resonance

Entries

Date : 2015年12月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

はっと気付けば、あと二日で今年が終わります。
毎度毎度のことではありますが、まさに『光陰矢の如し』。

今年を目出度く終わり、それと同時にポジティブなスタンスで来年を迎えたいですね~。
まだ二日ありますから、良い気分で締め括るのに間に合いますよ!
もう年越し寸前! という瞬間にリセットして、良い気持ちで新年を迎えることも出来ますし(笑)。



さてさて。
『潜在意識』をどのように理解して行くかについては、スピリチュアルのお勉強をしていても、なかなか掴みにくい部分があるのかも知れないなーと思います。
お客様のお話を伺っていても、主観(顕在意識で行う解釈やフィルター)が邪魔をして、潜在意識をそのまま見ることが難しい…ということが非常に多いのです。

色々な方がいらっしゃるので一概には言えませんが、『否定癖』を持っていると、潜在意識にアクセスするのはちょっと面倒になり易いと言えます。
目に映る現象、体験する現象を、「いや、そんな筈は無い」という風に、即座に否定する癖がある場合。
体験する現象というのは潜在意識が担当していますから、これを真っ向から否定することが多い人は、結果的に自分の潜在意識を否定していることになります。



例えばしょっちゅう「結婚したいー!」と言っている人が居るとして。
しかし、なかなか芳しい結果が出ないとしましょうか。
単純に見ると、潜在意識が現象を司っているのですから、良い結果が出ない以上はその人の潜在意識は「結婚したい」とは思っていません。

永久に思わないのではなく、あくまでも「その時点では」ということですね。
「結婚したいよー」なデータ自体は潜在意識内にあるかも知れないものの、その時にメインターゲットとしてフォーカスしていないということです。

でも、私達は顕在意識で物事を見て判断するというやり方をします。
なので「私は結婚したいのに、現象がおかしい!」と、腹を立ててしまうんですよね。
ここで、「えーと、私ってホントに結婚したいのかな?」と我が身を冷静に振り返ることが出来る人には、路線変更のチャンスが訪れます。
「周りが(又は運がとか縁がとか誰かが)おかしい! 私は結婚したいのに!」と怒っちゃう人は…残念ながら、暫く延長戦です。



1:体験した結果(事実・現実)を正しく把握
2:「そうか、私はこう思っているのか…」と理解する
3:その上で、今後向かいたい方向へ対策を立てる


というプロセスを自分で踏むことが出来るようになると、現実との調和や幸せへのステップアップがスムーズになります。
1の内容は、「他人様によく言われる言葉」も含まれます。
顕在的には全く心当たりが無くても、よく言われるということは、自分の潜在意識がその言葉にフォーカスしているからです。
嬉しくても、腹が立っても、潜在意識は何らかの理由があってそこを見つめているということですねー。


しかし。
残念ながら、起きる現象や体験する出来事を、何かのせい・誰かのせいにすることも出来てしまいます。
他人様を通じて起きる現象も多いですから、余計そう思えてしまうこともありますね。
潜在意識・スピリチュアル的に言うと「きっと見えない所にあるブロックのせいだ」とかも、言えてしまいます。

潜在意識がネガティブな方向性に目を向けているのだとしても、まずそこに気付いて「あっ。これは変えよう!」と思えば、必ずポジティブな方向性に軌道修正することが出来ます。
なので、何にせよまずは気付く所からですね。


「私はそんなこと思ってません!」とか言ってしまうと、話が先に進まないですし、周りを自分の都合が良いようにコントロールしようとして無駄な体力を浪費します。
一旦足を止めて、自分の思い込みや主観は一度脇に避ける。
それからじっと現実を見つめ、自分の潜在意識が何処を見ているのか、何を想っているのか、把握する所からがお勧めです。


顕在意識と潜在意識が幸福な調和をして行かれますように。




寒い!


でも動くとそうでもない!



どっちなんでしょう(笑)。


とは言え、冷え込みましたね。
暖かいお飲み物でホッとして下さいね~。


12月ワークショップのご感想を頂戴しましたので、掲載致します♪






ワークショップでは、『今よりも幸せになる為に、私の魂(潜在意識)の動きを見る』ということをして頂きました。
会社員の私が「じゃあ、今回は仕事をテーマに…」と言いかけた時、他の参加者の方々が一斉に「いやいやいや、あなたは『結婚』でしょ!」と仰ってびっくりしました。

自分(の潜在意識)がそこまで結婚を重視しているとは思っておらず、私には全く自覚がありませんでした。
私は「結婚はいつかはするけど、遠い未来の話。今は会社員だから、仕事をテーマに自分の潜在意識を見るべき」と思っていたので、『結婚』というワードすら自分では出しませんでした。

潜在意識の動きをワークで再現してみた所、『潜在的には結婚する予定なのに、しかしそれをとても嫌がっている』ことが示され、こちらにもびっくりでした。
その後のプログラムが進むにつれ、私の生まれ持った資質による適性は仕事ではなく、『専業主婦』向きであること、私の魂が第一に幸せな結婚を望んでいること、幸せな人生を送る為に結婚が設定してある…ということが判明して行きました。


顕在的には全然考えていませんでしたが、他の方から言われる言葉も、ワークが進む毎に出て来る内容も、『結婚』関連ワードばかりだったので、自分にとって一番重要なテーマはやっぱり『結婚』なのでは…と思い始めました。
思い込みで出来ている顕在意識よりも、他人様(=潜在意識)の方が余程私を理解されているのだと思います。

この日のスケジュールが進んで行く中で、自分の人生の目的や、持って生まれた特徴が具体的に浮かび上がり、「これは嫌だ、駄目だ」と思っていた自分の資質が「私はこれで良いんだ」と思えるようになって行きました。
参加前に比べると、今はリラックスして生活出来ているように感じます。



振り返ってみると、過去の私の人生は『否定』ばかりでした。
とても愛されているし、多くの方々に良くして頂いているのに、それを否定し「愛されていない」と怒っていました。
他人様が言って下さる自分の特徴を絶対に認めることが出来ず、「私はそんな人じゃない!」「本当はこういう人の筈」という架空の自己像を作り上げていました。
結果、自分自身にも周囲に対しても否定の連続で、現実を見ればこれといった問題は何一つ無いのに、心の中は不満や怒りや嫉妬で一杯でした。

でも実際は『愛されていたし、今も愛されている』のが事実ですから、わざわざ自分で不幸な気分を作り出して生きていたんだなと思います。
これに気付いたのは、昔の私と比べるとかなり大きい変化です。
今後は長い目で物事を見て、自分も周囲も肯定し、楽になって行こうと思っています。


ワークショップ終了後に皆さんとお茶をしていた時は、いつも自分の中にある「こう言わなきゃ、こう見せなきゃ」という窮屈で焦る感じも無く、アピールの必要性も全く感じること無く、自分のままで居られた気がしました。
とても楽で居心地が良かったです。「ずっとこんな風に過ごしたいなー」と思いました。

他の方もそうだと思いますが、今回のワークショップの満足度は120%です。
お支払いした何倍もの成果を頂きました。お得の極みです。



先生の特徴は、"徹底して『実を取る』"所だと思います。
このようなワークショップやセミナーは、何か特定のテキストやカリキュラムがあって…ということが多いのでしょうが、先生は良い結果に対して有効な手段であれば、ジャンルに拘り無く何でも取り入れる柔軟性があります。

知識も経験も豊富なので、厳選された中身の詰まったものをご提供して下さっているように思います。
愛が深く、本当にその人の幸せの為に必要なものを、分かりやすく、忍耐強く、最善な形で教えて下さる方です。
価格設定も破格なので、形より実を優先される方には大変お勧めです!







ご感想ありがとうございました。


『他人様の言は、自分の潜在意識が言っている言葉』
というのは、スピリチュアルや潜在意識の学びを深めて行くと、どうにも逃げ場が無く腑に落ちて行きます。
最初は「うっそぉ! 有り得ないから!」って感じですけどね(笑)。

顕在的なレベルでの思考は、外の世界には映りません。
潜在意識の思考が、外の世界に反映されます。


ある特定のことばかり言われる、現象が起きるのは、自分の潜在意識のデータを反射しているからなのです。
これを、「本当だ…うわー」と気付けるようになると、現実世界との調和を図るという方向に意識が向いて行きます。

無理矢理外側のみを変えようとするのではなく、自分の内面とよくよく照らし合わせて…という風に検証する癖が付いて行くと、現象のみに囚われる必要性が無くなります。
そうすることで、自分自身を大切にし、他者とも協調して行けるようになることでしょう。


少しずつでも、顕在意識と潜在意識が手を取り合う生活にして行けるといいですね。



今日はクリスマスですねー。

お天気も良く、夕方から冬らしく冷え込みました。
皆様どのようなクリスマスをお過ごしでしょうか?




私は、少しだけお会いしたお友達の方から、可愛い石鹸(↓)を頂戴しました。


saint


サンタクロースの絵が貼り付けてある石鹸です。
良い匂いがしまーす





お勉強やお仕事でお忙しかった皆様も、楽しいクリスマスをお過ごしだった方々も、良い一日でありましたでしょうか。


もう来年が目前に迫って来ておりますが、是非とも今年一年を振り返り、良かったこと、成長出来たこと、理解や気付き等、整理してみて下さい。
案外忘れていることや、当たり前のような気がして見過ごしていることが多いのではないかと思います。
そうしてご自身を労いながらも、来たる来年へ向けて更なるステップアップを目指されると、どんどん幸せが膨らんで行くことでしょう。


今夜もどうぞ暖かくしてお過ごし下さいませ。

メリークリスマス






今日は冬至ですね。一年で一番、太陽の出ている時間が短い日です。
思ったよりは寒さを感じることなく、外を歩いていたらむしろ段々暑くなったりしていました(笑)。

明日は祝日、明後日はクリスマスイブ、明々後日はクリスマス!
三日間のイベントを楽しまれる方も多いことでしょう。
どうぞ暖かくしてお楽しみ下さいませ~♪





以前あった○○なことが今でも嫌で、なかなかスッキリしません。
以前揉めてしまった相手のことを、許せません。今でも大っ嫌いです。
今やっている○○が嫌で嫌で、だから環境を変えたいんです。


というようなお話をよくお伺いします。
これは、どなたにでもある逸話だと思います。


潜在意識やスピリチュアルを勉強する中で、どの先生のお言葉やどの本にもしつこい程に

「手放しましょう」
「ゆるしましょう」
「感謝しましょう」

と出て来ることにお気付きの方も、いらっしゃるのではないかと思います。

何故あちこちで繰り返し繰り返し同じフレーズが出て来るのかと言うと、ぶっちゃけその方が当人にとって幸せだからです。
ホントです。ホントホント。


手放すと、ゆるすと、感謝すると、自分が不利になるような気がしている人は沢山居ます。
だって嫌な思いをしたのに。
こっちが被害者なのにー!

って。
だから、例えば「腹を立てる権利がある!」と思うんですね。
こういう状態だと、まるでアドバンテージが自分にあるかのような気がしてしまうのですが…。


その瞬間の気持ちを『ポジティブ』か『ネガティブ』かで色分けしてみると、どちらでしょう?
腹が立つということは、怒っているということ。
怒っているということは…カラーはネガティブですよね。
となると、単純に言えばネガティブな気持ちにしがみついていることになります。

一方で、手放した状態は自由です。
凄く嬉しい! といった高揚感や興奮は無いかも知れませんが、少なくともネガティブさは見当たりません。
二つを比較すると、やっぱり…ということになりますよねー。



そうは言っても、でも、だって、やっぱり…!
な、場合。
未来の視点に立つ癖を付けると良いです。

過去にあった事実そのものは変えられません。
これは間違いなく無理です。既にそれは過ぎ去ったからです。
でも、解釈を変えることは可能です。


「凄く嫌だった」
というのは、事実ではありません。主観です。
ある一定の角度から見た時の解釈、捉え方です。

出来事をピンポイントではなく、長~い目で見た時。
時が経って、満ち足りた幸せな生活をしている自分は、その時のことを同じように嫌だ嫌だと回想するのが自然かどうか、シミュレートしてみると良いかも知れませんよ。


マインドが幸せを感じている時というのは、怒りや妬みや欠乏が介在出来なくなっています。
その状態で過去の嫌だった出来事を振り返ると、
「なんか色々あったけど、あれは良い経験になったなあ」
「あの時は分からなかったけど、やっておいて良かった…」

という風に、印象(解釈)が変わっている可能性があります。

仮にそこに感謝が付随しているなら、同時に納得をも感じている筈です。
「ああ、有難かったなあ。そうだったんだ、良かったんだ」という風に。
これが大正解とは言い切れませんが、理解のプロセスを経て行くと多くはここに落ち着きます。
取るに足らないような些末な出来事である場合は、「拘る必要がなかった…」と完全に過去の遺物になりますね。



自分がずっと不平不満・不幸の中に留まっているという前提を使うと、嫌なことはそりゃもう永久に嫌だろうし、その解釈が変わることはなく、結果から言えば自身が不幸を指向していることになります(だって、その状態は幸せじゃないですからね)。

でも、『先々は幸せの中で生きている』というつもりがあるなら、その頃には同じ出来事に対しての解釈が変わっているのかも知れません。
幸せな感覚、喜びの感覚、落ち着いた平和な感覚の方が大事だなあと思うなら、過去の嫌だったことに対しての視点は、自然と変化しているのだと思います。
嫌だと思っている気持ちを無理矢理捻じ曲げるのではなく、嫌だと思っていたこと自体から手を引いて、違う受け取り方へと変わる。

そうして、人生の様々な事件や辛かった出来事も、丸ごと抱きしめることが出来る日が来るかも知れないのです。
過去を振り返り、その頃の自分に対しても、苦しみの中で溺れて出口が分からずに居た自分に対しても、手を差し伸べてあげることが出来るかも知れません。




手放す、ゆるす、感謝する。


これらを無理矢理する必要はありません。
もし、とても怒っているなら、それをいきなりやめろと言うことでもありません。
理解には段階がありますから、現時点で相当怒っているのに、突然腑に落ちるというのはあまり無いケースです。

しかし、「ずっとこの不快感を抱えたまま生きて行くのは嫌だなあ、この嫌な気持ちを捨てられないのはちょっと…」と思うなら。
近い未来の自分が幸福感、満ち足りた気持ちの中に居るとして、その時はどのような視点でその出来事を見ているのか、といった想像をしてみると良いでしょう。


ちょっと先の未来で、自分が『どのような状態・どのような気持ち・感覚を体験していたいか』を設定するのは、とても大切なことなのです。
フォーカスしたそこへ向かって、現実は進んで行きますから。



寒いですねー! いやいやびっくりです。でもそう言えばもう年末でした…(笑)。
皆様、どうぞ暖かくしてお過ごし下さいませ。

引き続き、12月ワークショップのご感想を掲載致します♪






私は10年以上に亘り、スピリチュアルの世界に足を突っ込んで彷徨っていました。
沢山の本を読み、パワースポット巡りをし、色んなセミナーに参加しました。
なのに結果は、「何で上手く行かないんだろう、何故全てが自分の思い通りにならないんだろう」とそればかりでした。

過去の私は、ずっと自分以外の"キャラ"を探していました。
元々の自分、ありのままの自分というものを認めることが出来ず、"他の何かになろうとする努力"を長いことして来たので、「やっぱり私はこんな人じゃなかったんだ!」と思う為の材料を探していたのです。


長い間、"全ての人から「一番の美人だ」と思われなければ、自分には価値が無いのだ"と、心のどこかで思い込んでいました。
もし周りの人全てがそう言ってくれれば、自分は他人から見て価値がある人ということになり、欲しいものが得られてきっと満足出来ると思っていました。
でも私は自分自身が美人になる努力ではなく、他人にそのようなアピールをすること、他人の思考を操ろうということばかりをしていました。

今、振り返ると『自分が幸せになる為』ではなく、『周囲だけを変えようとする為』に色々な本を読んだり、沢山のセミナーや占いに行っていたのですが、自分が本当は何を欲しているのかについては、全然分かっていませんでした。 
とにかく自分以外の誰かになりたかった。誰もが憧れる・尊敬するような人になって、そうすれば私は幸せになる筈だ…と、思っていたのです。

今回のワークショップに参加して、何故そんなことを繰り返して来たのかやっと腑に落ちました。
この日感じたことだけが、ずっと私の欲しかったものでした。




ワークショップを振り返って最も強く印象に残ったのは、『"この世に生まれた時の父からの愛"を体験する』ワークです。
他の参加者の方がしているワークを見ている時から、ずっと涙が止まりませんでした。
圧倒される程に大きな愛の中で、発される言葉の全てが「あなたを愛している」と告げているように聞こえました。
その場は愛だけが満ち溢れていて、それがあまりにも幸せで、本当に本当に感動しました。

先生が「愛はずっとあなたと共にありました。無くなることもなく、この先もずっと共にあります」と言われた時、本当にそうなんだと納得しました。
愛されていないのではなく、ただ受け取らないだけだと以前から言われていましたが、『受け取る』という意味もこれでやっと分かりました。



私は1ミリも愛を貰っていないことにして、「私は全然愛されて来なかった」「私には無いんだから、もっと寄越せ!」と主張して生きていました。
良くして下さる方々や私を愛してくれる人達に対して、つくづく酷いことをして来たと思います。

「私は愛されていない」と解釈したこと自体が、全ての間違いの元でした。
私は確かに愛されていて、これまでの私は間違っていました。それが全てです。
今は、自分以外の誰かにならなければという焦りを感じません。
本当に愛を感じ、それがその後もずっと自分の中にあることが、この日のワークショップから得た最大の成果です。


その後は、他人の目ばかりを意識したり「自分をこう見て欲しい」と思うことは無く、自然な"ただの自分"が居ます。それがとても楽です。
また、そうなって初めて「周りの人のこと、他の人のことを知りたい」と思うようになりました。

「相手の方の好きなこと・楽しいことは? 今、何を言っているのか? 望んでいるのか?」
といった興味が湧いて来て、人とちゃんとやりとりをしている実感があります。
金額以上の成果を頂きました。いくらお支払いしても足りないほどにお得です。



絶対に良い結果を出せるよう、ここまで親身になって身を惜しまず参加者に尽くされる先生はいません。
先生ご自身の研鑚、その愛の深さは尊敬の一言に尽きます。
とても論理的、戦略的に進められる先生で、誤魔化し・逃避など本人の為にならないことは、そこに存在出来ません。
それもこれも、先生が"参加者の幸せ"にのみフォーカスしている為です。

私は今まで、こんなに姿勢や態度のはっきりした先生には会ったことがありませんでした。
何でも受け入れてくれて、その時に言って欲しいことを優しい言葉で言ってくれる方が多かったのです。
先生に出会わなかったら、自分の幸せを邪魔するプライドを手放せず、何も分からないままだったと思います。


過去納得出来なかったことや疑問が有る、本や良い話に触れてもなかなか腑に落ちない、同じ失敗を繰り返してしまう、とにかく幸せになりたい、幸せなんだけど…でも…という方々には特にお勧めです。

 




ご感想ありがとうございました♪


状況はそれなりに良いし、困ったことは無い筈なのに、どういう訳かいつも不満や不足や怒りを感じていて、理由が分からない…。
周りがもっと良くしてくれたら、解消されるのでは? だからもっとちょうだいー!

というスパイラルに陥ると、そもそも自分が何を欲しているのか忘れてしまうことがあります。
目的を忘れたまま彷徨うと、益々よく分からない感じに…ご本人が辛いですね。

ご無事に思い出されて何よりでした。
元々のご自分を肯定しながら、周囲の方々とも調和して人生歩んで行かれますように。



前回に続きまして、12月ワークショップご参加の方からのご感想を掲載致します♪






ワークショップを振り返って一番強く印象に残っていますのは、『父からの無償の愛』を体感させて頂いたシーンです。
大きな愛の波動に包まれた心地良さや安心感、守られている感じ、「私は絶対大丈夫」という感覚には、言葉では表しきれない程に感動しました。

人生の初めから途方も無く大きな愛を頂いていたにも関わらず、「私は愛されていない」という間違った認識を元にずっと生きていましたが、この時「父からの無償の愛は、既に私の中にあった」と理解することが出来ました。
ワークショップが終わってからも、父の愛はいつでも私のハートの中にあることを感じています。


先生がワークショップの時に仰った「誰に対しても、言動そのものではなくその向こうに神を観なさい、愛を観なさい」という言葉が今は身に沁みます。
自分に愛は無く、愛されてもいないと言って怒り続け、自分以外は全て敵だと思って戦って生きて来ましたが、そんな私の中にも本当は愛があったと気付いたのは、とても大きな収穫でした。

「自分は愛されていない」という怒りを元に生きている人も、その一人一人の奥には必ず『愛』が存在し、その事実に誰しもどこかで気付いているのだと思います。
これからも自分の周りには色々な方が現れるでしょうが、先生の言われた「その人の向こうに愛を観よ」というお言葉を、心に留め過ごして行きます。



プログラム内で行った『ペアを組んだ相手の魂・潜在意識にアクセスする』という体験にも驚きました。
テキストにある質問事項を読んだ途端、殆ど考えなくても言葉が次々と頭に浮かんで来て、相手のことなのにスラスラと書くことが出来ました。
また、ペアの方に書いて頂いた私についての内容も、色々な面を一言で表すと『大らかな人』になり、「その通りだな~」と納得。
本当はみんな潜在意識で繋がっていて、お互いのことを良く知っているのだと思いました。

ワークショップ前後の自分の状態には明らかな違いを感じます。
気付けば鼻歌を歌っていたりもして、今の生活のベースにはいつも"愛と幸福感"が共にあります。
何かに対し「嫌だな~」と思う瞬間があっても、以前だと長らく嫌な気持ちに留まって引き摺っていましたが、すぐに自分のセンターに戻れるようになりました。
何かあってもすぐにどうでも良くなり、気にしない、気にならなくなって来ています。



満足度は120パーセントで、お支払いした金額から何十倍もの成果を頂戴しました。
とにかく「凄い」の一言です。本当にありがとうございます。

私はこの人生で、こんなに優れた先生に出会ったのは初めてです。
「幸せになりたい」「人生に良い結果を出したい人」には、とてもとてもお薦めです。








ご感想ありがとうございました!

愛は外側からやって来るのではなく、元々我々の内側にある。
そこに気付くだけでも、自分や世界に対する肯定度が変わりますね~。

沢山の人と愛を通じてコミュニケーションして行かれますように。


先日開催されました、12月ワークショップにご参加下さった方のご感想を掲載致しますねー。







先日のワークショップでは、ありがとうございました。

ワーク内では『父からの無償の愛』を体験させて頂きましたが、亡くなった父があれほどまでに大きな大きな愛を私に注いでくれていたことを、あの時初めて知りました。
その愛の大きさと素晴らしさに驚き、途方もない幸福感に圧倒され、身体の細胞が振動しているようで、その有り難さにただ涙が溢れ続けました。

愛は私達が生まれる前からずっとあり、これからも永遠にある。
先生が長らく「皆さんはずっと愛されていますよ」と仰っていた意味が、この時やっと分かりました。



『起きる現象だけ、形だけに視点が偏ると、欠乏感や飢餓感が生まれて「くれくれ」になる。
現象や形はあくまで手段でしかなく、その根本にあるのはあなた方に対する相手の気持ち。
物事の本質はそこにあって、相手の気持ち=愛や思いやりや感謝といったポジティブなバイブレーションを感じ取る、汲み取ることが大切です』
というお話も併せて、とても有り難かったです。

私はこれまで、相手の気持ち(物事の本質)に目を向けたことが一度たりともありませんでした。
相手の方が何を想ってその言葉・行動を取っているのか知ろうともしませんでしたが、このワークショップを通して、皆さんの魂の本質に触れることが出来て、本当に大切なのは形ではなく、こちらなんだと気付きました。


「私は愛されている。元々愛されていて、今もこれからもずっと変わらず愛されている」
ということを深く感じ、これまで不幸だと思い込んでいたことの全て、そこから起こした言動の全て、何もかも私が間違っていた…と思いました。

ワークショップ後に皆さんとお食事した時には、楽しい会話の中で自分の生まれ持った特徴が、よりはっきりしました。
過去ずっと「こういう人に見せなきゃ、こういう風に思われなきゃ」という考えで頭が一杯でしたが、後日のセッションでは「私が普通に自分らしくしているだけで、自分も周りも幸せなんだ!」ということを体感出来て、とても嬉しかったです。 



その後も常に愛されていることが分かりますし、愛を"感じる"ことが出来ています。
私はずっと"感じる"ことが出来ずにいつも"ツー…"という状態で、何があっても「別に。何も感じません」だったので、相手の気持ちが全く分からず関心もありませんでした。

でも、ワークショップ後から物事に感動することが多くなり、「相手の方はきっと悲しかったんだな」「きつかっただろうな」「嬉しいんだな」と自然に思い浮かぶようになりました。
これはひょっとして、これまでのように喜怒哀楽等を押し隠すことなく、そのまま感じられるように変化して来たのでは…と思います。


毎日の食事も、とても美味しく感じます。
日常の中での他人様とのやり取りや、食事をした時に「そうか、これもお互いに共感している、エネルギーが共鳴し合っているということなんだ!」と感じることがあって、常に常に本当にずっと、『愛』という有難い不変のエネルギーが共にあるのだと思うようになりました。

ワークショップ後もその後に受けたセッション後も、ごちゃごちゃ考えたりすることはありましたが、そんな中で今朝、「これまで何もかも間違っていたっていうのは、本当に何もかもなんだ…」と思い浮かび、様々な本や先生が教えて下さっていた
『"これまで自分が犯した過ち"という事実や、"常にある愛(=神)"の前に私達が出来るのは、抵抗し言い訳を探すことや逃げることではなく、ただ頭を垂れることのみ』
というのは、こういうことなのか…と思いました。



先生は、次元の違う愛の深さと広さを持っていらっしゃる、中身も外見も"美しい"方です。
また、一人一人に対して適切な時には本当のことを言って、正しい(幸せな)方向へと導いて下さいます。
その人の本質をちゃんと見て下さっているので、「私自身を良くしなきゃ…」「幸せになりたい!」と思っている方には絶対にオススメです。

これまでも、今も、ずっと変わらずに私達やその家族も含め、全てをありのまま見続けて下さり、本当にありがとうございます。








ご感想ありがとうございました♪
一身に注ぎ続けた愛に娘さんが気付いてくれたことで、お父様も天国で喜んでいらっしゃることと思います。

この世に生まれた瞬間から、それ以前から愛されていたことに気付き、それまで滞っていた様々な流れが動き出したようです。
ご家族は勿論、周りの方々からも絶えず幸せを願って頂いているので、喜んで受け取れるといいですね。
更なる幸福を願っております!


いよいよ今年も残り2週間程になりました。
振り返りますと、遥か遠くに年初が見えるような見えないような…(笑)。
新年を迎えるまであと少しですが、更に学びを深めて参りますです。




「此処は気持ちいいな~と思う場所ってありますよね。
何がある訳でもないけど何となく疲れてしまったり、嫌なことがあった時に、何らかのリフレッシュ行動を行う人は多いのではないかと思います。

人には、「良いエネルギーを取り込みたいな~、そうすることで元気になりたいな~」という欲求があります。
幸せを希求している人は、そういったことに高い関心がおありなのではないでしょうか。
良い栄養を取り込むことと、良いエネルギー・バイブレーションを頂くことは健やかに生活する上でとても大切ですよね。



昔から良い波動、バイブレーションに浸かる為に人々が行っていたのは、神社仏閣参りに代表されるような参詣行為です。
『聖地』と呼ばれるような場所は、元々土地の良いエネルギーが満ちていると(人々の潜在意識的に)信じられている為、高い波動を浴びることが出来ます。

現代風に言うと、パワースポット巡りですねー。
その他、森林浴や自然に触れ合うことでも、似たような効果を得られたりもしますね。
おうちの中にパワースポット的な場所を作っている人もいらっしゃるでしょう。

そこに居るとホッとする、安心する、癒される、暖かさを感じる、幸せを感じる、感謝を感じる、身が軽くなる、身体が緩んでリラックスする…。
そのどれも、良いフィーリング、バイブレーションを感じていることの証左になります。
人によって内容はそれぞれ違うのでしょうし、多少なりとも相性はおありかと思いますが、自分の波動が上がると大概の人は幸せを感じるものです。


実は土地や場所に限らず、自己理解の深い人や愛に沿って生きている人も、高いフィーリングやバイブレーションを発しています。
昔から"聖人"と呼ばれるような人達に纏わる逸話は沢山あります。
劇的な内容で言えば、「その姿を近くに拝んだだけで、難病が快癒した」といったようなお話ですね。
他にも、悩んでいたことがどうでも良くなったというケースとか、色々と記録されています。

基本的にセラピストやヒーラーは、出来る限りの良いフィーリング、バイブレーションを土台として提供していて、様々なテクニックやお話はその上に乗っけた状態です。
技術を勉強しても、どうして出る結果が違うのかと言えば、フィーリングやバイブレーションの重要性がそこに関わっているからです。

理解の深いヒーラーやセラピストは、自身が高い波動を発しているので、自分をクリアリングするにあたり物理的に何かに頼る必要があまりありません。
時短の為に何かを使う可能性はありますが、自分を深く理解し癒すことで、自動的に波動は上がって行きます。
そういう人を間近に見るとか関わる機会が多いと、何かの技術を提供されなくても理解することが可能になったり、良い連鎖を生み出しやすくなるんですねー。



普通に生活している方の中にも、"愛されオーラ""幸せオーラ"を纏っている人は沢山居ます。
姿かたちのみならず、「あ、雰囲気が素敵だな~」って何となく思ってしまうような方ですね。
一緒に居るだけで幸せな気持ちを感じられるタイプの人は、これです。

潜在的に『自分は肯定されている、愛されている』と認識している方は、この良いオーラを持っています。
ふんわりして見える、またはキラキラして見える、目が行ってしまう…といった特徴があるんです。
だから寄って行きたくなる。そのオーラに肖りたくなる。仲良くしたくなっちゃいます。


原理的には大体一緒です。
即ち、潜在意識に依拠する『愛されている幸せ感』がとっても大切。
言い換えると自己肯定感になりますね。

これが大きくあると、自他への深い信頼感に繋がり、そこから喜びや幸せを毎日体験して生きる人生になります。
当然『信頼感、喜び、幸せ、肯定』は良いフィーリングやバイブレーションですから、自分もそれを体験し続け、更に近くに居る人達にもそれが伝わり…良い連鎖を生み出す。
結果、その人そのものが良いパワースポットになってしまうということに! スゴーイ(笑)。


"生けるパワースポット"度が上がるような、自分も周りも幸せな人生を歩めますように。



ここ数か月は、潜在意識の学びを深める為の講座の受講などをしておりました。
自分で日々の理解には務めておりますが、やはり遥か先を行かれる方の教えは素晴らしい収穫がありますね。
いやーもう本当に奥が深くて勉強になります。そういった機会を頂けることが、本当に有難いです。




さてさて。

『願望実現』『引き寄せ』という言葉で表されるジャンルがあります。このblogもジャンルとしてはそれです。
手帳に書くと良いですよーとか、アファメーションすると良いですよーといったメソッドは古来より沢山生み出されて来ました。

最近だと「新月に書くと良い」「コラージュすると良い」といったものもあります。
願望実現・引き寄せのジャンルには諸々沢山のやり方がありますが、やり方はともかくとして、一番重要なのは"潜在意識"です。


本人の潜在意識が概ねポジティブな方を指向している場合、例え何かちょっとしたことがあっても大体上手く収まって幸せな人生を送りますし、上記のようなメソッドをちょこっと使ってみたら「すごーい!」というような結果を出しやすいでしょう。

ただ、その逆もまた然りで。
何らかの理由で潜在意識がネガティブな方向性を見ているとすると、やはり「色々やってるのに、なんでならないんだろう…」というような結果に陥りやすいのですね。



引き寄せをトライしたい人が沢山居るのは、当然のこと乍ら「幸せを体験したい!」という気持ちが奥の方にあるからです。
潜在意識の更に奥深くにある魂が人間の本質ですが、そこには『幸せ』『愛』というリソースがあるので、そのリソースが自分の本体である幸せを体験したがっているんです。

しかし我々には肉体・自我があります。
様々な要因から、本質的なものと分断されているのが普通と言えば普通の状態です。
イコール、『顕在意識と潜在意識に分かれている』という風に、大まかな分類をすることが出来るでしょう。



顕在的にはどう思っているにせよ、自分の潜在意識がポジティブかネガティブかを知っておくと、幸せになりやすいかどうかが分かります。
セラピーやヒーリングを受けたり、カウンセリングに通うことをしても、何故か結果が出ないとか、相性の良い先生に巡り合わない…また、様々な本を読んで色々試しているのに、結果が…という人は、日常生活を振り返ってご自身の反射的反応を思い出すのがお勧めです。


例えば、誰かに何らかのポジティブなことをして頂いた時、言って頂いた時や、良い出来事が起きた時に、

1;「嬉しいな~」「有難いな~」「幸せだな~」

といった気持ちが真っ先に浮かび上がるなら、幸せ・ポジティブなことに潜在意識がフォーカスしていると言えます。




その他、

2;「ふーん」「たったこれだけ?」「こんなもん?」「他にはないの?」

といった不足・不満を感じるのであれば、ネガティブに向いています。




もう一つ挙げると、

3;「なんかごめんなさい」「これじゃ悪いから、何かでお返ししなきゃ…」

と後ろめたい気持ち、罪悪感を感じる人も、2とは意味合いが違いますが、潜在意識がネガティブに向いています。




上の内容は、ほぼ脊髄反射並みのスピードで反応していることです。
考えている自覚すら無い人が大半かも知れません。

人間には他人に対しても自分に対してもついつい良い子ぶりたい部分があるものですが、そういう箇所を使ってしまうと自身の幸せから縁遠くなりますので、自分に正直に振り返ることが重要ですよー。




1の人は、引き寄せにとっても向いています。
イメージしたり、書いたりといった顕在化のテクニックで、いとも簡単に良い現象を起こせるタイプですね。
というか、元々毎日良い引き寄せを起こしていると言うことも出来ます(笑)。
自分の幸せに対してポジティブな受け止め方をしており、人生に於ける"自分軸"がしっかりしています。


2の人はセルフイメージが現実と乖離しているのが特徴で、自分はものすごーく高いレベルの人間だと脳内変換しています。
なので、周りがそれに合わせた言動を取るべきだと怒っています。周りに対し、変われ変われと念じています。
何か良い現象が起きても、基本的に満足はしない仕様です。
怒りと妬みが強く、他者がどうかで物事を判断する"他人軸"で生きています。


3の人は、自己肯定感が低いという特徴があり、良い現象を喜んで受け取れません。
「自分にはこんな良いものを頂く価値が無い」といった思考を潜在的に持っている為、良い現象が起きないように弾いてしまったり、くれた相手に返してしまったり、また頂いた以上に疲弊するような形で差し出そうとします。
良いことを喜べず、身を削る形での自己犠牲をしようとするのが特徴です。




以上のどれに該当するでしょうか。
勿論最も健全なのは1なのですが、現在仮に2でも3でもその気があれば変更可能ということを明記しておきますね~。


毎日生きられること、食べられること、人とやり取り出来ること等々、『良いこと』に該当する現象は沢山あります。
それらを喜びと共に受け取りながら、個人的なニーズを果たすことでもっともっと大きく喜べる。

…そんな繰り返しの毎日を送ることで、より大きな幸せや喜びを体験出来るといいですね♪


先日、12月6日は今年最後のワークショップでした。
ご参加下さいました皆様、まことにありがとうございました!


計8時間という長丁場…に思える時間も、あっという間に過ぎ去りました。
内容は私の目から見ても大変素晴らしく、恐らく過去最大・最高の贈り物を皆さん受け取られたのではないかと思います。

ワーク後半では会場内が圧倒的な愛のエネルギーで満ち溢れ、プロセスワークを行った人も、またそれを観ていた人も、会場の全員涙が止まらない感動的なシーンもありました。



ワーク後、

「何故こんな風に上手く行かない人生を生きて来たのか、やっと分かりました!」
「ずっとどういう訳か怒りを抱えて来て、その根本的な原因が分かった!」
「長い間スピリチュアルジプシーをしていた理由が分かって、これで卒業だと思った!」


といったお話を頂戴しました。
中でも一番多かったのは

「これまでの全てを勘違いして(間違って)いました」

です。




愛を言葉にすることは実質的に不可能とされていますが(言葉はエゴのシンボルであり、エゴと愛は決して相容れないからです)、つまりそれ程までに素晴らしいエネルギーです。
愛には限りが無く、無限の喜びと幸せが伴います。
貰うとかあげるといった次元の"もの"ではなく、実はいつもただ我々と共に在る最も尊いエネルギーです。
永遠に損なわれることもなく、消えることもなく、減ることもない。
元々無かったものが現れるのではなく、あったことに気付くだけです。

愛は様々な表現として現れます。
言葉を通して表現されることもあれば、祈りや願いや感謝等の想いを通じて、また肉体等の物質を通じて表現されることもあります。
時に、苦しみや問題の背後に何かの形で愛が隠れていることもあります(苦しみそのものは愛ではありませんが)。



スピリチュアルで使う『(愛を)受け取る』とはどういう意味なのか、体験された方もいらっしゃったと思います。
愛というものは誰かに何かを貰うとか、して貰うとか、受け取る側のニーズが先にあって…ということではないんですよね。
元々ただ存在している。私達が様々な勘違いや見方・捉え方の角度を間違うことで、受け取らなくなってしまうだけです。

「あれをくれたら愛されてると認めてやる」
「ああしてくれたら愛されていることにしてやろう」
「これを言ってくれたら…」
「あれがなくなれば…」
「あれさえあれば…」
「あれが無いから愛されていない」
と、ついつい愛を違うものに変質させ、誤変換しようとしますが、それらは全て愛ではないのです。

そのエネルギーに気付くと、癒しや浄化が始まります。
また、これまでの間違いにも気付き、自分にとって正しく価値のある人生へ目を向けるようになります。


…と、色々書いていますが、やはり言葉で伝達することは不可能で、体験して理解するものです。
「無いから欲しい」のではなく、「元々常に共に在った」のです。
そこへ至るには、人によって様々なプロセスがあります。

直ぐ気付く人も居れば、毎日気付いている人も居ますし、暫く掛かって…という方も居ます。
どんなルートを通ろうと、必ずそこへ至ると決断することが重要です。人は目指すものを体験しますからね~。







今後確定しているワークショップスケジュールは以下です。


★2016年

1月10日(日曜) 11:00~15:00


2月7日(日曜) 11:00~15:00


3月6日(日曜) 11:00~15:00


詳細はこちらへ♪

12月にしては暖かいような気もしますが、どうなんでしょうねー。
昨年の気温を毎度忘却します(笑)。

ここ暫くですが、思いの外12月ワークショップ用の準備に手間取ってしまいました。
色々構成を考えたり、アイディアが降って来るのを待ったり、その間にアクセサリーを地道に…そう、アクセサリーを沢山作ってたんでした!
って言う程には沢山ありませんが。個人的には沢山な気分です(気分だけ?)。




accessory




accessory




accessory




accessory





他にもありますが、画像にすると色が飛んでしまったりといったことから、掲載を断念。
なので、他にも色々あります。





明日は今年ラストのワークショップです。いつもと違って時間が倍です。
より素晴らしい毎日を受け取れるようにご活用頂けますこと、切に願っております。

ご参加の皆様はお気を付けて会場までお越し下さいませ。





あーーーーっという間に今年ラストの12月です。
わー12月ー!(笑)


毎年こんな感じです。
11月はいつにも増して自己を見つめる時間を取りました。
お蔭様で、幼稚園辺りから抱いていた長年の謎(ホントに長っっ!)が解明したりということもありまして、やっただけのことはあるな~という気持ちでおります。

表面上の現象だけを観て意味が全く分からなかったことも、事実を一つ一つピックアップして、元を手繰って行くと…「えーーーーーーー!?」だったり…。
返す返すも、潜在意識と現実世界は本当に奥が深いです。



何かを強く欲する時、その気持ちがポジティブなのかネガティブなのかがその先に大きく影響します。
ポジティブな気持ちを伴って何かを欲するなら、その先に体験する気持ちもやはりポジティブなのです。

ここ10年以上の傾向として、"良い現象は直ぐに発生するのに、どうしてか満足出来ない、いつも不満がある、納得行かない…"というお話を伺う機会が多くなりました。
どうにも満足出来ないから、もっと沢山手に入れれば、もっと高く望むことで、満足に至るのではないか? と、更なる追求をして、さて結果はどうでしょう。


足を止めて原点に立ち返り、自分の魂(本質)に沿って人生を見直すと、「あれさえあれば」と執着していたものが不要である、または全く盲点であったことこそ重要であることが分かります。
魂の幸せ観に沿うと、調和や満足が容易に分かる。
しかし、それまで使って来た世界観や価値観に沿うと、満足出来ない。

ではその価値観は何によって作られているのか? と言うと、潜在意識に何らかの体験が印象付けられている所からでしょう。
それは原体験とも言います。
生まれて来てから(人によっては胎児期も含まれます)、どのような環境的学習をしたか、情緒的学習をしたか、何についてどのような捉え方をしたか。
殆どは父親・母親・また同居している家族達等とのコミュニケーションが原型になります。


ポジティブな環境なら、当然ポジティブな学習をします。基本的には、ですが。
しかし人間の思考の面白くも不思議な部分はと言えば、個人独自の『捉え方・受け取り方』があるという処です。
何処からどう見ても良い体験の筈。なのに、当の本人が全く逆の捉え方をしているケースが沢山あります。

周りは愛情を込めて言葉を掛けてくれたのに、言われた本人がネガティブな意味合いとして解釈し、それを価値観の土台にしている…と、ネガティブな世界観になります。
現象自体は良い現象が沢山起きるのに、本人が世界に対しネガティブな解釈をしていることで、何が起きても満足出来ないという状況が発生するのです。


思考は言語で出来ています。
元はと言えば、周りから学習・吸収した言語を組み合わせて作られているのですが、その解釈については自分のマインドが行います。
アナグラムのように、その言葉を使用しながらも内容そのものを再構成してしまう。

「こういうことを言いたいんでしょ!!」って怒鳴り散らしたり、キレちゃったりする人、います。
相手の方は「ええ!? 何それ! そんなこと言ってないよ!?」とビックリ…。よくあります。
同じ日本語なのに、会話が全く通じない…どういうことかと言うと、解釈の問題です。


良い言葉ならそのまま受け取れば良い、或いはその言葉に付随するポジティブなフィーリングやバイブレーションごと受け取れば良いのですが、言葉だけを使って意味合いを解釈し直してしまうと、ちょっと面倒なことになりやすいと言えます。
相手が何を言わんとしてその言葉や言い回しを使ったのか、それに伴う感覚はポジかネガか、自分の受け取り方は果たして正しいのか等々、色々と検討の余地はある筈なのです。

しかし一度行った解釈も、やり直すことが出来ます。
原体験としてネガティブなインプットをしてしまっても、そこへ辿り着いた上で正しい解釈に修正すれば良いのです。
必ずネガティブな気持ちがくっついて来るなら、どこかで自分が解釈を間違えた証拠だ、ということですね。
顕在的な部分ではなく、潜在的な部分で間違った意味合いを使っているという話で。


自分の使っているポジティブな言葉にポジティブな感覚が伴っているか、というのは殆ど振り返らないし、見直すことも無いのではと思います。
何故なら、自分にとってはそれが至極当たり前だからです。

「ああなりたい! なんでならないの?」と言いながら怒りを覚えるのなら、当然ネガティブな解釈が背後に存在しています。
逆に、幸せな感覚が伴うなら、ポジティブな解釈が土台になっているのでしょう。
潜在的にネガティブな印象を持っておきながらポジティブさは感じられませんし、一瞬上塗りしたように思えても、あっという間に戻ってしまいます。


言葉の背後にある潜在意識に目を向けて、正しいバイブレーションに修正。
幸せ感覚と一緒に、良い言葉を使えるととっても楽になります♪



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi