resonance

Entries

Date : 2014年02月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

明日から3月ですね! とーっても暖かかった東京でございます。


今年が既に2ヶ月終わってしまい…あと10ヶ月です。
どのような2ヶ月でしたでしょうか。今後はどのように過ごしたいでしょう。
月末や月初にちょこちょこ振り返るのも、面白い気付きがありそうです。



元日以来のお知らせですが、明日は新月です。




17:05~新月スタート!




ですよー。

断定形で願い事を書き出して参りましょう。



書く・話すことで現実化が起きやすくなる、と言われています。
それを"言霊"という言葉で表現なさる方もいらっしゃいますね。
何故言葉に出来たものが現実とへ繋がるのかと言うと、『言語化出来たこと=自分で認識出来ていること』だからです。
何処へ向かえば良いのか、具体的に自分自身が理解しているということですね。

「上手く言えない!」「モヤモヤしたあやふやな文章に…」という場合、まだ自分の中ではっきりした形を取っていない可能性があります。
要するに「分かっていない」。


また、書いている時の心理状態を感じてみた時、「何も感じない」「何処か迷いを感じる」「何となく怒っている気がする」…ということもあるでしょう。
その場合、一旦除けておきます。

願望として書き出すものは、あくまでも書いている時に"ポジティブな体感覚"を伴うものに限定しておきます。
ネガティブな気分になるものについては、動機やそれを達成した暁に何を望んでいるのか、一旦見直してみることがお勧めです。




さて、3月には春分の日がやって来ます。
その後に巡って来る新月、3月31日03:45~には、願望を書き出すだけではなく、プラスしてコラージュを一緒にやると良いということです(下記の書籍著者、ジャン・スピラー氏の定義に依ります)。
参考図書はこちら~。

[魂の願い]新月のソウルメイキング[魂の願い]新月のソウルメイキング
(2003/11/21)
ジャン・スピラー

商品詳細を見る





コラージュとは、台紙(お勧めは模造紙サイズ)に様々な写真や画像や絵を貼って行くというもの。
自分の夢や願望を現す、または関連したものを貼って、ビジュアル化してみましょうという試みです。

イメージワークをする時、ヴィジュアライゼーションがお上手であれば、コラージュは特にお勧めです。
聴覚が優れている方は、画像のみならず、言葉(キャッチコピーなど)を混ぜたりするといいですね。


当日だといきなり材料を揃えきれないと思いますので、そろそろチラホラと集めてみても宜しいのではないかと思います。
広告・雑誌・フリーペーパーやネット上の画像など、あらゆるものから素材集めが出来ますねー。
素材を徐々に集めて行くのも、それ自体が楽しいですよ!
コラージュの参考図書はこちらをどうぞー。

幸せな宝地図であなたの夢がかなう (ゴマ文庫)幸せな宝地図であなたの夢がかなう (ゴマ文庫)
(2007/12/05)
望月 俊孝

商品詳細を見る






ではでは、良い新月をお迎え下さいませ♪



東京の明日は暖かいそうです!
気付けばもう2月も終わりです。暖かくなったり寒くなったり…まさに春でございますねー。

えー、私はとは言えば…閣下の舞台を観たり閣下の舞台を観たり、そしてまた今度閣下の舞台(以下略)という日々を送っております(笑)。
本当にありがたいお話です。
様々な・色々な条件が整ってこそ、好きなものに触れる機会が得られる訳です。ありがたや。



flower




自分を幸せにして行くにあたって、とても重要なことがあります。
条件としては幾つもありますが、特に重要なのが「自分がどうなりたいか」です。
「行く行くは…」といった壮大な目的でなくても良いので、手近に「先ずはこんな状態に」「あれをこうする」というように、ゴール地点を作ること。

更に重要なのが「なりたい」「したい」ではなく、「なる」「する」と断定形で目的を設定することです。
「~たい」という言葉を使う時、「そうでは無い」という前提があります。
なので、如何に「なる」「する」と言い切るかが大事。脳内で日頃使用している言語も重要ですよー。

メンタル的にブロックがあって、どうにも前向きに言い切れないわーという場合は、目的を更に細分化します。
「これなら言い切れる」というポイントまでバックオーライ。
先ずはそこへ到着することを最優先にする。
「ならないかも」「出来ないかも」「やり方が分からない」「でも」「だって」というマインドの声が発生しないポイントまで、ハードルを下げてあげれば良いですね。


…こんな感じの手順がとっても大切なのです。




そんな中、自己理解が深まって来る方々を見ておりますと、「以前目指していたものは、別段興味が無かった」という所へ到達することが多いなーと思います。
周りを変えようとせず、過去にしがみつくことなく、今ある状態を楽しめるようになったり、幸せを沢山感じられるようになる。

更に、他人様の幸せを願うのが当たり前になって来る。
他人様の喜びを、嬉しいと感じられるようになる。
世界平和を願っているのが土台として当たり前。
みんな幸せでありますように~。

です。



幸せの形は人それぞれです。
何に対して居心地の良さを感じるか、安らぎを感じるか、自分らしさを感じられるかは違って当たり前です。
親兄弟や友人知人、世間一般の定型と違っていたとしても、自身がそれでしっくり来ると感じるなら、その時はそれが正しいと言えます。

今まで追いかけて来た『幸せ』を手にしても、また追い続けるだけの状態であっても、いまいちピンと来ないとかしっくり来ないなという場合は、自分と合わないものを見ている可能性があります。
生活の中で、改めて一つ一つのものや出来事と向き合いながら、「今の私にとってはどうかな?」と問いかけてみると、新たな発見があるかも知れないですね。



春になり、沢山の花が一斉に咲き誇るように、一人一人の幸せが花開きますように。


去る2月23日の夕方は、デーモン閣下ファンクラブのイベントへ馳せ参じました! わーい。

今回は(も)、フリーランスで司会業やアナウンスをしていらっしゃる智子さん&お花の師範資格をお持ちのカツオ先生がお誘い下さいました(ファンクラブ加入への流れは、微妙な布教をした私のせいです 笑)。



この日は二回ステージで、私達が参加したのは第二部の方(夜の部)。
閣下のお話に依れば、この日のお客様の大半は二回とも参加されているご様子でした。すごーい(笑)。

さて内容は。


スウェーデンからのゲストあり!
本格的な歌と演奏あり!
抽選とプレゼントあり!
お笑いあり!
為になる質疑応答あり!
握手あり!
集合写真撮影あり!


と、豪華盛りだくさんのイベントでございました。

あまりにも豪華で内容ぎゅうぎゅうで素晴らしいステージだったので、とてもとても全部は書き切れません。
その上、閣下から箝口令が敷かれている内容も一部あります。
と言う訳で、他のファンの方が色々書かれていることもありましょうから、私の独断で一部の内容をピックアップ~。



◆閣下からの豪華プレゼント抽選会
ちょっと恒例みたいになって来ているという、閣下からのプレゼント。
またの名を『閣下のご自宅にある不要品処分』(笑)。
前回は全員プレゼントだったそうです。それはそれは大変な不評だったそうですが、今回は全員プレゼントではなく、抽選でプレゼント。辞退不可!
閣下が引いた紙の『○番』列の全員へプレゼントでした。これが二回分。何人程度当たったのかな…30人とか40人位?

で、私の隣の隣に座っていたカツオ先生が大当たりぃいー。
「超・念じてました。『当たれぇぇええぇえぇえ!!!!』ってめちゃくちゃ念じました」だそうです。本気過ぎてマジで怖いです。いや、流石です。
おめでとうございました(当たったのはワンちゃんのカレンダーに閣下のサイン入り)。



◆ダニエル君(Guitar)
以前、閣下のソロツアーに参加していたスウェーデンのミュージシャン、アンダース・リドホルム氏が休暇を利用して息子さんと来日。
親子揃って、ノーギャラ(笑)でステージに立っていらっしゃいました。
パパはベースで、息子はギターで。

私はDVDで当時のHakuraiツアーを観たのですが、息子さんのダニエル君はDVDではやんちゃなちびっ子ちゃんだったのに、ステージで観たらすっごく大きくなっていてびびりました。
当時パパが出たステージで共演した大橋隆志さんの影響から、ダニエル君はギタリストへの道を歩んでいました。マジかー!

最初に彼が登場した時は、「いやあああ! 誰あの美少年(美少女?)!!!!」と血が沸きました(美男美女大好き)。
あまりにも華奢な美少年なので、遠目だと女の子にも見えたりしまして(デビュー当時のアヴリル・ラヴィーンみたいな雰囲気でした)…いやー華やか華やか。
一人でステージの平均年齢をググッと下げていた、由緒正しい感じのロン毛ギタリスト(16歳)。

今後は是非、世界に羽ばたくギタリストへ成長して頂きたい…がんばれー。
客席の皆様は、「みんなお母さんみたいな目でダニエルのソロを『頑張れ…!』と見守っていた(閣下談)」という(笑)。
まだ16歳ですからねー。まだまだ伸びて行くことでしょう。将来が楽しみです。
ダニエル君が日本で楽器を買う時は、新大久保に行くらしいです(不要な情報)。



◆質疑応答より
新しいことに携わる時の姿勢について。
先ず何よりも謙虚な姿勢を持つこと。
そして、結果や周囲からの評価を怖れず、「捨てるものは何もない」という状態で精一杯臨む。
それでもダメなら、もうしょーがない。それはそれで、現実として受け止め、何がいけなかったかそこで考えれば良いとのお話でした。

何かにつけて上がってしまう、緊張してしまう人へのアドバイス。
昔、学生の頃に先輩から頂いたアドバイスにあった、「練習の時は世界で一番下手だと思ってやれ。でも本番では、世界一上手いと思ってやれ」を実践しているので、ほぼ緊張はしないとのことでした。
入念な準備や努力は当然であっても、それが間に合わないような状況の時というのもあり、それはそれで仕方なし。
その時の自分の精一杯をそこで出すしかない。結果に拘るな、と繰り返し仰っていました。



◆歌と演奏
閣下のご登場は、『燃えろいい女』でノリノリでした(笑)。
後になってスウェーデンチーム、雷電湯澤さん(Dr)、松崎雄一さん(Key)がご登場。
相も変わらず、ハートに響く演奏でした。

私は湯澤さんのドラムで育っているからなのか、本当にあの方のドラミングは心を揺さぶられます。ハートがグラグラします。
音楽はバイブレーションそのものなので、癒されたり喜びを感じたりがダイレクトに発生するなあと改めて身体で感じます。
どれもこれも本当に素晴らしかった。音楽最高。ライブ最高じゃー。

閣下は前日辺りまでお風邪を召しており、喉が枯れていらしたそうですが、当日になって調子が回復。
しかも、二回ステージの二回目の方が、喉を酷使した後なのに調子が良いと仰っていました。
こういうのも含めてプロだなあと…本当に素晴らしかったです。



◆最前列
チケットですが。Zeppの会場で、なーんと最前列でした。わー!(笑)
そして、閣下との集合写真撮影でも驚愕の閣下お隣ー! これはカツオ先生が譲って下さったのですが…有り難いお話です。
どれだけ引きが強いのかカツオ先生。プレゼントは当たる、座席は最前列、撮影もお隣って…いやもう怖ろしいわー(笑)。




他にも沢山沢山あるのですが、あまりにもボリューム満点でやはり書き切れませぬ。
あとは他の方に託させて頂きます。

ちょー楽しかったです!
閣下、共演者の皆様、沢山のスタッフさんや関係者の方々のお陰で、素晴らしいステージを体験出来ました。
関わって下さっている全ての方に御礼申し上げます。ご一緒下さった皆様にも、ありがとうございました!



3月2日の邦楽維新Collaborationも勇んで参りまーす。うきうき。





因みにHakuraiツアーのDVDはこちら。すごく盛りだくさん、買って損なし!
リドホルム氏と、子供の頃のダニエル君が映ってます(笑)。

√Hakurai-CULTURE ROCK SHOW!- [DVD]√Hakurai-CULTURE ROCK SHOW!- [DVD]
(2008/09/24)
デーモン小暮

商品詳細を見る









厳寒、ですね。
底冷えする今日この頃、先日の雪も未だ解けず…。

各地で豪雪による様々な障害・被害が発生しています。
被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。
早く通常の生活が戻りますように!






多くの方々が「幸せになりたい!」と望みながら、生活されています。
そんな中で大切なのは、『自分にとっての幸せが何か』を知っているかどうかです。

自分にとっての幸せを知るには、自分がどのような人間であるかを知ることが大事になります。
自分にとっての良いことと、他人様にとっての良いことは、必ずしも同じではない。それが当たり前。
世間的にはこれが良いことと言われているけど、自分としてはピンと来ない…とかってありますよねー。


自分自身にはどのような特徴があるか、元々生まれながらに備わっている資質なんかを色々知って行くことは、やはり自分の幸せに直結して行きやすくなります。
自分を分かっていれば、自分に必要なものを拾いやすくなる。不要なものに惑わされなくなる。

Aさんにとって仕事をすることが幸せだとしても、Bさんにとっては違うかも知れないのです。
周りがどうかではなく、自身がどうかを問い質しながら生活をして行くと、「あ、そうだったのか…」という発見も沢山出て来るでしょう。


借り物の価値観を使っていると、如何に幸せな環境を持ち合わせていたとしても、なんか納得行かないとか、不満が燻って消えない…という風になるかも知れません。

これまで色々追いかけた結果、満足とは程遠い心境であるならば、これらを一旦リセットして「自分ってどういう人?」というパーツ集めをしてみるのも、切り口が変わって面白いかも知れませんねー。








さてさて。
現在確定している、ワークショップのスケジュールをお知らせしておきまするー。



★2014年3月度
3月9日(日曜) 11:00~15:00

★2014年4月度
4月13日(日曜) 11:00~15:00

★2014年5月度
5月11日(日曜) 11:00~15:00




詳細はサイトでご確認下さい。



多くの方々と学びの場でご一緒出来ますことを、楽しみにしております!





明日の東京は、またまた大雪の予報です。
各所の皆様、どうぞお気を付けてお出かけ下さいませ!




先日2月11日は、邦楽家の三橋貴風さん主催の舞台『月下幽玄』を鑑賞して参りました。
尺八・お琴等の演奏家が30名以上も登場する上に、スペシャルゲストとしてデーモン閣下がご登場あそばされました♪

上大岡(神奈川県)、初上陸。
遠い(笑)。



0211a.jpg


三橋先生は、元々閣下と邦楽維新Collaborationという舞台を長年に亘りご一緒されていますが、今回は主催が先生。


30名以上の演奏家の皆様が舞台ぎゅうぎゅうに犇めいておりました。
チケット3,500円です…ギャラってどうなってるんでしょう(笑)。


先生は以前の舞台でも、尺八の種類と長さについて語っておられますが、今回もまた種類と長さについて延々語っておられ、恐らく次の舞台でも長さの話題は外されないことと思われます。
長さ重要らしいです(笑)。


今回のラインナップは、邦楽(昔からある和楽器用の曲)と、五線譜で作られた現代音楽の双方ありました。
同じ座席の並びに、その中の一曲を作られた先生が座っていらっしゃったようで、ちょっと驚きました。





閣下は『山月記』の朗読をなさったのですが、このお話がまた良かった。
国語なんかで教材に使われていたことも多いでしょうから、ご存知の方は多くいらっしゃるかと思います。
私はタイトル以外、全部忘れていました(笑)。


舞台設定は中国。
官吏の職にて鬱々としながらも、世に名を轟かす詩人を志していた主人公が、心の闇に呑まれて虎へと変貌を遂げてしまう。
誰の心の裡にも潜む、恐怖と傲慢と羞恥心の話です。

今も昔も、人間の心理構造は変わらないということで。
自分に直面出来ない、怒りやプライドを先行させて、現状に満足出来ず周囲へと矛先を向ける。
これが酷くなると、周囲と共存出来なくなってもおかしくありません。
近年では『パーソナリティ障害』という言葉が出来ているので、昔よりも身近な問題であると言えるでしょう。


ストーリー上ではこれを虎と表現していますが、心理学用語では『シャドウ』と呼ばれます。
日頃は抑圧している闇の部分、です。

闇と言ってはいますが、「こうである"筈"の自分(虚像の自己)」にとっての闇でしかなく、実際はただの事実または思い込みです。
これを直視して受け容れて行くプロセスが、自己理解・癒しとも言えます。
虎の部分を切り離して断罪するのではなく、認めて理解し受容することで、我々は生きることを肯定し、楽に成長して行く訳です。


wikipediaにあらすじが載っていますが、一部抜粋。

本当は詩才がないかも知れないのを自ら認めるのを恐れ、そうかと言って、苦労して才を磨くのも嫌がった。それが心中の虎であり、ついに本当に虎になったのだ。


虎だったり兎だったり鳥だったり蛇だったり虫だったり、人によって形は様々でしょうね。
そうそう、こういった抑圧している部分が夢では動植物・虫の姿を取って現れる場合があります。
自分の影の部分が自ら怖れているものの姿を取ることは、潜在意識内では割とポピュラーな現象なのです。
夢も振り返ってみると、面白い発見があるかも知れませんねー。




さて、閣下は名曲『Moon River』、そして閣下が作られた曲の『ずっと』を歌って下さいまして、相も変わらずの良い声に惚れ惚れでした。
でも『Moon River』は歌詞を覚えていらっしゃらなかった為、度々詰まったり「?」というお顔になっていらっしゃったのがアクセントで(笑)。
閣下ご自身も「良い声なのに、度々詰まる(笑)」と笑っていらっしゃいました。




その他、ダイジェスト。


・アフタートークは最後の一人が帰るまでやろうかという流れに(勿論やりませんが)
・この日の閣下は寝不足でテンションが妙。翌日は早起きで長丁場
・リハは本番三日前に一度きり(当日も通しはナシ)
・この舞台の打ち上げはナシ
・3月2日の邦楽維新Collaborationも休憩挟む程に長い
・三橋先生が大昔の舞台の話を長々され、この日とは何ら関係ない為に閣下が止めに入った





このような感じでございました。
ものすごくどうでもいいダイジェストですみません(笑)。





宣伝。

3月2日の邦楽維新Collaborationはすんごくゴージャスだそうですので、是非是非!
黒船バンド(石川俊介さん・雷電湯澤さん・松崎雄一さん)も出ますよー!!
勿論観に行きますよー!!(笑)





実はこの日のわたくし、ヒジョーに怪しげな体調だったのですが、無事に舞台を観られて良かったです。満足満足。
ご一緒下さった皆様も、ありがとうございましたー!





◆三橋貴風公式サイト⇒http://jukumitsuhashi.music.coocan.jp/kifu/

◆デーモン閣下公式サイト⇒http://demon-kakka.jp/




東京は大雪でした!
各地の皆様のご無事をお祈り致しております。

かく言う私も、外出していました。
電車が動いていることを本当に感謝しましたよー。
帰宅後、雪かきをして大分疲れました…大量の雪でした…(笑)。



明日もお外へいらっしゃる方々は、どうぞ呉々もお気を付けて!






最近のアクセサリーをupしておきまーす。

目出度く旧暦でも新年を迎え、暦の上では既に春。
と言う訳で、今回のアクセサリーは冬っぽくもあり、そして春っぽい感じかも知れません。



Accessory

★K14GF スワロフスキーエレメント×淡水パール




Accessory

★K14GF クリソプレーズ×スワロフスキーエレメント



Accessory

★スワロフスキーエレメント(パールキャッチ付)



Accessory

★K14GF スワロフスキーエレメント×ブルーレース×淡水パール



Accessory

★スワロフスキーエレメント×ゴールドビーズ




新しいラインのビーズを使用していたり、組み合わせが新しかったりしつつ、作っていて楽しかったです。いえ、もう深夜ですが(笑)。



そして明日は2月度のワークショップになります。
学びの場で楽しいお時間を過ごせますこと、楽しみにしております!





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi