resonance

Entries

Date : 2013年12月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

今日で2013年がラストです。
全然実感が無いのですが、でもカレンダーを見れば今日で終わり。
明日からは2014年がやって参ります。

今日も明日もお仕事という方はいらっしゃるでしょう。いつもありがとうございます。
我々は、沢山の方から多くのお力と恵みを頂いて、日常の『当たり前』を体験出来ているのです。

お休みの方もお仕事の方も、皆さんの2013年、その締めくくりが喜びで満たされますよう、2014年のスタートが希望で満ち溢れますよう、心よりお祈り申し上げます。



私は昨日が仕事納めでした。
本年ラストのお仕事を無事に終えることが出来ましたのも、偏に皆様のお陰です。
ただただ、有り難い限り。ありがとうございました!

最近立て込んでいたので、一年を振り返る纏まった時間を全然取っていませんでした(年賀状もまだです 笑)。
ここでくるっと振り返るだけでも、環境に変化はありませんが、沢山のことに気付かせて頂き、また理解が深まることも多かった一年になりました。
あまりに色々あったので、ダイジェストにしても書き切れません(笑)。
一応、めぼしい所を書き出してみますかねー。


・子供の頃から抱えていた家族に関する観念を一気に解消して大笑い
・仕事や役割に関するカルマ完了
・自分に対して開き直る
・社会の慈悲をひしひしと感じ、深く感謝
・自分と世界の関係性をちょびっと理解
・現実と自分の関連をちょびっと理解


…というような感じでしょうか。
外見上特に変化は無いのですが、結構大きかった部分はあったなあと思います。
勿論、今もそして来年も進歩や成長を求めて歩み続けるでしょうが、結構なターニングポイントだったように感じます。

もうちょっと先の未来にならないと、今年の取扱いがどうなるかは分かりませんけどね。
でも、「あの時あれに気付いて本当に良かった」と思う日は来るんだろうなーと思っています。



暫く前に、夢で「どうせ何を選んでも絶対幸せになるんだから、大丈夫よ」と言われまして。
そのコメントを夢で言って下さったのは、私が一方的にメディア上で知っている有名なネイリストさんでした(私はネイルアートが趣味で、ネイル雑誌をよく読んでいる為、ネイリストさんについては結構詳しいのです)。

その先生にはお会いしたこともないし、直接お姿を拝見したこともありません。
でも、何らかの象徴として、私の潜在意識が引っ張り出したんでしょうが、凄く印象的な夢でした。

「もし間違ったらどうすればいいんでしょう」と私がその後に質問をした所、先生が「無い無い。間違うとか有り得ないから大丈夫なのよ」と一笑に付した所で、驚いて目が覚めました。





どうせ良くなるだけだから、いいや。


今更ですが、こう思えたらラクですよね。
日々色々悩むことはあるでしょうし、努力したり改善したりということもあるでしょうが、途中どうでもとにかく結果が良ければ良い訳で。

プロセスはよく分からないけど、絶対良い結果になるから大丈夫。
これを忘れずに居られたら、いつでもハッピーに歩んで行けるんです。
そして、それは真実なのです。

夢を見て目が覚めた後、「そうだった。そうだよ。どうせ幸せになるんだし、いいか」と納得してまた寝ました(笑)。
むっちゃポジティブな夢だったし、私はそう思ってるんだなー良かった良かったと確認出来まして、良い夢だったと今も思います。



人間はフォーカスしている所へ自動的に進んで行くので、「どうせダメだ」と思えばそうするし、「だいじょぶだいじょぶ」と本気で思っていれば、結果がそれになります。
最初から「私、どう転んでも幸せになっちゃうからなあ」というポイントを見ていれば、それ以外は有り得ないのです。

ただ、現象に巻かれてよく忘れる(笑)。
アップダウンが恋しくなって、ついついドラマをやりたくなって、「こうなったらどうしよう」という所へ目先を変えてしまうとか(そしてバッチリ現実にしちゃうとか)。
何も起きていないのに、妄想でネガティブドラマを作り上げて、そのリアルさに脳が現実との区別を付けられず、勝手にオロオロするとか。色々です。


どうやるのも自由ですが、途中でいつでも変更可能というオプション付きです。
過去どうだったか、今どうであるかは別として、未来は良くして行けるんですよ。
これは長年スピリチュアルを勉強・実践して来た中で、またお客様とのワークショップやセッションを通じ色々なご報告を頂いた中で、断言出来ることです。
上限無く、幾らでも幸せになれるし、幾らでも癒されることは出来ます。望めば、それが現実になるのです。

私は来年、「どうせすっごく幸せになるからなー」をクローズアップしつつ、楽しんで生活しようと思っています。
今からとっても楽しみです♪




今年も大変お世話になりました。
来年もまた、より素晴らしい形で皆様に幸せが降り注ぎますように。
喜び溢れる新年をお迎え下さいませ♪





スピリチュアルの思想やテクニックとして、基本形となるものが沢山あります。
何処へ行っても誰に訊いても、どんな本を読み漁っても、大体同じようなことに終始するでしょう。
だって、本質的には違いはなくて、大概行き着く所は同じなんですもの(笑)。


セッションやワークで使う手法は、実は別段特別なことでも何でもなく、日頃我々が普通に生活している中でも、自然にやっていることが数多くあります。
何かの瞬間に「あ」って気付くことや、「そうか…」と理解することって、時折ありますよね。

特に潜在意識の力が活性化する睡眠中は、気付きや癒しが起きやすい状態です。
無論、その土台として肉体の健康は重要ですから、栄養状態を良好に保っておくことは、イコール癒されること・幸せになることへの近道と言えます。



ということで、このプロセスのスピードを速めるのが、セッションやワークな訳です。
自分一人だと、すごーく時間が掛かることを、早く進められる。効率的に、出来る限りのスピードで。
上手に使えば、沢山の変化を次々に体験出来ると思います。
あくまでも自分の主体性が問われる訳ですが、それでも自分次第で大きな変化を体感出来るツールです。

ちょっとこういうことに慣れて来ると、おうちでも出来る自己ワークをやり始めます。
自分で出来ることは沢山あって、慣れて来れば一人でも深い気付きや理解、癒しを体験出来てしまうのです。
その中に、『手放す』というプロセスがあります。


手放すことは、スピリチュアルに於いて非常に重要で初歩的なプロセスです。
人間の苦悩は、嘗て仏陀が語ったように、『老病死苦』から発生することが大半です。
今回、もうちょっと細かく言うと、『執着』から起こることが、非常に大きなウェイトを占めています。

なんでああならないの、どうしてこうならないの…欲望に対して必ずと言って良い程に、執着が生まれます。
何も望まなければ、当然執着は生まれません。
しかし人間にはエゴがありますから、執着の無い人というのはまず存在しないということで。
「私、執着無いんだー」と言う方がいらっしゃったら、それはちょっと勘違いをしているか、そういう仮面を被っているかのどちらかでしょう。



一所懸命頑張っても、なかなか結果が出ないこと。やめたいのに、やめられない。忘れたいのに、忘れられない。
こういう時、執着が同時発生しています。
やらなきゃ、やらなきゃ…出来ない、何とかしなきゃ…。って、苦しいですよね。

だから、手放すのです。
長い間ぎゅーっとしがみついていたその力を抜く。力一杯握りしめていたその手を、一気にパッと放す。

────これ、言葉で言うのはカンタンなのですが、実際は体験的なプロセスになります。
色々な伝達方法があるにせよ、結果としては個人個人が体験しないと、どうにも理解出来ないというジレンマを孕んでいます。
困りますねー。でも、体験が全てなんです。理解と言い換えても良いでしょう。


色々な言い方があります。
「宇宙へ返す」とか、「流れに任せる」とかね。
執着している内容に対して、全体的な構造の理解をして、要らないと気付くとか。

執着している理由を詳細に解明していくことも、一つの手段です。
執着しているからには、それをやっていることに何らかのメリットがある。
幾ら嫌だと思っていても、それにしがみついている必要がある訳ですから、そこへフォーカスして解明して行く。
長い間、何かに執着していると、その内「どうしてそれを欲したか」の動機を忘れていることもあります。
動機を解明することも、大きなヒントになり得るかも知れませんねー。


ともかくやり方は色々あるんですが、「手放そう!」と決断しても、その後「出来ない、出来ない、ううー」とかなったら本末転倒です(笑)。
執着を手放したくて、新たな執着が生まれてしまったら、逆に自分の首を絞める行為に成りかねませんわー。

「それまでぎゅうぎゅうにしがみついてたんだし、長い間のお友達みたいなもんだし。仮に出来なくてもいいや」位の気構えで、また「"出来たらラッキー"程度に思う前提でやろうかな…」というのが、丁度良い塩梅なんじゃないでしょうか。
場合によっては時期もあるでしょう。「もうこれ飽きたなー」ということもありますしね(笑)。



スピリチュアルが(表面的にでも)流行している現代日本は、物質的に高レベルと言える、大変に恵まれた環境です。
色々な物があることで、スピリチュアルをちょっとやっていても、「もっと欲しい」「願いをもっと叶えなきゃ」に対して使う風潮になっている部分は、少なからずあるんじゃないかと思います。
それはそれでいいんです。全然間違っていないし、やりたければやったら良いし、悪くないんですけども。

「手に入れたい、欲しい、欲しい! もっと! もっと!」
ばかりを長い間やって来て、そろそろ行き詰まっている感じがするなあ。という方は、この辺りで未知の領域である『手放す』ということを実験・実践してみては如何でしょうか。
思わぬギフトがやって来るかも知れませんよ。



あ、念の為に書いておきますが。
手放すのは損することと同義ではありません。
「元々貰ってないのに、だから欲しいのに、どうして捨てなきゃいけないの!」
と仰る方もいらっしゃるでしょうが、抑もそういうこととは違います。

物や現象を拒否・否定しろということではなくて、「欲しいと思っている自分」「思い通りにしたがっている自分」ごと、息を吐きながら手放すのです。
どっちでもいいや。どうでもいいやー♪ となったら、そして身軽な感じがしたら、手放し成功。
ならなかったら、ちょっとインターバルを置いて、そのうちまたリトライしてみては。そのうちね。



手放せたらいいですよね。
それはただ、自分がラクになる為に。




今年も残す所、あと2日ですね。
年の瀬な感じが全くしないのがここ数年の感覚なのですが、それが年々増しているような……(笑)。

クリスマス~年末年始と、自分にとっての個人的なイベントが無いからでしょうねー。わはは。
年末もギリギリまでお仕事をさせて頂き、年始も早々からお仕事させて頂くので、その有り難さを噛み締めております。
ありがたやー。


さて、お客様のご感想を頂戴しております。
数年間に亘り、セッション・ワークショップへのご参加を継続されているお客様からです♪





今年一年を振り返ると、特に「体」を通して分かることが多かったな~、と思います。

そもそも私は、あまり肉体の反応を感じていなかったということが、ワークを通して判明致しまして……。
何に対してどんな風に感じるのか、その時体のどこら辺がどういう反応をするのか、味覚や触覚に至るまで、とても体感覚が鈍かったこと、疎かにしていたことに気付いていませんでした。

それからよくよく注意して体の反応を見てみると、何かを感じそうになるとき(特にワークやセッションなどで何かに気付こうとするとき)、私は体を痺れさせて感覚を抑圧しているのが分かりました。
今までずっとそうやって体感覚を抑圧していたのですが、私はそうして感じないようにしていることにも気付きませんでした。


今年受けたセッションの中で、対人関係をあまり築いて来なかったことをテーマにした時、「隣に人がいるイメージをしてみる」という宿題を出して頂きましたが、実践してみて「私は隣に人がいても、その人のことを『人間』だと認識してなかったんだな…」と気付きました。
他人=無機物、その辺の壁とか椅子とかと同じ認識をしていて、「自分以外を人だと思っていない」という自分の現在の状態を、このとき初めて体で理解しました。

また、他人の価値観をコピーして使用していただけで、それまで自分自身の軸や基準で物事を考えたことが一切なかったということが、体の反応を観察し始めてようやく分かりました。
身体に意識を向けるようにすると、頭で判別していることと身体が感じていることが違うということが分かったり、「私は今○○しているんだ」という実感が持てるようになってきました。
この実体感が乏しかったので、以前はよく意識がふわふわとしていて、地に足が着かない状態で居たんだな、と思います。


・健康面の変化
以前より栄養に関するアドバイスも頂いているのですが、ご紹介頂いたサプリメントの摂取を続けている内に、格段に体が丈夫になりました。
私は身体の粘膜全般が弱く、よく消化不良を起こしていて、疲れやだるさがなかなか抜けず、忙しくなると必ず熱を出して寝込む・声が出なくなるなどの症状がありました。
いつも口内炎や肌荒れがあり、顔は出来物だらけだったので、皮膚科のお医者様からは化粧を止められていました。

教えて頂いたサプリメントを続けるようになった今では、仕事が忙しくても遊び歩いても、疲れやだるさが翌日に残ることはほとんどなく、胃腸が荒れることもなく、肌に至っては「肌、綺麗だよね~!」と人から言われるようになりました!

健康になるに伴い、ストレスを感じることが減りました。
感情はぶれにくくなり、仮に少しぶれても、すぐに目の前の現実に戻ることが出来るようになってきました。
栄養状態で心も変わるものなんだと驚きです。


・環境の変化
今年の初めに転職をしましたが、その際に自分にとても合っているであろう、普通のOLさんになりました。
長い間、私にとって『普通のOLさん』は、「特別じゃないから嫌」だと思っていた職業でしたが、セッションやワークショップを続ける中で、考えを変えて行くことになりました。
実際やってみると、想像していた時とは違ってとても楽しく、精神的にも肉体的にも楽に働けています。


そして来年から、一人暮らしを始めることにしました。
これまでワークショップでお会いする皆様からもアドバイスを頂いていて、「自立するといいよ」と言われていました。
『私の宇宙=自分と家族だけ』という閉鎖的な状態から抜け出て、しっかり自分の足で立って自分の頭で考え、社会と関わっていこうと思います。

これまでは自分と両親(特に父親)のことだけで頭の中が一杯、ただ依存して生きていましたが、今後は適切な努力と自立を身に着け、世の中に奉仕出来る人になって行ければいいな、と思っています。


2013年も大変お世話になりました。本当にありがとうございました!





ご感想、ありがとうございました!

つい先日、12月のワークショップ後ちょっと経ってから、「そうか、自立するには実家を出ればいいのか!」と気付いたようですが、あっという間に現実に…(笑)。
ご報告頂いて驚きました。でも、気付くと現実が動くというのはよくある話です。
是非是非、一人暮らしを楽しんで頂きたいなーと思います。


ずっと両親や同じ面子と一緒に居ると、当たり前過ぎて様々なことを見逃しやすくなります。
決して悪いことではありませんが、自分自身の価値観や基準を作ることなく、何となく両親の言う通りに生きてしまう…とかね。
実際、指針が全く同じだったり、何の問題も起きていないならば、それを続けると良いのではないかと思います。
でも、潜在的には違う方向へ行きたがっているのだとすると、周囲から何らかのそれっぽいコメントがやって来て、「あれ?」と違和感を感じ始めることもあるでしょう。

人が自立への道を辿る時、それまでの居心地の良い場所から、己を引き剥がすプロセスがやって来ます。
そこで何を選択するか。その後どうやって現実とお付き合いするか。ぜーんぶ、自分で選べる訳です。
自分の潜在意識を理解して行くと、「あらー」ということばかり。
気付いたら、そこから変えて行ける。それだけですね。


この方がいらっしゃった当初は、お肌のトラブルで悩んでいらっしゃいましたが、その頃に比較すると本当にツルツル! 綺麗になりました。お若いこともあり、元々美しいお肌なんでしょうねー。
サプリメントはご相談内容に依ってアドバイスさせて頂きますが、あくまで食品であって薬品ではありませんこと、結果をお約束出来ませんことをご了承頂ければと思います。

私も数年間使用していますが、本当に健康が大事だなーと痛感しています。
自分に関して言えば、ストレスや苛々は、メンタル独自の症状じゃないなと。
栄養不足と解毒が出来ない身体機能、アレルギー物質などの兼ね合いだったようで、いやー元気になってみればびっくりです。
私もまだまだ知らないことが沢山ですが、それでも心身のご健康にお役に立てることがあれば、喜んでお答えして参ります。


身体も心も、良いバランスで生活出来ることが幸せなんだと思いますよー。





クリスマスは楽しくお過ごしでしたでしょうか。
クリスマスが終わると、あと僅かで新年になってしまいますねー。

今年は(も)ギリギリまでお仕事させて頂きます。有り難いことです。
以前、番組制作のお仕事をさせて頂いていた頃は、生放送しながら年越ししたりとかもありまして、毎年色々なバリエーションの年越しを体験しています(笑)。


何はともあれ、健康で元気に新年を迎えたいものです。







引き続き、ホロスコープ解読をしておりまっす。
今回は、黄道と白道の交差点にあたる、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルについて。

この二つは、元々インド占星術で使用されていた感受点と言われるポイントで、その後西洋占星術へ輸入されたという経歴があるそうです。
輸入される位ですから、かなり重要な情報があると見倣されたのでしょう。




ジャン・スピラー氏の著書、『魂の願い 新月のソウルメイキング』の前半に、ドラゴンヘッドについての言及がありました。
これ、お客様に教えて頂いて知ったのですが、私も書籍は持っているのに、ずっとスルーしていました。そして忘れた(笑)。


[魂の願い]新月のソウルメイキング[魂の願い]新月のソウルメイキング
(2003/11/21)
ジャン・スピラー

商品詳細を見る





「全部その通り過ぎです! これ、私のこと!? って思う内容ばっかりで、ちゃんと読んでおけば、実行しておけば良かった…」
とお客様に言われて読んでみたところ、同じく「これ、私のことですよね。わー」と思いました(笑)。

何故スルーしていたかというと、書籍を読んだ当時はドラゴンヘッドに関する知識が乏しかったことと、自分を全くよく分かっていなかったこと…という理由になりますね。
最近になって、「ドラゴンは惑星と同じくらい、凄く重要なポイントらしい」という情報を目にするようになったことで、ちゃんと見てみようと思い直した訳です。
前提や概要を知らなければ、そりゃー分かりませんよねー。



どの星座(サイン)にドラゴンヘッドが入っているかは、天文暦から分かります。
ネット上でも調べられると思うので、ご興味のある方はお調べになってみたら宜しいかと思います。
あと、上記の本でも分かりますのでご参考まで。

ヘッドの方は、『今生で目指すべきジャンルやポイント。これを拡げると、人生全体が向上するよ』という括りのようです。
逆に、分かりやすく言い方を変えると、『凄く苦手でやりたくない、と思っていること。または、それまで自分と関連させて考えたこともないようなこと。外宇宙のお話に聞こえること』という感じでしょうか。


自分を含めた幾人かのチャートと、ご本人様の情報を総合すると、やっぱり「絶対イヤー!」か「そんなの、考えたこともありません」「なんでやらなきゃいけないの? これまで一度もやったことないのに!」みたいなコメントがわらわら出て来ました。

私は自分のドラゴンヘッドのある星座とハウスを調べ、その象徴するものの解説を読んだ時に「ハイハイそうだと思いましたー」と頷きました。
何故って自己理解を深める趣味があるので、これまでの理解からして、一応知ってはいる訳です。
改めて読んでも、「ですよねー」と思うのですが、勿論そこはとても苦手な自覚があります(笑)。

先日、パーティーにお招き頂いた時、この本の中の当該箇所をいらっしゃった方々に読んで頂く機会があったのですが、最初は「ふんふん」と読んでいるものの、全員が段々と無口になり、何となくシーン…という感じに。軽く、空気が冷えました(笑)。
マインドがそれに対して苦手な自覚をしていることで、「いーやーだー」って反応しているんでしょうね。みんなで神妙に語り合いました。
全員、心当たりがアリアリだった模様です。




ヘッドの180°逆の所に、ドラゴンテイルがあります。
こちらは『過去世(および人生の前半まで)で積み重ねて来たこと。もうそれ以上やらなくても良いこと』、という定義です(あくまでジャン・スピラー氏の定義とご理解下さい。他にも様々な解釈があります)。
もっと砕けた感じで言うと、『散々当たり前にやって来たので、ついうっかりそればかりやってしまうこと』です。

これを自分に照らし合わせて考えてみたのですが、当たり前にやってしまうので、考えなくてもいいし、ラクと言えばラク。
自分を成長させる必要も無ければ、被害者ぶることも時に依っては出来てしまうし、これから成長したり豊かに生きるということをやらないでいられる。
でも、そればかりやっている以上は、決して前へ進むことはなく、袋小路でぐるぐる回っているだけ~。



これも、色々な方のチャートを見せて頂いた所、「うんうん、これまでそればっかりガツガツやってた!」「それさえやっていれば安心って思ってる!」みたいな感じです。
ご本人様方の確認も取りましたが、ほぼ全員「当たり前に、習慣のように、呼吸するようにそれをやってます」と仰っています。

じゃあそれはそれで良いのでは? と思うでしょうが、ジャン・スピラー氏に依れば「もう散々にやり尽くして来ているので、もうやらなくていい。やらなくていいと分かる為に、いいセンまでは行くけど凄く良い思いは出来ない、大満足は得られないようになっているのだそうな。

だからこそ、ヘッドに暗示されていること(これまで慣れたやり方とは、真逆の方向)へフォーカスし、実際に力を注ぐことで、更なる成長や発展を遂げて行ける、ということで。
とは言えそれに気付かないと、「上手く行かない。おかしい。更にエネルギーを注がねば!」という方向へ暴走する可能性もあります。この辺りは痛し痒しです(笑)。
人間は成長をし続ける生き物であり、バランスを取りながら成長するのだー、と言う訳です。



が。
人間誰しも、慣れ親しんだ安住の地から離れたいとは、なかなか思えない生き物です。
「だって慣れてるし。不都合無いし。凄く嫌な思いをする訳じゃないし。いいじゃない」とか、「だって気が付いたらいつもそうなっちゃうんだもん!」とか言えてしまう、そう言える状況を創ってしまう。

如何に「ヘッドがこれだから、こうしたら凄く人生が良くなるよー」とホロスコープ上で暗示されていたとしても、本人が「じゃ、そっちにしよう」と意図を切り替えることなくして、勝手に発展はしないでしょう。
ホロスコープは自分の設計図なので、自分で「更に発展する要素」まで自ら指定して来ていると言えます。
でも、実際に使うかどうかは、その時の自分次第ですから。



私で言いますと、大分長いこと、それこそつい最近まで「うーーん。どうしても、そう思えない…」というのを続けていましたが、流石に重い腰を上げて、ジリジリとドラゴンヘッドの暗示する要素へと近づいて行く道を辿っております。
自分のホロスコープを読みながら、「確かになあ…」と、何度も頷いている状態です。

因みに星座は置いといて、私は2室ヘッドの8室テイルという配置です(ホロスコープはハウスの要素もかなり重要です。但し、ハウスを割り出すには誕生時間まで分かる必要があります)。
第2ハウスは所有や個人的な財産を表します。もっと端的に言うと、物欲。所有欲。
180°反対側に、テイルが入ります。8室は、先祖や一族や親、または個人以外の資産、遺産等を表すお部屋です。


8室テイルの人は、「親や先祖や一族に縛られて、自分の人生を確保しにくい」という特徴で出る場合がある、らしい。
まあね! そのままなんですけどね!(笑)
確かに生誕前からずっとやって来ましたですよ。いわば、おうちのカルマ祭。ずっと祭をやってました(笑)。

色々とおうちや先祖のあれこれを始末したり、家族を幸せにしたくて手を尽くして来た訳ですが、私はそんな人生を送る中で「自分自身の個人的な欲」を全くと言って良い程、育てて来なかったのです。
……ということに、割と最近気付きました。祭やってる場合じゃなかった(笑)。

蛇足になりますが、四柱推命で自分の命式を読んだ所で、全く同じ要素がしっかりあることに笑いを堪え切れません。
どこまで他人のことをやる気だったのか、親や一族のカルマと遊び続けるつもりだったのか、自分の入念な計画に呆れ果てます。どんだけ好きなのー。



8室は他者との融合も表すので、他人と自分との境界線が非常に曖昧になります。
他者の幸せは自分の幸せ。他人の悲しみは自分の悲しみ。だから、他人のことでも自分のことのように(或いは当人以上に深刻に)受け取ってしまい、他者の件で自動的に自分が動くことになります(一見、理不尽な形に見えても、潜在的には自発的にやっているんですよ)。

反対側にある2室は、『個人』というテリトリーを非常に明確化させます。
なので、自分のことはやるけど、他人はあくまで他人なので、そんなに激しく反応しない。「人は人、自分は自分」ですね。

というわけで、ホロスコープで読み解く今生での私のテーマの一つに「私、あれが欲しい」という部分を明確化させ、実際に入手し、所有するということを人生に採り入れる必要があるようです。
どっちもバランス良く伸ばせば問題無いのでしょうが、片方だけに比重が掛かりすぎて、人生がアンバランスになっている人はかなり多いと思います。
私は自覚的にそれを知っているので、「流石にバランスを糺さないとなー。他人様からも口々に言われてるし…」と、最近になって色々試みている訳ですね。



自分のテーマを理解して、挑戦したり吸収したりするなら、今後の楽しみな要素が増えるかも知れませんよねー。
こういうことも、ホロスコープ上でしっかり出ているのが面白いわーと思います。
理解して行けば行く程、自分の人生に役立つなあと感謝しきりです。ありがたや。



ヘッドとテイルを見てみると、意外な発見や面白い情報が垣間見えるかも知れません。おすすめです。






★追記★
ドラゴンヘッドについての解釈を、理解した順に時系列でupしています。一番下が最新版です。


⇒母親との関連

一応の結論(仮)


今夜はクリスマスイブですね!
夕方から急に冷え込んで参りましたが、楽しい夜をお過ごしの方も多いかと思います。
暖かくして、幸せなクリスマスをお迎え下さい。




わたくしは昨日、お友達にお招き頂きまして。
チキン諸々のご馳走を頂いて参りましたー。


ローストチキン♪


若干手ブレしててすみません(笑)。

とても美味しかったです!
更に楽しい海外の番組も見せて頂き(これがまた、すっごく面白かった! アメリカの局は流石、お金あるわー 笑)、沢山の楽しいお話も伺って、あっという間に時間が過ぎて行きました。

本当に楽しい一日で、有り難い気持ちで帰路に就いたのでした。
ご同席させて下さった皆さん、ありがとうございました~。





今日・明日と平日ですから、大人の皆様はお仕事という方も多いでしょう。はい、私もです。
とはいえ、クリスマスです。
お子様方はプレゼントに胸躍らせているかなーと思います。

これはさっき思いついたのですが、「サンタクロースに何かプレゼントを貰えるとしたら、何がいいかな」と。
あ、大人ですよ。我々大人がね。

なにも、「子供が貰えるもの」と決めつけなくてもいいんじゃないか? と思いまして。
新月に願い事を書いたりしている方も多いかも知れませんが、敢えてここで『年に一度しかやって来ないクリスマスに』という前提を付けると、どういうお願いになるのかなーということです。



静かに目を閉じて、ゆっくり呼吸をして、自分の胸の中にじんわり響くように、イメージしながら「○○が欲しい」と唱えてみるといいかも知れませんねー。
自分に、でもいいし。サンタクロースに、でも。
身体の中から暖かさが感じられるように、少しだけ静かな時間を取って。

プレゼントを貰える人には、条件とかありませんから(笑)。
この宇宙の何処かであなたを見ているサンタクロースは、リクエストを待っているかも知れないのです。


そんな感じで、クリスマスを子供のように楽しんでみては如何でしょ?
私はこの後、瞑想しつつサンタクロースと軽く会話してみます(笑)。




Merry Christmas★






さむーい!(笑)
突然また冷え込んで参りました、東京です。
カレンダーを見て、今年があと二週間程で終了することに今更気付き、寒さ共々驚愕しております。
どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

さて、お客様から体験談を頂戴致しましたので、掲載させて頂きます♪





改めまして、先日は長時間のワークショップをありがとうございました。
12月のワークショップから10日ほど経ち、毎日それなりに色々ありますが楽しく過ごしています。

子供の学校の保護者の集まり、お友達とのランチ、会社の経営方針説明会…どの集まりも本当に笑えることが多く、多分以前も同じ環境だっただろうに、「自分の感じたい方向が少し変わるだけで、こんなに世界が違って見えるんだ」と衝撃です。
一人で過ごす時はそれほど変化を感じないのですが、集団の中にいると、自分の感じ方の変化を実感します。


前回の個人セッションで教えて頂いたように、あれから「人様に感謝出来るポイント」を毎日書いています。
書き出した内容を振り返ってみると、今までどれだけ"自分だけが得するようなこと=幸せ(だと思い込んでいたもの)"のためだけに生きてきたかが分かります。
「(誰々が)~してくれて」「~出来て」と、"自分が得した"という内容が山のように出て来ます。

これだけ他人様から良くしてもらっているのに、心から満たされたこと(満足がずっと続いている状態)などありませんでした。
幸せは誰かがくれるもの、与えられるものだと思っていました。


『求めよ、さらば与えられん』と学生時代に何度も教えられていたのに、自ら求めること望むことをせず、与えられることだけを周囲に要求し、それを貰えないからといつも不満を持っていました。
欲しい「幸せ」を、私の指定した方法で与えて貰えない! と怒っていました。

「なんで分かってくれないの!」
「私はこんなにやっているのに、誰も私の望んでいるものを与えてくれない!」
だから私はとても不幸だ、と。


自分が実際に望んでいるものなど自分でも分かってはいなかったし、ずっと知ろうともしなかったのに、それを他人様に押し付けて搾取をしていました。
「きっと誰かが幸せをくれるに違いない」と本気で思っていました。
一度も成功したことがないのに、こんなことを45年以上も執着で続けて来ました。

セッションを受け、ワークショップへの参加を続けることで、漸く現実を見られるようになり、今まで自分のやってきた過去を振り返って、やっとやっと「あーーー、おかしいやん!!」と気付きました。
大切なのは『幸せは自分で創る』という、この一言です。
どうやって創るの? ではなく、「創る」と決めたらいいのですね。
そのために生まれてきたのだと思います。


最近、夫と久しぶりにゆっくり話す時間がありました。
去年の今頃と似た感じです。体調不良と環境への不適応に陥り、彼は相当しんどそうです。

いっぱい彼の話を聞きました。
彼が分かるまで、納得するまで、自分で「幸せになりたい」と思うまで、これからも彼の話に付き合おうと思っています。
今まで彼がそうしてくれていたように。


最近になってやっと、他人様が幸せになっていくこと、その人がその人らしく生きていることに、妬みや怒りではなく、幸せを感じられるようになってきました。
これもSachiさんが、身をもってそれを態度で示し続けて下さったお陰です。
いつもぶれずに相手の幸せを願うその姿勢から、沢山学びを頂いています。
本当にありがとうございます。





メールありがとうございました~。


「幸せは他人から貰うもの」だと思っていると、結果として不満や不足を感じることになるのは、どなたにお話を伺っても同じです。
必ず「してくれない」「言ってくれない」という台詞が、定型文としてセッティングされています。
その上、他人様の持っている幸せが「私には無い!」と、許せなくなってしまいます。

このスタンスを使っていると、どれだけ自分が愛されて恵まれていても、どんなに不足が見当たらないとしても、それを感じることや認識することが出来ず、「私は不幸!」と本気で思い込んでしまえる。

世界中の人が自分の思い通りに操られてくれるまで、また全ての他人と比較して自分の方が優れていると思えるまで、「私は不幸」を掲げたままに延々と「だからもっと貰わなきゃ!」「もっと他人より上へ行かなきゃ!」を頑張っちゃう訳です。
それはそれで凄い労力だと思うのですが(笑)、どれだけ頑張っても望む結果が得られないのが残念な所です。


これまでのやり方を変える、視点を変える、気付く、理解する等、色々な表現がありますが、どれでもご自身にピッタリ来る言い回しで変化して行けば良いことですね。

自分に気付いて、そして世界へ還元して行く。
それだけで、同じだった風景が一変して見えることもよくあります。
周囲を変える必要はなく、自分が気付けば良かった。それだけなのです。


自分の住まう宇宙。
誰でも何処からでも、それを望むように変えて行ける。
何歳になっても、幸せを増やして行く・創り出す道を選べます。

全ての方に、その幸せが与えられています。
そして、ルート変更のチャンスは毎秒あります。
あとは自分の選択次第なのです。




今日は、ホロスコープに見る海王星のお話です。

海王星は、太陽系でもかなり遠くにある惑星で、占星術では魚座の支配星とされ、『水・芸術・幻想・夢・スピリチュアル・オカルト・奉仕・曖昧なもの・固定されないもの・実体のないもの・境界の無いもの・潜在意識』等を表します。

その名は『ネプチューン』。ローマ神話で海洋全てを司る神の名です。
これがギリシャ神話になると、『ポセイドン』という名に変わります。

金星の"オクターブ高い天体"という定義付けでもあり、金星が個人レベルの芸術性や嗜好などを表すのに対し、海王星は更に深い(また大きい・高い)レベルの芸術性を表現するとされているので、芸術関連の何かを仕事にしている方にも海王星の影響力は絶大です。



西洋占星術では、トランスサタニアンという言葉で表される『土星よりも向こう側の惑星』は、公転周期が大変に遅い星々です。
このことから、個人の性質と言うよりは、主に時代・世代の傾向を司っていると言われます。
「この年代前後の生まれの人はさー、こういう風潮だよねー」みたいなことですね。

逆に『土星からこっち側』の星は、パーソナルなこと。
性格とか、その人個人に纏わる何か、ということです。
しかし、一口にそう分けた所で、やっぱり個人のチャートに噛ませると、全く違う解釈にもなり得ます。
時間まで出して見てみないと、詳細には解らないんですよね。



海王星は、周期が165年ということで、一周するまでの期間が大変に長い。
この星と、更にその外側にある冥王星(周期247年)のアスペクトが、1950年代からずーっと60度辺りを形成し続けています。
私もバースチャート上では、海王星と冥王星の60度を持っています。

余談ながら、冥王星は冥界の神の名を頂く星で、蠍座の支配星です。
『見えないもの・徹底した破壊と再生・地下・隠れ、隠しているもの・死と再生・権力・先祖・無意識』等を司る訳ですが、冥界ですからあの世関連のこと(笑)もこれで見たりします。
必然的にスピリチュアルなことも含まれますが、海王星よりも更に冥王星の方が強くて深くて長ーい影響があるようです。


この世代の風潮を海王星×冥王星のアスペクトで読み解くと、スピリチュアルや占い、オカルトがブームとして発生し、定着した世代です。
また、スピリチュアルや深層心理に関する研究が進み、社会的な職業として沢山生まれている時代でもあります。

これを世代アスペクトと言い、このウン十年の間に生まれている人達には、何となーくみんな似たような文化があるという象徴です。
個人として信じているかどうかは別だけど、参加している社会の風潮として、なんかそれが当たり前。
雑誌やテレビ番組には、当たり前のように占いやオカルトに関するコンテンツがあったりしますし、信じていない人でも日常的にそれを目にする社会ではあるので、確かにそうですね。


さてさて、このような世代アスペクトは別として、これが個人を表す天体に掛かって来ると、個人的な性格や人生に大きな影響を及ぼしていることが分かります。
スピリチュアルやオカルトにとても強い関心やご縁がある方のチャートを見てみると、海王星が個人天体に強い角度を持っていることばかりです。
「おー! これも! これも!?」と、驚きました。ちょっと血が滾った(笑)。

海王星は、ネガティブな側面として現れると『逃避・妄想癖・ドラッグやアルコールなどの中毒・嘘・詐欺・欺瞞・曖昧にして逃れようとする』といった意味合いが出て来ます。
イマジネーションが非常に豊かだったり、凄く怖がりだったり、言い方は悪いのですが妄想癖や逃避癖のある方のチャートを見ると、やはり海王星の強いアスペクトがあります。

自我・真の自己を表す太陽と海王星がコンジャンクション(0°/融合し、どちらの星の力も強化される)またはオポジション(180°/衝突を表す)、メンタルパターンを表す月と0°or180°、拡大・発展を示す木星と以下略。
というのがわらわら見られまして、「あーこりゃ…なるほどな」という納得をしている次第です。


因みに私は、海王星・ドラゴンヘッド(今生での目的や指針を示すポイント)・ヴェスタ(上手く出ると職人気質・ヤバく出ると被害妄想 笑)・アンチバーテックス(宿命的に社会から要求される役割)がダンゴで合です。
でも、個人的な感情や感覚を表す星とは、殆ど強い角度を取っていません。
「まー偶々そういうのを生まれた時に持って来ちゃったし、周りから頼まれるから仕事ではやるけどさー。別に個人としてスピリチュアル偏重とかは全くないです。現実大事。現実大事」です(笑)。

お客様方や友人・知人から「強い直観力や洞察力があるのに、仕事でこういうことをやっているのに、あやふやなことを全く言わない。現実でしか物事を計らない。やたら都合の良いことや、夢見がちなことを一切言わない。全部をメンタルや不思議なことのせいにしない。論理的でリアリスト過ぎる」と言われまくっているのは、この辺りとイコールなんでしょうねー(笑)。
「あーそうですこれ私ですー」とチャートを見て思いましたとさ。めでたしめでたし。



いや、めでたしですけど終わってないです(笑)。


ネガティブな側面があるということは、当然その反対側もある。
意識的・能動的にポジティブな側面を引き出せば、人生が豊かになるのではあるまいか? と思うのです。


海王星が強く影響しているチャートをお持ちの方は、現実とメンタルのバランスを上手に取って行くことを気を付けたらいいですね。
コロコロ変わりやすい自分の感情で全てを測ろうとせず、現実をしっかり見据える訓練をする。
考えていることやその根拠が妄想かどうか、事実と完全イコールなのかを、ちゃんと確認しながら生活する。
そして、持って生まれた豊かなイマジネーションを使って潜在意識にアクセスし、イメージで良い現実を創造する。

海王星はイメージの力とも深い関連があるとされているので、バースチャートで海王星が強い方は、イメージワークの練習をすると簡単に現実化しやすい模様です。
お客様を見ていても、『海王星-個人天体の強いアスペクトを複数持っている人=イメージが直ぐ現実になる人』という図式が浮かび上がって来ます。



都合の良いイメージに逃げるのではなく、上手に現実とイメージをリンクさせながら、それぞれの人生を良いものへと発展させて行けるといいなーと思いながら、この記事を書いております。





本日も、お客様の体験談です。







先日のワークショップでは、ありがとうございました。
とても濃い時間でした。


一緒に組ませて頂いた方々が、自分のことを一つ一つ考えながら、相手を見ようと意識して言葉を出しているのを見て、
「ワークに参加した皆さんとお互いに理解を深めて成長につなげることが出来てよかった」
という結果にコミットし直して、後半に入りました。

"神様になってみるワーク"や、半年前のワークショップで作って頂いたコラージュを見ながらのワークを経て、あ~そうかぁと感じたのは、誰の真似をしようとも幸せにはなれない、自分を生きることが大切なんだということです。


私はず~っと36年間も母のやり方を自ら真似て、父から何でもやってもらえている母に対抗する、ということだけで生きてきました。
「人に人生を丸投げして全てやってもらうこと、自分の人生を考えることまで他人にやってもらい、自分は責任を取らない、その上で文句・不満を漏らし続ける」
という、母の完全コピーです。

これが目的でしたから、プロセスとして人様に嫌がらせをしたり、迷惑かけたりと引っ掻き回すことに余念がなく、その目的の為ならば何でもする…と邁進してきました。
自分がやったことに対して責任を放棄し他人のせいにするので、自分の身に起きること全てを他人事で済ませてきました。


ワークショップ後の数日間、自分自身を観察していると、私の全ての言動が母の価値観から引っ張ってきたものや、『母が持っているものと比べてどうか』ばかりで、私の価値観が無く、自分の中には母しかいませんでした。
私がただ勝手に引きずってきた母という病から卒業しなければ、新しい道は開けない。

それもこれも母が悪いのではなく、私が悪かっただけです。
単純にやらなきゃよかったし、自分はどうなのか? と問いかけて考え、そのように自分で生きればよかっただけです。


ずっと「極僅かですが楽しさを感じます」という、母親の持っている幸せと比較したコメントをしていました。
毎日、母の幸せと比べる物差しを取り出し、自分はそれ程ではなく足りないから、もっとクレクレ根性満載の思考が沸いてくるということを繰り返していました。
本当は不満の入る余地などないのに、わざわざ、本当にわざわざ自分で不満が残るようにしていただけでした。

でも、現実をみれば明らかなのですが、"私にとっての幸せ"が毎日あり、幸せです。
毎秒が楽しいです。コラージュに貼ってある通りのものが、私の幸せでした。コラージュ、凄いです…。



ワーク中、神様役をして下さった方から与えて頂いた来年の預言は、
「皆と協力しながらチャレンジする仕事。自力で努力をして、達成した暁には皆で打ち上をげする」
ことでした。

私の人生に必要なのは「努力」「努力」「努力」です。
ホロスコープを見て頂いても、あれだけ良いアスペクトがあり、『人が何でもやってくれる』という資質を持っているということは、"その状態に甘んじることなく、この人生で努力を学べ"ということです。なのに搾取ばかりしてきました。

他人から何を吸い取っても、私の誇大妄想(あくまで母基準の世界)のようにならないので不満は募り、人様を使って迷惑三昧でめちゃくちゃにすることをどんどんエスカレートさせていました。
このまま行けば、死ぬ時に文句だけを言って終わるでしょう…。文句を取るのか幸せを取るのか。
「あ~人と深い人間関係を築けて幸せだったなぁ~目的果たせました!」と言って死にます。


ワークショップでご一緒した皆様の来年の預言も、それぞれが絶対にそうなってるなぁ~という結果をイメージすると、とても嬉しいです。
来年末には、「一人一人が自分の幸せを形に出来た1年でよかったなぁ」と思えるように願っています。


Sachiさんが最後におっしゃっていた
「自分のために使っていたものを、自分のいる場所で積極的に還元していく」
こと。
正に全くやって来なかったことなので、これも来年のテーマにします。
他人様のお役にたてることをやりながら、理解を深めていける方向へとシフトします。

努力、還元、努力、還元、呪文のように唱えて年を越します。
いつも大きな学びを常にオープンにして教えて下さり、ありがとうございます。






恵まれて幸せな環境に育つ中で、あまりに幸せ過ぎて自分の人生を見失うこともあります。
その幸せな環境が、自分個人の欲求ではないかも知れないと考えることなく、更にニーズがエスカレートして行く。
そして欲望が肥大化し続けて年が過ぎて行くと……潜在意識からのメッセージで周囲に問題を起こす場合もあるでしょう。


変えたい。変えたくない。
どう取るかは人それぞれだと思います。

自分は不幸だー! も。
ここから変えて行こう、も。どっちもアリです。


決めるのは自分、やるのも自分。
結果を出すのも、それを引き受けるのも自分なのです。
だから変えられる。何処からでも。たった今からでも。


そう思いませんか?


12月ワークショップを終えまして、ご参加下さったお客様からご感想を頂戴しております。
ご多忙の中、ありがとうございました! 今後、頂いた順に掲載して参りますねー。

今回のお客様は、10年以上スピリチュアルの勉強をされており、私も知らないことまで(いや、元々ものを知らないんですが 笑)沢山の知識をお持ちです。
それまで色々な先生の所へ行かれていましたが、ご縁を頂いて約2年前にうちへお越し下さいました。
以降、毎月のワークショップにご参加下さり、途中からは個人セッションを継続して下さるようになり、今も自己理解を深める努力をなさっています。







振り返ると、「人生の全ては私の選択の結果である」ことが分かって来た一年でした。
どう生きるのかは、私以外の誰にも決められず、私が決めること。
私の人生は、他の誰かがやれることではない。

それなのに、私は今までずっとずっと
「誰か良い結果になるように選んで、決めて。誰か、私の代わりに行動して。なんなら良い結果が出るまで全部やって! 結果だけをちょうだい!」
と、他人に依存し続けていました。


ここへ来てやっと、Sachiさんのおっしゃることや、様々な本に書かれていることを理解しはじめ、「とにかく自分の人生だから自分で!」と、行動を具体的に始めた一年でした。
下手でもなんでも、とにかくやるんだという感じです。

夏に参加したワークショップでは、皆さんに"私を表すコラージュ"を作って頂いたことで、「これが私だ! これが私の予定だ! これをしに生まれてきたんだ!」と感じました。
私は『自分の人生を自分でやる』ということを理解したくて、長い間スピリチュアルの世界を彷徨っていたのだと思います。


この人生で私が感じる、楽しい気持ち、ありがたい気持ち、幸せな気持ち。
それは誰が代わりにやってくれるわけでも、完成品を与えてくれるものでもなく、私が自ら体験することだとやっと自覚し始め、その為に行動し始めました。
忍耐強く、知恵も言葉も行動も惜しみなく与えて頂いて、本当に感謝の言葉しかありません。

秋になり冬になり、今は毎日を楽しく生活しています。
「自分はこれまで思い込んでいたような、凄い人間ではなかった」
と分かる度に、どんなに周りが寛容で寛大か、自分がどんなに恵まれた環境にいるのか感じる毎日です。本当にありがたいです。


12月のワークショップ、前半は自分自身のあり方に責任を持たずに、ふわふわしていました。
午後から我に返り、私がここで何をして、何を知り、どう学ぶかは私の責任! と気持ちを引き締めて、
「自分の考えていること、自分の感じていることを分かち合おう」
「皆が有意義で良かったと思って帰れるよう全力を尽くそう」
と設定し直しました。

何でも人がやってくれる、人が進めてくれる、周りが何とかしてくれる、不幸なのは周りのせい…ずっとそうやって生きてきました。
でも、それでは幸せや満足を得られませんでした。


だから、これからは自分がどうするかを選択し続け、この瞬間に私がどこを向いているのかを直視し続けます。
自分でしか自分を幸せに出来ないから、自分で自分を幸せにします。
仮にどれだけ素晴らしい何かがあっても、私が幸せを感じるには、私が「幸せだ」と感じるしかないので。

ワークショップやセッションで学んだことを実生活で使い、自分自身に対して責任をもって私を幸せにします。
そんな決意を新たにした、今年最後のワークショップでした。


最後にホロスコープですが、ものすごく面白いです!!
『私の設計図』というのが、本当に納得のお話です。
ホロスコープに出ている痛い部分、勘違いな部分は、しっかり受け止め修正。
そして、ホロスコープ上に出ている"やるつもりで持って来た予定"をしっかりやります!

これを使ってみんな幸せになればなぁ、なんて考えてしまいます。
日頃は見ないようにしている「あちゃー」な自分が具(つぶさ)に分かり、そしてこれからの予定も確認できる。ホロスコープってすごいです。
そしてその凄いホロスコープを読み解くSachiさんがすごいです!





ご感想ありがとうございました。

スピリチュアルの知識は凄く沢山あって、でも実践が著しく不足している。
すると、頭で分かったつもりになっていても、理解する瞬間が訪れないことには「だからやってるじゃん!」「こんなに頑張ってるのに、何で良くならないの!?」という怒りになってしまう可能性が高い道程です。

でも、理解すると嬉しいですよね。
やればやっただけ、自分に返って来るのが分かるからです。

幸せは貰うものではなく、自分で選択し、自分に与え、自ら感じるもの。
これが分かると、日々楽しいことが増えて行くと思われます。
だって、好きなだけ自分で増やせばいいんだもーん(笑)。


今後の変化も楽しみにしております♪



最近になって、西洋占星術(ホロスコープ)について調べ直していることは、暫く前の記事で書いた通りです。
かなり奥深いので、引き続きチャートを解読することを続けています。
ついでに記事カテゴリを作っちゃいました(笑)。




幾人かの方々のお誕生日データをお借りしまして、バースチャートを出してみました所、興味深い共通点がありました。
占星術の業界では、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の十大惑星を主に使用して、個人のデータを読み解いたり、世相を読んだりするというやり方が主流でした。

しかし近年になり、小惑星であるカイロン(キロン)・ジュノー・ヴェスタ(ベスタ)・セレス(ケレス)・パラスといった星に加え、黄道と白道の交差点であるドラゴンヘッドおよびドラゴンテイル、その他諸々の感受点と呼ばれる要素を加味して、更に詳細に読み解いて行く流れになっているようです。

いやー、私がコドモの頃はそんなもの本に書いて無かったんですよ。
あったのかも知れませんが、見たことがなかった上に、あっても意味が解らなかったと思います(笑)。



今はインターネット上に様々な情報がありますから、有り難く思いながら色々と調べておりました。
今回言及するのは、小惑星の一つ『ヴェスタ』のことです。

惑星の名前には、基本的にローマ(&ギリシャ)神話の神々から名前が採られています。
ヴェスタは竈の女神で、ギリシャ神話では同義の女神がヘスティアと呼ばれます。
世界各地に、火を神格化した神々が名を残します。ケルトではブリジット、インドではアグニ、日本の記紀神話ではヒノカグツチ等ですね。

このヴェスタ、嘗ては生活に欠かせない竈の火を守る女神として、一時は国家の守護神として、大変に尊ばれたそうです。
当時の神殿にあった神体は、決して絶えることのない炎そのものであったとか。


西洋占星術に於いて、この名を戴く星には『犠牲・献身』等の意味合いが割り振られています。
他にも色々な意味があり、その他の星との兼ね合いで解釈も変化もするようですが、一般的にはこんな感じ。
良い形で現れれば、職人的に集中して行う何か…という風になるでしょう。

しかし。
私が幾つかのチャートを見た所では、『被害妄想』で機能しているケースが沢山ありました。ちょっと驚きです。

何らかの目的に対して、大なり小なりの犠牲は避けて通れません。
「犠牲」という言い方は語弊がありますが、例えば仕事中はプライベートを犠牲にする訳だし、好きなものばかりを沢山食べるのは健康を犠牲にする怖れがある。と、言えますね。
つまり、「全く自分の意思が介在しない、不幸で不条理な犠牲」という意味ではなく、「何らかの目的に対しては、相反するものが犠牲になって当たり前。抑も両立する訳がない」ということです。


現代日本に生きる私達は、大変に恵まれた生活をしています。
手を伸ばせば大概のものは手に入るし、努力せず頑張らなくとも高レベルの生活が出来てしまう。
そして贅沢を望めば限りはなく、身の丈に気付かないままでいれば、他人が持っているものは全て手に入れなければ気が済まないとか、幾ら手元に何があろうと決して満足しない、という風に変化して行く可能性がある。

そんな心理状態がデフォルトだとして、このヴェスタさんがホロスコープに強いアスペクト(他の惑星との、特定の角度)を持って現れると、ですね。
「私はこんなに頑張ってるのに、なんでこんな損をしなきゃいいけないの!? 酷い酷い酷い酷い!!」
という被害妄想的な思考を表す形になる……場合がある(笑)。


全ての人がそういう風に現れる訳ではないと思います。だってヴェスタが悪いのではありませんし。
悪いも悪くないも無くて、単に己を勘違いをしている本人のスタンス的問題であると言えます。
その場での最大の目的は何であるかを自覚すれば、被害妄想なんて出て来る隙間もございません。

仕事場は仕事をする所。自分がチヤホヤしてもらう場所ではない。
人間関係は出来る限りお互い円滑なコミュニケーションをするのであって、一方的に相手を使役する為にやっているのではない。
他者が存在する環境下では、お互い譲り合うものであって、自分だけが得をする為の場ではない。

そんな風に、自分の中で状況に対する目的意識を持てば、妙な被害妄想は沸いて来ないでしょう。
もしどうしてもそんな妄想が出て来てしまうなら、それを逆手に取って自己を理解し、その後は適切な形で生かすとか、努力を重ねることで、良い形へと転化出来る筈なのです。それは何であっても同じですね。



幼少期、とても甘やかされて良い生活を送って来た人達は、それに対して無自覚であることが多いようです。良い思いをして当たり前。当たり前過ぎて、気付かない程に当たり前。
そのような人に聞けば聞く程、「私は辛い思いを沢山した」と繰り返し繰り返し仰います。

でも、よくよく事実を拾い上げて行くと、とても素晴らしい環境で育ち、誰からも愛されているのが当たり前だったりする。
じゃあ、なんでこんなことを言うのかな? と思うのですが、良い思いをすることに慣れきっている為、ちょっとでも不都合なことがあると、僅かな出来事でも許すことが出来ず、巨大なものに感じるようです。主観の問題ですね。


激甘な環境で育った人が、ひとたび幾つもの義務が発生する何か(集団生活や社会生活)の場に入った時、それまでと真逆の状態であることに怒りを燃やします。

「おかしい。この私がこんな思いをして良い筈がない!」
「この場に居るだけで、不当な我慢をしてる!」
「周りが全て間違ってる。だって私は特別なんだから!」

とかですね。こういうコメントを、沢山耳にして来ました。



現代社会に於いて激増している、新型うつ傾向の心理パターンを持つ人々に当て嵌めると、古典的な占星術の解釈が却って仇になる可能性があると私は思います。
解釈は先生によって様々だと思いますので、私が正しいとは思いません。
でもまあ、こういう風に読んでいかないと、事実と適合しないんだよーということはあるなーと考えています。

時々触れていますが、「この星がこうだから、私はこうなんだ」ではなく、「元々クセとして持って生まれて来たものが、これである」という風に解釈するのが、最もその後に活かせる解釈だと思います。
自身のクセが分かれば、それをポジティブな形に変化させれば良いだけです。
「そうか。じゃあどうしようかなー」と考え、決断し、行動する力を、我々は持っているのですから。


既にあるものを、どのように使って行くかは、その瞬間瞬間の自分が決めて行けることなのです。





昨日は本年ラストにあたります、12月度のワークショップでございました。
ご参加下さいました皆様、まことにありがとうございました!



来年の確定しているスケジュールは、こちらになります。


●2014年1月度
1月5日(日曜) 11:00~15:00

●2月度
2月9日(日曜) 11:00~15:00

●3月度
3月9日(日曜) 11:00~15:00



※詳細はHPへどうぞ♪






今年のワークショップが全て終了しまして、ホッとしました。
お越し下さいましたお客様方には、心より感謝申し上げます。ありがとうございました!


「そこでは何をやっているのですか?」
というご質問を頂くことがありますが、一言ではお答えしにくいものがあります(笑)。
特定のプログラムを修得する場ではありませんし、行けば何かが貰えるというお約束も出来ない。
その代わり、ご本人様が「これを解決する」とか「理解する」といった設定をしっかりして行けば、それ相応のギフトがやって来ると思います。

同じ場所でお顔を合わせていても、皆さん仰ることは様々ですし、その日にテイクアウトされる内容は違うので、リピーターのお客様にお話を伺ったとしても、全くバラバラのお答えが返って来るでしょう。
ものすごーくざっくり言うと、『自分を幸せにするきっかけを作る場所』……かなーと思います。あやふやですけど(笑)。


人が成長して行くというのは、『己が何者であるか』ということを思い出して行く道程である。と、私は考えています。
我々は元々、生まれながらに沢山の可能性やあらゆるエネルギーを秘めており、また何もかもを知っていると思う訳です。

ただ、幾ら元々分かっているとは言っても、普段はすっかり忘却しきっていることが大半です。
自身が欲している訳でもないのに、周囲の影響と自分を取り違えてしまったまま、長いこと追いかけてみたりとか。
目の前にあるものを自分で選択したのに、自分じゃないと言ってみたりとか。色々ありますよね。
ですから、他人様や外の世界の現象を通じての方が、より自己を理解しやすいであろうことは間違いないでしょう。

「あ、これじゃなかった」
「これだよこれ! なんで分からなかったのー!」
というように、外からの刺激で内面に気付いて行くことはよくあります。



ワークショップやセミナーという、不特定多数の人達が集まる場所というのは、よりスピーディーに自己理解を深めて行ける可能性があります。
勿論、それは個々人による使い方次第でしょう。が、しっかり目を開いて耳を澄まし、そして己に問い掛け続けるなら、それなりの見返りはあるのです。

大切なのは「何の為にそれを使うか」です。
自己のスタンスが、結果を決めると言っても過言ではないと思います。
「行けば『棚ぼた』みたいに良い思いだけが出来ると思っていた」という方々も非常に多いのですが、明確な意識をお持ちになられた方が、どのワークショップやセミナーへ参加されても有意義な時間になることでしょう。




来年もまた、学びと成長の場でご一緒出来ますことを、心より楽しみにしております♪



明日は、あっという間に年内最後のワークショップです。
有り難いことに、四年間も毎月開催させて頂いておりますが、今年のラストにあたる明日はどのような学びや発見があるのか、とても楽しみです。

最近は動画を観ながら(笑)、アクセサリーをちょこちょこ作っていました。
昔は想像もつかなかったような、有り難い機能があちこちに…。
手持ちに無い音楽の音源は、ネット上にあるのが本当に凄いです。ありがたやー。





accessories

★K14GF ルベライト×ラベンダーアメジストピアス
ルベライトはガーネットの一種で、バラのような色からルベライトという名前が付いています。
ラベンダー色のアメジストとの組み合わせが、とっても上品です。





accessories

★K14GF 淡水パール×マルチカラーストーンピアス
優しいピンクカラーの淡水パールに、色とりどりのスワロとカラーストーンです。
色合いがキャンディみたいです。耳元で揺れて可愛いですよ!





accessories

★K14GF フープ×リーフピアス
フープとリーフのゆらゆら揺れるピアスです。シンプルタイプで使いやすそう~。
リーフのパーツのみ、シルバー925にK18プレーティング加工。





accessories

★シャンデリアピアス
ミル打ち加工された小さなパーツと、スワロフスキーのビーズを合わせたピアスです。
ポストはチタン、キャッチはパールタイプのシリコンキャッチです。





accessories

★シェルモチーフレジンペンダント
シェル風の素材感を出したレジン製のトップに、モールド加工が施されています。
合わせてあるのは太目のチェーンです。ちょっとハードな雰囲気ですが、カラーが上品なので服を選びません。





accessories

★コットンパール×スワロフスキー ステーションネックレス
ロングタイプのネックレスに、秋冬カラーのコットンパールとスワロをON。
華奢なチェーンに、雪のような可愛いアクセントが点々と。






色々作っていると、ご所望下さるお客様が「作風が色々すぎて、同一人物が作っているとは思えない」と仰います。
そうですかねー…そうかも知れませんねー(笑)。




明日、ワークショップ会場で参加者の皆様とお会い出来ますことを、心より楽しみにしております♪







いよいよ12月ですねー。
体感的にはそこまで寒くないので、いまいちピンと来ませんが。でも12月です。
今年の初め頃にイメージした一年とはどの程度合っていたか、どの程度違っていたかなんかを振り返っても、結構楽しいと思いますよ。



イメージと言えば、「あれが欲しい」とか「ああなりたい」といったことは、誰しも思い浮かべるでしょう。
それとは逆に、「ああなったら嫌だなあ」とかも、イメージという意味では全く同じです。


イメージしたらそうなります。
というフレーズは、スピリチュアリティや願望実現のジャンルでよく耳にします。
実際そうなんです。
でも、結果に至るまでにどのようなプロセスを辿るかは、色々な可能性があります。

そんな中、見落としがちなのが『プロセスの中で自分はどの立ち位置に居るか』です。
人間は様々なパターンを持っていますが、結果を出す為に「どちらかと言えば自分で動くタイプ」と「どちらかと言うとあっちから来るタイプ」というものがあったりします。
自分がどちらに該当しているかを判定してみると……どっち?(笑)


どちらもあり。という人も居て、それは願望のジャンルによるかも知れません。
例えば、良い友人は勝手に出来て行くけど、恋愛の相手については自分から行く、とか。
仕事は自分で開拓するけど、あれが欲しいなーとぼんやり思っていた物は向こうから来る、など。

なかなかそうならないぞーと思うことがあるなら、自分のパターンを振り返ってどちらに該当しているかを割り出す。
そうすれば、「結果を出すにはどうしたものか・どんな感じで結果が出るか」がぼんやり見えそうです。


女性からちょくちょく聞くのは、「彼が欲しい。結婚したい。でも自分からは何もしたくない」ですかねー。
どうなるかを知りたければ、自分の過去を振り返ってみれば良いでしょう。自分の抱えている観念が分かります。
これまで何もしないでいた結果、何も起きなかったという場合、恐らくあっちからは来ないのです。
何故かと言うと、自分の潜在意識に「あっちからは来ないよ」という情報があるから。
現実世界は潜在意識の顕現です。

ではどうすれば良いか? ですよね。
「自分の中にある情報を知る」という意図を以て、周りの人に訊いてみるのも一つの手です。
そうすれば、他人様の姿を取ってはいるものの、自分は潜在的にこう思っているというのが解ったりします。
ただ、それを受け容れられるかどうかは、ご本人様次第ですが。



これまで同一パターンで結果が出ていたのに、突然パッタリ打ち止めに…という人も居ます。
その場合、可能性としては潜在意識が動いて、次のステージへ移行しようとしている時…かも知れません。

過去受け身だったら、行動する方へ。
行動しまくっていた人は、待つという方へ。
人生を通じて成長を意図している場合、そのような変化も有り得ます。


潜在意識内の情報を変更することも、勿論出来ます。
『観念の差し替え』です。
それには瞑想をしたり、イメージワークをしたり、書き出したり、様々な方法がありますが、基本的には潜在意識情報を変更することで、現実世界へと現象が反映されて行きます。

手段はどれでも良くて、自分が喜ぶ結果さえ出れば良い。
という部分を忘れずに居るなら、そのように変化して行くことでしょう♪



表面的に「自分でやるなんて嫌だ!」と思っていたとしても、潜在意識が「やらないと結果は出ないぞ」と思っている場合は、当然潜在意識が勝ちます。
何もしない限り、結果は出ないまま。です。

それまでは絶対やりたくなかったかも知れない。プライドや面倒、見栄等々、理由は色々あるでしょう。
でも、適切な努力を人生に採り入れることで、良い影響が沢山あるかも知れません。
そういう人は、沢山いらっしゃるんだろうなーと私は思います。





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi