resonance

Entries

Date : 2016年06月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

更に続きまして、6月ワークショップご参加の方から頂いた、感想文です♪

※毎月開催のワークショップ情報は、こちらをご覧下さいませ







当日を振り返ると、全ての内容が私にとって良かったと思いますが、特に終盤の『自分の人生にとって一番大事なものは何ですか?』というワークが一番印象に残っています。


"自分の人生の年表作り"のワークをした時に、私が書いた内容は、「旦那様に連れ添って、相手の最期を看取った後に満足して死ぬ」というものでした。
そこまで書いた後、『自分の人生にとって一番大事なものは何か』という部分に差し掛かった時、「私にはこの年表に書いたこと以外、何も必要無いな…」と思いました。

「最後、絶対に相手を看取りたいんです」と言った時に、先生が「それだよ」と仰いました。
それに続いて、私がもう一度「そう、看取りたい…!」と口から出した時、ぱあっと道が前に開けるような、嬉しいような、ホッと深く身体に染み渡るような気持ちを体験しました。
私にとってその感覚は、とても素晴らしい体験でした。


ところが、『看取りたい』というキーワードを発見した直後、私は「ああしなきゃ、こうしなきゃ!」という焦りで頭の中を一杯にしてしまいました。
結果、これまで繰り返して来た通り『気付いたことを無かったことに』してしまい…。

何故そんなことをしたのかと言えば、私がずっと使って来た
「自分で幸せになったら負けだ。だってそしたら人から貰えないじゃん。他人に何でもやって貰うのが一番いい」
という思考を持ち出した為です。

私がずっと言い続けて来た「私は特別」「私は不幸」「私は愛されていない」「私は被害者」という言葉には全て同じ目的があり、これらを"人から何もかもを貰う為の道具"として使っていました。
私は「だから全部私の為にやってよ」「だからもっとちょうだい!」と言い続けることがお得だと思って、生きて来たんです。
"人から何でも貰う"ことを続ける為には、「満足してはいけない・幸せになってはいけない」というルールがあります。
だから自分の中にある幸せに気付くと、すぐに『無かったこと』にして来ました。



有り難いことに、ワークショップでご一緒下さった方や、先生からもその後フォローを頂きました。
当日を振り返り、自分がどんな心・どんな姿勢で参加していたかを確認して、もう一度あの時を再体験してみようと思いました。  

先生からは「その気持ちを感じた状態にただ留まって、留まっている時の自分をじっと見て、感じてみると良いよ」と教えて頂いたので、"じっと留まり、見る"ことをしました。
そこで再体験した「看取りたい」という気持ちは、やはり私の中でとても大切なものでした。


それから、「私がそう思える相手は必ず居るんだ」という気持ちで"相手の人"を探し始めたら、「あ、この人かな…?」と思える人と出会うチャンスに恵まれました。
「もう一度『看取りたい』をじーっと見て、その先に何があるか見てみては?」
と先生から教えて頂いたので、その通りにやってみたところ、その先にあるのはただただ『感謝』ばかりでした。

私はこれまでの人生で、"自分の思考や感覚にじっと留まる、自分をじっくり見る"ことが出来ず、して来なかったのだと思います。
自分では長い間、「私は我慢強い人間だ」と思い込んでいましたが、それは大きな勘違いだったと気付きました。
他にも自分自身に対しての勘違いがとても多く、勘違いに気付く度にどんどん楽になっています。
先生にお会いしなければ、一生そういった部分に気付くことはありませんでした。


その後ですが、テキストに引用されていたスティーブ・ジョブズ氏の「あなたは既に丸裸なのだ」という言葉を何度も見ています。
これまで使って来た自分に関する勘違いを手放し、自然で普通な私に戻る為に、今よりもっと楽になって、自分の人生の目的を果たします。

本当にどうもありがとうございました。






ご感想、ありがとうございました。


幸福は『外側から、誰かから貰う、して貰う』というものではありません。
現象は切っ掛けにはなるかも知れませんが、元々自分の中にあるものへ、どのように目を向けるかによって現れて来ます。

自分の中を見る、自分に沿った幸せを知る、ということをしないと、いつまで経っても何があっても決して満足出来ないでしょう。
誰かが満足している状況は、自分には満足を与えないかも知れない訳です。
他人が「あなたはこういうのが合っている」と言って来たとしても、それを自分で確認しない限りは、「そうかー」と腑に落ちませんよね。
でも、自分の中をじーっと観察して、事実確認さえすれば納得が行きます。


人によって何が幸福を感じやすい状態・状況かは異なりますので、ご自分に関する理解を深めて行くことで、納得行くことが増えて行きます。
「自分はこれなんだな~」と、内側から気付く。
持って生まれた特徴、特質、本質、事実に気付いて行く。
そこに目を向けることで、満足行く幸福と共に歩めることでしょう。


じっくり自分と向き合い、見て、感じて、観察して、自分を思い出して行って下さい。
自分を理解して行くと、生きるのがラクになるのでオススメです。



前回に続きまして、6月ワークショップにご参加下さいました方のご感想を掲載致します。

※ワークショップの予定はこちらでご確認頂けますよー






6月のワークショップで最も印象に残っている場面は、『自分の人生にとって、一番大切なこと』が「喜びをばらまく」ことなんだと分かった時です。
一生分の年表作りのワークで、仕事の流れを10年後の分まで沢山書きましたが、スラスラと書けて、利益の金額などは「書き放題!」という感じでした。
私のこれからの10年が、自分が描いたように発展して行くと思うと、とてもワクワクして喜ばしい気持ちになりました。

その為に私は仕事をして行きたいし、商売でいっぱい儲けて行くことがポジティブな体感覚として感じられたので、とてもとても有り難いワーク内容でした。


また、別の参加者の方の発言内容と、『"相手が自分に対してこうしたら、愛されているということになる"定義』が私と全く同じことだったというのも、印象に残っています。
他人様を通じて自分がやって来たことを客観的に見ることが出来たので、自分の持っている思考と行動がより明確になりました。

「自分はこうして来た」という自己申告の内容も、自分が実際やって来たこととは全く違っていて、
「本当に自分のして来た行いを正しく認めないと、自分を改められないんだ。綺麗ごとを言って、自分で自分を騙し、その言葉に酔っているんだ…」
という自分の思考パターンを、他人様を通して見ることが出来ました。



それから、"当日の朝にあったこと"をシェアして下さった方のお話を聴いた時も、自分と全く同じだと感じました。
「偶然会った知人に対し、自然体で会話を楽しむことが出来ず、良く見せようとアピールしていた」というお話でしたが、私がこれまでして来た俳優業での自分や、子どもの学校の集まりでの自分の状態を振り返ると、同じく「自分を良く見せよう」とか「人をコントロールしよう」という気持ちが働いていたんだと思います。

ワークショップの数日後にとあるイベントのお手伝いをしたのですが、そこで
「あっ! こういう時に『自分を良く見せなきゃ』というスイッチが入るんだな」
と、気付く体験をしました。

その後は思考を切り替えてイベントのお手伝いをしましたが、「あ~、"自分を良く見せる"よりも"仕事や作業を沢山する"意識の方が私らしく居られるわ」と思い、そこには色々な方が居たので、こんな風に沢山の人の中に居るのも私には合ってるな~と実感しました。
それまで自分が拘っていたつもりの、ドラマ作りとか内容とか、元々の私にとっては本当に興味の無いことなんだとも思いました。



ワークショップ前は、「こうしなければいけない」という気持ちやガツガツ感、焦っているような所がありましたが、参加後は、目的の為の情報収集や人に会いに行くこと、新しい場所に行くことなどが楽しいなと感じていて、それが当たり前で、自分で決めて動くことがより自分らしいなと実感しながら過ごしています。
同時に新しい情報が手に入ったり、人脈が着々と増えて行ったりすることも、喜ばしく感じています。

ワークショップでペアを組んだ方から、私の人生の特徴は「とにかく座らない(=行動し続ける)」と言われたのも、なるほど分かるな~と思います。
私は自分で決めて自分が動いて、動きながら考えて、間違ったことは訂正しながら進んで行くというやり方がとても合っていて、「あなたは体育会系の人だね」と言われているのは本当だなと納得です。


長く深いワークのお時間と沢山の貴重な資料を、本当にありがとうございました。
今後は更に自分を見直し、理解を深めながら着実に前へ進んで参ります。






ご感想ありがとうございました。


当日、その場でお会いした方の全て、特にペアを組んだ方の言動、またお相手がどう見えるかについては、そのまま全てが自分の鏡です。
よくよく事実を振り返ると、「そういえば…うわ! 全く同じじゃん!」とひっくり返るような驚きを体験します(笑)。

この体験をする為には、他の方をしっかり観察すること+自分を振り返り、事実をピックアップすることが重要です。
勿論、他の方に対して自分がどう振る舞っていたか、どのような言葉を特によく使ったか等も、これまで使って来た自分を確認するチャンスですね。
あ、当然ですが「私はこう言った筈」「こんなことはしていない筈」という妄想を使ってはいけませんよー。事実が重要です。事実。事実。


特に気になった人について、『それは何故か』『どの部分か』というようなことも含めて振り返ると、「あ」という気付きが沢山あるでしょう。
一度限りで済ませるのではなく、何度も振り返る毎に、ご自分に良いフィードバックがあると思います。


今後に生かせる、沢山の気付きがありますように♪




九州地方では大雨が続いているという報道がありました。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

皆様が心安らかにお過ごしになれますよう、お祈り申し上げております。





さて、6月ワークショップにご参加下さった方々から、ご感想を頂戴しております。
頂いた順番に掲載して参りますねー。

※今後のワークショップの予定はこちらでご確認頂けます






今回学んだことは、どの内容も大切なことばかりでしたが、その中でも一番印象に残ったのは『良い現実体験のルール』で、「幸福を体験したいのなら、その目的をイメージする時に幸福感が伴わなければならない」という部分です。

以前、私はポジティブな目的を設定した時がありましたが、実際に体験したのは目的と真逆な"不快なこと"でした。
当時の私が目的をイメージしていた時のことを振り返ると、『幸福感』と言うより、どこかに不信感を抱いたまま、頭の中で形だけを思考していた為だったんだ、と納得出来ました。


また、「"自分が変わる"と言うのは、"こういう自分になりたい、だからならなきゃ"ということではなく、自分も忘れていて思い出せていないだけの、"元の自分に戻って行く"というプロセスなんですよ」と先生に言われた時、その言葉が胸にストンと落ちて、それは初めて体験する感覚で、とてもスッキリ楽になりました。


ワークショップで組んだペアの方から、私は"主婦に向いている"と言われましたが、自分としては料理もそんなに得意ではないし、少し疑問に思う部分がありました。
ワークショップ後、仕事の関係で大人数のバーベキューパーティーをすることが決まり、とても気が重かったのですが、やらない訳には行かず、『好評に終わった』というイメージを持って準備し、当日を迎えました。

すると自分の中で、「私は料理が嫌いではない」ことに気付き、「こういうことは自分にとって楽しいんだ」と思えたことが、ちょっと意外な発見でした。


今後は学びを続けて、自分自身をもっと知ってみたいです。






ご感想ありがとうございました。

ひたすら日々の自分に目を向けること、言動や思考を観察し続けることで、どんどん気付きが深まります。
『私はこういう人の筈だ!』『私はこう思っている筈』という自己像と、『実際の自分が日々どう思考し、どのような言動を使っているか』というのは、開きがある場合が多いでしょう。

日々自分を観察。
振り返る。
事実をピックアップ。
照らし合わせる。
検証する。


そんなことの繰り返しで、気付きと理解が進みます。
地道な作業に感じるかも知れませんが、これまでの自分は自分で地道にコツコツ作って来たものですから、やることは全く同じです(笑)。
ただ、ベクトルが変わるってことですね。


今後、益々の自己理解が進みますことを願っております♪


去る6月12日は、6月度のワークショップでした!
ご参加頂きました皆様、まことにありがとうございました。

今回は遠路はるばる、飛行機の距離からお越しの方もいらっしゃいました。
長時間開催だったこともあり、沢山の収穫や学びがあったかなと思いますが、如何でしたでしょうか。


私達は、他人様を通じて自分を垣間見る生き物です。
ワークでペアを組んだ方とのコミュニケーションや、印象に残った場面(勿論、それ以外も全てです!)は、ご自身の中にあるものを一時的に外側に映し出して見ているものです(=投影)。

そこから何に気付くか。
また、気付きを今後の人生にどのように役立てるかは、今の瞬間のご自分に掛かっています。
じっくり見直して、「ああ」と納得が行くポイントが増えるといいですよね~。


ワークを通じ、自分の人生の具体的なテーマや目的、
「私、こうしたいんだ! その為に生まれて来たんだ!」
に気付いた方もいらっしゃるようでした。

気付いた方は、気付いた感覚を大切にしましょう。
直ぐに見切り発車するのではなく、それに対してあれこれ解釈を加えるのではなく、その大切な感覚に暫くじっと留まって、仲良くすることが大切です。
これまで無視して無いフリをして来たものですから、『いつもの自分』に戻ってしまうと、「無かったことにしちゃえ」が発動するかも知れません。
とにかく、その感覚に留まる。シンプルな感覚の筈です。デコレーションしない。解釈しない。ただ、仲良くする。慈しむことです。


そこに行かなかったとしても、それはそれで構いません。
全てはプロセスですから、「そうかー」と観察しましょう。
頭の中であーだこーだ言いたくなるなら、それも含めて通り過ぎるままに観察する。
『自分』と共に居ることですね。

学校のお勉強と違って、『ここに辿り着いたらお利口さん、100点ですよー』ということはありません。
もしいちいちそのようにジャッジしていることに気付いたら、気付いたままにしておきましょう。
「そういえばいつもこうやって、いい子ちゃんをやることばかりだなあ」と。
余裕があれば、こう問い掛けて下さい。「それって、私の何に役立ったんだろう。それを使って、この先も幸福だってずっと思えるのかな?」と。


自分自身が納得することが一番重要です。
何故って、自分の大切な人生だからです。
誰かに見せて、比べて、勝ち負けで測ったり、褒めて貰う為の人生ではないからです。
自分が生きて、今日の一日に満足して、「まー多少なんかあったけど、満足~」とか「納得!」と思えたらそれで良い訳です。

納得行かなかったのだとしたら、自分が何か自分の喜びから外れた生き方をしたからです。
もし納得したければ、納得するように次回具体的な修正をすれば宜しい、ということですね。
ただそれだけです。簡単です。小さいことからやりましょう。事実を事実として受け容れましょう。
観察し、あるがままに事実を見ることからです。





さてさて、ワークショップ後はお食事会でした!
お皿無し! カトラリー無し!
全ての料理を手掴みで食べる、ゴーカイなお店でした(笑)。

流石にドリンク類はグラスに入ってました(そりゃそうだ…)。


seafood




seafood




seafood



食事の仕方ひとつ取っても、その人のパーソナリティが浮き彫りになって面白かったですねー。
隣の宇宙は別宇宙。背景の書き割りが、色々違って見えるような気分でした。
とても楽しく、美味しく頂きました♪









今後3か月のワークショップスケジュールです。

7月は『ご先祖様とスピリット』、8月のテーマは『ソウルメイト』ですよ~。
ご先祖様もソウルメイトも奥が深いので、今後色々な形で学ぶ機会があるかと思います。お楽しみに♪


以降、確定次第更新して参ります! 詳細はこちらへどうぞ。


◆7月
7月10日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:『ご先祖様とスピリットのご助力に気付き、受け取る』


◆8月
8月14日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:『ソウルメイト』


◆9月
9月11日(日曜) 11:00~15:00
テーマ:現在作成中




季節のアクセサリーをば!

涼しげカラーや控えめな大人っぽさなど、色々バリエーションを変えて製作しました。
自分としては勝手に新境地な気分を感じたりもしたんですが、見ている側からは分かりにくいと思います(笑)。





accessory




accessory




accessory




accessory




accessory



例によって他にもありますが、撮影が上手く出来ず掲載断念…。
ご縁のある方は是非お手に取ってご覧下さいませ。

画像で見るのと実物を見るのとでは全く印象が違いますし、ご自身に合わせてみると更に違ったりします。
服やアクセサリー類は、それ単体で見ると派手に見えても、合わせると馴染んでいたりするのが面白いですよねー。




明日は6月度のワークショップでございます。
6月は半期に一度の長時間ワークです。でも、中身が濃いので毎回あっという間に感じますね。

はるばる飛行機の距離からお越しの方もいらっしゃるご予定で、楽しみです!
ご参加の皆様はお気を付けていらして下さいませ。


皆様がそれぞれ更に幸福な人生を歩む為、沢山の収穫がありますよう切にお祈り申し上げます。


蒸して参りましたねー。
日本列島、あちこちで梅雨入り宣言だそうです。
気持ちよく毎日を過ごしたいものです。




日頃ご相談を受ける内容は様々ですが、人間関係を良くしたい、仕事を増やしたいといったお話を伺う中で、良くなる人とそうでない人が居ます。
色々な方を見ていて、「直ぐに良い変化が起きる」タイプと、「変化が無い」「良いことが起きない」と仰る方の共通点が、それぞれ幾つかあるなーと思うようになりました。


今回はまず、「変わらない」と言うタイプの人について、過去の体験に基いて分かり易く書いておきます。



1:言われたことをやらない
何と言いましょうか、もう…変化以前の話なのですが(笑)。
でも笑いごとではなく、一番多いのがこのタイプです。
何か言われたりすると、「え~?(なんで自分がやらなきゃいけないの?)」っていうリアクションが板に付いている人ですね。
本人は無意識で口が勝手に動いているような感じです。
「それはああだから出来ない、こうだから出来ない」と、行動しない言い訳を無限に吐き出す人も居ます。
ちょっとだけ、一部だけやってみて、残りの大部分はやらないで「やったのに全然変わらない! どうしてくれるんだ!」と言う方も居ます。困ります。



2:自分に非は無く、周りのせいにする
大概の人は自分が正しいと思っているものですが、その程度が度を越している状態です。
これが酷くなると、いちいち「周りが全て間違っている!」という結論を下すようになります。
ちょっと気に食わないことがあっても、全部周りのせい。自分は絶対的に正しい。
一言一句、自分の思い通りになるべきと固く信じている。そういう人です。
直接的に「絶対(そっちが)違う!」と、先生に向かって食って掛かって来るタイプも居ます。凄いです。
これらは必ず否定的な表情、文言で他者へ返すように自分を繰り返しプログラミングして来た人です。
それまでの自分の全てが絶対的に正しく、だから周囲が思い通りに動くべきだー! とキレちゃってる人はこういう返し方をします。



3:自分の間違いを認めない
自分がしたことや出した結果について、否認する癖がある人。
過去を直視し、間違っていた所は素直に認めて改めることで、より良い未来を創ることが出来ます。
失敗したのは、良い結果が出なかったのは、当たり前ですが自分に何か振り返り修正すべき点があるからです。
でも、「あれはたまたま」とか「そういうこともありましたけど~でも~」というように、直視しないで逃げ回る人は、当然ですが改めるような思考へ持って行くことが出来ません。



4:コロコロ気分や言動が変わる
小さな頃から、自分を理性的にコントロールする方法を練習して来なかったタイプです。
一貫した言動を取らず、その時その時の適当な感覚(のようなあやふやなもの。実際は情動・原始的衝動)をアテにしているので、さっきまでAがいいと言っていたのに、あっという間にBがいいと言い出したり、その根拠が曖昧だったり…という人。
これを直感だと言う人も居ますが、大概違います。



5:全能感・誇大妄想が肥大化している、自己評価が異常に高い
自分は凄い人なんだ! 特別なんだ! という勘違いで生きて来てしまった人は、そもそも上記の傾向が極めて強く、現実そのものを否認して生きていることになります。
事実に即した自己評価は大切ですが、「本当は素晴らしいんだ」「本当は」と、根拠無く自己についての評価を高く持ってしまうと、現実との折り合いが全く付けられない状態になります。



6:自分で考えない、当事者意識が低い
工夫するとか、こうなるにはどうしようかな? といった、思考を使う習慣が無い。
言われたら言われた通りのことだけで終わり、とか。
「言ってくれないから出来ない」等、他人に全てをやらせようとするタイプですね。
例えば、どうなりたいの? という質問に対しても、「一番オイシイ答えを考えて、教えて~」と濡れ落ち葉のようにベッタリ依存しちゃう。
自分の人生を生きている自覚が薄い人です。あとは何でも他人にやらせてなんぼ、というタイプ。



7:「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない
感謝と反省が出来ない人。特に後者。
誤りを認め、すぐに「ごめんなさい」と頭を下げられない人は、『否認』にも繋がります。
「だってああでこうで…」と言い訳に走る人は、現実の自分を認められないということですから、改める所へ行く筈がありません。
言葉だけでなく、心からその言葉を言えるかどうかがポイントです。




…ざっと挙げるとこんなものでしょうか。
なので、これをぜーんぶひっくり返すと『良い変化が起きるタイプ』に路線変更することが可能ということです。

私がお話を伺って来た中で、良い変化を直ぐに起こして下さった皆さんは、一律素直で直ぐに言われた通りのことを実行し、自分の非を認め、相手の話に耳を傾け、結果が出るよう一貫した行動を取り、感謝と反省が出来る人達でした。



こうしてみると当たり前のことのように感じるかも知れませんが、普段の自分が取っているリアクションや、当たり前過ぎて見過ごしている思考の反応を観察してみると、「あっ」という処が見つかるのではないかと思います。



東京は梅雨入りしましたね。
いやー洗濯物が…早く乾くといいなあ(笑)。

気温の上下が大きい時期です。お身体大切にお過ごし下さいませ。



先日、このようなご先祖に関するお話を書きました。
その後、ちょっと誤解を招く可能性があるなーと思いましたので、加筆させて頂きます。


まず、ご先祖が勝手に先導して、ハッピーエンドにしてくれることはありません。
これは所謂ガイドや守護霊についても同じことが言えます。
究極的には、愛そのものである神(宇宙)もあなたの自由意思を侵害することは絶対にありません。

我々の生きる世界は、何よりも個人の自由意志が尊重される世界です。
だからこそ、色々拗らせておかしな人生を態々歩んでみたり、不幸ぶって事件を起こすことも出来ちゃう訳です。
逆に言えば、自分が本当に望みさえすれば、想像も出来なかったような幸福体験をすることも可能なんですね。



もし良いご縁や良いお仕事、環境などを望むのであれば、勿論あなたの味方であるご先祖や各種スピリットはその為に喜んで動いて下さるかも知れません。
でも、勝手にやって下さることは無い。有り得ません。
もしそういうことがあるとしたら、それはご先祖代々が積み重ねた功徳の貯金が沢山あるからです。
この功徳ですが、過去の方々が地道に作って下さった良い貯金をただひたすら食い潰すだけ食い潰し、一代でマイナスに転じるおうちが多いな~と思うのが、現代日本です。

本人が胡坐を掻いてふんぞり返っているだけでは、良いご縁を繋いで下さるのは難しいでしょうし、もし物凄く頑張って下さって良いご縁が繋がり掛けたとしても、当人が勘違い病を発症するなどによって、そのご縁をぶっちぎることも出来てしまいます。
「美形じゃないから嫌だ」
「何でもかんでも上げ膳据え膳にしてくれない」
「私が喜ぶように何でもやってくれない」
「褒め称えない」
「周りに自慢出来るスペックじゃない」
といった勘違い的傲慢さによってご縁を蹴ってしまうと、折角お膳立てして下さった労力が水の泡です。
結婚する前でもした後でも、同じです。



あくまで個人的な観点からですが、そういう方の背後関係を私が視ると、「わー…めっちゃ怒ってるよ…そりゃそうか…」ってことも多々あります。
どんな時も、どんな悪さをし続けても可愛い可愛いって許してくれるし、永久に絶対に良いことばかりを一方的に浴びる程くれるに違いない。
と思っているのであれば、残念ながらそれは間違いです。
大体この考え方には「私はトクベツ凄いんだから!」という誇大妄想が隠れています。
特別性に何ら根拠が無いのに、正しい結果が出る筈もありません。

仮に自分が悪行を働いているのだとしたら、それが自分の自由意志ということになります。
自分がそれにフォーカスしている以上は、それに伴った現象が起きて然るべきです。当たり前ですが。
その上、目を覚ますよう働き掛けて下さる方々も、ある程度のラインを超えると匙を投げてしまいます。
「も、無理」ってことですね。この辺りは生きている人間とそれ程変わらないんじゃないかなーと。

勿論、絶対的な愛のみである神についてはこれに該当しませんが、「自分が怠けていても、全て何でもしてくれる」というご都合な理屈が通じる相手ではないので、一緒のレベルで考えない方が良いですね。



自分が良い目的(幸福体験)に心の目を向けること。
感謝や善行を当然のこととして毎日の生活をすること。
ものの見方、捉え方を正常なものに修正し続けること。
周囲の方々や環境と調和して生きること。
ポジティブなものを土台に人生を生きること。


こういった要素が先にあってこそ、ご先祖やスピリットの努力が報われます。
ご先祖の関連については7月のワークショップで学びますが、こういったことを知っておくと、人生に対する姿勢が変わって来るかも知れません。



各種スピリットの方々と調和しながら、より素晴らしい人生を歩めますように。



6月に入りましたねー。夏はもうすぐでございます。
気温の上下幅が大きい日が続きましたが、御身体呉々もご自愛下さいませ。




願望実現や引き寄せの本を読んだりすると、
『突然凄い人が現れて』
『急にこんな話が舞い込んで』
『相手の態度が突然軟化して』
というような表現が目に付きます。

周りが勝手に変わっちゃった!
っていう感じです。非常に魅力的な話ですね。

これを目的に色々試してみる…という方は沢山いらっしゃるでしょう。
当然です。そりゃいいですわ(笑)。



ところで、人それぞれにタイプというものがあります。属性と言っても良いですね。
例えば、自分で考えて行動することで良い流れを掴むタイプなのか、向こうから来るものを受け取るタイプなのか。
自分はどちらであるかが分かるだけでも、今後の良い現象をキャッチしやすくなります。

ソウルメイトという名の、運命の王子様に憧れる女性は多いでしょう。
この王子様について、「きっとあっちから現れる筈だ!」と思って期待して待っている方は、割合的にかなり多いように感じます。


で。


何年待ちましたか?
過去の実績を見直してみましょう。実際、どうでしたでしょうか。

ソウルメイトについては、
「出会う時は、どうであっても出会ってしまう」
というような表現が使われる場合があります。

これを期待して、何もしないで居る場合、それからどれだけの歳月が流れたでしょう。
自分から行動するのは嫌だ! 何で私がそんなことをしなきゃいけないの? 向こうから来る筈だ!
この、『~の筈』という架空の期待に縋って、年齢を重ねてしまう…そういうループに陥っていませんかー。って思います。


確かに、各種書籍では劇的な出会いや体験談が沢山載っていたかも知れません。
スピリチュアルなコミュニティの知り合いが、そういう話をしていたのかも知れません。
しかし、それはその人がそうだったというだけの話であって、自分とくっつける理由が無いのです。
「自分はひょっとしてあっちからじゃないんじゃ…」と思ってみたりすると、現実に目が向くので大変宜しいかと存じます。

過去これまで、大概引きも切らず男性が寄って来ていました。確実に、間違いなくそうでした。
という実績が、客観的に見てもある方は、多分あっちから来ます。
或いは、沢山の人(利害関係の無い人達)から「向こうから来るよ」とはっきり言われ続けるなら、そうなんじゃないでしょうか。


「事実を見ると…違うなあ…まあ…無いことは無かった…とかそういう……最後に告白してくれた人は、えーと…10年以上前かな~…」
「あっちから来るから、待ってた方が良いと言われたことは無いです。居ても一人位? あーでも、言ってくれた人自身が自分から動きたくないっていうタイプだったかも」
という場合は、恐らく自分から何らかの変化を起こさない限り、ずっと現状維持です。
このタイプの人は、「なる筈だ、筈だ」という妄想に縋り続けることで、結果を出さずに時間が経過してしまいます。

根拠に使う実績も、例えば20年前に一度そういうことがあったからとか、そんな程度のサンプルでは『周りが勝手に変わっちゃう』という信用には足らないと思った方が良いです。
そんなことに噛り付いていても、時間は待ってくれません。年は取ります。間違いなく。


下手にスピリチュアルの単語を知っているせいで、「なんでならないんだろう…あ、きっとブロックが大きすぎるんだ!」という所へ話を持って行ってしまう方を沢山見て来ました。
残念ながら私が見た限りではそうではなく、
「なんでこの私様が自分からやらなきゃいけないのよ」
「私は特別なんだから! 凄いことが起きる筈なのに!」
といった思考が背後にあってのことばかりでした。この特別性には何ら根拠が無いのがミソ。

こういう思考を使っている方は、大概「凄く優しくてイケメンでお金持ちで私の為に何でもやってくれる人がいい! 私のソウルメイトはそういう人の筈!」と思っているのです。が。
えー、そういう素晴らしい王子様が、自分は特別だー何もしないであっちから来いー! という思考を持っている人を「素敵だな、何でもやってあげたいな」と思うかと言えば、甚だ怪しいと言わざるを得ません。っていうか無いでしょ。普通に。

と思うんですけど、どうでしょうか。
いえ、現実的な話で。スピリチュアル云々とは何ら関係の無い部分で。
現実的にって言うか、常識的に。



天命や天職についても同じことが言えます。
向こうから来るだけの実績が自分にあれば、確かに有り得る話です。
でも『突然ジャックポット』みたいなことを体験する人って、人類にどれだけの割合で居るのかな? と疑問に思います。

暗示を掛けて潜在意識に落とせばなるんでしょーと言われると、確かに原理的にはそうなんですよ。
でも、自分のタイプや元々持って生まれた属性なんかを見直すことで、自分から行動した方がいいかどうかは直ぐ分かります。
どうせ暗示を掛けるなら、「天職に向かって喜んで自分で考え、結果を出すよう行動をします」とかそういう暗示を掛けた方が、結果が速いような気もするんです(タイプによりますけども)。


タイプ自体を変更するよう暗示を掛けて…そうしたら向こうから来たり、起きたりする筈だ。
という風に思う方もいらっしゃるかも知れませんが、そんな面倒なことをする位なら、その時間や手間暇をとっとと積極的な行動に向けたらいいじゃないですかー。
…そんなに自分から何かやるのが嫌なの? 何でなの? と突っ込みたいです(笑)。

結果が欲しいのか、プロセスを指定したいのかというのを理解していないと、この辺りも混乱を招きやすいでしょう。
「あっちから起きろ!」「周りが変われ!」なら、傲慢度に拍車を掛けていると思った方が良いでしょうし、そういう人が好かれるかどうか落ち着いて考え直した方が宜しいでしょうね。
ついでに結果が欲しい訳ではない、と。



という訳で、結果が欲しいのかどうか、よーく考え直してみましょう。
結果を体験したいのであれば、それに即した行動を取る筈です。
自分が結果に向けた行動を日々取っているのか、或いは口だけで何もしていないのか、見分ける作業をしてみる所からやってみましょう。

『灯台下暗し』なことに気付くかも知れませんよ。


プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi