resonance

Entries

Date : 2012年02月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

東京は本日、大雪でしたね。
厳寒のイメージがある2月は今日で終わり、明日から3月に入ります。
今年は閏年なので、4年に一度『2月29日』がやって来る訳ですが、どーんと雪が降ってちょっと面白いなあと思いました。


さてさて、そんな降雪で交通機関が狂いまくる中、電車に乗ってセッションをして参りました。
使用交通機関の半分以上が遅延や運転見合わせだったのですが、上手い具合にと言うべきか、時間通り無事に到着出来て本当に有り難かったです。
お客様が来ても、私が居なかったらシャレになりませんがな(笑)。

日頃当たり前に使用しているものが時折使えなくなると、その有り難さを痛感します。
それが当たり前ではないこと、沢山の人の力を使わせて頂いていることに、感謝せずに居られません。
が、精神的に荒んでいると、怒りの方が勝ってしまうかも知れません。
確かに、そういう状態の時に感謝なんか出来ません。分かります。勿論、誰にでもあることです。
抑も、感謝出来る状態であることが有り難いことなのですから。



本日セッションを受けて下さった方が、

「本当にありがとうございます。沢山のことを教えて頂いて、一生分のありがとうございますという気持ちでいます」

と仰っていました。

一生分の「ありがとう」。それはそれは凄いことです。
それだけ、変化を感じて頂いたのかなーと思います。
感謝して頂けることは大変光栄なことですが、気持ちの大きさに圧倒されますね。
こちらの方こそ、大変有り難い気持ちになりました。



帰りは新宿に寄って、お友達用の誕生日プレゼントを買ったんですが。
お店のお姉さんが「喜んで頂けるといいですね」と笑顔でお見送り下さいました。
そこは新宿にあって、ただでさえ物凄く忙しいお店なのに、このおねーさん素晴らしいわ…とビックリしてしまいました。
何気なく言って貰える一言、たったそれだけで幸せな気持ちになったりするものです。

言葉の力って凄いと思います。
ただの一言で救われたり、目が醒めたり、気付いたりします。
同時に、傷ついたり、喜んだり、笑ったり、泣いたりもします。

方便だろうが建前だろうが本気だろうが、それでも相手に喜びを与える言葉というのは、黙って思っているよりも口に出す方が、余程良いのではないかと思います。
基本的に、人間というのは思っているだけでは伝わりませんからね。
言葉にして初めて「えー! そんな風に思ってたの? 知らなかった」と言われることも沢山ありますから。





雪だるま


帰り道に見掛けた、雪だるまです。
ミニサイズが並んでいて、少し溶けかかっていました。
沢山降った雪も、明日には殆ど溶けてしまうのかなーと考えながらの帰路でした。





3月22日の23時37分から新月が始まるのですが、この新月は春分の日を経て一番最初の新月となります。
何か特別なことがあるのか? ということですが。

西洋占星術では春分の日を一年の起点として見る傾向があり、新月の願いをするにあたって、次回新月はお正月的なポジションにあたるという意味合いが含まれます。


ジャン・スピラー氏の著作である『魂の願い 新月のソウルメイキング』によりますと。
毎月やって来る新月の時は"箇条書きで願い事を書きましょう"なのですが、春分の新月は"コラージュもやりましょう"と推奨されています。

[魂の願い]新月のソウルメイキング[魂の願い]新月のソウルメイキング
(2003/11/21)
ジャン・スピラー

商品詳細を見る



お正月的な日なので、日本では書き初めをやるように、西洋占星術的にはコラージュしましょーってことなんじゃないかな? と思います(笑)。



ここで言うコラージュとは、自分にとって"欲しい物・なりたい人物・行きたい場所・会いたい人、なりたいイメージ・やりたいこと"等のイメージ写真等を切り抜き、模造紙などにどんどん貼って行く切り貼り作業のことですね。
そういう写真を新月になってから探すのは手間ですので、今の内にストックを沢山作っておくのがお勧めという訳です。

例えば雑誌だとお金がかかる…のであれば、無料パンフレットや広告デザイン、インターネットの画像ダウンロードなどで集めることが出来ます。
お勧めは旅行会社のパンフレット、無料の通販雑誌、新聞広告等ですね。
ちょっとでも「いいな」と思ったら、先に何枚も切り抜いてストックしておき、当日になったら取捨選択して貼るかどうかを決めれば良いので、それまでは黙々とコレクションするのが良いと思います。



ワークショップにご参加下さっていて、昨年コラージュをした方にお話を聞きました所、
「何種類かのジャンルに分けて貼りましたが、それを見たSachiさんに『ココがメインで目に入って来ますね』と言われ、その後の一年でその通りに他の部分はどんどん消えて行きました」
らしいです(笑)。

4月のワークショップでは、3月に製作したコラージュ(と、前年度製作した方は前年度の分も)をお持ち頂くことを推奨しているのですが、何故かと言うと自分の願望を視覚化して見せることで、他人の意識に焼き付けることが可能だからです。
一人でそれをイメージするよりも、何人ものイメージを使った方が、早くラクに現実化が進むということですね。


そんな訳で今から素材集めに精を出している方が、周りにちょこちょこいらっしゃる気がします。
私もストックを始めようかという所です♪




あの頃は楽しかったなー。
なーんて思う時が偶にあります。
では、その頃に戻りたいかと問われれば、「それは絶対に嫌だ!」と即答します(笑)。



『あの頃』というのは、あくまでも『あの頃』なのであって、『今ではない』のです。
エゴは思い出を美化します。
その頃の大きな事件やショッキングな出来事はともかくとして、日常的に起きていた些末な出来事や、慢性的に抱えていた悩みと、それに付随した感情なんかは、記憶の中からキレーサッパリ洗い流されている可能性が大。…だと思うんです。

更に言うと、「あの頃は良かった」「あの頃の方が良かった」という発想は、現在に対する逃避なのだと思えます。
現在抱えている問題や、直面している何かに対して、手を着けたくないとか、今の方が間違っている等というエゴの囁きによって、過去に逃げたくなってしまうのではなかろうかと。


偶にノスタルジーに浸るのはアリだと思いますが、それが逃避であると分かれば、案外不要かも…と思考が変わる可能性が高くなります。
逆に、思い出に縋り、今を見ることなく生きるというのも、アリと言えばアリです。
どちらもアリ。
何故なら我々は(気付いていないだけで)毎日毎秒、選択権が与えられているからです。

いつでも選ぶことが出来るから、今はいいや。
というのも、それはそれで宜しいのではないかと思います。


過去の自分に戻りたいという風に思う時、違う側面から見るならば、現在の自分を否定していることになります。
もし困ったことが発生して、落ちてしまったのだとしたら、過去に戻るという選択肢があるように見えても、戻ることは実際不可能です。
時間は巻き戻せないのです。

では、他に一体どんな手があるのかと言うと、「もっとラクになる・もっと良くなる」というビジョンがあるんじゃないかなーと。
まだ見ぬ未来なのだとしたら、"もっと悪くなる"のと同じ位、"もっと良くなる"という道もあると私は思います。
今は実現していないが、現実化する可能性があるという意味では全く等価です。


「そうは思えません」と仰る方もいらっしゃるでしょうが、そう思うこともまた選択の一つです。
実は、一瞬で沸き上がるように錯覚している思考さえも、我々は選択することが出来るのです。
どう受け取るかも、どう解釈するかも、全て潜在的な部分で選んで決定しています。

昔の私で言いますと、非常に僻み根性が強い、捻くれた子供でした(笑)。
そんな精神状態のまま大人になったので、そりゃもう生き辛いったらありゃしない…な毎日でした。
でも、潜在的な観念が人生を握っていることが分かって、そこに手を着けることにしたんです。
威張ったこっちゃありませんが、私は結構重症な人間だったので(本当に威張れないんだけど 笑)、一発で何もかもが変わった訳ではありません。


それでも振り返ってみると、激変と言って良い程に人生が変わりました。
今も尚、変化を続けています。
やればやっただけ、手を入れれば入れるだけ、望むように変わって行ける可能性があると、そう思います。
こんな風に、私の中では「常に過去より今の方がラクになっている」という自覚がある為、過去に戻りたいとは想わないということです。

過去に戻るのではなく、よりシンプルになる。進化する。
そうすることで、もっともっと無限に楽しく生き易くなる可能性がある。
その可能性を人生の中にちょっとでも挟み込んでみるのも、一つの道としてアリなんじゃないかなーと思います。




以前、知り合いの方が口癖のように

「私は人を裏切る位なら、裏切られた方がマシだと思ってる」

と繰り返し仰っていました。
凄く親しい方ではないのに、何度も言われるので非常に印象深かったんですね。
実際その方がどうだったのかと言うと、こと異性に関して、何度も手痛い仕打ちを受けていたように思います。


このように、何の抵抗もなくつるっと口から出て来る文章というのは、観念の深い部分に刻まれているパターンを表しています。
頑なにそう思い込んでいるのですから、当たり前のようにそのように行動するでしょう。
それを現実化してくれる人を見分け、実際現実化してくれるように仕向ける。

よく言う、口癖で人生が変わるというのは、これを逆手に取った方法です。
人間は言語で思考していることもあり、これを逆に口に出して繰り返し刷り込むことで、パターンを変えましょうってことです。



「人がどういう言葉を使うのか、自分が何という言葉で話しているのかを、具に観察するようになった」

というのは、自分を知る道へ入った方が口を揃えて仰る言葉です。
言葉がその人を構成する思考を表しているからです。
それは本人さえ気付いていない、遠い過去に植え付けられた観念なのかも知れません。


お友達のお子さんが、トレーディングカード(かな?)を買う時に、「どうせいいカードが当たらないもん」と言っていたのを耳にしまして、私はこう言いました。

「じゃあ、今度から選ぶ時に『ぼくの所にはすごーくいいカードが来ます、ありがとうございます!』って言ってから選んでみたらいいよ」

その後、早速実行してみたら、レアカードが当たったそうな(笑)。
お子さんはやっぱり早いですねー。
まだ人生が短く、パターンがあまり繰り返されていない幼児なんかだと、かなり早い段階で修正が効きます。

但し、やっぱり少ない回数とは言えども繰り返して来たパターンがありますから、前の口癖に戻りそうになったら大人がアドバイスしてあげたら良いのではないかと思います。



大人であっても、観念の情報量が少なくて、メンタルブロックのある場所が浅い方の場合は、非常に速いスピードで変化が現れます。
ただ単に、口癖を変える程度のことでも、劇的な変化を遂げられるでしょう。

ブロックを先に解除することで、口癖や思考が変化するという場合もあるので、これはケースバイケースというか、人によると言えるでしょう。
セッションなんかでブロックをどんどん外して行った方が、実際話す言葉に大きな変化が出ているというのを、私もよく体験しています。


目に見える形で色々なことを書き出して、同じ単語に色ペンでチェックを付けて行く、というのもアリですね。
自分がどのような文章で思考し、会話しているのかを知ることは、変化への第一歩になります。
もしかしたら、そこから人生を望むものへと変えて行けるかも知れません。




本日はお友達のおうちにご招待頂きました。
なーんと旦那様が、手ずからホットケーキを焼いて下さいました! ワーイやっほーう♪


芸術的な仕上がりに感動。
パッケージ写真みたいな厚さ、完璧な焼き具合、あまりにも上手い!!(笑)


ホットケーキ


ホットケーキは好物なので、一時あちこちを食べ歩いていたこともあります。
お手製を振る舞って頂けるなんて、本当に有り難いですねー。

大変美味しく頂きました。
ご招待、ありがとうございました!

その後、ちょっとした所用にて地元で別のお友達とお茶をしていました所、入れ替わり立ち替わり共通のお友達(や、そのお子さん)が現れ(笑)。
大変面白くも楽しい一日でございました~。


好きなもの、食べたいものを食べさせて頂けるというのは、本当に何と言っても贅沢なことですよね。
以前読んだ本に、
『会いたい人に会えないことと、会いたくない人に会ってしまうことは特に辛いことである』
みたいな行(くだり)があったのですが、食べ物でも同じことが言えるなーと思います。

食べたい物を食べられないことと、食べたくない物を食べなければいけないこと…似てますな。
それはもう、食べられるだけ有り難いことなんですが、"会いたい人、会いたくない人"も食べ物みたいなものな訳です。
精神的には摂取して、影響を受けている訳ですから。


でも、沢山のものを咀嚼して呑み込んで、全てをエネルギーに変えて行けたら、生きるのラクよねーとも思います。
否定されたり嫌われたりしても、プラスもマイナスも関係なく、全部を前進へのエネルギーにしてしまえば。

悪食しろとは言いませんが(笑)、そういう風にしちゃえば簡単なんですよね。
そんなこと出来ないよーと思われるかも知れませんが、案外出来なくはないんじゃないかと。


…とは言え、出来れば美味しいもので栄養にしたい所です(笑)。



仕事の先輩だった方から、ン年ぶりに突然メールを頂戴しました。
かなりびっくりです。



とーっても大昔。
その方とは編集の仕事でご一緒していたのですが、私が職場を辞めたことで連絡が途絶えて数年が経過しました。
そんなある日、突然家の電話に先輩から電話が掛かって来ました。
当時は携帯電話が普及し始めて間も無い頃で、私は携帯電話を持っていませんでしたし、先輩には家の電話番号を教えていませんでした。

なんで分かったんですか? なんでン年経ってるのに連絡下さったんですか? と訊いた所、
「理由は無いけど、なんか連絡してみようと急に思い立ち」
電話帳で調べたらしく(笑)。


しかも電話帳には、世帯主である父親の名前で電話番号が掲載されていたんです。
私の個人名は何処にも載っていない上に、父親の名前なぞ知っている訳でもあるまいに、何故うちだと分かったのか?
謎は深まるばかりです。

「なんかコレかもって思った番号に掛けたらいきなりビンゴだった」

えー。
"なんかコレかも"でいきなり当たるもんなんですかー。
我が家の姓って全国的にもそこそこポピュラーでして、現在も半径200メートル圏内に同じ姓のおうちがうちを入れて3軒あります。
そんなよくある姓の中から一発検索をするなんて、何者かに操られていたとしか思えない(笑)。


…というようなことがありまして。
それを機会にちょくちょくやりとりがあったのですが、数年前辺りからまた疎遠になっていました。
隣町にお住まいなのは知っているのですが、その割にお会いしないまま現在に至るという訳です。

そうしたら、今日いきなりメールが。
内容は特に無いのですが、元気ー? その後どう? 近々ごはんでもーという感じで。


いやー面白いなあと思いまして。
どうして急に私のことを思い出して下さったのか、先ずそこが謎です。
何かきっかけがあったのか、それとも昔のように、どう考えても不自然な成り行き(笑)でメールを下さったのか。

人間って潜在意識では繋がっていますから、ひょっとして私が先輩の何かを引っ張ったのかも知れません。
いや、逆に先輩の何かに反応して、メールを書いて頂いたのか?
または、違う動きに二人とも反応しているのか?


面白いなーと思えることがあれば、またご報告します。
以上、メールで思い出した、不思議っていうかおかしな話でした(笑)。




人間関係を見る時に重要なキーワードは、『投影』と『釣り合い』です。



投影とは読んで字の如く、"影を投げ掛ける"ことです。
心理学用語に、『シャドウ』という言葉があります。
端的に言いますと、見たくない自分自身の影を表します。
「自分はそんな人間じゃない」と言い張る、嫌いな所、認めたくない部分のことですね。

これを、他人というレンズを通して投げ掛け、恰も相手のことが嫌いであるかのように思い込むこと…というのが、分かりやすい投影の例と言えます。
逆もまた然りで、好きな部分に関しても同じようなことが言えます。
好き・嫌いに関しては投影から紐解けることが多いので、私は先にこちらを見ることが多いですね。


もう一つ、"釣り合い"。
これは、「全てのものはバランスしている」という観点から見てみる、という話です。
例えば超自立と超依存がカップルになることも、釣り合いが取れているという意味では、異論を挟む余地が全くありません。
凸と凹で一つのものを表すように、一見逆に見えるもの同士が同じ力を使って、引っ張り合っているのです。

仮に、非常に優秀な奥様と非常に横暴な旦那様という夫婦が居たとしましょうか。
世間様は「なんでかしらねー旦那は酷いわねー」「奥さんは大変ねー」と首を傾げたりします。
しかし見方を変えてみると、夫婦をやっていられる位には釣り合っているのです。
表面に現れない部分かも知れませんし、当人同士は全く意識していない部分かも知れませんが、完全に均衡を保っているからこそカップルが成立します。
この人はダメな人だと思う部分と全く同じ箇所を同じ分だけ、自分も持っている可能性が非常に高くなります。


エゴがものすごく強い人に振り回されているように見えても、釣り合っていると考えるならば、同じ位はエゴの強さを持っているのかも知れません。
嫌いで嫌いでフォーカスしてしまう、でもそこから離れることが出来ない場合も、何処かがバランスしている。

全く同じパワーバランスで釣り合っている。
だから、自分の方が弱いと思い込んでいても、実は相手と全く同じパワーを持っているのです。
相手より強すぎても、弱すぎても、バランスしなくなりますからね。


これを壊す一番簡単な方法は、そのゲームから降りてしまうことです。
若しくは同じ部分を探し、完全に認めること。
これらはバランスを崩す方法とも言えます。

先に進むことを選択するか、そこから抜ける(逃げるのとは違います)か、完全に手を引くことで、均衡は崩れます。
いじめの被害者は騒ぎを大きくすることで目を向けさせる、共依存の親子はどちらかが自立を選ぶ、DVカップルの被害者はそこから抜け出す等々…これらの動きによって、それまでの形を保っていることが出来なくなります。


これは、個人対個人のみならず、集団に関しても言えることです。
国家にしても共和制、民主制、専制君主制等、様々な形の集団がありますが、互いのパワーバランスが均衡を崩すことによって崩壊して行きます。
他にも、家族と自分、友達と自分、会社と自分、お客さんと自分、ママ仲間と自分等々、色々ありますね。

それらと自分はバランスしてるのかーと考えてみると、これまで目を向けて来なかった部分に気づけるかも知れません。
嫌いな人とバランスしていると考えるのは嫌でしょうが(それも分かりますよ)、ちょっと視点を変えてみても面白い発見があるかも知れないかなーと思います。
よーく見てみると、ガッチリ組み合って成立している形を壊す鍵が、何処かに隠れているかも知れません。





まだまだ新月続行中です!
読み直し、書き直し等、何度でも出来ますので、楽しんで納得行くものを書き出してみては如何でしょうか。

私は今回、「運そのものを上げる」「現実化する力を更に付ける」等の項目を盛り込んでみました。
暫くの間取り組んで来たのですが、もーちょっとあるといいなーと思っていたので、新規で取り込んでみた次第です。



さて、ここ一週間ほどで、沢山の方から多くのご報告を頂いています。

・以前は出来なかったが、気が進まないことを断ることが出来た
・全く予期せぬ流れで、急に数年来の念願が叶ってしまった
・以前怖かった人に対して、一切何も感じなくなった
・先の展望が楽しみになって来た
・悲観主義が楽観主義に変わって来た
・自然体で良い仕事が出来た


等々、他にも沢山あります。
立春過ぎてから、こういうご報告を頂くことが凄く増えた印象があります。
春だからっていうのも、ひょっとしたらあるのかも知れませんねー。
色々なものが芽吹く季節ですから、これまで準備が進んでいたものが、芽吹いて形になりやすいのかも…と思います。
お話を聞くだけでも、凄いわー本当に凄いわーと、皆さんの凄さにキョロキョロしてしまうばかりです。

中には、「本当に前と違うように出来ているのか、試されてる感じがする」と仰る方もいます。
あ、自分でやっているのが分かっていて、敢えてそういう表現をされているだけですよ。
そういう風に捉えられるようになったこと自体も、とても進んでいると言えるので、あんまり慎重になりすぎなくても良いかなーと思います。


世の中には色々な方がいらっしゃるので、目に見える変化が無いとしても構わない訳です。
もしかしたら気付いていないだけかも知れないし、(怠惰という意味ではなく)何も無いことこそ幸せだったりもします。
例えば健康に過ごせるというだけでも有り難く素晴らしいことですし、食べるものや寝る場所があって、生活が出来ているということ自体、有り得ない程に恵まれていると言えます。

全てのことは「当たり前」ではない。
こういうことに気付いて行けると、もっと人生を深く味わったり楽しんだり出来るようになる…かも、知れない。
勿論、ここから更に上を目指したり、進んで行くことに勢いを付けることも大いに素晴らしいことです。
人それぞれの道があると思いますし、敢えて苦痛と逃避に填るというのも、アリと言えばアリです。
でも、"ただ気付けば良いだけだった"ということが、とても多いように思います(あくまで私の経験上ですが)。


苦痛に溺れて居る時は、とりあえず呼吸を確保すること、それから暖かくすること。
そして実はどんなに恵まれているか、持っているものを数えてみたり、食べたものを考えてみたり、怪我や病気に罹ったことや、事件に自分自身が巻き込まれたことがあるか等、色々なことを見渡してみるのも、事実に気付くきっかけになるかも知れないですね。








ネイルチップ


これは先日、お友達用に作ったネイルチップです。
お仕事やパーティーでも使えるように、ちょっとシンプル且つエレガントにしてみました。
何かを作っている時、特に好きにやって良いという縛りの無い作業をしている時が、本当に楽しい瞬間です。
生きてるー! って感じがします(笑)。



明日は2012年2月22日、2が4つ並ぶゾロ目の日ですね。
そんな日が新月です。


2月22日 7時35分 新月スタート♪


ここから48時間以内に、2つ以上10個までの自分に関する願い事を紙に書いて行きましょう。
時間内であれば見直し・書き直しOKです。
早めに書いておいて、暫く経ったら見直してみると、「あ、これ忘れてた」というものが出て来る可能性が高いので、無理がなければ早い内に一度書き出してしまうのがお勧めです。


来月やって来る3月の新月は、コラージュをすると良いとされていますので、それに向けて調整する意味合いも兼ねると、また面白い展開があるかも知れません。

また陰暦では、明日は年が変わって初の新月となります。
お正月的な側面もあるかと思いますので、どのように一年を送りたいかなどのイメージを、くれぐれも暖かくして拡げてみると、これまで発見出来なかった自分自身の望みなんかも、ひょっとしたら見えて来るかも知れません。
寒いと良いイメージ出来ませんからねー(笑)。
毎月やって来る新月を、自分との対話ツールとして、是非活用出来れば良いのではないかと思います。




お友達と諸々お話ししました。

「言われたことを即日実行する素直さがあると、人生は凄くラクになるね」

というお話です。
以前、私が知人から聞いた話ですが、

「アドバイスや新しい情報を受けて、48時間以内に実行する人は大きな変化がある」

らしいです。
物理的な問題等もあるかと思いますので、そうでなければいけない訳ではないと思いますが、こういったフットワークの軽さが変化をもたらすのかも知れません。



あと、出た話で「ですなー」と互いに頷いたのは。

「何故かみんな、自分だけは死なないと思っている」

ということです(笑)。
同じことを繰り返しも繰り返しても、決して諦めずにガッツでぶつかって行き、そしてまた繰り返す…というスパイラルの中にあって、確実な変化が一つだけあります。
それは、時間の経過によって年を取っているということです。
そしていずれは、この世界を後にする日が来ます。


シワが増えたり体力が衰えたり…ということが、誰にでも起きています。
ですが、10代とか20代で自己イメージが止まっているというのは、案外よく見かけます。

外から見たら年相応であるにも拘わらず、肝心の本人がその年齢だという自覚が無い。
だから引き続き、同じやり方でことに当たる。
それでいつまで上手く行かないとしても、やり方を変えない。


今を生きるという意味では、年齢を重ねるという視点は必要無いのかも知れませんが、その世代や年齢なりの対応ややり方を取ることで、案外するっと進むことがあるかも…。
と考えると、現在の自己イメージが何歳位なのかを知っておくのも宜しいんじゃないでしょうか。
で、開きがあったら適宜修正(笑)。

勿論、「○歳の時にこれで上手く行ったから!」という感じで続けるのもアリだと思います。
それで、いつかは実を結ぶかも知れませんしね。
同じように、色々可能性を探るのもアリだと思います。
人生一度きり。気が済むようにするのが一番です。





ツイッターで見かけた「へー」なツイート。


────

うちの親父が、バリバリ現役で商売してた時に言ってた

「1フロアに壁掛け時計が2つ以上ある会社は潰れる」
「玄関で靴を脱がしてスリッパに履き替える事務所は潰れる」
「届いた荷物のダンボール出しっぱなしの会社は潰れる」

って話の的中率の高さに、最近、驚いている。
この指標、マジで当たる。


────


らしいです。
逆に言うと、ワンフロア内の壁掛け時計を一つにして、玄関で靴を脱ぐことをせず、ダンボールは直ぐに片付ければ繁盛する…のかも知れません(笑)。





昨夜は晴れていた為、調子に乗って長時間ウォーキングをしてしまいました。
そのせいでいつもより疲れてしまい、長時間の睡眠を貪ることに…(笑)。
……今日は普通に歩きます。



本日は、タロットのセッションを受けて下さった方からのご感想です。
しつこく書いていますが、タロットは当て物ではなくて、本人が何を考え、何を望み、実際どうやって行動しているかを炙り出すものです。

タロットだけではなく、全ての情報は潜在意識が引っ張っているので、例えば御神籤を引いても同じことだし、偶々雑誌やTVで目にする情報なんかも、全て自分が選んで見聞きしているものということになります。


その情報をどう受け取るかは本人次第ですが、タロットを使うことによって、顕在意識では気付いていない
『実はこうしたいんだけど…』
という願望にまでスポットが当たることがあります。
こういった部分を整理して、分かりやすくカードという形で提示するのがタロットです。

勿論、エゴが「絶対違う!」と突っぱねることもあります。
何度もそういうお言葉を聞いて来ました。
まあ嫌よね。分かります。


例えば、結婚しようと顕在意識が思っているのに、潜在的には飽きてるとか嫌がってるでしょとか言われても、認めたくないよね。
って感じなのですが、それを言わせているのはご本人ですし、カードを引くのは私ではないので、違うと言われましても…と。

結果、ご本人が認めようが認めまいが、その通りに流れてしまうケースが大半です。
何故ってやはり、ご本人の潜在的な意思がそれを望んでいるからです。
私が操っている訳ではないので悪しからず。



そんな所で、以下ご感想でございます。
どうぞー。





[more read]

1月中はだるだるで、ウォーキングも数える程しか出来ませんでしたが、立春過ぎてからは再始動。
張り切って深夜(笑)にウロチョロしていました。

そしたら、ここ数日は夜になると雨・雪って…!
やる気になったら悪天候。もしや私が降らせてる?
そんな疑念を抱いています。
えー、今日は晴れたままでありますように(笑)。



さて、ワークショップにご参加頂いた方からメールを頂戴致しました。
ブログ拍手のコメントも頂戴しています。
ありがとうございました!


『Sachiさんのワークショップは、濃い! 早い! 安い! です。毎回ありがとうございます。』


↑こちらはブログ拍手から頂いたコメントです。
どこぞの牛丼みたいなキャッチコピーですが(笑)。
こう評して頂けると、本当にありがたいです。
まさに私が意識しているのが、これなので。



そして、以下はメールで頂戴したご感想になります。




[more read]

先日参加しましたソース・ワークショップにて、自分のワクワクに関するキーワードを沢山抽出しました。
その中に、『報われる』という言葉が入っていました。
やったことが報われるという現象が、自分にとっては大切な要素の一つであるということです。

セラピーとかワークショップを開催している中で言いますと、お客様方に
「とても良くなりました」
「凄くラクになりました」
とご報告頂くことこそ、自分のしたことが"報われる"瞬間となります。

ワクワクのキーワードは人によって様々でしょうし、成長するにあたってどんどん変化していくと思いますので、今でこそこのように表現していても、後々変わるかも知れません。



先日のワークショップにご参加下さった方から、今日になって

『(ワークショップは)何度思い出しても内容が濃すぎて、本当にお得すぎました』

というメールを頂戴しまして、はぁ~良かったわぁ~と(良い意味で)斜めに傾きました(笑)。
"良かった"と思ってくれただけでも、本当に良かったです。
ああ、報われた…! と、感動に打ち震えました(笑)。

勿論、ワークでやった内容や気づきや出来事をおうちに持ち帰って頂いて、また次回まで色々と検証したり自分を知る作業を続けて頂きたい訳ですが、出ただけで良かったと思って頂けて嬉しい限りです。


私としましては、「出てるのに何も変わらないんだけど?」と言われるのが一番悲しいことです。
何処のセラピストさんの所にも、そういう方はいらっしゃるようなのですが、毎度毎度一所懸命やっているこちらとしましては、うーんと唸ってしまいます。
毎日、昨日よりも更に良い物を提供するべく精進していても、ニーズが満たされないというご不満を頂くと、やはり非常に申し訳なく思うものです。

もしも"変わらないんだけど!"な状態の場合、自分自身が欲しい物は一体何であるのかということを、具体的に自覚していない場合を考慮してみては如何でしょう。
何を欲しているのかさえ自覚すれば、目的の物がそこには無いのか、続ければ見出せそうなのかは分かると思います。


以前書きましたが、何かをしても効かない、変わらないという場合、
「実はやっていない」
「必要なのはそれじゃない」
ということが殆どです。
"ただ居るだけで参加していない"とか、"見てはいるが読んでいない"等の、心ここに在らず…なケースも有り得ます。

中には変化していること自体に気付かない、ということもあるでしょう。
だからこそ、日頃どういう意識で居るかが大切なのだと思います。
自分がどう変化しているかについては、時々振り返ってメモしてみるとか、友人に会ってどう変化したかを聞いてみるとか、方法は色々あります。


人それぞれステージが違いますから、誰かと同じ反応をしなければならないという訳でもなければ、皆と同じスピードで進まなければならないという訳ではなく、その人のペースで進めば良いと思います。

そんな中、私の価値観の中では、良かったですとか役に立ちましたと言われることで、報われたと強く感じるのだなーということを改めて認識しました(笑)。
メールを下さった方、ありがとうございました~。




芸能人やタレント、モデル、各界の有名人・著名人の中で、いいなーとか好きだなーと思う人がいる…という方が殆どではないかと思います。


その好きな人達を、何人か列挙してみましょう。
すごーく好きではなくても、また現在生きていなくてもOKです。
何人かの名前が挙がったら、その人達を何故好きなのかを挙げてみましょう。

……これが何かと言うと、人を見る時に、また自分が生きるに当たって重要視している要素を示します。
例えば、最近お友達数名でその話をした時に、人によってこのような意見が出ました。


「才能がトップクラスであれば好き」

「自然体で楽そうだから。ガツガツ頑張ってないのに、人気があるから」

「見た目がよくて、才能がと品があるから」



それぞれの意見は、各人がそうありたいとか、日々そこを意識して生きている…という部分に相当します。
例え同じ人が好きなのだとしても、動機まで全く同じということは極めて少ないと思われますので、何故かという動機の部分が重要になって来ます。

また時間の経過によって、価値観や観念の変化が起きると、違うタイプの有名人に注目するようになることが殆どです。
自分の変化に合わせて、いいなーと思うタイプが変わるでしょうね。



ずっと前のことですが、友人に大好きな有名人の話をしていた時、

「話しぶりで、本当に大好きなんだなーっていうのがよく伝わって来る。でもそれは、あなたにそういう部分があるからなんだよ。あなたもその人と全く同じ、素晴らしいものを持っているってことなんだよ」

と言われたことがあります。
当時、俄には信じ難いと目をぱちくりしたものですが(笑)。

今思えば、少なくともそうあろうと意識はしていた訳です。
抑もを言うならば、同じ(似た)資質に反応していたのであろうということですね。
ならば、見えるか見えざるかに関わらず、そういうような要素は持っていたのだろうと思います。


そういったことを踏まえまして、3月にやって来る春分の新月に行うコラージュ用の素材を、ぼちぼち集め始めておりまする。
春分の新月のコラージュって何ぞや?
と思われる方は、とりあえず3月の新月までに

『好きなモノ&人・なりたいモノ&人・行きたい場所・やりたいこと』

等のイメージ写真や広告・雑誌の切り抜きをストックしておくと宜しいかと存じます。
これについては、また日を改めて解説します~。







さてさて、今日もチョコレートをプレゼントして頂きました♪
お友達のお子さんが、手作りして下さったものです。
今年はチョコレートを作りませんでしたが、私は近年までお菓子作り(と食べること 笑)が趣味だったので、とても嬉しく思いました。
子供さんの純粋な好奇心や作る喜びが、チョコを通じてよく分かります。


チョコ♪


今年のバレンタインは、色々な方が連日プレゼントを下さいまして、ありがたい限りです。
裏を返せば、自分に対してより与えられるようになったとか、受け取れるようになったのではないかとも考えられます。
これまでよりも、より自分に対しての評価が広がったり上がったりしたんじゃないかなーと、チョコを美味しく頂きながら考えておりました。

以前は頂き物なんて烏滸がましくてとてもとても!
という意識だったのが、喜んで頂けるようになったのだということですね。
お金持ちになりたいとか成功したいという人は、どれだけ受け取れる(=自分に対して与えられる)かという部分が重要になって来ると思いますので、今後も意識を向けて行きたいと思いまーす。





今日もまた、お客様からチョコレートを頂きました。


chocolate

chocolate


ホットミルクの中でくるくるかき混ぜると、スティックに付いたチョコが溶けて、ホットチョコレートになるというマドラータイプのチョコです♪
お心遣いありがとうございました。
こういったプレゼントを思いがけず頂けると、本当に嬉しいですね。
ここ数日は暖かいので、寒の戻りで寒くなったら頂きまーす。


タロットのキャリアも足掛け25年以上になりまして、ハハハ長すぎですよー。と我ながら時々思います。
流石にこんだけやってると、詳細に分からない方がおかしいんじゃないか。と、自分でも思う位のタロット歴の長さです(笑)。

因みに私がやるタロットは当て物ではありませんので、あくまでもその人の深層心理を明るみに出す為の道具としてお使い頂きたく思っています。
信じるとか信じないとかそういう話ではなくて、あくまでも「自分が言わせている」「自分で引いている」という姿勢で見て頂けると、よーく分かりやすいのではないかなーと。





昼間はお友達と、中華料理のお店でランチをして来ました。
とても綺麗なお店で、店員さんの接客態度も大変素晴らしく、そして美味しいお店でした。


lunch

蒸し鶏に葱ソースがたっぷり掛かった丼がメインで、スープと炒め物と揚げ菓子がついていました。
大変美味しく頂きまして、おかわりし放題のジャスミン茶も沢山飲みまくり、大・満・足!
お連れ頂きまして、まことにありがとうございました~。


中華銘菜 火龍園(Fuan Long Yuen)
住所⇒世田谷区赤堤2-11-14
TEL⇒03-5376-0141
URL⇒http://www.fuanlongyuen.jp/setagaya/index.php
火曜定休

※ミッドタウンにも支店があるようです。




今日の余談。

「あなたは遊ぶ時期が全然無かったから、もっと遊ばなきゃダメだよ」
と、二度寝中の夢に出て来た昔の友人に言われました。
夢の中での私は、枯葉のプールで葉っぱにまみれるというセラピーを受けていました。子供か(笑)。

でも、子供の頃に思う存分泥だらけになったり、葉っぱだらけになったり、土の上で転げ回ったり、またその後の年齢になっても汚い遊びとか年相応の遊びに対して、凄く及び腰だったりチャンスが無かったなーと起きてからガックリしました。
やってはいたんです。やってはいたけど、親の目とか周囲の目なんかがあって、我を忘れて…という程はやったことが無かった気がします。
色々鑑みて当時は状況的に仕方なかった訳ですが、それが今以て色々な所に波及しているのだと思うと、本っっっ当に! 勿体なかったと思います。

「もっと遊べ」
というのは、"それは今からでも遅くないんだよ"という無意識からのメッセージではないかと。
言い得て妙というか、夢を通じて自分にそういう風に言えるようになったんだなーと深く頷いた一日でした(笑)。





本日、バレンタインデーです!
どんな日をお過ごしでございましたでしょうか。

私はタロットのセッションを受けて下さった方から、大きなチョコレートのプレゼントを頂戴しました。



どどーん。




chocolate!



すんげえええええええ!!!!!!!! ナンデスカこれは!!!!!!!!

チョコで出来たオブジェです。高さ15cm位あります。
薔薇もチョコで出来ておるそうな。
モールドの入ったピンクのハートの下には、玉子とか立体ハートのチョコ様が鎮座坐しておられます。
早速、有り難く飾らせて頂いておりますです。


丁度と言うか何と言うか。
つい先日辺りから心に余裕が生まれまして、やっと恋愛とかにも意識が向きそうな気がしていまして(気のせいだっったら笑って流して頂きたく)。
いやこれまでもお付き合いして来た人とか、寄って来て下さった方もいらっしゃいました。
…のですが、自分自身がちゃんと"恋愛とかパートナーシップを楽しむ"という意味で意識を向けられたことって、実は無かったんだなーとしみじみ思います。

あー、なんせ修行人生だったので(笑)。
恋愛やパートナーシップさえも修行。修行。どんだけ修行やる気やねん!!
と、自分にツッコミを入れながらも延々続く果てしなき修行。

ちょっと色々試してみた所、抜けられそうなことが体感で分かりました。
修行やめやめ。破戒しちゃるぞ。破壊もしてるけど。
俺はもう自由だ、自由なんだー!

って感じの気持ちでいた所ですので、タイミング的に超ばっちり!
本当にありがとうございます。


こういう美しいモノって、見ているだけでウキウキしますね。
ありがたやありがたや。本当にありがたいことです。
ありがとうございました♪



カラー

  • 2012.02
  • 13

Edit731

業界には色々なセラピストさんがいらっしゃいまして、そのテクニックやポリシーもさることながら、本人のカラー自体が多彩であると思われます。


一般的にヒーラーとかセラピストと言いますと。
いいよー。いいよー。何もかもそれでいいよー。
と、全てを容認してくれる人のイメージが、凄く強いかも知れないです。
こう言ってくれる人を捜し求めて、ジプシーになる方もいらっしゃるでしょう。

それ以外にも、色々指摘するタイプの人、静観するタイプの人、積極的介入やフォローをするタイプの人等がいらっしゃいます。


私はと言うと、"破壊"なんですよねー…字面で見ると非常に物騒ですが。
それまでの観念を破壊する。
否定ではなく、破壊です。人呼んで破壊神(笑)。

全てを破壊する訳ではなく、そのままでいいんじゃないかーと思う所は触れません。
例えば、怒りを大きく抱えている場合。
一見ちょっと問題なんじゃないのーと思われている感情ですが、これを足場にしてバリバリ仕事するタイプの人って結構多くいらっしゃいます。
但し、実生活に対して邪魔であるならば、対処した方が良いと判断します。
だから人によっては、あまり弄らなくていいと思う所もあります。


色々見て、時と場合を総合してその時に必要なことをしているのですが、基本のカラーがやっぱり破壊、そして再生なんです。
破壊と再生を経て、自分で人生を獲得出来るように持って行く。
でも、自分で全てを獲得しなければならないとは思わないし、受け身が悪い訳ではないし、それで生きて行けるなら充分構わないのではないかとも考えます。
この辺は趣味とか好みの問題なんで、何とも言い難い部分です。

私がそうやって生きて来たからそういうカラーの場所になる訳ですが、いらっしゃる方々がそれによって役に立ったとか生きやすくなったと仰るのであれば、それはそれで御の字。
でも、非常に保守的な方からしたら「欲しいものをくれない」「欲しいやりかたでくれない」等の弊害もあるでしょう。
そういう人は他のカラーを持つセラピストさんの所へ行かれますが…時折考えるんです。
キャラ替えするかどうかを(笑)。


定期的に私も他人様に見て頂いたり、セッションを受けています。
その中で、
「あなたの特徴って"破壊"じゃないですか。もしも受け身キャラへ変更すると、あなたのカラーや特性によってとても良い影響を受けている人達にも波及しちゃうから…」
と言われたりしました。
そうかー。どうしようかねー。どうだろうねー。と、二人で唸り続けて数十分(笑)。

キャラ替えもアリだとは思っているのですが、他の皆さんへの影響まで考えるとちょっと躊躇したりもしますね。
別にこれで凄く困っているという訳でもないので、暫く保留にしました。
そういう訳で、今後も暫くこれまでのキャラで行きます~。


暫くゴニョゴニョ考えそうな予感はしますが、来月いきなりキャラが変わってたらどうしよう自分(笑)。





本日は2月度のワークショップ開催日でした。
お越し下さいました皆様、ありがとうございました!


立春後、初のワークショップになります。お正月的なめでたい気分で臨みました(笑)。
初めてご参加下さった方も見えられまして、またもや新しい局面に入って参りました。

いつも「抵抗している自分が分かる…」とか「気がちょっと重かったんです」と仰っていた皆さんですが、今日に限っては殆どの方が「今日がすっごく楽しみでした!」とウキウキでお越し下さいました。
いやー……春ですなあ(笑)。


また私を含めた半分以上の面子が、先日のソース・ワークショップへも参加して参りました関係で、意識が楽しい方角へと活性化していたのではないかと思います。

継続してご参加頂くことで、「あ、前回と違う言動を取ってる」「前に較べて(投影による)反応が薄くなっている」等の違いが顕著に分かる為、やっぱり続けることって大きいんだなーと毎度思います。
こういった場に於いて、日進月歩な皆さんのお話を伺えますことは、大変楽しく喜ばしい時間です。



今日は陰暦でのお正月~♪
ということで、『迎春企画! みんなの2012年をリーディングしちゃうぞ!!』のコーナーを設けました(笑)。
私が単独で皆さんをリーディングするのではなく、全参加者が一人ずつにフォーカスして、対象者の2012年的ヴィジョンを視るというワークです。

昨年もやったのですが、これって結構精度が高くてですね。
私の分も皆さんに視て頂きました所、数名が全く同じことを仰ったことがありまして、その件に関しては昨年内に実現されたりもしています。
別に訓練しなくても、"波動を高くしてある場所"で"みんなでやるワーク"という波に乗ると、思いも依らない面白いヴィジョンが浮かび上がって来る訳です。


これは、前情報とは何の関係もなく"その瞬間のその人"を視るという訓練でもあります。
この人はこういう仕事をやってるからとか、この人はこういうのが趣味だって前に聞いたから…といった、過去の情報を繋げるのではなくて、今・この瞬間に相対している目の前の人を、何のフィルターも通さずにただ視るということです。

これ、ひじょーに大事ですよ。
これは楽しいワークではありますが、エゴの支配下にある妄想・願望・投影・過去の呪縛から一瞬でも離れ、たった今を視る練習なのです。


これが上手に出来る人は、『今・この瞬間』だけの意識を獲得出来る(或いは出来ている)可能性が非常に高く、潜在的に大きな飛躍の可能性を持っていらっしゃると見ております。
未来も垣間見る可能性は高いのですが、半分程度の方は対象者の現在を端的に表すヴィジョンを視ていらっしゃったのではないかと思います。

何度かやっているワークですが、「これをやって欲しかった」と仰る方もいらっしゃいまして、このワークって人気なのねーと(笑)。
また機会がありましたら、ワークショップにて行います。


あと、バレンタイン目前企画としまして、プチギフト(お菓子)交換会も行いました♪
何故かとっても小学生気分でした(笑)。
アクセサリーも沢山のコが嫁に行きました。幸せにおなり~。

という訳で、今月も面白かったです!





以下は、現在確定しているワークショップの日程です。
5月度の日程も確定しましたので、どうぞご参照下さいまし~。
ご参加希望の方はメール下さいね。



★3月
3月11日(日曜) 11:00~14:00



★4月
4月15日(日曜) 11:00~14:00



★5月
5月13日(日曜) 11:00~14:00




詳細はホームページをご確認下さい。


皆様のお越しをお待ち申し上げております♪




新しいアクセサリーを作っていたら、夜中になってしまいました(作ってなくても毎度夜中)。


暦の上ではもう春ですね!
立春過ぎると、寒いとは言えども空気がやっぱり春っぽいなあと思います。
無駄にウキウキしてしまいますな(笑)。

という訳で、今回は春っぽいアクセサリーを中心に作っておりました。



ピアス&ネックレス

★K14GFキューブカットターコイズ ネックレス&フープピアス
サイコロのような六面体カットの可愛いターコイズを並べました。
ゴールドの地金を合わせまして、ジーンズでもジャケットでも行けるようなデザインにしました。
暖色系を着る機会の多い春夏は、特に大活躍すると思います!
パンツでもスカートでもオッケーオッケー。
これは自分用にしようか、只今激しく悩み中です。



ピアス

★スターリングシルバー マルチカラーピアス
青・緑・オレンジと、ビタミンカラーを並べています。
青はネオンブルーアパタイト、緑はクリソプレーズ、オレンジはマンダリンガーネットです。
マルチカラーなので、ジーンズ系のシンプルなファッションに合うと思いますよ~。
画像が若干ぼけていますな…スミマセン。これも未だに出荷を考え中です。



ピアス

★K14GF ラベンダーアメジストピアス

優しいラベンダーカラーのアメジスト。
こちらはフラットドロップカットの一粒だけというシンプルさです♪
フープが大きいので、上品カラーではありますが、結構大胆に見えるかも知れません。
白、ベージュ、グレー辺りのシンプルなお洋服と合わせ易いと思います。
女性らしさが欲しい人にお勧めしたいですねー。



ピアス

★K14GF クリスタルクォーツピアス

潔さで勝負。カットされた水晶一粒のみを通しています。
どんなお洋服でも使えると思いますよ! かなりカッコイイ系に決まるかと。
先日これを友人に見せました所、「これいい! 凄くいい!」と興奮していました。
そして例によって出そうかどうか迷い中。





この倍量程度の新作があります。
気力のある時に! と、勢い込んで作りすぎてヘロヘロです(笑)。

いやー安いし可愛いし言うことないわなー。
と、一人で自画自賛していました。
最近は自画自賛を惜しまないようにしています(笑)。


アクセサリー類は、イベントが暫くないのでワークショップのみでの販売になります。
欲しい人はワークショップへお越しやす~。

って、2月のワークショップは明日なのでした。
どんな新展開が待ち受けているのか、楽しみデース。







友人とお茶して来ました。
色々と話が出ましたが、恋愛・結婚に話が及びまして。

『自分のやり方を押しつけ、従属させようとする人は、相手のことを愛していない』

という話に差し掛かった所で、ウンウンと頷き合いました。
お互いにした・された等、身に覚えがあるからです(笑)。



一般に恋愛関係とか人間関係だと思われているものの、実に9割以上がパワーゲームではないかと思われます。
仕事場・親子関係でもまた然り。
特にエゴが剥き出しになるのは、恋愛(夫婦)関係です。
初期は世界が輝いて見えることでしょう。
色々なものに優しくなれるのは、欲しかったものが手に入ったような気がして、自分が満たされているからです。

但し、それは最初だけ。
暫くすると、主導権の奪い合いがスタートします。
これが一旦収束すると、次は倦怠期。最後は何も感じないデッドゾーンですな。
殆どのカップルがここで別れてしまうでしょう。
そして、『相手が悪かったんだ』『こいつじゃない。違う相手なら上手く行く筈だ』と、自分を見ることだけはズルズルと引き延ばします。


さて、我々は色々な局面で自分に問い掛けることも出来ます。

「相手を愛しているのか?」
「自分を愛しているか?」
「奪おうとしていないか? 搾取する一方ではないか?」
「吸い取らせているだけではないか?」
「弱者ぶっていないか?」
「被害者ヅラをしていないか?」
「そこまでして相手と一緒に居たいのか?」
「この人と釣り合っている所は何だろうか」


…等々。
こういう風に使えるのであれば、恋愛関係は殊に自分を知ることの出来る、絶好の機会と言えます。


これを乗り越えたり、気付いたり、手放し続けることで、相手との親密な関係を深めることが出来ます。
自分へのに問いかけに答えられるのであれば、新たな人間関係の局面に入り、人生の喜びを沢山知って行ける可能性も大きいと言えましょう。
パートナーシップとは、こういう風に築き上げるものです。

相手に対して向き合うというよりは、自分の中に問いかける。
関係に対してコミットメントする。
やりきる。逃げない。相手のせいにしない。誠意を持つ。
色々な言い方が出来ますが、とにかく放り出さないことです。
若しくは、完全に手を引いてしまうことも出来ます。そのステージから降りるのです。


相手を縛ったり、監視したり、管理したり、操ろうとしたり、従属を強いるのは、全く以てパートナーシップとは言い難く、とてもとても愛とは言えません。
「こういう愛し方もあるじゃない?」
と言われる方もいますが、残念ながらアウト。それはただのエゴなのです。

愛は人を自由にします。
愛に近い言葉として、感謝とか理解が挙げられるでしょう。
愛は痛めつけたり、罵ったりする必要がありません。コントロールもしません。
もしも誰かを縛ろうとしているのなら、それは愛からなのか、エゴからなのかを自分に問い質してみるといいでしょう。


いつ、何処からでもやり直すことが出来ます。
もしもエゴで振り回してしまったのなら、愛を選択し続ければ良いだけです。

スピリチュアリティに於いて、人間の本質は愛だと言われます。
それは尤もな話です。私もそう思います。
でも、エゴに覆い隠されて忘れてしまっているのです。
それを思い出せる貴重な機会が、恋愛をはじめとする人間関係なのでしょう。








以下、2月12日(日曜)ワークショップご参加の皆様へ私信です。
ワークショップにご参加予定の皆様は続きをお読み下さい♪



[more read]

タロットやセッションでのご相談に、「自分ではない誰かが変わって欲しい」と仰る方が時々いらっしゃいます。
よくあるのは、配偶者のことですね。
タロットのお客様の9割以上が女性ですので、この場合は旦那さんです。



「旦那さえこう変わってくれれば幸せになれるのに」

もしや定型文があるのか?
とさえ思えるような、同じ話をよく耳にします。




さて、奥さんの嘆きによって旦那さんは変わるのか。




うーん。





どうだろう(笑)。




夫婦や恋人だけでなく、敵対関係にある知人等に関しても、「どうしたら相手が変わるか」と言われることがあります。
でも、タロットで見てもセッションをしていても、ちょっと難しいかもなあと思うことが殆どです(可能性がないとは言いませんが)。

各種書籍では「自分が変われば相手が変わる」とありますが、これは"相手を変えようとしていない"という前提があって成立する話です。


自分が変わることによって、相手の行動が気にならなくなったり、離れることを決意することは多くあります。
また、相手の変化も見られる場合があるでしょう。

でもそれは、あくまでもオマケの話。
自分が変わることで触発された相手が変化したとしても、「なんか知らないけどラッキー」程度の出来事です。



相手さえ変われば。
変われば、どうなるのでしょう。
相手にしてみたら「なんでこっちが変わらなきゃいけないんだ」ということになります。
「自分も変わるから、あなたも変わって」というのは、「余計なお世話」と言われかねません。

自分ではない人に変わって欲しいと願うことは、パワーゲームに参戦していることになります。
力の奪い合い、引っ張り合いのゲームです。
どちらかが勝つ為に、ひたすら相手を操ろうとします。


ゲームに苦しんでいるならば、手を引いてしまうのが一番早いでしょう。
カードを放棄して、その場から降りてしまうことです。
三角関係然り。夫婦関係然り。敵対関係然り。

このやり方が分からないんだよーという方も多いでしょうが、これは自分に向き合ったりしないとなかなかコツが掴めないかも知れません。



自分と向き合ったり、アドバイスに対して直ぐに行動している人を見ていると、日に日に強くなって行くのが分かります。
これは元々弱かったのではなく、本来持っていた強さが出て来ているという意味ですが、外から見ると激変しているようにしか見えない人もチラホラ居ますね。


苦手だった人が全く苦手ではなくなった。
他人に対して尻込みしたり、物怖じすることがガクッと減った。
怖いと思っていた人が、怖くなくなっていた。
問題自体に対して関心が無くなった。
取っ組み合って戦うのをやめた。
自分から離れる選択が出来た。
相手をどうにかしようとするのではなく、自分の問題にフォーカスするようになった。



等々、色々なお話を聞きます。


相手のせいにするのをやめると、実は誰のせいでもなくて自分が創り出していたということに気付きます。
そこへ、繰り返していたパターン自体を手放すチャンスが来る。
続けてもいいし、やめてもいい。
都合良く相手だけが変わることを願っていた自分を、やめるか続けるか。



いつ来るとも知れぬ相手が変わる日を待つのか。
自分の脚で自分の人生を歩むことを選択し続けるのか。
今この瞬間に選べるとしたら、どちらを選ぶのでしょうか。






ワークショップに継続してご参加下さっている方や、個人セッションを続けて下さっている方から、時折こう言われることがあります。


「ここまでラクになったのも、生き易くなったのも、Sachiさんのお陰です!」


以前の私は「"私の"お陰ではないんだけどなー」とか「やったのは本人だし」等と思い、いえいえそんなこと無いですよーとか良かったですねーとか色々言ってたんですが。
最近、考えを改めまして。


「Sachiさんのお陰です。本当にありがとうございます!」


「そうですね」



に路線変更しました(笑)。


古くより謙遜は日本人の美徳とされています。
が、ビジネスやめんどくさい相手などの、謙遜が必要であると思われる場面以外ではしなくていいんじゃないか。
実際その通りだったりすることもある上に、相手がそうだと言っているのに、いちいち否定する必要が果たしてあるものか。
等の要素を考慮した結果なんですが、この「そーですね」(いいとも?)を使っていると、

『自分って案外役に立ってるかも』
『これまで思っていたよりも、結構有能なんじゃないか?』


という可能性に気付き始めます。
何でもかんでも「自分スゲー」に同意していると、勘違いしやがって的なことを思われることも頭に入れておきつつ(笑)。
自分を必要以上に出来ていないと思い込んでいる人にとっては、有効な策かも知れません。


言葉を変化させるのは、意識の変化を外部から操作することに他ならず、潜在意識を弄るよりも速くてカンタンです。
とりあえず意識出来る言葉からだけでも変化させておくというのは、自分を変える有効打のひとつなんじゃないかと思います。
その為には、出来るだけ意識して会話することが大切です。

いきなりキャラ替えするのは難しいかも知れませんので、その場合は自分や周りの様子を見ながら変えて行くのが良いでしょう。
褒められたり感謝されたら「ありがとうございます」と言ってもいいし。


そんなこと言えません! と言う人は、それでも構わないと思います。
それはそれでアリ。試しに変えるのもアリ。
例によって、「いーんじゃないですかー」ということで。
"変えなきゃいけない"訳ではありませんのでね。
どれもこれも、一つの可能性だという話です。

試しても損する訳でなし、やってみるのもアリだと思いますけどね。
やったら、その結果はその都度メモしておき、一週間とか二週間おきに振り返るというフィードバックがもっと大切です。
自分を知ることで、良い変化への可能性を広げることが出来るのですから。




成長したり気付いたり解放する中で、ある程度の大きな要素を占めている可能性が高いものが、親という存在です。
母親、父親。
どちらも、個人の観念に関して多くのポイントを占めています。

何をされたとか、許せないとか、愛せないとか、共依存等々。
人生の中に影を落としている"何か"に取り組めるようになると、大きなステップアップが見られる人は多くいます。


さて、親は親です。
自分より先に生まれていて、自分よりも大きな存在です。
だから、自分よりも人格的に優れていて当たり前である。


……と、思ってしまいます。
でも、相手は人間です。
自分と同じ、人間なのです。


ひょっとして、自分より遙かに弱いのかも知れない。
もしかしたら、自分より無知なのかも知れない。
自分より小さいのかも知れない。
脆いのかも知れない。



こんな風に思ってみたことは、あるでしょうか。
こういう風に角度を変えて見ることが出来ず、我々は様々なニーズを親にぶつけます。

「親なんだから愛情を沢山くれて当たり前」
「親なんだから自分より人格が出来ていて当たり前」
「親なんだから優しくしてくれて当たり前」
「親なんだから子供を理解出来て当たり前」

こんなニーズの色眼鏡を通してしか、親を見ることが出来ないのです。
これを続けていても、先がありません。
ニーズは満たされることなく、延々親に関するブロックが積もって行くことになります。

ならば、実際がどうであるか、その目で見てみれば良いのです。
自分が欲しいものを全て与えてくれる存在なのか。
それをしてくれる日が来るまで、じっと待てるのか。
そして、自分が親であるとしたら、子供のニーズを完璧に満たせるのか…。



私は自分を色々と探って行く中で、「そりゃ無理だわ」という所へ行き着きました。
聖人君子でもあるまいに、機嫌が悪い時とか体調不良、痛みや哀しみのある人生です。
それをひた隠しに隠して、子供と接することが出来るのか。
自分の都合をいつもいつも後回しにして子供に愛想よく出来るのかと言うと、絶対無理なのは分かり切っています(笑)。
そして、たまにしか会わないのならまだしも、毎日の生活の中ではやる筈がありません。ていうか、出来ない。

そう思うと、親である彼らも人間なのです。
自分と同じ、弱くて、脆くて、痛みを沢山抱えた不安定な人間なのだと言えます。
大きくて、先を行っていて、優れた能力と無限の愛情を注いでくれ続ける為に存在しているのではない、ということです。



それに気付いてから、例え私の中に親に関するブロックがどれほどあろうと、それは親のせいではないと思うようになりました。
親と自分の間に問題があるのではなく、私の中の問題は私の中にしか存在しないからです。

そして、親は親で私と同じように山ほどブロックを抱え、その解放が出来ることも知らず、ラクになる別の道に終ぞ気付かぬ生き方をしているのです(それはそれでいいと思いますが)。
そう考えると、彼らはやっぱり私とは違う人間であるということがよく分かります。


あくまでも"自分の中にある親に関するブロック"に取り組むのであって、彼ら本人をどうにか出来る訳ではない。
言い換えると、"彼らを自分の都合の良いように変えたい"というニーズが存在していたことになります。

現実の親を直視するのではなく、妄想の親に取って変わって欲しいという、ねじ曲がった欲に操られていたのです。
それに気付いたのは、親に関するブロックに取り組み出して、結構経ってからのことでした。



親も最初は子供だったのだということ、そして自分と同じ人間なのだという、ごく当たり前の事実に気づけると、ちょっと見る目が変わるかも知れないです。
そして、永遠に変わらない何かと取っ組み合いをするのか、そこで手を引くのかを選べるのではないかと思います。
勿論、どちらを選ぶのも自由です。

どちらを選びますか?
現実ですか? 妄想ですか?




ワークショップに継続してお越し下さっている方々の数名が、最近同じことを仰っていました。





「落ち込んだ後の復活が凄く早くなった」
「落ち込み方が少しで済むようになった」







らしいです。




自分を振り返り、見つめ、取り組み、解放して行くことで、トラブルやストレスに対する対処のスピードが速まるのは、当然の結果です。

逆に言うと、そうなっていないのなら、あまり取り組みが進んでいないということになります。
昨日の記事で書いたように、「やってない」「それじゃない」の可能性を疑いましょう。
全然変化が現れないけど、続けていればいつかは…ということはほぼありません。


観念が変わることで、問題やトラブル自体が減って行くのも、よく見られる大きな特徴と言えます。
問題が減る上に、対処の速度が上がる。
となると、とても生き易くなるということですね。



さて、この復活スピードの短縮や、落ち込む事件が減るという結果を出す為には、自分に取り組むことと並行して"身体作り"が必須になります。
足りない栄養素を補うということです。

日本人は炭水化物を好む傾向が強いので、必然的にタンパク質の摂取量が減ります。
そうすると、スタミナ・持久力・集中力が補いづらくなり、ショックな出来事が起きた時に身体がそれを受け止めきれず、バッタリ…というケースがよく見受けられます。



沢山食べればとか、良い食事さえしていれば健康になれる、という事例は極めて少ないようです。
食事の内容は好みや家庭によって偏りが出ますし、仕事なんかの都合で必要量が取れない可能性もあります。
また、生まれついて何かの成分が足りないとか、肉体的に虚弱である等の理由で、吸収率が非常に低いという体質の人も居たりします。

そういう部分は、メディカルサプリメントなどで補給されるのが宜しいでしょう。
サプリメントは色々なメーカーから出ていますが、出来れば純度の高いモノがお勧めです(サプリは品質がピンキリです)。
ラク夢さんでもお取り扱いがありますので、お試しになっては如何でしょうか♪
私もお世話になっていますよー。




心身共に良い状態に移行し、それを保つ。
このような方法で人生を生き易くなる人達が周りに増え、「お陰様ですごくラクになりました!」と言われると、私の良いカルマが増えていることが確認出来て万々歳です(笑)。
まさに、『情けは人のためならず』ですね。

ということで、自分がやってみて良かったという体験情報は、積極的にシェアしましょうねー。
押しつける必要はありませんが、とりあえず提示してみるというのはアリだと思います。
その時は、自分の体験談をきっちりお伝えすることが必要です。
概念だけ話されても意味わからん…という人が多いもんですよ。

良い情報をどんどん流すと、何倍にもなって戻って来ます。
シェアの力も使って、更に幸せな人生を手に入れられることを覚えておくと、お得かも知れません。



色々な方法を使って、人生に対するスタミナと、直ぐに立ち上がれる強さを身に着けられたらいいですね。




スピリチュアル業界や自己啓発関連のジャンルに於いては、現在沢山の本や情報が溢れていて、講座やセミナーも多く開催されています。


で、こういうジャンルの本や講座が大好きな方も数多くいらっしゃることと思います。
それでこそ、ひとつの業界として繁盛している訳ですね。

色々なことが書いてある本を読むと、「その通り」と思います。
セミナーに出ると「そうなんだ~」と頷きます。



さて、生活は変わりましたか?
苦手な人は、嫌いなものは、好きになれない何かは、退屈で仕方ないものは、あなたの中で何か変化を見せましたか?
なりたいものには近づいていますか? 夢は実際に叶いそうですか?

……というのが、一つの目安になります。
何の目安かと言えば、それはやっているか・やっていないか


こういうことをやると、こんな風に進むらしい。
手放せるらしい。執着が消えるらしい。ブロックに気付けるらしい。自分の手で選び直せるらしい。
良いことが沢山起きるらしい。望んだように人生を変えられるらしい。世界が変わるらしい。
らしい。らしい。

……そうらしいんだけど、私は何も変わらないんだよねー。
と言う方も多くいらっしゃるかと思います。
それは何故か。


やらなければ、行動しなければ、我々は理解出来ないからです。
変わっていないのだとしたら、そりゃもう何もやってないんですよ。
若しくは、効果が無いものに縋っている。

仮に「コレをやってるもん!」と言うのであれば、それは"変える為に必要なことではなく、現状維持の為に利用していること"になります。
だったらやらない方がマシですよ。やるとエゴがもっと強化されちゃうから。
大分経って、コレやっててもダメかも…と気付いても、それまで注ぎ込んだ時間や労力が惜しくて、絶対に取り返せないにも拘わらず「今更戻れないからやめられない」とか(エゴが)言い出します。



ワークの為にワークをしない方がいい。
誰かに良い子ちゃんだと思われたくてやるなら、他人に「ホラ、私やってるじゃない! 文句ある?」と見せ付ける為にやる位なら、そのままでいいのにー。ってことです。

自分の人生に変化を起こす為、という動機以外でやろうとしていないか。
そういう風に時折チェックをしないと、人生の迷子になりますからね。
迷子暦が長かった私が言うのもどうかと思いますが…いや、やってたから言えるんだけど(笑)。


目的が明確になった瞬間、それに向けて絶対的に必要なものの優先順位が自ずと決まります。
入りたい学校が決まれば、そこに必要な学力を身に着けるでしょう。
欲しい資格があるなら、それが取れるまでの勉強や技術を習得するでしょう。
それと同じです。

よりラクで楽しい人生を目指しているのなら、それは別にいらないんじゃないの。
ってことをやってないですか。或いは、その目的に近づく為に何かやってますか。
この辺りを時々振り返ってチェック出来ると、ちょっと勘違いしてズレたとしても、直ぐに軌道修正が出来ます。

っていうか、しなくてもいいんですけど。困らないなら。
又は、困るのが楽しくてしょうがないという、ドラマ大好きな人にとっては願ったりってことになりますね。



明確な行き先があってこそ、初めて必要な手順が浮かび上がります。
そうなると、誰に言われるまでもなくやらざるを得なくなる訳です。
そして、意識せざるを得なくなる。

あとは多少の寄り道があっても、結果的にそこへ進み続けます。
顕在意識で「頑張ろう」等と思う必要すらありません。
ただそこを見ているだけで、足が勝手にそこへ動いて行く。



もしそうならないのだとしたら、前述したように『やっていない』『それは必要な手段ではない』という可能性を考慮した方が良いかも知れません。
そして、もう一つ。
潜在意識に存在している『メンタルブロック』の可能性を疑うことも、時によっては必要となります。

ま、
「私はメンタルブロック(トラウマ)のせいでこんな風になっているに違いない!」
と勢い込んで思いたがる人ほど、案外そんなことないんですけど。全然。




って、こんなこと書いてるからお友達に
「blogの記事がいちいち異色」
「スピ業界にあって異端」

等と言われるんでしょう(笑)。
いいの。異端大好きだから。ぐふふ。





※ブログの編集画面を誤操作していたようです。
数時間閲覧出来ない状態が続きまして、ご覧頂いていた方には大変失礼致しました。




────








友人と会って来ました。
私がワークショップをやっているのを知っている人なので、自然とそういう会話が増えます。


今回質問を受けたのは、


「例えば、集団の中で誰かが前進することに対して大きな拒絶を示すとするでしょ? 嫌だ嫌だって泣いて喚いたりする人っているじゃん。そうなったら、アナタはどうやってセンターに戻すの?」



ということです。
皆さんだったらどうしますか?


集団の和が乱れ、このままでは進行方向に進まないと思しきサインを誰かが示した時。
誰かがもうやりたくない、見たくない、嫌だ嫌だと暴れたら。
そこを統括する立場にあるとしたらどのような手段を執りますか?


そして、"私"ならなんと答えるでしょうか。
直接私を知っている人なら、ほぼ迷わずに答えられる筈なんですが(笑)。



あ、今日はこの解答を考えてからこの先を読んで下さいね~。







[more read]

昨年辺りから、長年『こういう人になりたいなあ』と思っていたことが、現実化していることに気付きました。



私は子供の頃からずーっと情緒不安定でして、感情の波が激しく、常にグラグラでした。
楽しい時、ラクな時が極端に少なくて、実に8割以上が「痛い」「辛い」「苦しい」「悲しい」「腹立たしい」「気持ち悪い」などの、ネガティブな感情や思考に押し潰されながら生きていたんですねー。
親からも「非常に気難しい」「すぐにクヨクヨする」と評されていた幼少期ですが、それは大人になってもあまり変わりませんでした。

……と、度々明言しているのですが、今や誰も信じてくれません(笑)。
ホントだってば。



さて、昨年辺りから他人様にこう評されるようになりました。

「冷静」

と。




私はずーっと、沈着冷静な人になりたかったのです。
直ぐに感情が揺れない、ぶれない、崩れない人間になりたかった。
小さなことにフォーカスして、延々とそれをネガティブに突き回すような、そんな自分が嫌で嫌で堪りませんでした。

何度か他人様に「冷静」だと言われてから、そういえば、子供の頃から漫画やゲームやテレビに出て来る参謀タイプが大好きで、ああなりたいと憧れていたもんだ…と思い出しまして。
なりたかったものに、いつの間にかなっていると気付きました。


例えば、欲しかった肩書きを手に入れることや、なりたかった職業に就くこと以外にも、自己実現の方法はあるのねーと今更乍らに再確認しました。
でも、それを自ら認めないことには、意味がないんですけど(笑)。
私は何度か言われて、初めて気付いた位ですからね。
「へ? そうなの?」
と。

何故、何度も言われなければ気付かなかった・認められなかったのかと言うと、それまでずーーーーーっと
「自分は常に情緒不安定でネガティブな感情・思考に支配されている」
と思って生きて来たからです(実際そうでしたし)。
所謂、"観念"というヤツですな。



長いこと自分に取り組んで、現実をよりラクで良いものにする為に、要らない観念を解消したり解放する作業を続けて来ました。
それが、思わぬ部分にまで色々な付加要素を産み出しているんだなーと思うと、ちょっとお得な気分(笑)。

私は自分に取り組むことによる、現実のプラスへの転化を非常に重要視しますが、それ以外の精神的な部分、己の状態、どう在るかも同じ位大切にします。
自分の人生を生きるのは、他でもない自分だからですよ。


物理的な状況をより良くしていくのも自分ですが、どのような状況であっても、その道を往くのは自分以外ではなく。
ならば、現実をプラスに転じさせることと並行して、自分をフラットな状態、常にセンターに居られる状態に持って行くこと。

……という訳で、私が先日参加しましたソース・ワークショップでは、自分の人生をワクワクさせる要素の一つに
『ゼロ・センター・自分の中心・フラット・空(くう)』
というキーワードが、書き出したワークシートに挙がっていたのだと思います。

あくまで私が重視しているものですので、皆さんがそうでなければならないのではありませんよ念のため。
人によって優先順位の付け方は違うと思いますのでね。



そんなんで、自分に取り組むことでこの辺りを更に深めて行きたいなーと思ったのでした。



と言う訳で、明日は節分です。
その翌日が立春。


旧暦で言うと、2月4日からが新年の始まりとなります。
正確には、2月4日19:23で立春。
この瞬間からが『壬辰六白金星(みずのえたつ・ろっぱくきんせい)』の年です。


昨年も書きましたが、一年間をより素晴らしいものにする為、恵方参りがお勧めですよー。
やり方は、去年の記事をご覧下さいまし。


今年の恵方は北30度です。
自宅を中心にして、恵方を探してみましょう。
ハッピーエナジーさんの恵方盤をクリック!


日本は長いこと太陰暦で動いていましたので、まだまだ太陰暦の影響が色濃いのではないかと思います。
どうぞ昔ながらの慣習を、上手に開運へと取り込んで下さいね。




タロットを使ったカードリーディングをご依頼頂いた時に、最も考える部分は

「どーやって具体的な対策を伝えたもんかなー」

ということです。




タロットは潜在意識を浮き彫りにする為の道具なのですが、出ているカードを読み解いてお伝えするのは私の仕事です。
お相手に分かるように明確に、そして時間内に(笑)伝えることを終わらせなければならない。
となると、ストーリーを説明した上で、


「このままが良いのであれば、こうなる」
「嫌な場合はココに問題があるので、こういう風に対策を取ると解消出来ます」


と、具体的にお話しすることになります。




ヒーリングセラピーだと、その問題の深い部分へアクセスして解消・解放することも、場合によっては可能です。
が、タロットは現状とそこへ至る過去、そしてこのまま行くと…というストーリーの解説になります。
なので、その場で変化を促すことはちょっと難しい。

となると、ここで私は
『如何に素早く・カンタンに問題を問題ではなくなるようにするか』
に特化した方法をお伝えすることになります。
それも、その人がやろうと思えばきっと出来る…という内容に限られます。



しかも、ものすごーく端的な言い方を採用するので、「へ?」みたいな顔をされることが結構あります(笑)。
とある過去の例を挙げますと。

「それまで親しかった人と険悪な仲になった。どうすれば良いか」

というご相談を頂いた時、カードを展開したら、大変珍しいことに『過去世からの因縁よー』という暗示が出ました。
問題はちょっとめんどくさそうで、しかもクライアントさんは個人セッションを受ける気がない。
さあどうする。



ちょっと考えてお伝えしたのは、
「嫌いなのであれば、縁を切っちゃえばいいんじゃないですか?」
でした。



ひじょーに身も蓋もない返答ですが(笑)。
無論、仲良くしたいのであれば、また別の手を考えます。
んが。
嫌いなら、それでいいじゃないですか。
嫌い。はい終了。
それ以上何があると?
復讐とか相手の謝罪を望まなければ、それで済んじゃう話です。


あとは、ご本人様がその考え方や手段を呑めるかどうか。
仮にそれが何らかのパターンを持っていたり、耐え難い心理的苦痛を伴うのであれば、セラピーなんかでの解消をお勧めします。

でも、一番カンタンなのは「あ、嫌いだわ」で終わることです。
相手が悪いとか自分以外のせいにするのではなく、自分が能動的に相手を嫌うことを選択している…と、納得すること。
そこまで行くと、問題そのものを手放せる可能性が高くなります。



という訳で、割と身も蓋もないお答えで終わることもあるんだよ。というお話でした。





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi