resonance

Entries

Date : 2015年06月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

6月もあっという間に終わりかけですね。
美しく咲いていた紫陽花が、段々と色を変えつつあります。

って、もう直ぐに7月ですかあ!(笑)
毎度のことではありますが、非常にびっくりです。いやー、まさに「光陰矢の如し」ですね。

6月ワークショップのご感想を頂戴しておりますので、掲載致します。




6月のワークショップに参加させて頂いた後、日々を過ごす中で、何度も何度も思い返していたのが、先生が仰った、

「他人のせいにして文句を言って妬んで不幸を願っている間、他の誰でもない自分が不幸でしょ」

という言葉と、ペーパーテストで出題された『あなたの人生を作ったものの正体は何ですか』という問いに対して、これまで何年もそのことを学び続けていた筈なのに解答出来なかった時に言われた、

「どうして『私』ですって直ぐに言えないの~」

という言葉でした。


私は今まで、
「私がまだ不幸なのに、他の人が幸せだなんて許せない」
「私が満足出来ないのは誰かのせい。環境のせい。世の中のせい。みんな私よりも不幸になればいいのに」
と、全世界の人達に怒っていました。酷い話ですが、本当です。
私はずっと自分の思い通りにならないことを周りのせいにして、文句ばかりを言っていました。今もまだしています。

しかし、「人の不幸を願っている間、他の誰でもない自分が不幸でしょ」という言葉を聞き、そもそも順番を間違っていて、「不幸だから怒り、呪っている」のではなくて、「怒り、呪っているから不幸」なのだと気付きました。
同じように、「私が不幸なのは人のせい」なのではなくて、「人のせいにしているから不幸」なのだ、ということにも気付きました。
私自身が自分の人生を幸せに生きようとしていないから、自分で自分の人生の責任を取ろうとしていないから、"何も思い通りに出来ない、不自由だ、不幸だ"と感じてしまう。

このことが分かり始めてから、自分はなんて馬鹿なことをして来たんだろう、どれだけ時間を無駄にして来たんだろう、と申し訳なく、恥ずかしく、悔しく思いました。
自分は文句を言うだけで何もせず、むしろ他人様も自分自身も不幸にすることに全力を費やしていたのに、周りを見てみると、一つ一つ努力を重ね、出来ないことを出来るように、自分自身の成長を楽しみ、出来るようになったことを人に与えて人に喜んでもらう、そしてそれをありがたく思い、日々を楽しく満足して過ごしている…そういう方は沢山居ました。


私が今までそういう視点で人様を見ていなかっただけ、またそれを見ても即否定し認めようとして来なかっただけでした。
逆に、そうやって一つ一つ努力を重ね生きている方々を見下し、搾取し、奪うだけ奪って、それなのに「欲しいものはこれじゃない!」と怒り、恩も感じず失礼を働く…ずっとそれを繰り返して来ました。全てに対して上から目線でした。

しかし事実は、その人達のお陰で今私がこうして生きていられるのであって、どうして「自分が世界で一番偉い」などという勘違いをし続けられたのだろうと思うと、本当に申し訳なく、恥ずかしい限りです。
思い返せば、他人様から頂いた愛情やお心遣いを数えると、それらは数限りなくあり、私の残り一生をかけてもとても返しきれない程です。
「私は愛されていない。何も貰っていない。だから全部ちょうだい! 周りがやって!」と思い続けていた私が間違っていて、実際は身に余る程の愛情を貰っていました。

こんなにも酷い状態で、長い間失礼を重ねて来たのに、先生はいつも私達の為に出来る限りの準備をして下さり、忍耐と愛を以て教え続けて下さいました。
今まで頂いた資料やご紹介頂いた本、教えて頂いたこと、掛けて下さったお言葉の全ては、私の幸せな人生の為に必要なことでした。
それを私が正しく受け取っていなかっただけでした。本当に申し訳ありませんでした。



ワーク中、父に関してのお話になりましたが、私はとても愛されているのに、ずっとそれを否定して認めていませんでした。
私は、母が思い込んでいること…「ママは愛されずに生きている可哀想な人なのよ」という勘違いした内容をずっと聞いて育った為、それをそのまま自分にコピーして同じなのだと思い込み、母と同じ言動を取っていただけでした。
父が実際、私に対してどのような愛情を掛けてくれているかについては、全く見ていませんでした。

事実を見ると、父は私がどんなに"孝行"の「こ」の字もない酷い態度を取っても、いつも私の幸せを願ってくれていました。
父は、私が喜ぶことをいつも喜んでくれていました。「愛されていない」という私の認識が誤っていただけでした。
先日の『父の日』にビールセットを贈りました。「いつもありがとうね」と伝えられました。
今後は父が喜ぶことを、沢山して行こうと思います。


現在は今までの生き方を改める為、礼儀作法、マナーや社会常識を一から学び直しています。
これらはこれまでの私に一番欠けている部分で、参加者の皆様からも度々「会社員なんだし、絶対に役に立つから若い内に身に着けておいた方がいいよ」とご助言を頂いていたにも関わらず、その頃は意味が理解出来ず、自分に必要とは思っていませんでした。

「なんで私が周りに合わせなきゃならないの? なんで私がそんなことをやらなきゃいけないの? 私はもう出来ているし、周りが私に合わせるべき!」と本気で思い込んでいたからです。
しかし、「自分は本当はどう生きたいのか、どんな状態で生活することが自分にとっての幸せなのか」を考えれば考える程、私に必要なことでした。

今の所、まだこのような状態にありますが、私は人と関わり、共感し、人の幸せを喜び、悲しい時は分け合って人生を生きて行きたいです。
その為には、常識や礼儀、マナーは必要不可欠なものだとやっと気付きました。
手を付ける前に予想していたこと(苦しそう、面倒くさい、つまらない等)とは違って、一つずつ覚え、実践し、失敗し、修正して行くのは、とても楽しいことでした。達成感も満足感もあります。


また、料理やネイルのことなども、本や各種情報を参考に一から勉強し始めました。
料理だけでなく、皆さんが言って下さっていた家庭菜園もこれから始める予定です。
基礎から始め、自分自身で実践するのは、とても楽しいことです。
新しく始めたことだけでなく、今までと同じことをしていても「嬉しい、楽しい、美味しい、ワクワクする、満足!」と感じる時間が、圧倒的に増えました。

ワークショップでご一緒して下さった皆さんが「これ、やってみたら?」と色々ご提案下さった時には何も感じず、理解もせずにおりましたが、振り返って考えるとこれらは全て、私が潜在的にやりたがっていたことでした。
皆さんの言葉を借りて、私(の潜在意識)が私に「これやろうよ」と提案していたことを、ずーっとずーっと長い間、自分で否定し続けていました。
「私はこういう人間に違いない、そうである筈だ!」という、現実とは全く掛け離れた思い込みで自分を生きて来たので、何をしたら自分の身体が喜ぶのか、何が自分に合っているのか、自分が本当に嬉しいか、長い間気付いていませんでした。


これまで教えて頂いたことを何度も復習し、実践し、習慣にし、人様に与えられるようになるまで、繰り返して行きます。
頂いて来たものを全て、きちんと受け取ります。
そして自分自身と周りの人々の幸せに役立つよう、それを使って行きます。
少しでも頂いたものをお返し出来るよう、努力して行きます。

今の毎日がとても充実しています。
本当に、ありがとうございました。




ご感想ありがとうございました。


その人の潜在意識や魂が正しい方向を向いている場合、周囲のアドバイスは基本的に『自分の幸せに直結している内容』になります。

"正しい=幸せ=ポジティブ=満足=納得=本質に沿っている"

という風にイコールで繋がっているとお考え下さいまし。
多くの方の潜在意識と魂は、『自分の本質にとっての幸せ』をちゃーんと知っていて、そちらを向いています。
だからその現れとして、外の世界の現象で色々なことを体験するんですね。

他人様のお言葉を通じて、自分にとって良いことを教えて頂いたり、やっちゃいけないことを教えて頂いたり。
また、自身の瞑想やイメージを通じ、インスピレーションという形を取って自分にアドバイスをし、人生を善き方向へ導いたりということもあります。
これらは偏に、自分が自分の幸せを願い、許可しているからと言えましょう。
ざっくりとでも、潜在レベルでポジティブなものを目指している証拠です。


だからその逆もまた然り、という訳です。
魂や潜在意識が、何らかの理由によって幸せを拒絶している(幸福禁止令がある)場合は、直感や周囲の言葉に従うと残念ながら不幸に向かいます。
顕在的にではなく、潜在的な部分で不幸を指向していて、周囲の人や現象を使って不幸を達成しようとするからです。

この場合は、「何故、自分は幸福を禁じるのか」に意識的に気付いて手放すと、潜在的に正しい方向を目指せるようになります。
自分の中に必ず答えがあり、多少時間はかかったとしても良い方向へ修正しようとすれば、それは絶対に可能です。
自分が諦めたらそこで終わりではありますが、反対に言えば自分さえ諦めずに食い下がれば、幸せをこの人生で実現出来るということですよー。



さて、人生を振り返って「あの時は分からなかったけど、今思えば確かになあ…」というようなことってありませんでしょうか。
言われた通りにしたら、人生スムーズに運びました、とか。色々な方と様々なご縁で繋がって、結局殆ど挫折とか絶望なんてしたことないなー、とか。

やりたいと思ったことは、多少時間がかかったとしても出来ちゃったなあ…大体、欲しいなーと思った物は手に入って来たなー…なんて場合です。
そういうことが多かったなーという方は、潜在意識や魂がちゃんと幸せを指向しているということになります。大安心(笑)。


ただ、自分の中で現実の自分とセルフイメージを取り違えているとすると、たとえ自分がこれまで幸せに暮らしていたとしても、大した問題が無いのだとしても、そう受け取れない――――っていうか、満足行かないんですけど!? ということになりかねません。
幸せに暮らしているよね? と周りから見えたとしても、何処かや何かに欠乏や不足を感じ、悶々とし続ける…といった状態ですね。

で、本人だけが「納得いかーん!! 私は本当はこんなもんじゃないんだー!! 周りがそれを分からないなんておかしい!!」などと、怒っちゃうというケース。ありますあります。
だけどもう、この時点で不幸ですよね。うん。


自分の中にある正しいセルフイメージと現実を上手に擦り合わせて行けるようになると、現実を生きるのが楽になります。
しかも、より良くして行くことが自分で出来るようになります。

例えば、周りが自分をどのように評価しているか事実をピックアップした上で、もっと評価を上げたいならその為の行動を取るでしょうし、これでOKと思うなら現実に納得するでしょう。
間違っても「私の凄さを分からない周りがどうのこうの…」「周りが~~だから私がこんな目に…」という発想には至らない筈です。


自分が体験している事実・現実と仲良く手を取り合って、より良い人生を作って行かれますように♪



6月ワークショップのご感想を頂戴しましたので、掲載させて頂きます♪





6月のワークショップ終了直後は、『自分が愛されていたことをもし認めたら』というイメージワークが一番印象にあると感じていました。
それから少し経って振り返りますと、他にも幾つか印象深く心に残っていたことを思い出しておりました。


特に、新しいコラージュ作成のワークで先生がご準備下さった、『「聞く」から「聴く」へ』という『傾聴』に関する切り抜きに、深い印象がありました。
ご説明では、「"聴く"ことが出来るようになれば、とても幸せになりますよ」というお話でした。

『聞く』は受動的姿勢で、主に言葉での遣り取り、返答であり指示であり自分の視点であり、初めから自分の中で結論を持ったまま会話に臨むこと。
『聴く』は能動的姿勢で、言葉と視覚を交えた遣り取り、心と理解と共感を持ち、相手の視点を理解しようとして会話に臨むという内容でした。


思い起こすと、確かに私は相手と自分の為に話を聴くのではなく、自分の為だけに話を聞いています。
相手が話している時は、その話題に関連する自分のアピールポイントを考えていたり、笑って貰えそうなネタを思い浮かべていたり、言葉面だけを追って聞く振りをしているので、次に会った時にはすっかり内容を忘れていたりします。

反対に、私の旦那さんは私の話を聞く時、手元の作業を止め、じ~っと私の目を見て、いつも話を真剣に聴いています。
彼は私の話を聴く時、微笑ましく見守ってくれたり、笑ってくれたり、一緒に泣いてくれたこともありました。
まさに『聴く』にあたる理解、共感、相手の視点…そのものです。


片や「愛されていない」と勘違いし怒り続けて来た私と、片や「愛されている」という認識で感謝が当たり前の旦那さん。
彼は、「愛されている」という認識が人生の基本姿勢で、自分がそうして頂いているように、周りの人達に与えるのは当たり前のことというスタンスで毎日を過ごしています。

しかし私は「誰からも愛されていない」と怒り、これまでずっと周りの人達の話を聴かず、共感せず、表面的に付き合い、良い人ぶって来た訳です。
心の底では自分がどういう姿勢かを知っていて、それを自分にも他人にも隠さねばならず、過剰に良い人ぶる必要がありました。
今まで、自分が関わる全ての人達にこのような態度で接して来たんです。

『聴く』話ひとつをとっても、私がこれまでどれだけ主人に愛されて大切にされて来たか充分に解るというのに、私は愛されているなんて思っていませんでした。
「私は愛されていない」という欠乏感から怒ることで、色んな人を妬み、羨み、陥れ、不幸を願い、幸せの邪魔をして来たんです。


コラージュに書き込んだ通り、本当に私が間違っていました。
ちゃんと愛されていたのに、そこを見ようともせず"私は可哀想な被害者"という考えに執着し続け、「だから何でも人にやって貰うことも、人から奪うことも当たり前に許される」と思って生きて来ました。

でも私は、これまでも沢山の人に愛されて来ました。
それを認め、感謝して、大切にお付き合いをして、ご恩返しをすれば良かったのです。


新たに作り直したコラージュの中にあります、私がペンで書き込んだ『ごめんなさい。私が間違っていました』という箇所を主人が指し、この10日で5回も「凄くいいね~」と言われました(笑)。
彼の言う「いいね」の意味を聴くと、「あなたからこのような言葉が出ること自体が、成長したという意味で素晴らしい」とのことでした。

私が思い込んでいた「お前が悪いんだから、ちゃんと謝れ!」的な、上から目線のコメントでは決してありませんでした。
そして、『謙虚に人の言葉や教えを聞きます→聴きます』の書き込みも、「大変良い」とお褒めの言葉を頂きました。
これからは、私も主人の様に「愛されている」をベースにして生きて行きます。


まずは、毎日人の話をちゃんと聴く練習を積み重ねている所です。
『聴く』を意識すると相手の方の感情が少し解り、ちゃんと覚えていようと話を頭の中で復誦したり、次回会う時にこのような話をしよう…等、自然にその人のことを考えたりもしています。

今は、"一日一回は「人の話を聴く」&「人に親切にする」"という目標を決め、専用ノートを作り毎日記しています。
『親切にする』は、買い物先のレジの方にきちんと御礼を言い、笑顔を向けるといったこと、また旦那さんの頼み事を素直に聞いたり、息子の筋肉痛のマッサージなどです。
これまでの、"(嫌だけど仕方ないから)してやっている"感覚ではなく、自分の幸せの為にやることを心がけています。

ネットやテレビで芸能人の情報を見ても、これまでは妬んだり不幸を願っていましたが、その人の良い所を見る練習をしています。
今後、特に旦那さんには、彼の話を真摯に聴いて、一日一善を心がけて行きます。


これまでワークやセッションを通じ教えて頂いたことや今までの資料等を読み返し、自分に対する理解を深め、間違いを認め、より良い人生に修正して行きます。
また、疑問点があれば自分で考え、納得行く答えが出せる練習をして行きます。

いつも沢山のお時間を割いて下さること、惜しみなく教えて頂いておりますことに、深く感謝致します。





ご感想ありがとうございました。


体験する出来事を、「愛されている♪」という土台に立って眺めるのか、「愛されていない!」という土台に立って眺めるのかによって、見え方・捉え方が全く変わります。

自分を愛してくれている人は世の中に沢山居ます。
反対に、自分を愛していない人も沢山居ます。
それは、自分自身が全ての人を同じように愛していないのと全く一緒です。

この状況下で、例えば偶々身近に自分を愛していない人が居たとします。
逆に、愛してくれている人も混在しているとしましょう。
そんな中、誰に(何に)視点を固定するかによって、主観が大幅に変化します。


近年日本でも有名になりました『ホ・オポノポノ』には、「愛しています」「ありがとう」の他にも、「ごめんなさい」「ゆるしてください」という言葉が含まれています。

しかし、自分の人生にネガティブな印象を大きく抱いている場合、後者二つは言いたくないものです。
大概は「周りが~~だから、自分は不幸なのだ」という解釈をしており、「なんで私が謝らないといけないの!」な気持ちで生きているからです。
つまり、「私は愛されていないから、こんなに嫌な目に遭うのだ」「変わるべき、謝罪すべきは周りであって、自分ではない」ということですね。


視点を「愛されている」に固定するのか、「愛されていない」に固定するのか。
どちらを体験するのかは、自分がこの人生で選べます。変更可能です。
これまで自分が思い込んでいた内容が「愛されている」の定義ではないかも知れませんよー。

"既に愛されている"ことを受け容れ、より素晴らしい人生を作り出せますように!



6月のワークショップにご参加下さった方から、新たにご感想を頂戴しました。
その後の変化や気付きも沢山書いて下さっています。ありがとうございます!





--ワークショップの感想

毎回のことですが、今回もテストや資料等、ワークショップを意義深いものする為に多くのご準備をされており、これがSachiさんにとっては当然の姿勢なんだと改めて噛みしめました。
過去の自分を振り返り、そういった姿勢があまりにも無かったことに反省すると共に、今までの時間を悔やみました。
目標を決めても、決めたつもりになっただけで準備などしていなかった自分が恥ずかしいです。
口で言うだけで何をする訳でもない…というのは、『決めた』ことになっていませんでした。


ワーク中に"言われてやるのではなく、自主的にやることで成長率が変わる"というお話がありましたが、最近思い当たることがありました。
例えば自分の健康について。
サプリメントを飲むことや運動などに関し、正直言って大変失礼な話ですが「(やりたい訳じゃないけど、面倒だけど)言われたからやっている」という姿勢でした。

以前参加したワークショップで「健康であることは、自分の幸せの為には当然大事で必要なことなんだ。自分にとって"良いこと"なんだ。私の幸せを祈ってくれる人は、私に"健康で居て欲しい"と常に思ってくれているのだ」ということがやっとやっと理解出来てから、当たり前に自分の身体に良いことが出来るようになりました。

それは大変なことでも、面倒なことでもなく、健康に対し努力をするというのは普通の人間として当たり前で、そこを目指し色々なものを活用することで、自分の身体が楽になって気持ち良くなる結果と繋がっていました。
グラフで書いてみたら、以前と比べ確実に右肩上がりで健康になっていると感じています。
自主的な姿勢で取り組むと、健康に関するあれこれが"嫌々"ではなく"楽に"こなせますし、良い結果も出やすいんだなと感じていた所でした。

幸せな人生の為に行う各種ワークも、全て同じことだったのか…と、この時思いました。
今後は何事も自主的な姿勢であたるようにします。


今回、皆さんと共有しましたコラージュのお時間は、とても楽しかったです。
マンションの画像やおしゃれ関連の画像等を見ますと、私に対し皆さんが貼って下さった内容は、まさしく"予定"であり、"これから体験して行くこと"だと思いました。
他の参加者の方の幸せの為に画像や写真を探していた時も、とても楽しい気分でした。

ペーパーテストの問題にもありましたが、『他人様の幸せを祈ることは、自分にとっても良いこと』というのは、本当に幸せな感覚として体験出来ることなんですね。
ただ、他人様にとって具体的に幸せなものと、私個人の具体的な幸せはやっぱり違うものなんだな…というのも感じました。

各人のコラージュに貼った内容をSachiさんが「貼ってある内容は、あなたたちが既に持っているものです」と仰っていましたが、確かに私は自分で欲しいものを全て持っていたのに、自分だけが今まで「無い無い」と言っていました。
また長い間勘違いした末に他の物を欲していた為、コラージュに貼ってあっても今現在は手元に無いものもありますが、それは軌道修正して、「私はそれを持っていました」になると思います。今後が楽しみです。


『愛されていることを認めるワーク』ではすぐに父のイメージが浮かび、父に対しこれまでし続けて来た振る舞いが申し訳なくて申し訳なくて、涙が止まりませんでした。
イメージの中で謝ると、父はしっかりと私を抱きしめてくれました。
父は本当に私を愛してくれていると感じました。
このワークをして下さいまして、ありがとうございました。



--その後の変化

ワークショップ後、会社で上司との面接がありました。
そこで上司から「今年のあなたの変化には、目を見張るものがあります。全てのことに責任感を持ち、大胆な解決法を提示しやり遂げています。今までは最後の責任は取っていましたが、結果に向けての積極的なアプローチが足りないと感じていました」という評価をされました。
「今はまだ色々と間違うこともありますが、それは今後改善して行きましょう」ということと、具体的な改善部分について指摘して貰いました。

過去、こういった具体的な内容を面接で言われたことがありませんでした。
私の状態が酷かった為、上司もそれどころでは無かったのだと思います。
ワークやセッションで継続的にご指導して頂かなかったら、このような良い評価や結果は得られませんでした。本当にありがとうございます。



それから、「世の中の誰が私のことを好きでも嫌いでも、それで良いんだ」と気付きました。
私が誰かのことを好きだったり嫌いであるように、誰かが私をどう思おうとそれで良い。
例えば私の母が私を愛さなかったとしても、私のことを嫌いだとしても、それはそれで良かったんです。
そう思ったら、(私を好きになってくれない)相手のことも、これまでのように『だから嫌い』なのではなく、"そういう人"ってだけなのでは…と感じるようになりました。

母や会社の人達や知人達は、私を愛さなくても良いし嫌いでも良い、彼女達が何を考え何を思おうとそれで良い。彼女達の気持ちは彼女達のものだから。
こんな簡単なことも分かっていませんでした。

これからは他人が自分をどう思うかではなく、自分が何をどう思い、どのように行動するかを大事にします。
相手の気持ちを大切にして、自分の気持ちを差し出したら、その後の結果にこだわる必要はありませんでした。
今まで理解したふりをして、『他人が自分をどう思うか』ばかりにこだわって怒っていましたが、やっと腑に落ちました。


昨日、父に会って「お父さんが私を愛していることがやっと分かった。私はずっと間違っていた」と伝えました。
父は「わしはいろいろ間違う、一番いいことをしてやりたいと思うが、そういう風に出来なくて後悔ばかりだ。本当にすまん」と、以前、イメージワーク中に父と会話した時と同じことを言っていました。
私は父に「お父さんの言うことを聞かないで来たことを、今になって後悔している。お父さんの言葉は優しくて大好きだからもっと話して、みんなに伝えて」と言いました。

この日は父から色々な話を聞きましたが、やはり父は優しい人なんだという風に思いました。
母は、色々なことしてくれる優しい父を蔑ろにしています。
私もそれに倣い、沢山父を蔑ろにして来ましたが、それは間違いだったと思うようになりました。

こんな風に良い時間を父と共有出来るようになったことが、今はとても幸せです。
本当に本当に私は愛されています。ありがとうございました。





日常生活のあらゆる側面を、意識的に良くしようと設定することで、どんどん良くして行くことが出来ます。
特に、表面ではどうであっても『潜在意識が』きっちり幸せに向いている場合、即座に結果が出るものです。
ただ、「嫌だーめんどくさーい」「何で私がそんなことやらなきゃいけないのー」な姿勢で居ると、良い結果が出てもスルーしてしまいがちでしょうし、結果的に自分を幸せから遠ざけてしまうことになります。

特に健康に関しては「健康になったからって何が良い訳?」という風に思っているケースが多かったり、不健康な状態に依存する癖が付いている場合も割と見られます。
自分にとっての幸せとは何であるか、例えば死に直面した際にずっと不健康だったことを振り返って、「不健康で良かったー」と本当に思えるのか、といったシミュレートをしてみると、今まで持っていた考え方に違う側面を見出すかも知れません。


また少しずつでも自分自身の現状を認め、把握して行くことで、長い間「不当な評価をされている!」と怒りを燃やし続けていた人が、「正しく評価される」という結果を目の当たりにすることも、結構あるパターンです。
スピリチュアルな本によく書いてある『手放すとやって来る』というものですね。

手放すというのは、ネガティブな執着を手放すという意味です。上記の場合は「不当な評価をされている!」という怒り。
妄想を手放し、実際自分はどのような言動を取って来たか、どのような結果を出して来たかを振り返れば、現状に納得が行く筈です。


スピリチュアルや潜在意識の勉強をして行くと、『実は周囲の言動や評価も、自分の心が反映された結果』だということが分かります。
それをどう受け止め、どのような方向にチェンジして行くかは、全て自分が決められることです。

昔、私もこれがどういうことか全く分からなかったのですが、見て行けば見て行く程に、理解が進めば進む程に、何とも言い逃れが出来ない事態に発展(笑)。
全部自分でした…という処に到達すると、路線変更の希望が見えて来ます。

路線変更は潜在意識と密接な関係があることですので、顕在意識だけで嫌々何かのアクションを取ったとしても、変更は難しくなります。
顕在意識と潜在意識が如何にポジティブな連携を取れるか? が、現実を良くして行く為の鍵ということですね。



色々な道具を上手に使いながら、多くの方々がより良い人生へシフトして行かれますことを、切に願っています。



小雨の降り頻る本日。
わたくし、浅草橋で6/15~6/21にかけて行われました史上最強のInstagram展へ足を運んで参りました。

Instagramは画像共有サイトのことです。
blogやTwitterと違い、インスタは画像がメイン。
芸能人から一般人まで、また素人さんからプロの写真家まで、様々な方々が色々な画像を日々アップしております。



で、私がインスタと書いたらもうお分かりの方もいらっしゃるでしょうがー。
まるちゃんがインスタ展にやって来るらしいと聞きまして。

これは行かねばなるまいよと。
あとグッズの販売もあるとかなんとか…これは買わずばなるまいよと。



えー、説明しておきますと。
本日開催されたインスタ展とは、インスタ内でもフォロワー数の多い方々の画像を展示した写真展覧会のこ…と…だと…思います(笑)。
で、そこにまるちゃんの特設コーナーがあったんだよー、ということですね。

そうそう、ちょっと気付かない間にまるちゃんはInstagramフォロワー数で国内トップを取ったらしいです。
並み居る有名人、芸能人をゴボウ抜きで遂に単独首位!
つい先日までフォロワーが150万人突破~とか言っていたのに、今見てみたら170万人超えてました。凄すぎるー。
最近のまるちゃんはTVや雑誌への出演が増えていますから、それで知名度も飛躍的に上がっているのでしょうね。
今やインターネットを通じ、世界中の人達に親しまれています。



私は昨年11月に行われた撮影会に遠征したり、4月に開催された写真展を見に行ったりと、着実にまるちゃんのファンとしての活動を積み重ねております(一体何がしたいんだとかいうのは気にされませんように)。

で、今回のインスタ展です。
まさかこんな短期間のスパンで、またまるちゃんに会える日が来ようとは…感無量です。
写真展のビルに来るのかな? と思って、時間を見計らってお出掛けしました。
駅からすぐだったのですが、インスタ展をしている建物までの間に、えらーく長い行列が…ええええこれですかあ! みたいな感じで、驚きの大行列。

暫くの間大人しく並んでおりましたところ、「まるちゃんの撮影会は……公園で……」という係の方の声が聞こえ、ぎょっとしました。
えええ! そうなの!? 知らなかった!!
急ぎ、そのなんちゃら公園に向かいました。そうか、写真展自体にまるちゃんが来る訳ではなかったのかー!


スタコラと歩いていると、前方に立っていらっしゃる……あれ? あの方は…パパさんでは…で、リードに繋がった先に…あの大きな柴わんこには見覚えが…。
あっ。
会場に向かおうとしているパパさんとまるちゃんに遭遇してしまった模様です。
むっちゃくちゃ嬉しかったです。うわーうわーまさかの! いやー歩いてるだけで大変なかわいらしさ。
お久しぶりですまるさん元気ですかあ! まるさん元気ですかあ!
とは流石に言わず、しかし近距離でガン見しながら何となく併走して公園に到着。

えー、こちらも大変な行列でした…。
凄かったです。何だろう…アイドルのサイン会の行列みたいな…。
しかし昨年の藤沢でもそんな感じでしたので、まるちゃんのご機嫌と調子が良いことを祈りながら待機列に並びました。




まるちゃん撮影会


待機列はこんなんですよー。




まるちゃん撮影会


まるちゃん、夏毛の筈なのにむっくむく…まだ換毛期前なのかな?
今回の撮影は、まるちゃん+パパさんとのスリーショットがデフォルトのようでした。
相変わらずあらぬ方向をご覧になっているまるさんですが、それが良いと言わざるを得ません。
以前と同じく、いや更に増した円満で福々しいオーラ。ありがたやー。
彼の一挙手一投足に、待機列の観客が沸きまくり。もはや神様級の扱いでした(笑)。
まるちゃん、パパさん、ありがとうございました!




その後、また会場に戻りましたが、待機列に並び直した所で会場に入れるまで1時間近く掛かり、むかーし行ったディズニーランドをうっすら思い出したりも(笑)。
雨の降る中、ひっそり立ったまま待った自分を偉いと思いました。何となく。

目的の一つ、缶バッジ(左下の小さな四角いブツ)は受注生産だそうで、本日は発注のみでした。
受注生産だと逆に売り切れとか言うこともなく、ホッと一安心です。到着が楽しみ楽しみ。


インスタ展自体は5日間でとんでもなく凄い人出だったようで、スタッフさんに予想の入りよりも多かったのですか? とお尋ねしました所、「10倍以上です」とのお返事が。大変でしたね。
その内の何割かはまるちゃんのファンだったと思います。

今回のインスタ展は入場無料。スタッフさんは全員ボランティアとのこと。
初めての試みだった為、会場のキャパを読むことやスタッフ間の連携等も難しかったことでしょうが、残念なことにスタッフさんに文句を言われる方もいらっしゃったとのお話を伺いました(直接かネット経由かはちょっと分かりませんが…)。
非常に大変そうでしたので、私に何が出来る訳でもありませんが、「ありがとうございます、がんばって下さいね」とお伝えして会場を後にしました。


沢山の人が集まるイベントは大変ですよね。
本当にお疲れさまでございました。




さて、まるちゃんの近況ですが。新たにハンディサイズのポケットフォトブックが出ました♪
受注生産なので、ご注文はこちらへ~。



まるちゃんInstagram⇒https://instagram.com/marutaro/

まるちゃん公式サイト⇒http://shibainumaru.com/

着々とまるちゃん連載記事が更新されているサイト⇒イキなクルマで



私は別に回し者ではありません(笑)。
まるちゃんとまるちゃんファミリーの健康と幸せを願う、一ファンでございます。
まるちゃんとまるちゃんファミリーの幸せを切に願いながら、本日はこれにて♪



まずは以下、ご感想です。




先日のワークショップでは1日かけて大変貴重な時間を頂き、資料など様々な準備をして下さり、本当にありがとうございました。

ワーク中にアドバイスを頂いた通り、終了後から「私は娘への認識を正しく理解しました」という結果を決め過ごしていますが、あれから暫く経ち、これまで私が認識間違いをしてきたことが全てなのだと思いました。
毎日の生活を見ても娘はいつも落ち着いていて、自分で物事の優先順位もつけ、スケジュールや時間の管理もし、その上自分で工夫して行く力があります。

長い間しつこくずっと私が言い続けてきた、「娘がギャーギャー言うんです、それが問題なんです」という姿など、どこにもありません。180度全く違います。
これまで教えて頂いていましたが、娘は元々そういう子だったのに私がそれを認めず、正反対の「問題がある悪い子なんです」という風に取り違えていたことで娘を否定し続け、彼女の大切な10年間を踏みにじって来てしまいました。

ワーク内で頂いたプリントの格言集にあった、『あなたの子供の子供時代は一度きりだ』という言葉を読み返した時に、取り返しのつかないことをしてしまったと思いました。本当に申し訳ありませんでした…しかありません。


他にも「愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。」の言葉を読む中で、私は『(誰からも愛されたことが無いから)愛されたい、愛して欲しい』のみで生きて来て、逆に人を愛したいとか愛してみたいと思ったことがこれまでひとかけらも無かったと気付き、愛する存在に変わろうと思いました。

上記の言葉を書かれた校長先生のいらっしゃる、立教新座中学のHPを拝見しました。
校長先生の過去のメッセージが全て掲載されていて、とても良いことが沢山書かれていて感動しました。

これらを読みながら、亡くなった父はビジネス書や仏教などだけでなく、孔子や孟子や歴史上の人物などあらゆるジャンルに渡って学んでいて、私にも教えてくれていたことを思い出しました。
良い話、言葉に出会った時は感動したと言ってその都度話してくれていました。
それなのに、当時聴く耳を全く持っていなかったことを本当に申し訳なく思います。


また、ワーク内で実施されたテストの答案を見直すと、自分には理解や成長、学ぼうとする気が全く無く、ただ嫉妬し妬み、アピールし、如何に搾取すること、貰うことばかりに主眼を置いて来たのかを目の当たりにしました。
更に、ペアを組んだ相手の方を通じて、自分自身が「なんで私がやらないといけないの」という姿勢で、行動してはいるものの表面だけで終わっていて、常識が無く、出来ていないことを認めず、愛されているのにそれを全く認めていないというのも分かりました。

私は「生まれてきて良かった、学べて良かった」と感じられる良い体験をこの人生でして行きたいです。
その為に、様々な手段を使わせて頂きながら自分を正しく修正して行きます。

数年間に渡って、大切なことをありとあらゆる方法で教えて下さっていたにも関わらず、失礼極まりない態度で臨み続け、本当に申し訳ありませんでした。
今後へ向けて、行動、検証、修正をして行きます。







ご感想ありがとうございました。

今回はリピーターの方ばかりでしたので、ペーパーテストを実施致しました。
継続してお勉強されていても、身に着かなければ意味が無いので、『これまで繰り返し繰り返し学んで来た内容が、一体何処まで身に着いているのかな?』という現状を認識して頂く為です。
抜け落ちている所や、すっぽ抜けて全く出て来なかった部分を確認⇒そこを実践しつつ身に着け直す…という手順を踏めば、いずれちゃんと身に着くことでございましょう。

"参加者の成長に応じて毎月ワーク内容が変わる"ワークショップのスケジュールはこちらでご確認下さいませ♪



ところで、こちらのご感想に出て参ります『修正』という単語ですが、これの出典は書籍『奇跡のコース』です。
『コース』のスタンスをざっくり言いますと、

自分が体験しているあらゆる不幸やネガティブな感情・思考=過去自分が何らかの過ちを犯した証拠

という基本的な考え方があります。
この"過ち"とは、実際何かをやらかしたというより、"解釈や理解を間違った"という意味です(行動はその延長線上にある)。
これに対し、自分の過ち・間違いを認め、正しい理解や正しい解釈をし直す…という意味で『修正』という言葉が使われています。

イメージワークで使われる、上書きも似たようなものでしょうか。
ヒプノセラピーでよくある、『レッスンに気付く』も同じですね。
ネガティブな感情・思考・物理的体験を生み出したものは外側ではなく、自分の内側に原因があり、それを元に不幸を拡大すると永遠に救われない為、正しい理解を経てニュートラルな状態に自分を戻して行くことを総称して『修正』と言う訳です。

怒りや憎しみ、悲しみ、攻撃性、傲慢、妬み嫉み、恐怖、卑下、被害、否定、欠乏、飢餓等々を持っている状態は、潜在的に何らかの勘違いや未完了の現れである、ということですね。
自分の中で正しく認識を改めれば、どんどんネガティブな現象は減って行き、良い方向へ変化させて行けるのですよーというお話です。

因みに。
色々考えた末、「??? 私がこんな目に遭うなんて、全っ然意味が解りません!」と顕在的にはさっぱり見当も付かないような状態で、ついでに新型の不幸症でもない場合。
結構深い潜在意識レベルで勘違いを起こしているとか、また更に更に深い部分にある魂にまでその勘違いが到達していて、そこから問題のパターンが発生しているというケースも、あるにはあります。
そういうタイプの方が良い人生へシフトしたいと希望されるならば、それぞれに対応した部分で気付きや理解を得る必要があります。



『コース』は、スピリチュアル初心者の方にはかなり分かりにくいと思います。
「世界の全ては自分の認識次第である」という言葉が、自身の潜在意識や魂のレベルにまで適用できるならば、『現代の聖書』と呼ぶ人も居るような良書として読めることと思います。ご参考までに♪






雨が降ったり止んだりが続きます。
皆様お元気でしょうか。

去る6月14日は、6月度のワークショップでした。
今回は都内以外に、はるばる九州からご参加下さいました方も。皆様、ありがとうございました♪


まず、今後のスケジュール確定分をお知らせしておきます。


●2015年7月度
7月12日(日曜) 11:00~15:00


●8月度
8月9日(日曜) 11:00~15:00


●9月度
9月6日(日曜) 11:00~15:00



ぜひ遊びにいらして下さいねー。
詳細はこちらにてご確認下さいませ。






6月ワークショップのご感想を頂戴しております。ありがとうございます。
ご感想は後日、掲載予定です。



スピリチュアリズムや心の世界を勉強して行くと、世の中の風潮やそれまで自分が追いかけていたことが、自分の幸せとは全く関係のないものだということが判明する場合があります。

例えば"自分は不幸だ"と言う理由が、何処に端を発しているのか。
例えば"これさえあればor無ければ幸せな筈なのに"という根拠は何であるか。

こういった部分の根本をよくよく見て行く内に、単に他人を悪く言いたいだけだったり、人のせいにしておくことが楽だと思い込んでいるだけ…というのが見えて来たりもします。
他人が持っているものを「いいなーずるいなー」と思い込んで妬んでいたいだけで、本当は自分にとっては特に興味の無いものである可能性も、大いに有り得ます。


自分がどう在ることが幸せなのかについては、自分自身が生まれて来る時(又はその前)に設定しています。
ただ、人生の中で様々な学習をすることで、「ちょっと勘違い」しちゃったり、「大きな気のせい」を膨らませてしまったりも。

周りだけを見て、自分のハートを見ないまま置き去りにすることで、例えばインナーチャイルドの部分が「ほっとかれた!」と、自分に対して怒って拗ねてしまうこともよくあります。
何らかの不満な出来事に対し、顕在的には「他人が~~をくれないから(やってくれない、言ってくれない)」「周りが●○だから」という理由付けをするかも知れませんが、実際蓋を開けると『自分の子供の部分が大人の部分に対して怒っている』なんてことも、よくあります。


私は特別、周りを見下したい、自分だけは被害者…という考え方をずっと使っていると、他の誰でもなく自分自身を不幸に突き落とすことになります。
物質的には何ら問題なく、それどころか人並み以上に豊かに暮らせたとしても、心がフォーカスしている個所の問題で、やっぱりずっと文句を言い続けることになる、という事例を私は沢山見て来ました(所謂、新型の不幸症です)。

他人のせいとか周りのせいとか生まれのせいにしていると、そこで話が終わってしまいますよね。
その理論を使うとなると、他人様や世の中が、あなたのニーズの通りに動いてくれるまで、その出来事はどうにもならない。
その日をずーっと待つだけの価値があるのかどうか。
全て希望通りになる日が来るかどうかも分からないのに、自分の貴重な人生を不満や怒りにのみ費やす価値があるのかな? と考えると、それはどうなんでしょう? 勿体ないんじゃないかと思います。

それと、自分が幸せになることと、他人を不幸にすることはイコールには絶対になりません。
他人様が何を持っているとか、どう見えるといったことを一旦手放して、自分自身を真摯に見つめる、自分自身の幸せにフォーカスを向けるということこそが、幸せへの最短距離であると理解して頂ければ嬉しいなーと思っています。




どうしてこういうことを書いているのかと言いますと、くどいようですが
『幸せになりたい』
のと
『不幸が嫌』
というのは、異次元の話だから、です。

ある程度の時間を掛けて、或いはあっという間に"問題"を解消したり解決して行く中で、幸福と不幸というのは自分の心の姿勢、生きるスタンスの問題だということが分かって来ます。
潜在意識のベクトルが「不幸大好き」に向かっているのか、「幸せな方が良いに決まってます♪」に向かっているのか。
また、"自分は絶対に正しい"という処に拘るのか、"自分は間違っていました"という理解を受け容れるのか。
少なくとも、それらは自分自身が選択し、決定していることなのです。


輪廻が実際にあるかどうかは置いておくとして、この人生は一度きりです。
あなた自身を表現する毎日を、不幸の為に使うのか、幸せの為に使うのか。どちらを向いて、どちらへ進んで行くのか。
どうか、あなた自身の人生を素晴らしいものにして下さい。
一日が終わる時、「今日も満ち足りていた」「有難い日だった」「ちゃんと生きた」「良かった」と自分自身が思えるように。
その時間が人生の大半を占めるかどうかについては、あなた自身が決定権を握っています。

明日が善き一日でありますように♪


東京、梅雨入りしましたねー。
雨が降ると気温が落ち着いて有難い気持ちです。昔は雨が苦手でしたが、この変貌ぶり(笑)。
気温の上下がある時期です。どうぞご自愛下さいませ。



そんな雨と晴天を移ろう季節を反映したような…しないような…したような…そんなアクセサリーを作っておりました♪




accessory





accessory





accessory

accessory





accessory





accessory





accessory





さて、明日は半期に一度の決算、じゃなくて、ロングワークショップでございます。
参加者の皆様、お気を付けてお越しくださいませ。

長時間ですので、これまで如何に学びが進んだかを振り返る良いチャンスですね。
また、素晴らしい人生へのステップとしてお役立て下さいますと嬉しいです。
お会い出来ますこと、楽しみにしております!




インスタグラム160万フォロワー突破、柴犬まるちゃんの所で告知がありましたので、転載させて頂きます。


今日はみんなに、新しいお友達を紹介するね。
広島県に住んでる夢之丞(ゆめのすけ)君です。

人間の身勝手な理由により、1頭の仔犬が広島の動物愛護センターに殺処分されるはずだったが、「処分機が満杯」で先延ばしされた子犬がいた。
その子犬は常にブルブルと震え、人が抱き上げるとそれだけで失禁してしまうほど、恐怖におびえていた。
この仔犬こそ、後に救助犬として大活躍する夢之丞である。

その後夢之丞は、広島土砂災害で活躍できるまでに成長した。
夢之丞を災害救助犬として育てたのは、救助犬として活躍すれば、殺処分をなくす一つの手段になるのではという理由からという。

人間の身勝手な理由で殺処分されかけた夢之丞が、今はその人間達を助けてる・・・・ ネパールで起きた大地震にも日本から夢之丞が飛行機にのって生き埋めになってる人達を救助に行ったんだよ。

【救助犬とは】
地震などの災害時にいち早く現場に駆けつけ、がれきや土砂の中から一人でも多くの命を見つけ出すことを引き受けてくれるとても頼もしい犬達なんだ。
そこで、すこしでも助けになりたくてチャリティーイベントを開催する事にしました。

みんなで夢之丞くんに御礼を言いに行きませんか?
夢之丞くん以外にも沢山の保護犬が皆さんの支援を待っています。
チャリティーグッズの販売もいたします。(このチャリティーグッズは通信販売でも買えるように準備しますので、広島に来れない方も是非ご協力ください)
チャリティーグッズ販売によって捻出された利益は全てピースワンコジャパンに寄付いたします。

今度は、人間が彼らを助ける番です。


日時:2015年6月28日(日)10:00~16:00
場所:神石高原ティアガルテン・管理棟内(広島県神石郡神石高原町上豊松72-8)
イベント参加費:無料


【タイムスケジュール】
10:00~ 森林セラピー体験(まると夢之丞くん、森林セラピストの散歩)
♪ワンちゃんと一緒にご来場の皆さま、是非ご一緒にどうぞ♪

13:00~ ピースワンコ・ジャパン大西純子さんとまるパパのトークショー
MC:嶋田ひとみさん(エフエムふくやま)

15:00~ 
救助犬デモンストレーション

【同時開催】
・柴犬まるちゃん写真展
・ピースワンコ・ジャパン写真展
・チャリティーグッズ・書籍販売(まるちゃんラベルのコーヒーもご用意!)
・ワンコしつけ相談(無料)など

【お問合せ先】
ピースワンコ・ジャパン
URL⇒http://peace-wanko.jp/
TEL⇒0847-89-0039
広島県神石郡神石高原町上豊松72-8



まるちゃんインスタ内にある、イベントの告知記事はこちら
ピースワンコサイト内のイベント告知記事はこちら


広島近隣の方は是非お運び下さいね。
遠方の方は通販で支援することが可能だそうですので、どうぞ宜しくお願い致します。
私は東京ですので、通販支援に回ります♪

ピースワンコ・ジャパン自体への寄付もサイトに記載されていますので、ご一読頂ければと思います。
我々人間達同様、沢山のわんこ達が幸せな毎日を生きられるといいなと思い、記事を転載させて頂きました。
先ずは知ることから、ですね。


少々ご無沙汰でございます。
例によりましてあっという間に6月突入です。
爽やかな気候が続く東京で嬉しい限り。これからやって来る梅雨入りも、気持ちよく迎えたいですね。



何らかの願望を実現したいとか、何かの選択に迫られているとか、何らかの計画やホニャララを実行に移す際、その内容が自分の幸せにとって"長期的に"正しいかな? というのを知っておくと、とてもスムーズに幸せが展開すると思います。

その時、誰に、或いは何に問い合わせるべきか。
です。


これは何でも良いと思います。
実在の人物でも歴史上の人物でも、架空の…例えば漫画やゲームや小説に出て来るキャラクターでも、人の形をしている必要さえありません。

但し、自分がその対象に対してポジティブな印象があるかどうかは重要視した方が良いです。
自分に対して良い影響がある対象ってことですね。
良い影響力の実績があるかどうかについては、是非条件として考慮に入れて下さい。

一般的には(?)神様や、尊敬する人物がよく挙がるでしょうか。でも、名前は何でもいい訳です。
要するに自分の中のポジティブ担当の神様に相当するものを指していればOK。



自分はこうだと思います。こうしようと思います。これを選ぶ予定です。
じゃあ、それに対してその長期的ポジティブの担当者は、どのような判定をするでしょう?
と、シミュレートしてみる。

イメージが得意な人は、イメージワークで質疑応答形式なんかもアリでしょう。
書いた方がスムーズですという人は、Q&Aを書いてみる、とか。
その担当者を知る他人様に訊いてみるのもアリですね。「ああ、きっとこう言うよね」と返してくれるでしょうから。


AとBという選択肢について検討しているとします。
現時点で、自分個人がどんなにAという選択肢を推したいとしても、ポジティブ担当者がBですと断言している場合。
それぞれに理由があります。「あーでこーでこーだから、これがいい」と根拠がある。
理由は無いけどこれがいいの! ということは、実際にはあり得ません。
だから、それぞれの言い分や根拠まで見てみるといいですね。

抑々、『幸せ』に繋がっているかどうかが、選択する前に最も重視すべき条件です。
ちょっと先の未来、暫く先の未来、もっと先の未来に至るまで、「この選択は自分の幸せと直結していたな」と思えるかどうかです。
現時点で「えええええ!」と思ってしまうようなことでも、別の視点で見てみるとそれが自分にとっては最善である可能性もある。


視野を広げる時、客観視という視点を導入すると、それまで見えていなかった別の選択肢が見えて来ることもあります。
特に、自分にとって長期的にポジティブな影響のある対象者というのは、正しい答えをくれるものです。

この場合の正しさとは、『長期的に見て自分にポジティブな影響がある』ということ。
ひっくり返すと、超・短期的には「嫌だなー」「やりたくないなー」と思う可能性も含まれます。でも、後々になって振り返ると、「あの時これを選んで良かった」と納得しやすいことでしょう。



毎日とは、選択の連続でもあります。
やるか、やらないか。続けるか、手を引くか。言うか、言わないか。変えるか、継続するか。
あらゆることがあらゆる瞬間の選択で成り立っています。

より良い人生を作る一つの考え方として、参考になれば幸いです。



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi