resonance

Entries

Date : 2013年01月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

先日、お客様から手作りのお菓子を頂きました♪



チョコバー


チョコバー



ラッピングも丁寧で美しく、中身も素敵なチョコバー!
ナッツぎっしりで美味しかったです~。

実は私、チョコレート単体やチョコ成分の高いチョコレートケーキ等は苦手なのですが、ナッツが入っていたり、クッキーやビスケットに塗ってある面積少なめのチョコものはむしろ好きという、面倒な嗜好を持っているのです(笑)。
なのでこちらはストライクー。

大変に美味しく頂きました。
うう、おいしいーーーーーー。
お心遣い、ありがとうございました!



マスメディアに流れているスピ系や不思議系の情報が、実際どれだけの信頼性があるかについてのお話になったのですが、いちいち裏を取らないと解らない…ということが多いと思われます。
今は本だけでなくネットもありますし、近場に信頼性の高い人がいない場合は、色々調べることが可能ですよね。
他には実地検分、つまり自分で試してみるという手もあります。

例えば、TVに出ている方が「これはやっちゃダメよ!」と言ったとして、それが伝統的・世間様的・法律的・マナー的に特に問題が無さそうである場合の判定法は、とりあえずやってみることです。
どっちなんだろうと調べてもよく判らないなら、実行してみると良いですね。


やってみて数時間以内に『脈絡なく金属製のタライが頭にゴンと落ちて来る』『何処からともなく現れ上空を旋回する複数のハゲワシから激しく狙われている様子になる』等したら、恐らくそれはやらない方がいいということなんだと思います。

……みたいなお話をしておりました。
そういう状況になったらもう手遅れなんじゃないかとか、こんな喩えを出していると私の信頼性が著しく下がりそうとかいう危惧もありますが、基本的にこのような解釈をされれば宜しいかと思われます。


かなりライト且つ偏った言い方ですみませんでした。
お客様はものすごく笑っていらっしゃいましたが、あれで伝わったでしょうか。やや気になります。





お菓子はとても美味しかったです!
と、それを書きたかっただけなのですが、何故か文章があらぬ方向へ曲がってしまいました…おかしいなあ。

でも時々訊かれるんです。
TVに出ていたヒトが言ってたあれって本当ですか!? とか。
解釈は色々あるでしょうが、その内容が正しいかどうかはさておき、基本的には適用するご自身がきっちり納得しているなら大概は宜しいんじゃないでしょうか。
という風に私は思っています。






先日、外で本を読んでいて笑いを堪える余りに危うく窒息しかけ、スピリチュアル的には憧れポイントの高い臨死体験をしそうになりました。
あ、嘘です嘘。でも非常に苦しかったのは事実です。

あまりの笑撃度の高さに堪えきれず、
「が…っ!」
等と声が漏れたのが、私の未熟さを表していると思います。要修行です(←何の?)。



さて何を読んでいたかと言いますと、辛酸なめ子先生の本です。
私は辛酸先生のファンでして、鋭い着眼点と切り口、そしてそれらが基本ローテンションで訥々と紡がれる文体など、あらゆる面で大変素晴らしい方と尊敬しております。




今回読んでいたのはこれ(↓)です。



霊的探訪    スピリチュアル・レッスン霊的探訪 スピリチュアル・レッスン
(2012/10/10)
辛酸 なめ子

本の詳細を見るならクリック!




辛酸先生が色々なスピ系イベントやサロンへ足を運び、体験してその様子を絵と文章でレポートされた連載が纏まって本になっています。
内容は色々でして、UFOからオラクルカード、クリスタルボウル、スピリチュアルカフェ等々、よくもまあこんなに探したもんだわーと言いたくなる程に、色々取り揃えていらっしゃいます。

面白すぎていちいち挙げたらきりがないのですが、出来る限り印税に貢献したい気持ちがありますので、購買意欲を煽れる(といいなーという)ような部分をちょっとだけ抜粋させて頂きます。




■身体のこと


デスクワーク&霊憑依で常に首と肩がバキバキにこっています。



いきなり文章の出だしから憑依。
ヘヴィな筈の内容が、辛酸先生のさらりとローテンションな文章力で、うっかり流してしまいそうです。





■セラピストさんとの会話

「地球で何回か転生していますが、それよりも宇宙の記憶の方が強いみたいです。ここから出たいと思っていませんか?」。
たしかにおっしゃる通り、常に違和感というか、地球環境になじめていない気がしていました(中二病かもしれません)。


現代は不思議系の人を表すにも、便利な用語が出来て大変有り難いです。
私もよく「自分単に中二病ちゃうか」と疑っています。





■故・サイババのこと


知人の友人が、阪神・淡路大震災の起こる直前に、書棚からバサッと「ムー」が落ちてきて、ちょうどサイババのページが開いて顔の上に落ちて目が覚め、家具の下敷きにならずに済んだというエピソードを聞いて、サイババの神通力を確信しました。


それは本当にサイババの神通力なんでしょうか。





■挿絵より

数ヶ月前、寝ようとしていた時

「UFOに乗ってみない?」

と、宇宙人らしき存在に誘われたのですが

「すみません いいです」

戻って来られなくなると仕事がヤバイと思って断ったら
宇宙人と疎遠になってしまいました…



『宇宙人と疎遠』
ユニバーサルな響きです。





■挿絵より

スピリチュアル系セミナーの暗黙のルールは 人の前世にケチをつけないこと

「僕が前世で弘法大師だった時は…」
「前世が空海!? それはないでしょ」

以前苛立ちで自分の波動を下げてしまったことがあってから 気を付けています。
感情制御の訓練にもなります。



以前blog記事に書いたことがありますが、前世関連の話ですとやたら「自分の前世は織田信長だった」と自称する人が多く、あれはどういうことなのか私も考え出すと気になって仕方ありません(普段は全く頭に無いので生活には支障無いのですが)。





他にも爆笑必至の内容が山盛りです。
ちょっとだけ下ネタとかもありますが、そういうのがお嫌いでなければ大笑いして負のカルマが浄化したり、アセンションに近づいたりするかも知れません(ごめんなさい適当に書いてます。つまり嘘です)。


今後、辛酸先生の益々のご活躍を祈念致しております!







ここ暫く、冬の中休みという感じで少し暖かさを感じる日が続いています。
晴天の中でも雨が降ったりと、良い感じでお天気にもメリハリがありますねー。



よく晴れたとある日。
自転車で永福町の日本茶専門店『CHASEN』へ行って参りました。
以前、我が弟が教えてくれたお店なのですが、その時「『ほうじ茶オレ』があった」という謎の報告に、若干浮き足だったものです(笑)。

『ほうじ茶オレ』ってなんじゃー。
……と思ったあの日も結構前のこと。
それから、偶に足を伸ばしてお店へ伺っています。



お店は基本的に日本茶類の販売をしているのですが、中で一休み出来るイートインスペースがあります。
メニューはお茶類のドリンクと、お茶系スイーツが盛りだくさんで、一瞬目が迷う程です。
この日は暖かい抹茶オレと、抹茶ゼリーサンデーを注文。


抹茶オレと抹茶ゼリーサンデー



抹茶オレはそのままだと甘さがないので、お砂糖が付いています。
フツーに結構な量です。
そして熱々過ぎて、暫く飲めなかったという(笑)。

サンデーの抹茶ゼリーは殆ど甘さを感じないので、載っている抹茶ソフトクリームと一緒に食べるのが宜しいかと思われます。
甘い物は好きですが、甘すぎるものが苦手な私としましては、こういうあっさり系の甘味が嬉しいのでございます。

そういえば、『ほうじ茶オレ』は未だ挑戦したことが無い気がします…次回トライします!




という訳で、ゆっくり読書しながら午後の一時を過ごしました♪
この時に何を読んでいたかと言うと……これはまた別の機会にします。

読んでいて、何度も窒息しかけました(笑いすぎで)。
解ってはいたのですが、外で読むには危険な本でした(笑いすぎにつき)。
いちいち窒息に苦しみつつ笑う羽目になるので、内容が頭に入ったかは頗る怪しい話です…とりあえずまた読み返して窒息します(笑)。




CHASEN
東京都杉並区和泉3-59-19
03-3325-8374

12:00~20:00
月曜定休







先日開催しました1月度のワークショップですが、このblogでお願いしました結果、ご感想を頂戴することに成功しました(笑)。
皆様お忙しい中をありがとうございました!

全文載せたいのは山々なのですが、大人の事情により(笑)涙を呑んで一部を抜粋・掲載致します。



☆★☆


今回は参加者の方の仰った内容である、「どうやったら相手に好かれるか、相手は自分をどう思っているか」等、自分自身でなく相手があっての自分のお話が印象的でした。
これまでの思考や、やり方を変えずに変化を望むこと=自分に合わせて周囲を変化させたい…という印象でしたので、ついこの前までの私(今ももちろんそういう部分がありますが)を見ているようでした。

最初は『素敵な方だから、またお会いして話が出来たらいいな』が、相手がこういう風にしたから言ったからを基に妄想を始め、『きっとわたしに好意があるに違いない』と曲解し、自分の妄想や思い込みを疑わなくなってしまうものなのかぁと思い、事実を事実として客観的に見る目がとても大切だと感じました。

最近は、度々Sachiさんが仰っている
『マイナスの観念を無くすだけでなく、プラス(どうありたいか、どうなりたいか)にフォーカスして現実化の可能性を上げる』
を大きなテーマにしています。
「今起きている現実を自分で選んで起こしているのだから、これからも選べる」と設定し、いつもどういう気持ちでいたいか、なりたいかを選択し続けています。
時々大暴れするエゴに負けることもありますが、その瞬間瞬間で"こうありたい自分"を選び続ける練習をしています。


☆★☆


ワークショップでは、目的と手段が入れ替わっているというテーマが浮かび上がってきた部分が印象的でした。
私自身、ワークショップに参加した時の目的は、ラクに生きたい、満足する人生を送りたい、幸せになりたい、ということだったのに、いつの間にか目的が入れ替わり、ワークショップの中で一番を取ろうとか優等生になろうとか私だけ特別になろうとか、ワークに参加していればSachiさんがやってくれるから大丈夫…というように、全く違う目的になっていました。

ワークの場は自分の人生を生きやすくしていくための手段であり、目的ではない。
目的と手段が入れ替わるのは、日常茶飯事だなと思い、今の目的はなんだっけ? と頭に置きながら生活しています。
そうすると、あっ…目的とずれているとか、さっきの出来事を振り返ると全く目的を見失っていた…ということがあり、「目的・手段」を意識的に頭に置いておかないとすぐにズレるなと思いました。

それから、参加者の方が「Sachiさんが仰っていたので私もやってるんですけど、人にすごいって言われたいなら、自分で『私ってすごい!』と言うのが一番早いよ」と仰っていて、「そうだった! Sachiさんもブログに書かれていたし、言われていたではないか!」と思い出しました。
その後は「私って凄い!」と、事あるごとに思ったり呟いています。
そうすると、不思議と満足しているような感じがします。
なんだ…欲しいものを手に入れて満足するのに、こんな早い方法があったとは…と思いました(Y子さん、ありがとうございます!)。

色々なことに気付いた後、今後どうするかの選択肢が私達にはあって、いかようにも人生を創造できる。
こういうことを学ばせていただけていることにも感謝です。ありがとうございます。


☆★☆


恋愛相談のお話が出て来た時は、ちょっとびっくりしました…。
みなさんイコール私、ということを何度も教えて頂いているのに、『この方はそうなんだ』とついつい分離して考えてしまいます。
分離真っ直中の時は、分離していること自体に全く気付いていないので、今後はまず気付きが得られるようになりたいです。
そして、もっとラクに生きられる道を進んで行こうと思います。
ありがとうございました。


☆★☆


今回のワークショップでは、何処かにあると思い込んでいる"正解"を探そうとし、自己ワークや設定を行うことにおいても正解を出したいと思っている自分が居ました。
また他の皆さんより正しい態度でありたい、そしてそれを先生に認めてもらい、先生に目をかけてほしいと思っており、目の前に居る人に真摯に向き合っていませんでした。
これまでもずっとそうでしたが、今回のワークショップではそういった自分を強く認識しました。

また『目的と手段のすり替え』についてお話を伺いましたが、自分も目的から脱線して手段を追い求めていることが沢山あります。
その脱線の仕方はとても自然で、手段を追うことに必死になっています。

参加者の方がお話ししていた「とある異性とお付き合いをしたい」という内容について、どういった方法があるかと考えましたが、実は目的は付き合うことではなく、その結果「こう思いたい」という所だった、というのを知って驚きました。
それは他の誰かと付き合うことでも思うことが出来ることだし、抑も付き合わなくても思うことができるし、実際はもう既に思っている、ということです。
何かが上手くいかない時には、いつでも目的を設定し直すこと、「こうしたい」、それによって「こう思いたい」という目的を確認することに気をつけようと思います。


☆★☆


今回はメインテーマにもなった『手段と目的』を瞬間的にすり替えることと、前回から引き続いて『統合と分離』についての学びがありました。
特に手段と目的については、随分以前からSachiさんに何度も話を聞いていたに関わらず、「そもそも私は人生の軸となる目的すら設定していなかったではないか!!」と気付きました。
と言うか、そもそも設定したくなかったのだと思います。
エゴ的には、そんなことを決められて今までの私の生き方のパターンである「嫌なことを自ら引き寄せて被害者キャラを演じ、本来の自分を見ない行動をしない」が出来なくなっていくかもしれないでしょうから。

ワークのためのワーク、ウォーキングのためのウォーキング??
これまでは手段、手段の中でただウロウロしていただけなのでは~…と思いました。
次の日早速、「私は喜びと愛に溢れた生活をし、いつも穏やかに楽しく心豊かで満たされている」という我が人生の基本設定をし、毎日の瞑想時にこのセリフを何度も言うようにしています。
心なしか穏やかになってる気もします…(笑)。
まだまだ、完全に定着するまでこれからもずっと続けていきますし、今の自分の思考パターンの文言を探して、ひとつひとつ書き換えていく必要があるので、今後もアドバイス頂きながら、自己の思考パターンの観察を続けていきます。
そして、常に目的は何か? 手段と入れ替わってないか? を自身に問いかける癖をつけます。


☆★☆




皆様ありがとうございました。
何故ご感想をお願いしたかというと、その時を振り返る作業にもなりますし、結果として参加している時には流してしまうようなことにも再度気付けるチャンスになるからです。
その最中は解らない、なんてことも沢山ありますしね。

継続して成長を求める時には、出来事の一つ一つをしっかり見て理解して行けることが望ましいと思われます。
生活の中にあるどんなことも、注意深く観察して行けば学びの材料になります。
実生活こそ、最高の学習の場です。
日々の生活の中に於ける自己を見つめて理解して行ければ、こんなに素晴らしいことはないと思います。
ついでにそれを楽しめれば尚良いですね。


また学びの場でご一緒出来ますこと、楽しみにしております。






昨年、手相鑑定をして頂いてからというもの、何となく手相に興味を持ちまして。
その後ちょこちょことネットで調べてみたりしている昨今です。


占いの中でも、手相は統計学のジャンルに分類されています。
他に統計学的ジャンルとしては、生年月日から割り出す占術(東洋・西洋の占星術各種)や、姓名判断等が挙げられます。
また対極に位置するものとして、インスピレーションや偶発性を用いるジャンル(各種カードやリーディング系等)があります。

統計的なデータに基づいているとはいえ、鑑定する方の系統に依ってはお客さんの潜在意識にアクセスして、その印象を口述することもよくあります。
観る人に依って違う鑑定をする場合もあります。
要するに何であっても人それぞれ、結果は色々ってことです(笑)。




本屋さんをウロチョロしている時、手相を無料鑑定していた方のコミックエッセイを発見しました。


手相占いであなたの幸せ引き寄せます!手相占いであなたの幸せ引き寄せます!
(2013/01/18)
卯野 たまご

商品詳細を見る




副業として無料で延々手相鑑定していたそうで、生活が大変な中よく続けていらっしゃったなあと…私だったら身体が保たず早々にドロップアウトしてますね。凄すぎる。


面白かったのは、手相の線が色々と喋るという所です。
よく解らなくてじーっと観ていると、気になる線がぺちゃくちゃお喋りするイメージらしい(笑)。
「プライドが高すぎるの」
「お金使いが荒くて」
「アハハウフフ楽しーい」
みたいな感じです。

私はタロットを使いますが、確かにカードが「こんな感じー」というイメージを与えて来るので、似たようなものかも知れません。
潜在意識を読み取る為のパイプとして、手相の線とかカードがあるのは変わりないのでしょうね。


手相だと言うのに、お客さんが勝手に姓名判断を求めて来たりもしたそうで、そうすると苗字や名前が動いて色々なアピールをして来るとか何とか…ユニークな見え方をする人だなあと思いました。

そういえば過去の私の話ですが。似たようなことがあったような気がするーと思ったら、思い出しました。
その場に居ない人の名前を観て判断してくれと言われた時、苗字と名前が分離している感じがしたんですよね。
……ということは。
「あれ。この人離婚するんじゃないの?」という風に思いまして。
何がどうなってそう見えたのかは覚えていませんが(笑)、結構解りやすく当たっていたっぽいです。
となると、やはり何を通じてリーディングするかの違いでしかないんでしょうねー。



手相と言えば、周囲の方の手相見せてーと数ヶ月前にやっていたのですが、その後1~3ヶ月経って見せて頂くと、結構な確率で変化していたのが面白いなと。

線がぼやぼやしていてよく解りません(自分に対する自信とは関係なく、他人任せであまり自分のことを考えていない結果だそうな)…という人も、自分に向き合うような姿勢を持ち始めたら線が太く濃くなって来たり、細かい線が多すぎ(色々ネガティブな方向に気にしすぎ)だった人の手は、線がすっきりして来たり。


自分についてちゃんと把握したり、向き合って変化をもたらそうとしていると、やっぱり短期間で手相は変わる模様です。
という訳で、手相がこうだから人生がこうなっちゃうのだーではなくて、それまで~その時の生き方の表れが手相なのではないかと思われます。
生き方や自分に対する姿勢を変えれば、手相も一緒に良くなって行くとのことですから、現状がどうであるかをしっかり見据えたら、その上で良くしていくようにしたいですね。


本は面白かったですよ!
漫画好きな人や、さらっとライトに読みたい方には特にお勧めです。






東京に降った先日の大雪は、凄かったですね! まさにドカ雪。
まだまだ路面が凍結していたり、雪が残っている箇所も多く見掛けます。
ご通行の際は皆様ご注意を…って私もですね(笑)。





同業界のセラピストさんとお話ししていると、色々為になりますし面白いお話も沢山伺えます。


「クライアントさんを色々見ている中で解ったのは、『っていうか一番酷いのは私だったな』っていう…」


「…………(笑)」




確かにその通りなんですけどね!(笑)
いや、同じようなことを日頃多々思う訳ですよ。

最近特にひしひしと感じるのは「そうか、自分はものすごく馬鹿だったんだな」です。

いや本当に。本当よ。
馬鹿って書くと語弊がありますけど、正直こう思ったんです。
だから仕方なし(笑)。



自分を見つめたり気付くということが重なると、
「うわーこんなこと考えて行動してたんだ…」
と、それまでの自分が如何に己を知らなかったか思い知らされます。

口で言っていることとやっていることが違う、なんてザラです。
どちらが自分の中にある思考の具現化かと言えばどちらもそうなのですが、行動の結果発生する思考が潜在意識の中にあるパターンの結晶である場合が多いでしょう。
「やっぱり」とそれを実証したくて、同じパターンを繰り返すのです。



多くの人は自分が何を望み、何を欲し、何を基に日頃の言動を取っているか解っている気になっていますが、実際蓋を開けてみれば、自分が本当は何を考えているかさえ顕在的には『知らない』で居ることが殆どです。
これを知ることで、現行の現実に対して手を加えたり、新たなパターンを植え付けたりということが出来ます。

が、その前段階に在ってどういう訳か解った気になっている自分に毎度驚きます…ええ、そりゃもう驚きですよ。
な・に・を・根・拠・に! 解った気になっていたのか…うーん不思議不思議。
解っていることにしておけば、そこを変更されないだろうというエゴのお仕事かも知れません。
そして自分に騙されまくる日々(笑)。



様々なことを知れば知る程に、それまで如何に知らなかったかを突き付けられるし、知ろうともしていなかったこともワンサカ出て来ます。
何もかも知っていなければいけない訳ではありませんし、知らないことが悪いとか何かと比較して劣っているということではありません。
だからどうだということでも無いのですが、「知らなかったとは言えこれは無いわー。あー無いわーあははー」と思うこともよくあります。

モタモタと亀の歩みよりも遅いスピードで、って引き合いに出すと亀に失礼ですが、とにかく何とか成長し……ようとしている(成長"している"とは言い切れない所が何とも…笑)中、現実を知る度にどんどん頭が下がって行く思いです。
自動的に頭下がりまくり。



『実るほど 頭を垂れる 稲穂かな』

という有り難い言葉がありますが、我々は謙虚さを知ることでやっと成長が始まるのかも知れません。
自分が一体どれほどのものなのか、現時点での事実を把握して初めて学びと向き合うのだと思われます。
……まー、自分を見ても言う程には特に何も実ってない気もしますが(笑)。

誰かと比べたり、外付けの基準に比較したりではなく、たった今の自分がどうであるか。
ホントはもっと凄いんだーとか、周りが解ってくれないんだーとかいうことではなくて、たった今実際はどうなのか。
ここをしっかり見据えた上で、新たに歩みを(モタモタと 笑)進めて参りたいと思っています。


謙虚って大事だよね。謙虚大事よ大事。謙虚さを以てがんばらないとねー。
と、お互い頷いて会話は〆ました。
頭は何となく下がったままの会話でした(笑)。


えーと。がんばります。ハイ。






昨日は、2013年初のワークショップでした。
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました!
ご参加下さった皆様には文末にお知らせがありますので、どうぞ最後まで読んで下さいねー。



まずは、今後確定しているワークショップのスケジュールのお知らせです。


★2013年2月
2月10日(日曜) 11時~14時

★2013年3月
3月10日(日曜) 11時~14時

★2013年4月
4月14日(日曜) 11時~15時



4月開催分から時間と料金が変更になります。これまでより1時間延長されて、4時間です。
※それぞれの詳細は、ホームページでご確認下さいませ。



★☆★



気付けば現在の形でワークショップを開催するようになって、丸四年が経過。
今年からは5年目に突入です。

元々、不定期だったり主催が別の方という形であれば、10年以上前から開催してはおりましたが、このように毎月定期的に…というのは4年前からです。
あれもこれも全て他人様からオファーを頂いてスタートしたのですが、まさかこんなに長く続けることになろうとは…とてもとても不思議な気持ちでおります。



毎月継続しての開催にしたのは、
「一回限りではない気付きや成長を得るには、継続した自己への取り組みが必須である」
という、至極当たり前の理由からです。

確かに、単発的に「これを解消したい!」という限定されたテーマをお持ちの方や、「あれが欲しい! こうなりたい!」という解りやすい目的をお持ちの方も多数いらっしゃいます。
例えば、人間関係を良くしたいとか家族の問題をどうにかしたいとか結婚したいとか…それぞれがそれぞれのテーマを持っていることでしょう。


でも、暮らして行く中で「また同じだ」「いつもこのパターンだ」というのは、ちょっと注視していればゴロゴロ出て来ます。
そして人のエゴは、常に「これさえ解消すればorあれさえ手に入れば幸せになれるのに」と言い続けるものなのです。

抑も何故そんなことを思うのか?
絶えることのない不満や不足、そして飢餓感や繰り返されるパターンは、一体どのように何をすれば動かせるのか。
そういったことに変化を見出そうとするならば、何らかの形で自分に向き合い続けることなくして、やはり変えることは難しいのだと思います。



成長は辛いものだとか厳しいものだと思い込んでいる方は、割合多いと思います。
それは何故かと言えば、自分の持っている事実に対していつも目を背け続ているからですし、それを直視した上で明るみに出る内容を何処かで解っているからです。
"こう思っていたい"という自己像と違うものを目の当たりにするのは、エゴにとって大変嫌なことですので、知らない方が良かったと思うこともそこそこあるでしょう。

でも事実は事実。
もし変化させたいのであれば、とにかくそれを踏まえた上でどうにか出来る訳ですから、ステップとして非常に重要なことと言えます。
事実は事実以外の何者でもありません。
そこに嫌だとか辛いというカラーを付けるのは、我々のエゴなのです。



どうか自分に対して幸せを与えてあげるつもりで、愛を以て自身に向き合い続けることを選択して頂ければと思います。



★☆★




1月ワークショップにご参加下さった皆様へ。
出来れば一週間以内に、感想文を提出して頂けると有り難いです。
強制ではありませんが、ご自分のフォローになるかと思いますので、是非宜しくお願い致します。

・今回のワークショップで特に印象に残った場面(誰かの発言や行動でもOK)と、その理由

・ご自分と照らし合わせて、どのように気付きがあったか

・今後の生活に落とし込めそうな内容、今後の展望

・その他、メッセージやご質問等何でも



こちらをご参考頂きまして、メールでお送り下されば嬉しいです。
でも強制ではないので、ご無理なさらず(笑)。





また学びの場でご一緒出来ますこと、楽しみにしております!




先日、編集時代の先輩とお会いしまして。
遅めの誕生日プレゼントとして、トンカツをご馳走して頂きました。


金華豚ヒレカツ


こちら、平田牧場さんといって、全て自社で賄っている企業です。
色々な所でお店を展開しているようですが、今回は日本橋駅に直結しているビル、COREDOの4Fにあるお店へ行って参りました。

先輩は取材時にこの企業を新潟で知って、東京にも店舗があるという話を聞いたそうです。
美味しかったなあということで、その後ちょいちょいこちらの店舗で食事をしているそうな。



お店が金華豚のフェアをしていましたので、金華豚のヒレカツ定食を頂きました。
男性にしてみるとやや少なめかも知れませんが、私には丁度良かったですよー。
お肉も歯応えと柔らかさのバランスが良くて、大変美味しく頂きました。

塩を振って食べると美味しいよ、と教えて頂いたので、塩・すりごま入りソース二種と色々な味で食べたりしたのですが、それぞれ味が違っていいですね! 美味しい!
でも塩は確かにイイなあ…塩に戻って来ちゃうかもな…と頷きながらトンカツを食す私(笑)。




ダークチェリータルト

キャラメルエクレア


同じCOREDOの中にあるカフェへ移動し(ハシゴしたりもして 笑)、色々なお話をしました。
先輩とのお付き合いは、同じ現場だった頃から数えて15年ほど経ちます。
仕事上の接触が途切れた今でも懇意にして下さるというのは、本当に有り難いことです。
一口に言えば『ご縁』というものなのだと思いますが、それでも仲良しを続けられるのって嬉しいことですね。

「以前居た編集部は、どういう動機で入って来たんだっけ?」
と訊かれて、「あれ? そういえばなんだったっけ…」と暫し記憶を手繰り寄せたりという会話もあって、自分の過去を思い出す作業もちょっとだけやりました。
確かこういう理由だと思うんですけどーとは言ったものの、本当は果たして何だったのか…(笑)。


またお会い出来る日を楽しみにしながら、お仕事がんばりましょー! とお別れしました。
良い一日でございました。ありがたや。



さて、明日は月イチ開催のワークショップです。
お会いする皆様とどのような学びが得られるのか、とても楽しみです!




お正月気分も抜け、通常運転の方が増えていらっしゃったかと思います。
改めまして、今年も宜しくお願い申し上げます!


昨年末から、瞑想三昧(私にしては、というレベルですが 笑)の日々を送っておりました。
これまでやっていたはいたのですが、これを境に腰を据えてやろうということで。



っていうか。
ぶっちゃけ瞑想ってなんぞ?



という方もいらっしゃるかと思います。


「あー、お寺で座って目を閉じてじっとしてるやつでしょ? で、ぼんのーがあるとバシッと叩かれるやつ」


こんな感じが世間一般のイメージかも知れません。
いや、昔の私がそうだったというだけです(笑)。



何故、古今東西の宗教者や精神世界の住人は瞑想をするのか?
理由もその効能も色々あります。

精神統一だとか集中するといったイメージがあるかも知れませんが、その実は深~いリラックス状態を感じることにあります。
またマインドと距離を取り、日頃忙しなく囁く思考や感情に囚われないでいる時間を持つこと。
思考を止め、ただあるがままの状態を感じること。
更に言ってしまうと、『脳波を意図的に変えること』なのです。


覚醒時、活動している時の脳波は大概ベータ波です。
リラックスしている時の脳波は、アルファー波です。これは割と有名な話ですね。
瞑想が出来ている時、まずこのアルファー波になります。
更に熟練して深い瞑想状態に入って行くと、シータ波へと波形が変わります。
パルスが非常にゆっくりとしたスピードへと落ちます。
睡眠時の波形とも言えるでしょう。

でもって、この境地というのは平和を感じられる状態なんですね。
アルファー波でも平和は感じられますが、更にそれが深まると言えます。
人為的・意図的にシータ波へ持って行けると、色々良いことがある(笑)ので、多くの方々が練習しているんですよね。


先ず、直感的な気付きが増大します。
潜在意識を象徴するような夢を見たり、生活の中で閃いたり、共時性(シンクロニシティ。『意味のある偶然の一致』と解される)を感じるようなことがどんどん増え続けます。

自分に対して必死こいて「取り組まなきゃ!」とやらなくても、瞑想を生活の中で継続的にしていると、様々なヴィジョンや気付きが潜在意識から浮き上がって来やすくなります。
また洞察力が高まったり、深い部分での理解が増えたりもします。

また単純に、落ち着いて生活出来る時間が増えるということでもあります。
自分が作り出している喧噪の世界から距離を取って、巻き込まれずに居ることも可能です。
勿論それは訓練次第ですし、出来ていればのお話(笑)。




さて、「瞑想しなきゃーと思えば思う程、頭の中がお喋りで一杯になって全然上手く出来ませんー」という方は多いと思われます。
とりあえず大切なのは、自分の身体を感じることです。
最初はグラウンディングから入りましょう。

グラウンディングとは、読んで字の如く"地に足を着ける"こと。
瞑想しなきゃしなきゃ! マインドが消えない、出来ないよー!
となっている時は、地に足なんか着いていません(笑)。




☆★☆


椅子に腰掛け、両脚は床に着けます(スリッパや靴を履いていることは構いません)。


目を閉じてゆっくりと息を吐き出す所からスタートします。


ゆーっくり、出来る限りゆっくり呼吸をしている時、自分が呼吸をしていることに意識を向けましょう。


ある程度呼吸が深くなって来たら、今度は両脚の裏からコードや根っこが下に向かって伸びて行くイメージをします。


地球の中心にそれが届いたら、アンカーとして地球の中心に引っかけ、そこからエネルギーを吸い上げましょう。


身体の中にエネルギーが満ちていくイメージが出来て、足を着けている所と自分が完全にブレのない状態になったと感じたら、グラウンディング完成です。


☆★☆

※手順を簡略化して記載していますが、他にも様々なやり方があります。




初心者さんは瞑想せずとも、これだけ出来れば上々と言った所でしょうか。
結構リラックス出来ると思いますよ。
マインドと距離を取るにあたり、グラウンディングは大変重要ですので、身体を意識することや呼吸に意識を向けることは毎回忘れずにやると宜しいんじゃないでしょうか。

うちのお客様が、グラウンディングをちゃんとやるようになったら、
「瞑想中ぐるぐると取り込まれてしまう思考と距離を取るのが上手になった」
と仰っていました。


生活の中で驚きを体験した時や、何らかの理由で落ち着きを取り戻したい時等、グラウンディングはとても有効です。
慣れれば数秒で出来るかも知れませんが、「ガッチリ足が地面に着いてます~」という確信を感じる状態に至るまでは、また安定して毎回ちゃんと地に足が着くまでは、それぞれのペースでゆっくりやりましょう。

ビギナーは心地良い状態でトライすることから始めて、慣れて来たら電車の中やお店の中でもやってみるといいでしょう。
そのうち、うるさい場所でも出来るようになります。
慣れです、慣れ(笑)。


グラウンディングが意識的にコントロール出来るようになったら、次のステップとして瞑想へ入る。
……こういう手順がお勧めです。

「ああして、次はこうして…」「やらなきゃ、やらなきゃ」と頭を過剰に働かせたり、自分を追い込んだりしてしまうと、結果が出づらくなります。
ですので、呉々もライトなイメージで気軽にやってみるのが宜しいかと思います。


続けることで確かに自己成長も促されますが、単純にラクに過ごす時間が増えるという意味でも、グラウンディング~瞑想はお勧めですよー。










皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

新たな一年が始まります。
素晴らしい一年のスタートにしましょうねー。


私は年末から勉強をしていまして(主に実践ですが)、これまで長いこと積み重ねて来た知識や経験を、ある程度一つに収束するようなものを会得出来たらいいなーという感じです。
勉強しても使いこなせなければ意味が無いので、きっちり体得出来るように、使いこなせるようにと思いながら、本を何度も熟読しつつ実践を積んでおります。



さてさて。
わたくし本屋さんに行くのが趣味の一環なのですが、元旦から本屋さんをウロウロしてました(笑)。
そこで懐かしい雑誌を発見。


大人になった少女たちへ! My Birthday (実用百科)大人になった少女たちへ! My Birthday (実用百科)
(2012/11/15)
実業之日本社

商品詳細を見る




休刊していた筈ですが、どうやら一度きりのムック本形式での発売らしいです。
勿論買っちゃいました(笑)。
うっわー! なつかしー! と言いながらページを捲りまくる私。
子供の頃から高校生辺りまで、マイバースデイは本当に愛読していました。



これ、女の子向けの占い専門雑誌だったんですよね。
当時は今のように、占いや心理テストなんかの知名度はありませんでしたから、こういう雑誌から色々な知識を吸収するしかなかったんですよ。
他は完全にオカルトど真ん中~な感じだったりしましてね。
ちょっと可愛い雰囲気で女の子向けっていうと、マイバースデイしかありませんでした。

私が神秘の世界に触れたのは、この辺りが最初だったんじゃないかと思います。
小学校の低学年…もうちょっと上でしょうか。
小学校高学年の頃には、クラスメイトの女の子達とこの雑誌の話をしていた記憶がありますので、多分3年生とか4年生頃には読者だったと思います。


とある号の付録にタロットカードが付いていて、それが私にとって初のタロットカードでした。
絵柄が綺麗だったので、とってもお気に入りでございました。
実際に結構長い間(10年近く?)使ってましたし、今でも取ってありますよ。使いすぎて色褪せておりますが。
っていうか私、タロット幾つ持ってるんだろう…(笑)。

今では専らマルセイユ版を使用していますが、それまでは色々なバージョンのカードがあって、「綺麗だなー」と思うとつい買ってしまうという、コレクションしたくなる美術品のような印象でした。
見た目が美しいのと、使いやすいかどうかはまた別なんですけどね(笑)。



西洋占星術の基礎知識(浅~い所です 笑)を知ったのも、東洋の占術についてある程度知ったのも、世界の神話に何となく詳しくなったのも、下地はこの雑誌があったからです。ありがたやー(更にマニアックに掘り下げられたのは、中学生辺りからのめり込んだゲーム達のお陰。私の知識の大半はゲームと漫画で出来ている… 笑)。
占いやおまじないといった類のみならず、心理学にまで斬り込んで行く内容も網羅されていて、とても興味をそそられました。

西洋占星術のホロスコープ(出生時の星の配置)から見ると、私は12室に冥王星があるのですが、以前見て下さったアストロロジャーの方からは「ヒーラー特有の星の配置」と言われたことがあります。
また12室には水星もあるのですが、12室は通常社会からは隠された部分や心の中に存在するシャドウを表し、ここに知性や勉学を表す水星があることで、『深層心理等の隠されたものを探求すること』に興味を持っているのを暗示していると思われます。
今の自分を見ると、確かに言い得て妙(笑)。


「占いではこういうチャートだからこういう性格・運命」
なのではなくて、
「過去世やら何やらの影響で持って生まれた性格や予定が、チャートに表れている」
訳です。
だから、後付けで幾らでも変えられるんよー。

今でこそこういう風に断言出来ますが、このような捉え方を得るまでには色々な道を通りました。
生まれ持ったものを、どうにかして変えられないかと探して探して、占いだけでなく高校生辺りから深層心理学を学び始め、スピリチュアリズムを覗き、色々な方向から今も尚探求しているのは、子供の頃にこういう雑誌が下地を作ってくれた部分が多少なりとも関わっているのでしょう(それ以前に転生しまくってこういうことに関わり続けて来たというのもあるんでしょうが 笑)。




何だか自分のルーツを垣間見た気分です。
丁度、昨年末に気付いたことを振り返って、
「やっと人生のスタートラインに立った気がする」
と思ったばかりでした。
そんな折、上手い具合にこういう雑誌を見付ける私(笑)。
何だか面白いなーと、妙な感心をしてしまいました。



また新たに自分をスタートしたいと思います。
2013年もどうぞ宜しくお願い致します!!






プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi