resonance

Entries

Date : 2015年02月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

身体の感覚が春。
寒くても春。
そんな時間が増えまして、うきうきしております。




『願望実現』というものが、色々な本の影響で『引き寄せの法則』という呼び方にシフトしつつある…というか、この言い方がメジャーになって来ております。
同じ内容でも、呼び方が違うと何処となく当たりが違いますもんね。
こっちの方が語感的にソフトで馴染み易いのかなーと思います。意味は一緒ですが。

引き寄せが上手い人は沢山います。
というか、人類皆引き寄せの達人です。本当に、一人の例外も無く。
我々は引き寄せたものの集大成を"現実"と呼んでいる訳です。


ところで能動的に引き寄せの法則を使って願望を次々に達成して行くことと、生き方そのものを変えることとはちょっと、結構、いや大分…全然、違います。
物を手に入れたり、形を作るのが上手い人はたーくさんです。
特に現代日本には得意な人が多いと思います。
元々豊かですから、それが当たり前という思考を使って生活している場合、物質面については基準値が高い人が多いのですね。

ただ、引き寄せだけに拘ると、『どんな気持ちで毎日を生きるか』については、見落とされがちなのかも知れないなーと思います。
気持ちというのは、どんなスタンスで人生に臨むか、という部分ですね。


例えば。
物はすぐ手に入る、彼氏や友達はすぐ出来る、やりたい仕事に就いて来ました、そういうの得意です! 特に困ったことはありませーん。
と言う方でも、何となくモヤモヤモヤモヤ…何が悪いとかどうとは言えないけど、こう、何処か納得行かない!
と仰ることはあります。

あれが手に入れば、こうなってみたら…と色々と試してみる訳ですが、その胸の奥底にあるモヤモヤは消えてなくならず。
自分を探してみたものの、今一つスッキリせず…。
さて、これは一体何でございましょう。


これは、生き方に目を向けた方が良いかも知れない、というお話です。
人生に対するスタンスそのものを変えたい! と、自分の魂が発しているサインなのかも知れません。

満足や納得、幸福感、至福感。
一瞬で過ぎ去る物質的満足ではなく、永続する可能性を目指したい。
そんなものを感じて生きたいというお知らせかも? ということですね。



生き方を変える時、これまで自分がどう生きて来たかに直面するプロセスが発生します。
自分や他人に対する根本的な考え方、接し方、その結果どうであったか等々。
人生で自分の関わった色々な個所を思い出し、「うわわ…!」としまった感で一杯になる、『走馬灯反省タイム』の期間を過ごす人が殆どだと思います。
一日や二日、大泣きした位では終わらないのがこの転換期。

それまでの人生に対するものの見方、観点が全く違う場所にシフトするので、人によっては反省の期間が非常に長く続く場合があります。
ごめんなさい。すみませんでした。私が間違っていました。
全面降伏。そんな感じが続きます。

生き方自体を変える、人生そのものを変えるプロセスは、ここがゼロ、スタート地点です。
これまでの"私(だと思い込んでいたもの)"を全てリセットして、また1から始める。
ここを通らずして人生を変革させることは非常に難しいと言えましょう。理解なくして変化なし。です。


でも、人それぞれですので。
引き寄せで一生を過ごす方も多くいらっしゃいますでしょうし、逆に人生自体を変える選択をされる方もいらっしゃる筈です。
変えるとか変えないとかそういう話は不要という方もいらっしゃいます。

どれが正しいとか間違っているということではなく、自身の内側奥深くからの呼び声に従い、選択は為されると思います。
誰もがそこに行きたいと望む所があり、そこへ向かいます。
生きる上でそれを顕在的に変化させることも可能です。



自分を幸せにしたいと思う時、その幸せはどういったポイントと関連あるかについて熟考すると、この人生に於いて目指している場所が見えて来ることでしょう。
もし幸せになりたい、と確たる希望を持っているのなら、それは物質面なのか、精神面なのか。
どのような部分に付随していると思うのか。
等々、細かく割り出して行くのも、セルフラブ、自助努力の一環かと思います。




昼間は日差しがあったかいですね~。ほわ~。
やはり立春を過ぎると毎日一歩ずつ、春を体感します。



さて、イメージワークのお話をば。



願望を実現する時、イメージを自在に使いこなすことは非常に大切です。
イメージワークとは、『自分がどの現実を体験したいか、自らの意思で指定すること』とも言えます。
間違いなく、イメージは現実になります。思考は現実になります。

今現在体験している現実、例えば人間関係も、住環境も、職業や収入も、そこで逐一体験する感情や思考も、実は過去の自分が指定した内容の産物に他なりません。
…と書くと、現在あまり嬉しくない体験をしている人にしてみたら、「そんな馬鹿な!」と思われることでしょう。

指定した。
思考した。
という単語に語弊がある可能性は高いでしょう。
なので、『過去、体験しそこから学習した内容に基いて予測し、イメージしたことが現在である』と言い換えても良いかなーと思います。


今後、良い体験を能動的に増やしたい場合、またネガティブな体験を解消してポジティブな成分に置き換えたい場合、イメージワークと仲良く出来れば大変に良い結果を生み出しやすくなります。

ポジティブな体験をしたいなら、ポジティブなイメージをするのが当たり前です。
顕在意識レベルでイメージをして、それを潜在意識レベルに落とし込むのがイメージワークです(違う言い方もありますが、こういう言い回しがポピュラーでしょう)。
ただ絵的にイメージだけをしても、潜在意識に落ちません。
そこには身体感覚が伴う必要があります。


良い体験をしたいなら、良い感覚が必須。
ところが、イメージワークをした時とか、未来の良いヴィジョンを人に話したり、紙に書いたりしている時、なんだか完全にポジティブな気持ちにはなれない…という場合もあります。

イメージワークを有効な状態にするには大切なポイントが幾つかありますが、イメージをしたら、100%その結果が出ることを信頼しなくてはなりません。
が、どうにもこうにも「うーん…」という煮え切らない感がくっついて、不安や不信が付いて回ったり。
直ぐに「本当にならなかったらどうしよう」と猜疑心に苛まれたり。
そんな体験を、私も散々して来ました。

至極単純な話なのですが、"良い"イメージをしている時、"良い"身体感覚がなければそれはおかしいのです。
純粋に嬉しさ、喜び、楽しみ、幸福といったポジティブな体感覚を感じるのが、正しくもポジティブなイメージワークでしょう。


イメージワーク時のネガティブな感覚は、大概過去の体験から来ています。
もうちょっと言うと、過去の"ニーズが満たされなかった体験"。
不満を持ち、怒りを持ち、不信を抱き、場合によっては悲しみ、憎しみを持ったという昔の記憶がくっついて来る訳です。

何かを望んだ⇒果たされなかった⇒ネガティブな印象を持った

というプロセスを経た記憶があることから、『何かを望む』というスタートのスイッチが入ると同時に、過去のサンプルが自動的に展開されてしまう訳ですねー。
未来を望む筈が、過去を引き出してしまっている。

因みにネガティブな妄想をしてしまう時に、イヤーな感じがリアルに体験出来るなら、それも現実化へ向けたイメージワークをやっていることになります。
良い感覚だろうと悪い感覚だろうと、体感を伴ったイメージが現実を招く、という意味では同じです。
現実的なイメージは現実になります。


過去のマイナス体験を切り離して、ニュートラルな状態から未来のイメージが出来るかどうか。
といった部分に注意を向けると、良いイメージワークになって行くのではないかと思います。
一般的には深くリラックスしてからイメージすると非常に良い、というセオリーがあります。



ところで、私がイメージのあれこれをちょとずつ理解して行く中で、「あ」と気付いたのは、人間は良いイメージだけを能動的に持もつものだと勘違いしていたことです。
良いイメージをしたら「思ったら現実になった!」と認識するのに、殆ど無意識的に悪いイメージをしてそれが現実のものとなった時、何故か「こんなこと望んでないのに!」と言ったりする不思議(笑)。

しかし潜在意識はあらゆる情報を内包しています。
文字通り『あらゆる情報』です。
潜在的に包含していながら、顕在レベルで全く感知していない情報は莫大な量に上ります。
ただ、我々が意識出来る部分では認識・理解していないだけですね。


という訳で、人生に於いて潜在意識を活用するならば、あらゆる方向性へ向かって無限の可能性があります。
実は潜在意識の力は、誰でも日頃当たり前に使っているのですが、それが何なのか意識していないだけです。


良い現実を毎日体験出来ますように♪


先日は2月度のワークショップでした。
ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。


最近はアダルトチルドレン(現在の呼称はアダルトサバイバー等)や、パーソナリティ障害関連についての理解を深めて頂く機会が多くなって参りました。
ちょこっとそれに絡めた内容をば。


古典的とも言える潜在意識を活用した願望達成のノウハウでは、『願望を抱けば必ず達成される』と言われて来ました。
もしもそれが叶わないと言うのなら、そこにはメンタル的なブロック(≒トラウマ)がある、とも。
だから願望を達成する以前にブロックを除去する必要があり、その為に心を癒せば良い。
そんな感じの認識が大勢を占めていたと思います。

しかし近年になって、その考え方が当て嵌まらない思考タイプ・メンタルパターンをお持ちの方々が激増し、カウンセラーやセラピストが対応に苦慮するという事態が増えています。
願望を達成するにしても、思考タイプやメンタルパターンが大幅に違うと、これまで王道と言えたやり方が通用しない、或いは首尾良く達成しても本人が納得しないというケースになってしまう訳です。


人が人生に望むものを突き詰めて行くと、それは自分の中での幸福感や満足、納得という所に集約されます。
形を求めている人も、それはその先にある幸せな感覚が欲しいという意味になりますね。
安心したり安全だと感じてホッとしたり、生きている喜びを感じたり。
そういったポジティブな感覚を望み、欲することの『入り口』が、物質的幸福や人間関係の調和だったりする、と。

もっと簡単に言うと、「愛されたい」「幸せでありたい」みたいな言い方になるでしょうか。
特に「愛されたい」という希求については、一生かけてこれを追い求める人も多数に上ります。
人間、自分の価値を先ずはここで測るからです。
誰もが潜在意識の奥深い所で『愛されることで、自分を世界と釣り合った状態にしたい』と望みます。


"愛されている感"を感じるポイントは人それぞれです。
肯定された時に感じるのが得意な場合もあれば、自由にして貰うことで愛されていると感じる人も居るでしょう。
この辺りも人それぞれで、全く感じ方や解釈が違います。

ところでこの"愛されている感"ですが、生まれたばかりの(人によっては胎児期の)赤ちゃんにとって身体的な栄養と並び、最も重要な栄養分になります。
ただ闇雲に贅沢を与えられても、徒に褒めちぎられても、それを感じることは無いようです。
必要なのは『共感』であるというのが、私の見解です。
もちろん、多くの方々が同じことを仰っていると思われます。


原初の愛情欲求が満たされないことに不満を抱えると、不満のパターンを人生を通じ繰り返しやすくなります(これも人によりますが)。
こういうポイントでニーズが満たされず失望や怒りを抱えると、仮に物質的に恵まれたとしても本質的な自己不信に陥る可能性が高くなります。
「ありのままの自分では愛されない」という潜在的な欠乏感や飢餓感によって、近頃特に問題視されている『パーソナリティ障害』が発症しやすくなる土台が整ってしまうのです。

既にその兆候や状態がある場合、どうしたら宜しいか。ということですが。
先ず、どうなりたいか。どんな自分として生きて行きたいのかをしっかり見定めること。それと、自己理解をすることです。
今まで自分はどのように生きて来たのか。
特に、家族や他人様とどのような関わりを持って来たか。どのような態度で接して来たか。
具体的にはどのような言葉を投げかけ、どんな態度を見せて来たか。

また現在、どこを目指して生きているのか。
そういった当たり前のことに、今一度じっくりと目を向けて、自分と向き合い続けることです。



これは何事もそうですが。
現状(出した結果)を踏まえた上で、何をどうするか決め直すことが出来ます。
何をどうしたいのか。それをはっきりさせる。
具体的に。明確に。誰が聞いても理解出来る言葉にすることは、とても大切です。

周りがこうしてくれないとか、周囲からどう思われるかといったことばかり気になる人は、『自分の』人生を何度も見つめ直すことで、様々な気付きや発見があるでしょう。
自分に問い掛けましょう。

「これまではどのような人生でしたか? 満足ですか? 不満があるとしたら、それは?」

それによって、これからの人生を喜び一杯の全く違うものに変えて行けるチャンスが掴めるかも知れません。





●今後確定しているワークショップスケジュール●

月イチでワークショップを開催中です。
先のスケジュールは決まり次第お知らせして参ります♪

★3月
3月8日(日曜) 11:00~15:00

★4月
4月12日(日曜) 11:00~15:00

★5月
5月10日(日曜) 11:00~15:00



詳細はこちらです。
是非遊びにいらして下さいね~。


立春を過ぎたら、何となく暖かいような…多分気のせいですが(笑)。
しかし同じ程度の気温だとは言え、身体感覚が確実に変化しますね。季節の不思議です。



本日はエレガント路線のアクセサリーを並べまーす。



どどん!




accessory



accessory



accessory



季節の変わり目が近いので、スリーシーズン対応を意識して作りました。

一枚目はベージュカラーのパールビーズに、サンドオパール(サンドベージュ)のスワロを合わせたチョーカーネックレス。
スワロは画像だと白っぽく見えますが、実物は上品な乳白色のグレージュです。

二枚目はスクエアタイプのビジューピアス。
枠にはジルコニアが散りばめられていて、小さくともゴージャス感たっぷり。

三枚目は我ながらちょっと驚きのボリュームネックレスです。
でもコットンパールが素材の中心なので、見た目程は重さが無いと思いますよー。かっくいい。





明日は2月度のワークショップです。
ご参加の皆様、お気を付けてお越し下さいませ。


ここ暫く、ワークショップ用の資料をせこせこ作っておりました。
現状をよく理解するにあたり、各種資料なんかもお役に立てて頂けると理解が早まります。

今はインターネットを中心とした情報化社会で、様々な情報を目にすることが出来るという、とてもありがたい環境が用意されていることに感謝の念で一杯です。
一昔前なら考えもつかなかったようなことですね。

上手に情報を取り入れて、更に自己理解を深めて頂ければと思っています。
あらゆる角度から自己理解を深めることで、自身の可能性や本質に目が向いて行くことでしょう。




ペンチを握りしめて作業していたら、指が固まって動かなくなりました(笑)。
ちょっと休憩。
その合間に更新します。



さて、スピリチュアルな道とは、『自己理解を深める道』と言えます。
"自己理解を深める"ことは、"気付きを増やす"ことであるとも言い換えられます。


これらはどういう意味かと言いますと。
ずっと頑なに守っていたものがあったけど、実はそんなこと重要じゃなかった、とか。
これが得意だと思い込んでいたけど、実は違うものの方が得意だったとか。
自分にとって大事なものは、考えたこともないこういうものだった、とか。

あんなことやこんなことに気付いた! 自分ってこういう人だったんだ! という理解に繋がる内容ですね。それらは多岐にわたり、色々あります。

自己理解が深まり、気付きが増えて行くことによって、「自分だと思い込んでいたものは自分ではなく、後付けの思い込みでしかなかった。自分以外の影響によって発生した勘違いだった」という風に修正されます。
これにどのようなメリットがあるかと言うと、『生きることが楽になって行く』のが特徴です。


自分ではない生き方をしていると、本質とのギャップで苦しむことが増えます。
そのギャップに顕在的には気付かないにせよ、毎日生活していてしっくり来ないと感じることもあるでしょう。
また、忙しくしていなければいられないとか、自分と相対することを避けるという可能性もあります。

ギャップを抱えたまま生きること自体がいけない訳ではありませんが、どうせ過ごすのならば出来るだけ楽に生きたい。
自分の本質に寄り添って生きたら楽。だと私は思います。


では、気付きを増やすにはどうしたら良いか?


「瞑想とかすればいいんですか」と訊かれることがありますが、瞑想はあくまでも手段の一つです。
それ以前に目的が必要になります。

手段と目的が入れ替わったら意味がありませんので、ここは気を付けておいた方が良いです。
習慣的な行動は、最初手段だったとしても、容易く目的に摩り替ります。



自分を幸せにしたい。
楽にしたい。
心地良く過ごしたい。

そういったポジティブな目的があれば、そこに向かう途上で様々な気付きや理解が増えることになります。
セラピーやワークを上手に使いながら、目的を果たす訳ですね。
セラピーやワーク自体が目的になってしまうと、目的を見失います。


我々にはこれまで生きて来た中で培った癖があります。
個人が抱える観念や信念体系、先祖代々のパターン等々。
これまでと違う路線に変更しようとする時、その癖には様々な形で新たな目的を忘れさせようとする作用があります。

責務や義務や仕事なら、忘れないのかも知れません。が。
生きる目的を変更する、生き方を変更するとなると、これまで作り上げて来た信念体系からすれば一大事です。
だからあの手この手で食い止めようとしたり、目先を逸らそうとしたりという作用がある。

新たな目的が今までより良いものなのだとしても、これまで生きて来た自分にしてみれば、それは死のようなもの。
どうにかして目的を忘れさせようと躍起になることは割とよくあります。
一見、周囲の動きとして認識されるかも知れませんし、自分が個人的に感じる違和感やネガティブな感覚かも知れませんし、「めんどくさいからいいや」「これはこれで大体幸せだしー」といった言い訳かも知れない。


果たして、目的を達したい気持ちは本当なのか。
自分を幸せにしたいという意思があるのか。

それを問い掛けられるかのように、周囲で起きる様々な現象に目移りを繰り返し、ふらふらと寄り道をし、いつしか目的を忘れ、月日が経つのも夢の内…浦島太郎ですね(笑)。


目的を持ち、自分に向き合うこと、その為の時間を意識的に取ること、出来る限り工夫して自分の内面を直視すること。
その努力を継続することが、気付きや理解のお膳立てになります。

何もせずに気付く筈はないし、理解が深まる訳がありません。
これまで通りに生きていたら、これまで通りの結果を出します。

他人様から話を聞くだけとか、本を読むだけでは決して理解には至りません。
知識と自分が乖離している間は、解った気がして終わってしまいます。折角の知識が生かされることはないのです。
知識は大事ですが、それを持って"自分"に寄り添うにはどうすれば良いか、自分の中で試行錯誤することは必須になるでしょう。


自分の為に自分を幸せにする。
自分を見つめ、気付きを増やし、理解という体験を深めることで、そこへ至る道が開かれます。

立春を過ぎ、旧暦の新年がやって参りました。
いよいよ春が本格的に待ち遠しい気持ちになりますね。


カウンセリングやセラピーのお仕事に携わっていると、『ありのままの自分』を受け容れることが如何に大切かを思い知らされます。
この"ありのままの自分"という言葉も、どうやら一部誤解があるように見受けられますので、ここである程度の定義を書いておきたいと思います。


完璧な人は居ません。
万能な人は居ないし、居る筈がありません。
何かが得意な人は何かが苦手で当たり前。
何かが好きなら嫌いなものもあり。
やったことが無ければそれは出来る訳がないし、世界中のなにもかもを知っている人はこの地上に皆無です。

様々な特徴が集合して、人間という"個"を形成しています。
更に、それらの特徴一つ一つは、人生を送るにあたって変化して行く可能性を内包しています。
意識的に努力して変えて行く部分もあるでしょうし、気付きや理解が進むにつれて変化して行くものもあるでしょう。


ありのままの自分とは、様々な要素を内包している、現時点での自分のことです。

愛と善と美だけで構成されているのが、ありのままの自分の筈!
本当は他人より優れた、天才的な才能がある。それがありのままの筈!

という誤解があるようでしたら、それは違います。
こっちは『全能感』という自分を苦しめる要素に繋がり易い為、注意が必要です。


失敗を繰り返し、間違いを犯し、誤解を招き、無自覚のネガティブな感情から他人に迷惑を掛けてしまう。
そういう部分は誰の中にもあります。あって当たり前です。
割合の問題はそれぞれにあるでしょうが、要素としては無い訳がなく。
様々な経験を重ねながら、人は学習し、成長して行くものです。

ありのままの自分を認め、愛するには、まず現実に目を向け、事実を自覚し、自分に直面する勇気が必要です。
他人に自分を受け容れて欲しいと望むのであれば、自分がそれをしなければなりません。
受け容れるには、理解が必要です。
理解するには、事実の直視が必要です。
事実を直視し、把握してこそ、その先の改善策を講じたり、それによって成長して行ける。


「そんな筈は無い」と逃げ回っていても、結局幸せを感じることはなく、その場で足踏みを続けるだけになってしまいます。
幸せを実現する人生ではなく、不幸から逃げ続ける人生になってしまうのです。

ダメな所がある。
出来ないことがある。
変えられないと苦しんだり、後ろめたく感じてしまう所がある。

そこから目を逸らすのではなく、正面から見つめる。
言い訳をしたり正当性を主張する前に、一度楽に呼吸をして、直視してみる。
嫌だと感じること、苦しいと思うことが湧いて来るでしょうが、それも含めて直視を続ける。

ネガティブな感情や思考がゆっくり薄れて行き、「今は確かにそうだね」と思えるようになれば、またネガティブな受け取り方ではなく、そのまま「そうですね」と頷けるようであれば、自己受容が進んだことになります。


「ありのままの自分を理解して欲しい、受け容れて欲しい」と他者に望むのであれば、まず自分で自分を受け容れる必要があります。
自分がOKを出していないのに、他人がOKを出したとしても、恐らく信じられない筈なのです。

他人に肯定させたとしても、嬉しいのはほんの一瞬。
直ぐ不安や恐れに駆り立てられ、また他人の賞賛を得ようと奔走…これを繰り返す間は、決して自分を幸せに出来ないでしょう。


自分が今の自分を肯定する。
幸せを感じられるようになるのは、こういう所からです。

"自分を幸せにする勇気"、"ありのままの自分を愛する勇気"を持てますように。




朝。
もの凄い騒音で「!?」と目が覚めて、暫くは状況が理解出来ず「?????」と不可解祭り。


裏のアパートで外壁塗装作業をしており、その機材の音でした。


いやーマシンガン乱射みたいな爆音だったのでビックリしましたよ。
マシンガンの音を直接聴いたことはありませんが(笑)。
塗装作業ってあんな音がするんですねー。知らなかった。





今日は『人間関係の話』です。

様々な人とのやりとりがある中で、関係のある他人様が"自分にとって良い影響をもたらす人かどうか"に気付くことは、自分を幸せにする上でとても大切なことです。

自分に良い作用を及ぼしてくれる、有難~~~~~い人って居ますよね。
良い影響のある人が人生の中に居ると、自分を幸せにしようとする意識が働いて、様々な個所に良い影響が出るという分かり易い作用がありますね。

例えば仕事をもっとがんばるとか、これまで以上に自分を磨くようになるとか、友人知人とも仲良く調和した関係になるとか、日常のちょっとしたことが嬉しく感じる等々、恩恵は沢山です。
そうした中で生活をしていることが楽しいでしょうし、そんな自分のことが好きだと思います。

恋愛のみならず、誰かを好きになるとこういう感じで自分の人生が薔薇色になる、というのはポピュラーな現象ですね。
ただ、反対に"関わっていると運やその他諸々が下落してしまう相手"という人も、居ます。


これをスピリチュアル用語としてはメジャーな『ソウルメイト』という言葉に絡めて書くと。

関わると自分が成長する、良い状態へ変化する相手⇒ポジティブな関係性のソウルメイト
関わると自分が停滞し、ダメになっちゃう相手⇒ネガティブな関係性のソウルメイト

という表記をすることも出来ます。

ところでソウルメイトの定義は人によって全く違います。
"出会う人全てがソウルメイト"という分類もありますし、その中で"一定の条件を満たす関係がソウルメイト"、という分類もあり、ソウルメイトについては一口で語れないのですが、今までの人間関係の中にはソウルメイトも居るかも知れない、これから出会うかも知れない…という参考程度で宜しいかと。

このソウルメイトの中にはポジティブな関係性もあればネガティブな関係性もあります。どっちもある。
ネガティブカルマティックなソウルメイトとは、因縁の相手という言い方も出来ます。
ポジティブカルマティックなソウルメイトとは、"運命の人"と呼ぶことも出来るでしょう。
これまでの自分のパターンをおさらいして、今後は意識的に良い関係性を持てる人と仲良くしたら、幸せに直結しますね。



おさらい方法。
1:その人と会う前、2:会っている時・3:その後・4:その暫く後…の四段階程度に分けて自分の反応がどうであるか、メモを取ると分かり易くなります。

いつも嬉しかったり安心するような感想がある場合は、ポジティブな作用がある。
なんか違和感があったり、モヤモヤする。めんどくさい。または直接的にネガティブな感情が浮かんで来る場合は、そのままネガティブな作用のある人、ということです。ざっくりですが。

ところで『安心感』と言っても、例えば"苛々したり、不安感に苛まれること"に対して安心感を感じるケースもあります。
自分が何をどう感じているのか、やりとりする中でどのような変化が自分に対して起きているか、自分の為に一人の時間をたっぷり取って、じっくり観察しましょう。
一度で完了する人は少ないです。週に一度でも、地道に続けることで色々なことが明確になって行きます。


実際このワークをしてみると分かるかも知れませんが、"会っている最中"の状態は、リアルタイムでは掴みにくいかも知れません。
相手や周囲の状況などに視点が向いているので、自分の中でどう感じているかについてはお留守になりがちなのです。

これがリアルタイムに分かるようになって来ると、無駄に深入りしてから嫌な思いをする必要もなくなりますし、自分の幸せにとって良い選択が瞬時に出来るようになります。
その上で、今後はどのような身体感覚を感じる人とやり取りしたいか、明確にすると良いでしょう。



明日は節分ですね。
素晴らしい節目を迎えられますよう、お祈り申し上げます♪



さーむーいー♪ 寒いです。歌っちゃうけど寒い。
生まれてこのかた冷え性とは無縁なのですが、寒さはそれなりに感じる今日この頃。
暖かくして心も身体もホカホカ気分で過ごしたいですねー。


ここ数年の疑問が何となく決着を見たので、書いておきます。
占星術に興味の無い方にしてみたら意味不明だと思うので、気にしないで下さいね(笑)。

因みに仮説です。
確定した結論ではないことをお断りした上で、書きます。長いですよ!


これまでに、ドラゴンヘッド&テイルの話を何度か記事にしています。
しかし、納得する所までは落とせずにいたのですが、最近になって「もしや!」と思いついたことがございまして。

以前、『テイルは自分にとっての母親、また母親から受け継いだパターン』であると書きました。
これを更に細かく言うなら、『母親から受け継いだネガティブな要素』であり、それはつまり『潜在意識が認識している母親の姿(の残念ポイント)』です。


しかし一般的に、ホロスコープでは月が母親の象徴として扱われています。
あら? じゃあ月の立場は?
ってことになる訳ですが、私の勝手な解釈では『顕在的に私のおかーさんはこういう人だと思っているポイント』の象徴ではなかろうかと思うに至りました。

あくまでも個人的な解釈です。教科書にはそんなこと書いてないと思います。
いえ、書いてあるのかも知れませんが。私が知らないだけで(笑)。


わりと顕在的なおかんの影響⇒月とそのアスペクトが象徴

潜在的+ネガティブなおかんの影響⇒ドラゴンテイルとそのアスペクトが象徴


例えばバースチャートでテイルと月がコンジャンクション(0度/合)、という場合もあります。
このケースでは、「顕在的にも潜在的にも母親の印象や影響は大体同じ」ということになりますでしょうか。理屈ではそうだよな…と(笑)。
このアスペクトを持っている人は、「お母さんに生き写し! そっくり!」って言われたり、美化したり改悪することなく正しくお母さんの姿を把握している…という形で影響が出るのかも知れないですね。
知り合いにこのアスペクトの人が居ないから解らないんですけどもー。



さて、話は変わってドラゴンヘッドです。
結局の所、その正体は何だろう。と疑問が消えなかったのですが。
ヘッドは、自分の本質ですね。恐らくは。…って、これは前も書いた気がしますが。

ちょくちょく「ヘッドに象徴された生き方を選択すると幸せになる」という記述が見られるのは、それこそが自分の本質に相応しい生き方だからだと思います。
幸せっていうのは、大まかに言うと"自分の本質と誤差が無い状態"です。
自分らしい人生というのは、自分(小我/顕在意識)と世界(大我/潜在意識)が調和している状態。ですね。


日頃の我々は自分の本質とは何かについて、あまり考える機会がありません。大概忙しいですからね。
自己理解を深めたり、セラピストのお仕事をさせて頂く中で感じるのは、『多くの人は自分に対して幸せを与えず、自己否定をする』傾向があることです。
また、自分というものについてかなりの誤認識をしていることも、同じく度々感じます。

元々持っている本質とは真逆の自己認識をしていることも、全く珍しくありません。
そしてその通りに振る舞い、生きてしまうことによって、「これが自分なのだ」という勘違いを深めて苦しんでしまったり。

自分の本質を自分が否定することで、不幸のドツボに嵌まる。
簡単に言うと、自分を否定しているのは究極的には自分自身なので、自分で自分を肯定すると幸せになります。

で、その自分の本質というのが、多くの場合「苦手で考えたくもない」と勘違いしているヘッドの要素である、と。
だからヘッドが象徴している生き方に軌道修正をすると、より楽で楽しく幸せに満ちた人生へと変貌を遂げる。んじゃないかなっ! と思っている次第です(笑)。



他にも沢山の惑星やハウス、サインといった要素が絡まり合うホロスコープですが、例えばハードアスペクト(0度、90度、180度等)でネガティブな印象を受けやすいポイントが沢山あります。
また、ソフトアスペクト(60度、120度)でも、停滞や無意識的な要素が挟まる可能性があり、アスペクトそのものは単純に吉凶で分けられるものではありません。
どんな要素でも、ネガティブに取ろうと思えば取れてしまいます。
この辺りも、ヘッド・テイルを基準に考えると、解釈が変わるんじゃないかなーと思っていまして。


テイル的な生き方をすると、様々な要素がネガティブな要素として具現化する。

ヘッド的な生き方をすると、同じ要素でもポジティブな要素として具現化する。


……どうでしょ。

例えば、マイペースだったりのんびしている特徴があるとします。
悪く取ろうと思えば、「ぐずぐずしている」「とろい」「鈍い」と言えますが、良く取るならば「自分のペースがある」「流されない人」「気が長い」といった言い方になりますよね。
同じ要素を、どのような見方にするかだけの違いです。
どんな要素でもヘッドから見ると長所に見え、テイルから眺めると短所に見える。肯定的に見るか否定的に見るか。そういう感じではないのかなーと。



ところで私のチャートでは、ドラゴンヘッドに色々な惑星や感受点が乗っかっておりまして、解釈が一筋縄では行かないというのが悩みでした。
一つ一つの要素を独立させて解読することは出来ても、まとめると相反する要素が同居していたり、あちこちバラバラに要素がとっ散らかっているせいで、頭の中が「?????」という状態に。
読めない。読み切れない。そりゃ素人だけどさー。でも知りたいよー。どうしたもんかー。あーうー気持ち悪いよー(笑)。

こんな状態が暫く続いて、ネットで情報を漁ったりしておりましたが、どうもしっくり来ない。理解に至らない。
もういっそプロに頼んで教えて頂くしかないのでは…でも詳しく教えてくれるプロってどこにいるんだろーか? と眉間に皺を寄せて数か月。
はたと思い立ちました。「解った!」と先に結果を決めちゃえば、何らかの形で解るに違いない! と。

そんな訳で、「あー解ってよかったぁ」と先に自己暗示を掛けておきました。
これで、他人様経由かも知れないし、自分で閃くかも知れないが、とにかく理解は出来る筈。
やってて良かった潜在意識(笑)。


それから暫くして、答えは降って来ました。


『ヘッドのあるハウス、サイン、惑星、感受点等をまとめて擬人化すると、どういう人になる?』


なんですと…? 擬人化ですと? 今、流行の?(ちょっと違うような)

自分で思い付いたというよりは、誰かが教えてくれたような気がします。
誰かは知りませんがありがとうございます(笑)。


それで、一つずつの要素をポジティブな解釈("ヘッドの要素は常にポジな解釈をする説(仮)"に基づいております)をしながら抜き出してみた所。
「こういう人を一人知ってるぞ……」と思い至りました。
その特徴をまとめると、私が大変尊敬している方の特徴そのまんまでした。

あまりにもそのままだったので非常に驚き、他の方のチャートも『ドラゴンヘッドまとめて擬人化仮説』を元に確認させて頂きました。
結果、「やっぱりこれそうなんじゃないの…?」という話に。


・ヘッドを丸ごとポジティブな要素のみ拾って擬人化
・擬人化した結果は自分の本質のお手本を示してくれている人
・自分が知っている人の中にそれを顕現している人が居る



というサンプルを幾つも採取しまして。
その顕現している人は、以下のようになっておりました。


・家族や親族に居る場合が多い
・親しい人間関係の中に居る場合も多い
・親族や知人の中に事例が無い場合は、尊敬している人の中に居る場合が多い
・テイルの生き方を肯定している間は、該当者を嫌いだったりバカにしているかも?



ですです。
ものすごく沢山のサンプルを見た訳ではないのですが、数名のチャートを見せて頂いて外れが無いので、恐らくこれが答えではなかろうかーと。
ヘッドの象徴するものが本人の奥深い本質。これを自覚すると人生ラク。
と言って差し支え無いんじゃないかな? と考えています。



しつこいようですが、あくまで仮説なので断定出来ないというのを明記しておきます。
色々な先生が多くの解釈をされているので、とてもとても断定は出来ません。

しかし、こう考えると何となく納得するようなー。と思って書いております。
また違うことを思いつくかも知れませんけども。

この仮説に気付いた時、「あああああああああ! 解ったああああああああああああああ!!!!!!」と叫びまして。
最近には珍しく衝撃的過ぎ、自分を抑えきれませんでした(笑)。



この仮説も活用しつつ、『自分の本質に沿って自分を沢山幸せにするぞ計画』を着々と進めて参りたい所存でございます。
例によって長い記事になりましたが、お読み下さいました方々がいらっしゃるようでしたら、本当にありがとうございました。
どなたかのお役に立ちますと嬉しいです♪




★ドラゴンヘッドの話シリーズ★
は、以下になります。因みにこの記事はシリーズ3です。


1; かなり初歩的な解説

2; 母親の暗黒面(笑)との関連







プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi