ここで「親子だから当たり前だ」とか「夫婦だから」「恋人だから」というのは、全く理由になりません。
実際、関係性の中身というものは千差万別ですからね。
一概には言えないものを引き合いに出して、これが理由だと言っても意味は無いのです。




別の方面から見てみましょう。

「愛しているならこうする筈だ!」
という内容が仮に正しいとして、相手がそういった言動を取らない人であると仮定しましょう。
自分が「愛があれば○○をしてくれる筈だ」と思うのに、それが現象として体験されないのなら、相手はあなたを愛していないということになります。
おしまい。

終わりです。
それだけです。



これを、「そんなのはおかしいから、そっちが変われ」と言うなら、それこそおかしな話です。
「愛されてないなんて、認めない!」と言っても、事実ですから…。
そういう人もいっぱい居ますよ。周りを見てみたら良いでしょう。

誰も彼もが自分に対して甘く優しく接してくれる筈だ、という前提が無理矢理過ぎる訳です。
その人が自分自身を差し置いてまで、こっちを一番に扱うべきだという考えが、ちょっとぶっ飛んでる。


そうは言っても、色々主張したいことはあるでしょう。
その辺りに正当性があると言い張るのであれば、です。
自分が指定した人がそうしないのなら、してくれない=愛が無いと言うのなら、じゃあその人はあなたを愛していないってことなのです。残念ですが。
これを如何に事実として受け止めるか、ですね。

「そうか。この人、私のこと愛してないんだな」
というのが事実だとして、それをすっかり認めたら、次のステップが見えて来ます。
その件に執着する理由はもう無いでしょう。
執着っていうのは結局、否認が根底にあるものですから、否認を取り下げて事実を認めてしまえば、執着する必要はもうありません。


執着や怒りが消えて、事実をフラットに認識出来るようになったら、「私を愛してくれる人と遣り取りしたいなー」と思うのか、「ま、こういう人なんだな。じゃあいいや」と納得して遣り取りを続けるのか。
色々と選択はあるでしょうが、少なくとも事実には納得している筈なので、その件に関する怒りや悩みは無いと思います。




もし「○○をして欲しい」ということそのものが目的なら、そうしてくれる人を探せば宜しいのです。
別にその人を指定しなくても良いでしょうね。"あれが欲しい"という『あれ』が目的なんですから。
あの服が欲しい、あのバッグが欲しい、あそこに住みたい、あそこへ行きたいっていうのと変わらないんです。

最初からそのような機能が無い人に、勝手な要望を無理矢理押し付けるなんて余計なお世話になっちゃいます。
そーですねえ、最初から和室のみしか用意されていない純和風旅館に行って、洋室のスイートに変更しろって言うようなもんです。
或いは、フレンチレストランに行って、「みたらし団子を出せ」とか無理難題を言っているのと全く同じです。


それも理由が「私が今、それが欲しいからそうしろ」っていうことですよ。
なんじゃそりゃって思うでしょう?(笑)
こんなこと言っちゃうのはただのクレーマーで、次回からお断りされる人ですよね。

洋室が良かったら、最初から洋室のある宿にすれば良いじゃん。
団子が食べたきゃ団子屋に行けよ。って思いません?
「あー、ここは確かに和風旅館ですからね」
「フレンチレストランだもんなー」
って思ったら、その上で選択し直せます。理屈から行くとこれなんです。何も違わない。




人間関係について「問題だー問題だー」と言う内容は、上記のいずれかに分類されることが多いので、結局問題だということの中身が何であるか分かれば問題の姿は大概消えてしまいます。
それどころか、問題なんて最初から存在していない可能性も大です。
問題そのものが存在していた訳ではなく、ただ自分が事実・現実を認めないように踏ん張ってただけ、という。

事実をありのままに見るようになると、問題は消えます。
自分が否認し、否定し、逃避し、また誤魔化し続けることで『問題』はずっと延長されるものです。
一度立ち止まって、じーーーーーーっと見直してみると良いでしょう。
遠回りに見えても、すっきりしてラクになるその時まで直視を続けることが、一番の近道です。




★今日のまとめ★
今、居る所で出される料理は何ですか?
特定の専門店に居ながら、そこにケチを付けるだけになってはいませんか?
食事をしたいのに、自動車を売ってる店へ行ったりしていませんか?
日用雑貨を買いたいのに、高級家具のお店へ行っていませんか?

フレンチレストランに行く時は、「フレンチを食べたい」という目的を持ちましょう。
中華や和食を食べたければ、それを出してくれるお店に行きましょう!
明確に買いたい物がある時は、それを売っているお店へ行きましょう!




プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi