resonance

Entries

Date : 2013年04月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

ちょっとご無沙汰しておりました。
巷はGWですね。お出かけのご予定がおありの方も、多くいらっしゃるかと思います。
楽しい連休でありますように。



さてさて、自己啓発や願望実現のジャンルでは、「書く」ことを重要視する方が多いのではないかと思います。
手帳に書きましょうとか、専用ノートを作って欲しいものやなりたいものを書きましょう、と。

それは意識の方向性を明確にする、フォーカス先を指定するという意味で、非常に重要です。
何故なら全ての現象は自分が作っているから…なのですが、こういう言い方だと受け付けない方が多いので、近年は「引き寄せ」という言葉が流行っているのだと思います。


よく、結婚相手や恋人が欲しい、というお話を伺います。
皆さん色々とお相手の条件を挙げられるのですが、大概抜け落ちているのが『自分との相性が良いこと』です。
自分と相性が良くなければ、如何に周りに自慢出来そうな高いスペックの人であっても、結局長くは続かないのです。

ここで問題になるのが、「自分と相性が良いのはこういう人の筈だ」という仮定の部分。
自分がどういう人間か解っていれば、自動的にどういう人が合っているのか判別出来ます。
しかし、自己像が実像に対して大きくずれている場合は、仮に相性の良い人が現れても「こんな人いらない」と、自分で蹴ってしまう可能性が高いと言えましょう。


もしも、自分が想定した「私と相性が良いのはこういう人の筈! だからそれじゃなきゃ絶対に嫌だ!」というのがあまりに現実の自分とかけ離れて高レベルであった場合。
取れる手段は二つあります。

一つは、自分の現実をしっかり受け止めること。
結果として、望んでいたものには全く釣り合わないことが解るか、若しくはその先に違うものを欲しているかが判明するでしょう。

もう一つは、自分がそのレベルに達するよう、自ら変化することです。
外見、仕事、生き方、在り方etc.全てに於いて、自分をその段階までグレードアップさせる行動を取り続けたら、いずれにせよそのレベルの人としか釣り合わなくなります。
そして、自分が欲しいものになってしまったなら、外部からそれを得る必要性が無くなりますね。
そこからまた別の欲求を見ることになるでしょう。

これまで望むタイプの人とやりとりが無く、単なる妄想だけでぐるぐるしているならば、「私はこのまま変わらなくても、いつかそうなる」という可能性は極めて低いと言えます。




ここでは偶々、結婚相手や恋人というのを例に出しましたが、仕事も同じ、住環境や友人知人等の人間関係も同じです。
自分と相性の良い○○という意味では、全く変わりありません。

新月やノートに書く時、「自分にとって最高に相性の良い」というのを付け足すと、自分自身の潜在意識が明確にそれを求めるようになります。
あとは現実化したものを如何に受け容れるか、ですが(笑)。


抑も現在の状況は、自分の意識をよく表しているだけなのですが、それを敢えて変化させるのならば、以上のようなやり方もアリなんじゃないかと思います。



因みに次回の新月は、


5月10日(金曜)の09:28~です。


書くことを新月まで待つ必要もありませんが、自分の願望を書いてみる時は、少しこのように意識を変えてみると、何かの違いが現れるかも知れませんね。







段々と初夏の香りが近づいて参ります中、昨日は4月度のワークショップ開催日でございました。
ご参加頂きました皆様、まことにありがとうございました!

今月開催分から時間が延長され、それに伴って料金も改訂されております(念の為、ホームページをご確認下さいませ)。
新たな気分で新年度を迎えるべく、皆様とのお時間に臨みました。




今回は、先日の新月に制作して頂いたコラージュをお持ち下さるよう、お願いしてありました。
昨年度も作ってある方に関しましては、前回分も共にということで、比較したりお互いコメントしあったり。

それぞれ正直なご感想をお願いし、『パッと見の印象』『これは貼らなくて良かったんじゃない?』『他にこういうのを貼ったらもっとそれらしくなる』というようなことを言っておられました。


何故、自分が好きで作った筈のコラージュに、他者の意見を反映させるのか? と言うと。
自分では「こうなりたい」「これが欲しい」という風に思っていても、それはあくまで顕在意識レベル(ひいてはエゴの表面的な欲求)の話であって、自分自身でさえ把握していない潜在的な部分には、違う"何か"があり、他人様が何気なく仰る言葉の中にそれが隠れている可能性があるからです。

自分自身が他人様の口を通して、潜在意識に隠れた部分を言わせる、ということですね。
複数の人に同じことを言われる場合は、それだけ強くそういう情報が潜在意識に刻まれている、と言えます。
それを認めるか認めないかは、別の話ですが(笑)。


言われたことをそのまま素直に採り入れるというのは、他人の言に盲従することとは訳が違います。
人の言うことをストレートに受け容れるのは、負けた気がして嫌だとか、人の下に付くようで嫌だ、何故なら自分は絶対に正しくて他人は間違っているのだ(と思っている)…というのはワークショップ内でもよく聞かれる話です。
他人に言われたことに関しては、脊髄反射並みに反駁して即怒る、というのを自分のルールにしている方もいらっしゃいます(これを受動攻撃性と言います)。
色々な思考パターンがありますが、今回のワークでもそれぞれの持つこのような部分が見え隠れしていました。

「どうしてこんなこと言われなきゃいけないの!?」と怒りが沸くのなら、よくよく見つめてみることです。
「何故こういう風に言ってくれないのだろう」も、同じことですね。
例えどのようなことであっても────それが喜びであろうが怒りであろうが悲しみであろうが────自身をより深く理解する為の、貴重なアンカーになり得るのです。



参加者の皆さんはとても意欲旺盛で、言われた内容のメモを取ったり互いに質問をし合ったり…という光景がありまして、素晴らしいことだなーと嬉しく思いました。
「4時間になってもあっという間でした」というご感想を幾つも頂き、それぞれ充実したお時間であったなら、私としましては大変喜ばしいことだと思っております。





さて。
以降の確定しておりますワークショップスケジュールです!



★5月度
5月12日(日曜)
11:00~15:00


★6月度
6月16日(日曜)
11:00~19:00


★7月度
7月14日(日曜)
11:00~15:00



※6月度は長時間開催になります。
時間・料金共に通常時とは異なりますので、ご了承下さいませ。




また、多くの方々と学びの時間をご一緒出来ますこと、楽しみにしております。
お気軽に遊びにいらして下さいねー。






本日18:35~より、春分後の新月タイムがスタートします。



『新月に自分の願いを書き出す』というやり方の中でも、特に春分の日を経て最初にやって来る新月の日は、年間のなりたい自分をビジュアル化してコラージュすると良い、とされています。
詳しくは昨年の記事をご参照下さいませ。
8時間以内が特に有効とされていますが、最大48時間以内ならOKだそうな。
勿論、書き直し・見直しも沢山やって良いそうです。

元々願望実現の分野では、願望を書き出すこと&コラージュにして視覚化することは、非常に有効な手段として知られています。
言葉にして明文化することで、顕在的にフォーカス先を決める。
ビジュアル化することで、潜在意識に落とし込む。
そのどちらもが、我々の意識に対して有効なアプローチとされています。



ご質問がありましたので、こちらの方でもシェアさせて頂きますが、
『書き出す内容は、どの程度先のことまでが良いのですか』
とのことでした。

実際はどの程度先のことでも構いませんが(笑)、あまりに遠いビジョンや願望だと、何よりも自分自身が明確にそれを達したいという風に思えないことでしょう。
「いつか」というのはあくまでもいつかなのであって、ぼんやりした輪郭の願いだとすると、もっと具体性を帯びてから・自身にとっての優先順位が上がってから、改めて書き出しても遅くないのではないかと。

今日なってもいい、明日なってもいいレベルの近い未来のこと…となると、精々1年先まで…という辺りが妥当な線だと思います。
心が準備しておける程度には近い未来、ということですね。
そうでなくても一年後にはまた春分の新月が来ますから(笑)、その時また書いたり貼ったりすれば良いんじゃないかということで。



それと、逃避から来る願望はなかなか達成されづらいと言えます。
何故ならば『このような現実から逃避したい』という願望を具現化することになりますので、現状を変化させるなら「自分にとって最高に良い状況になるヒントに気付けます」とか「現実を直視し、適切な対処が出来る力が付きました」といった内容を入れた方が、何よりも自分自身の現実にとって有効な道標になるかと思います。


何より、楽しんで書き出しと切り貼りをすることがお勧めです。
その気持ちでやったことは、潜在的に「こうなることは楽しいこと・良いことなのだ」とインプットされますから、小難しい顔をしてやるのではなく、happyな気分でお気楽にやってみて下さいませー。




ではでは、楽しい新月タイムをお送り下さいませ。





先日、他県から叔母が来ておりました。
我が家は同じ敷地内に祖父母宅がありまして、月に一度、叔母が様子を見に来るのです。



今回は「さっき着いた」と叔母からメールがあったのですが、都合が合わずに当日は会えないままで、翌朝帰るという彼女に合わせて早起きすることにしました。

普段はいつ来ていたかも知らない状態なので、数ヶ月も顔を合わせないことがザラなのですが、稀に彼女の気が向くとメールを寄越すという訳で、それでも大概は私が不在で会えないことが続いていたのです。


帰る叔母に合わせて早起きする必要は全く無かったのですが、何故かその時の私は「駅まで送ろう」と思い、睡眠時間を削って早起きすることにしまして。
その時は妙な義務感に駆られていて、とにかくその時間に合わせて起きなければと目覚ましをセット。

睡眠時間を犠牲にして…などと、自分も偶には殊勝なことを考えるなあと鼻で笑っていたのですが、いざ起きてそろそろ出るであろう叔母の様子を見に行った所。
それより少し早くどこぞへ出かけた祖母が、全く気付かないままに叔母の靴を履いて行ってしまった。らしい(笑)。



「どうしよう、帰れないよ!」
顔色を無くした叔母に、ちょっと待ってと言って自宅の靴箱を漁りました。
亡くなった母(うちの母は叔母の姉です)の靴があったので、それを履いて貰うことに。

祖母の靴は叔母には小さすぎて入らないし、私の靴はヒールが高すぎたりサイズが大きすぎて歩けない。
サイズが同じ母の靴が、奥の方に残っていて良かったです。



駅まで送って別れた後。
『起きて来てくれなかったら、サンダル履いて○○県まで帰らなきゃいけない所だったよ』
と、電車に乗った叔母から御礼のメールが来ました。
うーん、確かにサンダル履きで新幹線はきつい(笑)。

稀に行動したことが何かに填ると、面白いこともあるなあと思います。
今回は身内に対して勘が発動したケースで、私にとっては珍しいことです。
身内には勘なぞ全然使わないし、日頃は鈍さも極まった状態ですから(笑)。



晴天の中、眠い目を擦ってフラフラと帰宅し、バッタリ倒れて足りない睡眠を補いましたとさ。



DSC_0938.jpg




それでは皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ♪












人数がある程度揃うセミナーやワークショップは、教わる内容はもとより、参加された方々に依る互いの思惑(笑)が絡む辺りで、色々な効果を生み出します。

人間社会に生きる上で、リレーションシップは避けて通れないものです。
こういう場所では、普段やり過ごしてしまっている思考パターンが浮き彫りになることも多いでしょう。

「凄く嫌だ」と思う相手は、どの部分がどのように嫌なのか。どうだったら満足なのか。
「凄く良かった」と思うなら、それは何故か。

そういった所を含めて見て行くと、後々に至るまで大きな収穫として自分に跳ね返って来ます。
他人を見てどう思うか(特に嫌な部分に関して)は、全て投影です。
"自分がそうだから"という以外の理由はありません。
私は絶対違うと言いたい内容ほどドンピシャなので、よくよく見て行くと発見が沢山あるかと思います。



また、即日結果がいきなり出るセミナーというのは少ないものです。
特に今回のような、潜在意識に重点的にアプローチを掛けるタイプの内容ですと、じりじりと日が経ってからその姿を表すというものが少なくありません。

ですので、一週間ほど経ってから自分を見てみたり、更にその後の生活パターンや思考形態がどのように変化しているかを見て行くのがお勧めです。
すぐ「私は変わった!」と言いたがる人も居ますが、人間そんなインスタント的に・簡単に変わるもんじゃありません(笑)。

早く結果が欲しいのはよく分かりますが、自分のことを幸せにしたくてこういった内容をやっているのでしょうから、ここは腰を据えてじっくり自分と付き合って参りましょう。




さて、業務連絡です。

先日のヒプノ講座を受講された方で、初級の認定資格をご希望の方は、以下の内容を添えて私にメールをお送り下さいませ。


・住所(英語表記)
・氏名(英語表記)
・アメリカから発信する場合の番号(010-81をプラス)



頂いた内容は、そのまま申請します(こちらで手直しなどはしません)。
手続きが完了しますと、後日アメリカのABHから直接認定証が送付されます。
呉々もお間違いのないよう、お願い致します。


申請手数料は13,000円です。
4月ワークショップに参加される方は、この日にお持ち下さい(ワークショップ参加費とは別にご用意下さいませ)。
また、認定資格をご希望で4月ワークショップに参加されない方は、その旨メールでお知らせ下さい。
申請メールも4月ワークショップの日辺りを目処にお送り頂けますと助かります。
今回オーガナイズしております関係で、私の方で纏めて申請手続きをさせて頂くことになっております。



★更新について
資格が発行されてから一年経ちますと、ABHから更新するかどうかの連絡が来ます。
更新するには条件があり、『一年の間に、15時間以上のヒプノセラピーのトレーニングを受けていること』or『ヒプノセラピーに関する書籍を3冊以上読んでいること』のどちらかを申請することになります。
更新料として、115ドルかかります。
今後、ヒプノセラピーのトレーナーのお仕事をされる方に関しては、当然のこと乍ら更新が必須になります。





以上、ご質問等おありでしたらお知らせ下さいませ。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。






先日のヒプノセラピー講座は『初級』ということもあり、私にとりましては初心に返って基礎から固めるような学びが沢山ありました。
改めて基礎からしっかりと身に着け、今後更に皆さんのお役に立てるようにと思った次第です。



さて、今回ヒプノセラピー講座を受講して下さった皆さんは、毎月開催している自己成長を目的としたワークショップに、継続参加して下さっている方々です。
長い方だと3年以上、短くても1年半以上お越し下さっている方々で構成されています。

長期に亘ってコンスタントに自己を見つめるワークをするというのは、スピリチュアル的な仕事に従事する人以外になると、なかなか見られることではありません。
経営者やスポーツマンなど、何かに向けて絶え間なく進んで行くような何かをしている方々には、いずれにせよ高い精神性を身に着けなければならない時期が来ますから、そういう方々にとっては身近なものかも知れないですね。



今回のヒプノセラピー講座のように、特定のプログラムを特定の期日に沿って教えるというセミナーは世間に沢山ありますが、今の所うちで毎月行っているのは『特定の期間無し・特定のプログラム無し・特定のスタート&ゴール無し・共通の目標も特に無し』という、ないない尽くし~ない尽くし~な内容です。

人様のご相談を受けるようになった初期の頃は、個人セッションのみをお受けしていて、継続したワークショップは行っていませんでした。
結婚したいとか不倫やめたいとかお仕事が欲しいというように、とある目的を持っていらっしゃる方々が殆どで、継続した自己成長を求める方はいらっしゃらなくてですね。
セッションを2~3回受けて下さると、大概のお客様は「結婚出来ました!」「不倫していた相手と別れられました!」「お仕事が決まりました!」というご報告を頂いていたので、あーそれは良かった良かった…と、その時は思っていたんです。


が。


そのうち、幸せな筈なのに「でも」と言い出してですね。
あれが気に入らない、これが嫌だと続く人がとても多くて、驚いたんですよね。
あんなに欲しがっていたものが手に入ったから、幸せになったんじゃないの? と訊きたかったのですが、文句をタラタラと言っている時点で幸せじゃないというのは一目瞭然です(笑)。

中には、その後も「幸せです。ありがとうございます」と言って下さる方もごく少数ながらいらっしゃいましたが、とにかくあれもこれも不平不満で「次はあれが欲しい」「あれのせいで云々」という人が多い多い。
「欲しいものが手に入っても、人間は抑もの思考パターンが変わらなければ、どれだけ幸福な状況になろうと文句を言い続けるのか…じゃあ今までのやり方じゃダメだわ…どうしよう」
と、頭を抱えた時期が結構長く続きました。
私も当時は若かったので(笑)。


それで、「そんなに不平不満が消えないなら、自分で自分をセルフケアして貰わないとダメだ。不平不満を言いたい、周りに責任をなすりつけ続けたい自分から、いつも幸せでいられる自分になりたいという気概がある人には、自己成長の場を提供しよう」という結論に至った訳です。

とは言え、ワークショップやセッションのお仕事については、「やって下さい」という周囲のオファーがあってのことで私は動く(つまり、自分からセラピストになりたいと能動的に思ったことはない)ので、形的には周りの方のご要望を受けてという風になりました。



人はそれまで「こういう風になりたい!」と思っていたとしても、自己成長を続ける中で「あ、全然違ったわ。勘違いだった」と気付くケースはかなり見られます。
これは、個人的なセッションのみを繰り返していただけでは、不平不満にまみれた人にとってはなかなか辿り着きづらい部分です(出来ないとは言いませんが)。

ワークショップで他の参加者の方々を見て、投影していること、感じたこと、思ったこと等を日常に持ち帰り、意識しながら生活し、そしてまた次の機会に還元するというのを繰り返すこと、通常の生活をしてエゴにどっぷり浸かった目眩まし状態から、一時的にでも距離を置く時間を意識的に取ることで、『自分が何を考えているのか』『何を求めているのか』に気付く最短ルートを作り出すことが出来ます。


結果として気付きが増えて自己理解が深まり、そこから潜在意識に沈潜しているネガティブなブロックが浄化・解消出来て行ったりもするので、勝手に人生が良い方向へ動き出したり、現実的な変化はそれ程無くても満足度がアップするという方が沢山いらっしゃいます。
インスタントな結果を求めていた時には決して手に入らなかったものが、嫌で仕方無かった"自分を見つめ、理解すること"を実践したら、あっという間に…というのも、よくよくお見受けします。

自己を見つめるという作業は、決してやらなければいけないものではありません。
しかし乍ら求めるものを得たいのなら、様々な手段を執るということが大切なのは、それがどんなジャンルであっても同じだと思うことがあります。
目的の為に手段はあるのであって、エゴの好みで手段を選んでいたら目的に辿り着かない。
ここを見落としていると、「一所懸命やってるのに、全然良くならない!」と益々怒りが蓄積されて行く可能性も高いでしょう。



ま、そんな訳で毎月えっちらおっちらとワークショップを続けているんです(笑)。
ご興味がおありでしたら、遊びにいらして下さいね。





今日から4月ですね。あっという間に新年度、早い早い。
ここから新しいスタートを切る方も沢山いらっしゃるかと思います。
より素晴らしい毎日が送れますよう、心よりお祈り申し上げます。



さてさて、3月30・31日と『ABH認定講座ヒプノセラピーベーシック(初級)』を開催して参りました。
私がしたのは開催というか、単なるオーガナイズなんですけどー。
個人的に長年お世話になっております、ラク夢の月美まりえ先生をお招きしまして、ヒプノセラピーのセミナーをお願いしました。

今回はうちで毎月開催しているワークショップ受講者限定の、クローズドセミナーでした。
以前より、月美先生から「そちらの参加者さん向けにセミナーも出来ますから、いつでも言って下さいね」と有り難いお言葉を何度も頂戴しておりましたので、虎視眈々とその機会を窺っておりました(笑)。
因みに受講者の数名は、昨年月美先生が東京で開催された『ソース・ワークショップ』でもお世話になっております。
その節は大変お世話になりました(←手紙?)。





このご提案を頂いてから、私は考えました。




先生のご多忙具合+受講者の皆さんの適度な成長具合=平成24年度以内のセミナー開催




という公式が私の脳内にずっとありまして、色々諸々経た結果、滑り込みでギリッギリの年度内開催と相成りました。マジでギリギリ(笑)。
何故、受講者の皆さんの成長をセミナー実現の為の視野に入れる必要があったのかと言うと、月美先生の素晴らしいスキル・経験・労力・工夫から、大変中身の濃いセミナーになることは目に見えていましたので、それを受け取れる状態になっておかないと勿体ないー! という意識があったからです。

受講者の大半に「えー、出来る訳ないじゃん」「そんなこと判ってるって」「私は特別なの!」というように、受動攻撃性過多というレベルでは、とてもじゃないけど有り難いセミナーなどお願い出来ないと思っていました。
経過を観測している中で、皆さん着実な理解や成長を見せて下さっていたので、そろそろお願いさせて頂こうかなーという所で先生も快諾して下さいまして、この度の開催実現に漕ぎ着けた次第です。




ABHというのは、アメリカにある米国催眠療法協会という団体です。
世間には様々なヒプノセラピーのメソッドがありますが、現在はここが発行している資格をお持ちの方々が一番多いのではないかと思われます。

内容の修得レベルに応じて数段階に分かれている資格ですが、今回はこちらのティーチャー資格をお持ちでいらっしゃる月美先生のご指導ということで、幅広く・深い学びが沢山ありました。
参加者の方のコメントに依りますと、「全部良かった」「どれもこれも濃い内容ばかりで凄すぎました」と、その内容の素晴らしさに驚愕していました。

何故そんなに内容が濃いのかと言いますと、ABHのティーチャーはある程度のポイントさえ抑えておけば、あとはティーチャー個人のオリジナリティでアレンジしても良い、という寛容な姿勢で運営されているからです。
よって、月美先生が長年に亘り培って来られた様々なメソッドや経験・アイディアが、これでもかー! と詰め込まれたセミナーになっている訳です。



『催眠とは』『暗示とは』という、用語や催眠の歴史の易しい解説から始まり、段階的にリラックスする方法、顕在意識と潜在意識のこと、実際にヒプノセラピーをお互いにやってみるという実習、現実的にどう変化があるかの事例等を学ぶ間に、飛ぶように時間は過ぎて行きました。

私は
「メソッドは頭で知識を蓄える為にあるのではなく、実践で使えてなんぼ」
という考え方を持っているのですが、まさに明日から自分に対して・他人様とも楽しんで使えるようになれる、夢のような二日間でした。


学んだことが後日どのように現れるかは、その後の日常でメソッドをどのように使用するかに掛かっています。
私も含めて、受講された皆さんが、楽しんで学んだ内容を活かせるといいなーと思っています。
今後がとても楽しみです。

月美先生、受講された皆様、二日間本当にありがとうございました!





lunch

dessert



初日で頂いたランチと、講座修了後に食べた和風パフェ画像を何となく載せておきます(笑)。








プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi