resonance

Entries

Date : 2011年12月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

今日で2011年が終わります。
このブログにお付き合い頂きまして、まことにありがとうございました!


今年は言葉で言い尽くせない程、忘れ得ぬ出来事が沢山ありました。
個人的には、多くの出会いと別れがあったように思います。



出会った方の中には、絶え間ない前進を決断した人、新しい喜びの人生を開拓することを決断した人、もっと自分と向き合うことを選択した人など、色々な方がいらっしゃいます。
勿論、後退や停滞を選んだ人も多いです。
色々な選択が交差する中で、我々は生きています。

もし、不本意な一年だったと思うのであれば。
一瞬のチャンスを捕まえられるように、路線変更しましょう。
素晴らしいチャンスを蹴っ飛ばしたり、自分の好みの姿じゃないからイヤ! と突っぱねたり…という、エゴの奴隷から卒業出来るよう、新しい選択をご自分にゆるしてあげられたらいいですね。



今日で本年ラストのお仕事が終わり、1月の仕事が入って来ました。
……そう、要するにいつも通り(笑)。
いつも通りの生活を本当に有り難いと思います。
今ある生活は決して当たり前ではありません。それを改めて確認した一年でもありました。
また、諦めずに前進する決断をし続けることも、これまでに比較して大きく学んだように思います。
多くの方に関わったこと、ちょっとは解放のお手伝いが出来たこと、他人様に喜んで貰えたことがとてもとても価値あることでした。

そして、自分に対して大分緩くなって来たな~と思います。
これは本当に嬉しいことで、ラクっていいわあと堪能しています。
来年以降はもっともっと緩くなると思いますが、その過程がこのブログで垣間見えるかも知れません(笑)。



お付き合い下さいました皆様に、厚く御礼申し上げます。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい!

沢山の希望が見つかりますように。


2011.12.31 Sachi
   


慌ただしかった感のある一年が、明日で終わります。
毎年この時期は何時も通りの生活なので、全く年末感がありません。
そして大晦日まで、他人様とお会いする用事が例年入っている私…。
周囲の方が年末~ということをよく仰っていると、「そうか、年末なのか」と感じるんだなあと思いました(笑)。


色々なことがありましたが、それでもこうして年を越そうとしているのは、凄いことだと思います。
お陰様で沢山の方との出会いがあり、楽しいやりとりや出来事があり、またこれまでと同じく自分と向き合い続けた一年間でした。
去年の今頃と比較すると、お陰様で(本当に! お陰様で!)ちょびっと成長したかもと思えます。

今年はセッションやワークショップのお仕事の比重が、それまでに較べて多少大きくなりましたが、元々どれが本業かパッと出て来づらい位に色々やっています(笑)。
スピの仕事だけで生活している訳ではないので(というかあくまで副業なので)、来年からはまた違う展開があるんだろうな~と考えています。

何となくではありますが、私の中の人生サイクルを見てみると、今年までで大きなサイクルが一区切り、かな? と思ったりしています。
因みに私は陰暦で動いているっぽいので、2月が新年の気分です。
なので、私は2月以降に新展開かな~。楽しみ楽しみ。



来年以降の展望ですが、人によって違うと思います。
明るいか暗いかは自分次第。自分の意思で何処にフォーカスするか、です。
望む未来を獲得出来るよう、大晦日は自分と向き合ってみるのも良いかも知れませんね。

もし暗い未来しかイメージ出来ないのだとしたら、それは何故かをしっかり炙り出し、イメージの中だけでなく、書き出して燃やしてみても良いでしょう。
年が切り替わるタイミングや、暦の上での節目などを有効に使うと、自分の中で弾みが付きます。



私は割と笑い上戸なのですが、今年はよく笑ったな~と思います。大爆笑が沢山ありました。
今日、地元で外食している時に、はきはきと働いているウェイトレスさん達を見て、
「このお嬢さん達は仕事であってもちゃんと笑顔で人と接していて偉いな~。営業スマイルだとしても、ちゃんと笑顔のパワーを与えてるもんなあ」
と、妙な感心をしました(笑)。
笑顔って凄いと知ってはいましたが、改めて確認。
出来るだけ笑顔を色々な人に向けることで、明るい未来を作って行くことも可能なのでは? と。

私は『出来れば心も伴った方が良いかも知れないけど、出来ないなら建前だけやって、無理に心から笑わなくていいんじゃないですか。つーか建前だけでもいいから笑っとけ派』です。
鏡を見てまずは笑顔の練習をしてみたらどうでしょうか。
で、笑顔を作って顔の筋肉を多少なりとも柔軟にしてから、来年の展望を改めてイメージしてみる。
すると、それまで抱いていたイメージより、数段明るくなるんでは? と、たった今思いつきました(笑)。


大昔、ある会社でモニターに向かって仕事をしていた時に、どうも眉間に皺が寄っていたらしく、向かいの机に座っていた男性の先輩から
「Sachiちゃん、顔が怖いよ。笑って笑って!」
と言われたことがあります。
私の顔を見て、気分が良くなかったのかも知れません。

「きれいな女性がニッコリ笑うだけで、その場の空気が良くなる」
という持論をお持ちの方ともお仕事をしたことがあります。
そして、あちこちでそれを確認している訳です。


笑顔で2012年のスタートを切れるよう、大晦日はお風呂やトイレででも、笑顔の練習をしてみるのがオススメですよ~。




今年もあと僅か。
大掃除や年始の準備で、お忙しい方も多いでしょうか。
そんな中ですが、私は何時も通り。通常運転です(笑)。


メールで体験談を頂戴しましたので、掲載させて頂きます。
この方は、今年3月から月イチのワークショップに続けてご参加下さっています。
その間に個人セッションを4回受けて下さっていて、解放への意欲がとても強い方です。

「個人セッション単体」とか、「ワークショップ単体の」体験談ではありませんが、継続することで日常生活でも癒しや気づき、解放があることの一例です。
ご自分と向き合うことを続けることで、どんどん解放が進んでいるのが分かって頂けると思います。







[more read]

クリスマスイブは何をしていたのかと言いますと、お友達のおうちで楽しい楽しいクリスマス会でした←浮かれて絵文字を使っています




有り難くもお招き頂きまして、私は酒のみ持参(笑)。
だから何も作っておりませぬ~~~。
食べた物自慢と言えましょう。




前菜

スモークサーモン&ハーブを混ぜたクリームチーズのディップ。




ニョッキ

ピリ辛トマトソースのニョッキ。





メイン

チキンのオニオンキャラメル風味(名前うろ覚え)。




愛玉子

愛玉子(オーギョーチー)。






うーまーいーーーーー!!!!!!!!
って感じでした。余は満足じゃ。
序盤の時点で調子に乗りすぎ、酒とパンとサーモンを食べまくっていたので、後半ペースダウンでした(笑)。






最初に建設したお菓子のおうちが食べられなかったのは、とーっても残念です。


お菓子のおうち



食い意地の張った人間にとっては、お菓子のおうちって夢とロマンが溢れていますよね!
来年は食べたいお菓子のおうち。



この日に集まったのは全員女性です。
別名『自立の会』
なんかみんな自立タイプだったんですよねー。
会話もあちこちに飛んで相当面白く、何度も爆笑しまくりました。




という訳で、良いクリスマスでございました!
終電の時間が来てしまうのが勿体なかったなあと思います。
次回はDVD持参で鑑賞しようねと話しておりまするー。





何度かブログに書いていますが、私はタロットの他に易を使うことがあります。
占いと呼ばれるものは、二種類に大別されます。

ひとつは、生年月日や名前など、既にある素材を使う統計学系列のもの。
もうひとつは、その瞬間の偶発生を以て占うものです。
俗に"霊感占い"と呼ばれるものは、私の中では占いではないので(笑)ここには含みません。


易は古代中国で生まれたとされる占術で、陰陽を組み合わせて占います。
天地の理を表現したストーリーが64種類あり、中国の古代国家である殷(いん)が滅ぼされ、周(しゅう)が建国されるまでのお話となっています。
近年バトル漫画にもなった中国の民間伝承、『封神演義』はこの周易革命を脚色したものだそうです。

思想としては栄枯盛衰と万物流転、でしょうか。
陰極まれば陽となり、その逆もまた然り。
この世の森羅万象は、全て変遷するということを説いています。


但し、昔の思想が反映されている為、現代風のアレンジが解読に必要なことも多くあります。
昔は「女性は家に居て子供を産み、家と夫の為に尽くす」ことが美徳とされていましたし、親の取り決めに従うことが良しとされていました。
そういう部分は多少の飛躍が必要だということです。

その他、テーマをきっちり具体的に絞ることも重要になります。
例えば病気について視るとします。
仮に吉の象意が出たとしても、それが「本人にとって吉」であれば回復の兆しが見えるでしょうし、「病にとって吉」となる場合は、益々病状は進行すると視ることが出来ます。



最近で易を使って面白かったのは、「君子、豹変す」という言葉の原典となった『沢火革』という卦です。
64種類中の49番目に当たり、読んで字の如く、『革命』を表します。
『革』とは、あらためるという意味です。

1/64の結果が出たら、更にその中を細かく判断する材料が6種類ありまます。
実質的には約400弱の結果が待っているということですね。
陰と陽を(例えばコインの裏表等で)6回出しますが、現在6つのプロセスの中のどの部分に当たるかで、変化の時期や現在の詳細を視る訳です。


「君子豹変。小人革面。征凶。居貞吉。/くんし、ひょうへんす。しょうじんをあらたむ。ゆけばきょう。ていにおればきち。」
という言葉が、沢火革を構成する6つのプロセスの中のひとつに書いてあります。
豹変とはつまり、獣が秋を迎えて毛が生え替わることを指しています。
万物の摂理に沿って獣の毛が生え替わるように、物事が改まる時であるという意味です。
日本だと「豹変」という表現はイマイチ良くない取られ方をしますが、本来はこういうことなんですよー。



でね。
この内容が出た方って、最近やたらヒョウ柄のグッズを身に着けていらっしゃったんです。
豹変……まさに読んでそのまま、革命の為に豹に変身したんだわなー(笑)。
こういうシンクロまで含めて読み解いてみると、すごく面白いなーと思って。冗談じゃなくて、ホントに!

ユングが潜在意識の反映であるとして、易を研究していたのも頷ける話です。
勿論これは、易以外にも言えることですがね。
御神籤だろうがタロットだろうがオラクルカードだろうが、TVで流れている音楽だろうが耳に飛び込んでくる他人の会話だろうが、全部自分の潜在意識の反映ですからね~。
だけど言葉までピッタリはまると、思わず興奮しちゃいますなあ(笑)。



私は易についてはそれほど熟練していませんが、10年以上はぼちぼちお付き合いしています。
今後も有り難く使わせて頂こうと思います~。



先日のワークショップにご参加頂いた方の中で、体験談やご感想をお送り下さる方が数名いらっしゃいます。
ありがとうございます~。

一体その中で何をやってるのか、全く想像が付かないと思います。
毎回何となくやることが変わるし、人によって思うことは全く違うという性質上、ひとりひとりのご感想が一番ストレートに分かりやすいのではないかと思います。


能動的に参画している人にしてみたら、当然収穫も大きく、出て良かった、素晴らしい! と、思うでしょう。
逆に、参加さえしていれば良いことがあるに違いない、私は参加するけど参画はしませんが。という人にとっては、なんにも良いことなかった! で終わるでしょう。
この『能動的に参画する』ということに関しては、ほぼ毎度同じことを言っています。

トレーナーである私が何を提供しているかと言えば、その回毎に全員に対して一律同じものになります。
あとはそれをどう使うか。
そして、如何に日常生活へ持って帰り、そこで活用するか、です。
私がおうちまでついて行って、「あれを○時からこうやるんだよ、ほら最初はこうやって手を使ってペンを持って」等とやる訳ではありませんからねー(笑)。


おうちでやる自己ワークは、アレンジをしたり思いついた我流でも構わないのですが、そうすることが逃避になるようなら、やらない方がマシです。
例えば書き出しの作業も、ある程度書いても(一週間とか二週間、一ヶ月位間を開けて)読み返さねば意味はなかったりします。
振り返ることをしないと、つまりこの作業では読み返さないと、自分がどう変化したかは分かりません。

その為には、出来る限りワークショップでやり方を会得し、感じ方を客観視し、実生活をラクにすることこそ揺るがない目的である、とぶれない軸を持つことです。
私のイメージでは、ワークショップは生き物なので、私個人の言うことなんかは全然聞いてくれないです(笑)。
それぞれの参加者がワークショップと仲良く共存し、それを通して自己を見つめるという作業の為に使うことで、互いに成長して行くのでしょう。



という訳で、ご感想です。
どうぞ~。





[more read]

まだまだ新月ですよ~。
願い事は見直して書き直して、納得行くまで書き出してみましょう♪



さて。
昨日のクリスマスイブは、RoCoのSunaちゃんと一緒に神奈川芸術劇場で上演しているロッキー・ホラー・ショーを観て参りました!

上演前まで、セクシー&キュートな格好の売り子のおねーちゃん達が場内を練り歩き、グッズ販売を。
うわーエンタメ全開な感じですげーなー。
と、開演前はキョロキョロしていました。
お客さんも、コスプレちっくな人達がちょこちょこ居て、リピーターであることがよく分かります。


ボンテージ風の衣裳も、映像も、セットも、かなり凝った作りになっていまして、セットの中にて生バンドが演奏するという、すごく完成度の高い舞台でした。
いやーもう、のっけからサブカル全開(笑)。
ジャンルはホラーSFかな? SFホラー? どっちか分かりませんが、成分的に言うと8割コメディですね。
残りがSFとホラー? でも何処にホラーがあったんだろう…。

形式はミュージカル。
勢いが凄くて、最初の方は殆ど座っていた観客も、ラストは全員スタンドアップ。
観客を煽るし、ストーリーがよく分からなくてもオッケーオッケー! なノリで、どんどん進んでしまう(あ、大体分かりましたよ 笑)。
ラストは出演者のバースデーだったということで、みんなでハッピーバースデーを歌って、更にメリークリスマス! を合唱(笑)。
色々詰まってて訳が分かりませんが、楽しかったことだけは間違いない。



ロッキー・ホラー・ショーは海外生まれの舞台で、映画化もされ、日本上陸後もずっと舞台で上演され続けています。
映画も舞台も、観客と一緒に歌って踊るのが醍醐味みたいです。
乱痴気騒ぎ、という表現が頭に浮かびました…いやもうホントに凄かった。
もうよくわかんないけどノリが凄いから踊っちまえー! って思った(笑)。
久しぶりに拳を振り上げ、「イェース!!」って叫んで、すっごく気持ち良かったです。

客席が狭いので、思い切り腕とか足とか動かせないのですが、この全員が踊っている姿をステージから見たら、壮観だったろうなーと終わってから思い返してみたりして、あーもう本当に楽しかったです!
リピーターの人は、タイムワープというお馴染みの曲を踊りに来ているようです。
それはそれは楽しそうに隣のカップルが暴れておりました。



タイムワープ/原作バージョン





動画にあるように、「♪まずは左へジャンプ!」って、みんなで歌って踊ったのよ~。
みんなで踊るのっていいなあと思って。
身体を動かすし、音楽が素晴らしいし、歌って踊って本当に楽しい!

中学・高校辺りの芸術鑑賞で使ったらいいのにーと思いました。
まあ、内容が若干変態だから、保護者とか教育委員会からクレーム来そうですけどねー。
いいじゃないですか、これも表現の自由なんだから~。
それに、思春期の持て余すエネルギーを踊って発散させたらいいのですよ!
…適当に思ったことを適当に書いてるだけです(笑)。



東京公演・大阪公演があるようです。
ちょーオススメ! お金払って良かったと思える舞台ですよ!!




今日は横浜方面へ遠征しておりました!
楽しい一時でしたが、それはまた別の日にレポートします。

ワークショップにご参加下さった方が、その数日後に個人セッションを受けて下さいまして、体験談を下さいました。
が、その前に。


明日は新月ですよ~。


12月25日 03:06~新月スタート


です!
朝起きてゆっくり願いを書いては如何かと。
ご自分の願いに相応しい、綺麗な紙をご用意下さいまし~。




では、頂きました体験談でございます。




[more read]

3月からほぼ毎日更新のこのblogですが、

「毎日更新するなんて凄い」
「楽しみにしてます」
「私のことを書いてる! っていつも思う」


等のご感想を頂いております。どうもありがとうございます。
正直自分でも凄いと思ってますよ。毎日て。みたいな。



昔、ライターの先輩が「お金にならないのによく(blogなんて)書くね」と何度か言って来られたことがあるのですが、ええ本当にそう思いますよ。
職業ライターだと、一文字いくらの世界ですから、馬鹿馬鹿しいと思う人も居るんじゃないかと。

しかしそこはそれ、曲がりなりにも精神世界に足を踏み入れてから、ウッカリ10年以上経っている私です。
「シェアすると何倍にもなって返って来る」
「情報は持ったままだと腐るので、直ぐに流す」

という法則を実践する場として、現在このblogを使用している訳です。
勿論、他にも宣伝の場であるし、これを見てセッションやワークショップにお越し下さる方もいらっしゃいます。
「一人ずつではなく、一気に多くの方へお知らせ出来てお得」という意味合いもありますねー。



毎日毎日、私が一体何処からネタを引っ張って来ているのかと言いますと。
日中の意識ある時間内、その大半を「今日の記事どうしよう」で過ごしていることにより、モヤモヤ浮かんで来る訳です。
世のお母さん方が「今日のごはんどうしよう」とお考えになっているのと、やや似ているかも知れませんわ(お母さん方、本当に毎日おつかれさまです)。

PCの前でウンウン唸ってる時もあります。
ここ数日の出来事で、見逃しているものはないか、見聞きしたものは何か、お会いした方は誰か…等々を掘り返すんですよ。
でも出て来ない時もあります。そう、例えば今日とか(笑)。



起きてからずっと、「今日はblogおやすみ~」って書こうと思ってたんです。
寧ろ、特にお知らせもなくお休みしようと思ってましたですよ。
夕方頃までそんな気でいたのですが…。

夜。
PCのメールボックスを開けたら、ワークショップにご参加下さっている方・個人セッションを受けて下さった方から、気づきや変化のご報告メールを同時に頂戴しました。
そして内容を読んで深夜に不覚にも大声で爆笑したり、ウンウンと頷いたりしたんです。



これじゃあ休めないじゃないか。



って思ったですよ(笑)。
更に、ほぼ同時に
『誰がやっても同じ結果になる』
という、なんか色んな角度から取れそうなタイトルの迷惑メールが来て、あまりの重なりぶりにまた噴いてしまったりしました(笑)。




シンクロニシティ(意味のある偶然の一致、と解される現象。引き寄せとも言う)が普通に起きるようになってから、大分経ちました。
でも、可笑しいわなーと思う形で起きるのは、暫くぶりかと思います。

他動的な意味で「休むなってこと?」ではなく、私が「書けやコラー!」と自ら思っているから起こしている現象なのでしょうが、それにしてもいつまで続くんだろう(笑)。
自分に起きた出来事で大笑いしたのは、割と久しぶりな気がします。
あーウケたウケた。



頂いたメールは、下さった方に確認してOKを頂いたら、upしたいかなーと思います。






自分にくっついている要らない観念が無くなって行く中で、色々な出来事があるでしょう。


・人間関係が入れ替わる
・食や服の好みが変わる



等が顕著に分かりやすい変化です。
他にも、「植物や物が自分と喋ってくれるイメージ」が出て来る、というお話を良く耳にします。


小さな子供が、人形やぬいぐるみと喋っているのを目にします。
あれはどういうことかと言うと、本当に人形やぬいぐるみが、彼らと喋っている訳です。

勿論、イメージの中での話ですよ。
が、子供の頃は現実と空想の境目が曖昧な為、声に出してお喋りをして「こう言ってるよ」と教えてくれます。
あれは"彼らの中の"人形やぬいぐるみが喋っているということですね。


何故、癒しや解放が進んで行く中で、大人の自分にそのような現象が起きるのかと言えば。
癒されたり解放される中で、我々は何か別のものになるのではなく、素の自分へと還って行くからです。

成長という言葉で表現すると、恰も先へ進み、違うものへ変化を遂げるという印象を受けますが、実際は恐らく「元々あったものに気付く」為のプロセスを歩んでいるのです。



じゃあ植物は喋らないのか? とか、ぬいぐるみはどうなんだ。
と言われると、それは分かりませんとしか答えようがありませんね~。
ホントのとこはどうなのか? 私には分かりません。だって証明出来ないから(笑)。
でも、心情的にはそうであって欲しい、かも。
小さい頃はぬいぐるみとよく喋っていましたからね。

そして、大人になってから切り花に向かって語りかける実験もしていました。
「綺麗だね」「可愛いね」と一言話しかける、というのをバラの切り花で実験した処、水を替えるだけで1ヶ月も散らずに持ってくれました。
バラは落ちるまでが速い花ですから、ちょっと持ちすぎではないかと思いました。
やっぱり言葉が分かるのか、若しくは言葉にくっついている波動をあちらが感知しているのか、何にせよ異例の持ち具合だった訳です。
実際どうかは知らないけど、どうも反応はありそうだ、というのが私の結論です。



…ってな辺りで本題に戻ります。
『言葉を語る筈のないものが語りかけて来た』という現象は、さほど珍しいことではないので、驚く必要も特別だと思う必要もありません。
自己解放のプロセスに於いて、感情を感じることが出来るようになって行くと、当然と言っても良い程に起きやすい出来事です。

とても感受性が豊かになっている証拠ではありますが、こういう現象が起きる人はイメージに振り回され過ぎないよう、センターに戻れるクセを出来るだけ身に着ける練習がオススメです。
手っ取り早いのが深い呼吸です。息を吐き出し、関節が緩むイメージで息をしましょう。
関節に溜まっている力を、息と共に吐き出し、新しい空気を吸い込んで関節に送り込むような感じで。



だけど、上手く使うと自分を知る為に使うことが出来ますので、よく観察してみることをオススメします。
出来るようであれば、モノと会話をしてみるのも楽しいかも知れません。
あまりに耽溺しすぎなければ、自分を感じる訓練にもなりますから、ちょいちょいやってみるといいですよー。



ワークショップやセッションでは、イメージワークをよく使います。
退行催眠なんかもイメージワークの一種です。


我々の観念は、身体にもあると言えますし、精神にあるとも、またイメージの世界に存在しているとも言えます。
イメージの世界でなら、視覚化や感触を掴みやすく、また"それ"をどうにかすることも可能です。
夢を操れるようになると、現実も容易に動かせる…という人も居ます。

ただ、イメージにも種類があるなあと私は思います。
埋もれていた感情を伴ってのイメージか。
または、現在の自分を正当化する為のイメージか。



何にせよイメージはイメージ。
エゴが作っていることには変わりないのですが、それが実際に過去から解放する為に使える道具であるか? ということを見分けることが大切です。
で、見分けるにあたっては、何処を目安に見分けるべきか? という部分が気になる所ですな。

ちゃんと見分けないと、仮に出て来たイメージがエゴを正当化するものであった場合、益々エゴが肥大化し、本来の自分からは遠くかけ離れて行く一方だからですよ。
あー、それを望んでいる場合は構わないと思いますし、面倒だけど遠回りが好きという場合もまた然り。
どっちでも宜しいんじゃないでしょうか。と、思います。
が、こういうblogを読んでいる段階で、そりゃ流石に無いだろうと踏んで、続けます(笑)。



見分けるポイントは何処かと言えば、非常に難しい所です。
訓練を積んだ人であれば、恐らく身体感覚で見分けるでしょう。
身体の中でどう感じるかが分かれ道、というのは私の実体験でも非常に信憑性が高い判断基準だと思います。
でも、その身体感覚もある程度は訓練が必要です。


・栄養を整える
・適度な運動(歩く)
・深い呼吸を心がける
・センター(フラットな状態)に戻るクセを付ける




という辺りが必須項目でしょう。
更に、自分自身を見つめ続ける作業が当然大切です。

なんぼ泣いた処で、また感動していると思った処で、エゴにまんまと騙されている可能性を見誤ると、面倒なことになりやすいので、本当にこれは声を大にして言いたいことです。


いつも「身体が大事よー」と繰り返しているのは、この土台の上に様々な要素が乗って来るということがよくよく分かったからですね。
実際、イメージも(緊張とは違う意味での)集中力が伴いますから、身体が出来ていないと直ぐに気が散ってしまいます。

何よりもまず身体です、身体。
長年虚弱だった私が、最近はちょっと健康(っぽい感じ 笑)になって来たことで、それが色々な部分へ波及しています。
あーもう身体やんけ! と叫びたい気持ちで一杯です(笑)。




そんな感じで見分けられるようになって来ると、それが処理した方が良いことなのか、スルーでOKなのかが分かり、手間が格段に減ります。
解放や成長が進んでも、エゴは絶対に無くなりませんので、あらゆる手で囁いて来ます。

なので、出来るだけこういった洞察力を身に着けておくことをオススメしますです。
自分の中で強く感じるからと言えども、案外違う角度から見てみると、それは違うものに見えたりする訳で。
これが分かると非常にラクですよー。
イメージに乗っ取られたり、振り回される必要も無くなりますしね!



真贋を見分ける目…等と言うと、まるで何かの目利きみたいですが(笑)。
目指せイメージ目利き!




10年以上前に、『傷の言語』という概念を知りました。
確かこの本に載っていた言葉のような気がします。
違ったらゴメンナサイ(笑)。



7つのチャクラ (サンマーク文庫)7つのチャクラ (サンマーク文庫)
(2009/02/17)
キャロライン・メイス

商品詳細を見る




どういうことかというと。
訊いていないのに、自分が如何に過去傷を負って、それによって生きているかを語り出すこと。
つまり、傷があること自体をアイデンティティにしてしまっていて、それを使った取り引きしか知らない人は結構多いものです。
虐待を受けていたとか、トラウマがある、等ということを自分の装飾品、または武器に使っているケースですね。
「だから今こうなのは仕方がない」「だから私は現在こうなのよ」と言いたい。

で、それが解消されたり解放されてしまうと、大変宜しくない訳です(笑)。
恐らく傷の言語を持ち出す人の大部分は、エゴが「それこそが自分の価値」と指示を出しているので、無くなったら自分の価値が無くなると踏んでいるからですよね。



以前、私が何度か通ったセミナーのトレーナーさんが、これを『吸血鬼タイプ』と言っていました。
このタイプは、「うんうん、可哀相に、大変だったね、偉かったね…」と、ニーズを満たしてくれそうな人を捜すのが異常にというか非常に上手い。
スイ~っと近寄り、相手の関心を自分に向け、エネルギーを吸い取る(=吸血鬼 笑)。
で、いつまでもいつまでも本題を解消しない。

打ち拉がれた被害者の仮面を被っているので、一見分かりづらいです。
でも、いつまでも同じ話を繰り返し、ああしてみたら? こうしてみたら? と言っても言っても、決してやりません。
「出来ない」「分からない」「だって私はトラウマが…」という所を永久にループする。
有効な打開策はと言うと、『黙って離れること』だそうな(笑)。



死後の世界についての見解が書かれた本にも、やはり似たようなことは書いてありました。
それが実際本当のことかはさておき、言い得て妙だなと思うのです。

「地獄を信じたり、罪悪感や執念にまみれて死ぬと、その観念に則りイメージの世界を作り、そこで勝手に地獄を体験する。ガイドや天使が助けようと働きかけても、決してそちらを見ないので、本人がその状態に飽きるのを待つしかない」
とのことですわ。
本当の所は死なないと分かりませんが(笑)。



この一連の知識に関しては、勿論体験が先にあったからこそ活きているのですが、概念自体を知っておいて良かったなと思うことの中のひとつです。
私のやり方として、まず実践・体験が先にあって、知識で補強・カバーという順位付けがあるのですが、知識も非常に大切ではないかと考えます。

どっちが先でも良いと思いますが、実体験に活用出来る知識を持っていると、理解がスムーズだなあと思います。
上記の内容を例に取ると、知ったことによって「助けなきゃいけない」という勘違いをせずに済む訳です。



先達の知識や知恵は、本当にありがたいものだなーというお話でした。
そして私も、エゴに操られて傷の言語を取り引き材料にしていないか、改めて注意しようと思ったのでございます(笑)。



情報交換

  • 2011.12
  • 19

Edit675

お世話になっているセラピストさんに電話でセッションをして頂いた序でに、業界(笑)の情報交換を長時間していました。


そうだよね、そうだよね、そうだよー!!
うわーあるある。あるある。あーそれちょー分かるー!

を、互いに連発していたら、あっという間に時間が経過。
セッションタイムよりこっちの方が長かったよ…何やってんだ(笑)。




『ワークでやった内容を、カンタンで出来る筈なのにおうちでは絶対にやらない人』
について話が出たんですが、「いるいる。超いる」ということを互いに深く頷き(笑)。



「色々見てると、お金をケチる人は何故かやらないっすねー」

「そうなんですよね、あれ何故でしょうね」

「やったとしても、効果があるなんて絶対認めないし変わるもんか、変わってなんかやらないから! それを証明してやる!! っていう、方向がおかしい気合い全開で来たり」

「そうなんですよ! お金使って何しに来てるのかなって思っちゃいますよね。こっちが変えてあげられる訳ではないし、その姿勢で居る間は一切何も出来ないから…」

「だけどそういう人に限って不満なんじゃないですかね。自分は何もしないけど、変えてよ! っていう意識が強いでしょう。紐解けば、自分だけの為にやってよ! ってことなんだと思いますが」

「あと、お腹が緩い人はお金を使って沢山セラピーやワークを受けたがる傾向がありますね」

「そうそう。逆に便秘がちの人は、自分の為であってもお金を払うことをかなり嫌がりますね。やっても反応があるのかないのか…。溜め込みたいからでしょうね」




あくまで会話の一部ですが、この会話がもー凄く凄く面白かったです。
他にも料金と内容の云々とか、ワークに関するスタンスの話とか、どの程度の人数が一番やりやすいかなんかも、互いにウンウン頷きながら話したり聞いたりしていました。
これだけでも、非常に実りがありました…いつもありがとうございます!

あ、便秘については肉体的な面も含めた部分に色々理由がありますので、ケチ=便秘という解釈のみではありませんです。
何となく見てるとそんなんだよね、ってことですな。誤解無きようお願いします。



色々お話を聴きました所、うちのワークショップは女性(私)が開催しているにしては相当ハードみたいです。……それは知ってたけど(笑)。
誰かがどれだけ泣いたとしても、時によりけりで全く反応が違います。
「今なんで泣いてるの?」「泣けばいいというものではない」
と、(場合によっては)言い切ります。

泣けば癒されたと思いたくなりますが、私やワークにご参加下さっている方の中には、誰かが泣いていたとしても眉一筋動かさずに居る方も多いです。
表面的な誤魔化しに騙されることは、癒しとは全く違うからです。
勿論、感動をお裾分けして頂いて、何人も涙ぐんでいる時だってありますよ。


私の基本スタンスが、『ま、何でもいいんじゃないですか』なので、つまり時間とお金という最低限のルールさえ守って頂ければ、あとは何でもアリだと思っているって話ですね。
更に、優しくしてくれる筈、良いことだけ言ってくれる筈、フォローしてくれる筈、依存させてくれる筈…というのが好みの問題で言えば私は嫌いなので、そういう部分も手伝って多分に男性的な進め方なのでしょう。




という感じで、こういう情報交換は大変為になるし、ちょー面白いので、またチョイチョイやって行きたいなーと思ったのでございました。
あーおもろかった(笑)。






本日は12月度の、そして今年ラストのワークショップでございました。
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!



今日は一年の締めくくりとして、いつもの倍以上の時間をワークに費やして頂きました。
長いと感じたか、短いと感じたかはそれぞれでしょうが、「あっという間でした」と仰る方もいらっしゃいましたよー。
遠く愛知から初参加の方もお見えになりまして、また活気が生まれたように思います。

今年に入ってから、毎度毎度ワークショップの表情が変化している感じがします。
私自身が、自分に対する理解をちょっとずつでも深めているからなのだと思いますが、参加される方の見せる側面がバリエーション豊富で、おもろいわーと見ています。
あ、ご感想などおありの方はメールして下さいねー。<私信


ワークショップ終了後、任意でのお食事会は焼き肉屋さんで食べ放題でした♪
おいしい! おいしいー! と食べまくり。
話も盛り上がり、お腹も一杯、楽しく帰路に就いたのであります。

あの焼肉屋さんは正解だったわ…と帰宅してからも思いました(笑)。
丸々3年続けた自分を褒めてやりたい! 焼肉美味しかったし! みたいな気分でこの記事を書いています。





以下、2012年の確定しているスケジュールです。


★1月15日(日曜)

★2月12日(日曜)

★3月11日(日曜)




詳細はresonance HPをご覧下さいませ~。



来年から4年目に突入でございます。自分が一番ビックリ(笑)。
また色々な自分を発見する旅路をご一緒出来ることを、楽しみにしておりまする~。

今年のワークショップにご参加下さった全ての方々に、心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!





thank you!




兄の奥さんが先日お誕生日でした。
そのお祝いに、本日はお料理サービスをして参りました。
お料理サービスとは読んで字の如く、おうちまで行ってお料理するというサービスです。
誕生日プレゼントの一環として、一昨年からスタートしました(笑)。


昨年のリクエストはイタリアンでしたが、今年は中華を希望とのこと。
ですが、私の生まれ育った家では、中華のメニューはイマイチご縁が薄かったように思います。
あったとしても、春巻きか麻婆豆腐か餃子くらいなもんです。
ちょっと困ったどうしよう…とやや考えましたが、何とかこれで勘弁して下さいーということで。




ちまき

ちまきの中


中華ちまき。
餅米大好きなので、自分が食べたいという理由で作りました。
ちまき大好き! でも食べたのは久しぶりです。
あちこちのお店を探しても筍の皮が見つからず、前日焦ったという曰くつきの一品。
見つかって良かった筍の皮(見た目的に)。






ダック風

北京ダック風チキン。
ダックは流石に無理なので、鶏肉で。
皮だけ食べるのは勿体ないので、もも肉を使いました。
包む皮である薄餅も作りましたよー。焼きまくり(笑)。





麻婆豆腐

麻婆豆腐。
これはある程度作り慣れているので、それほど無理もなく出来て良かったです。





スープ

中華コーンクリームスープ。
ちょっといい中華料理のお店で飲めます。
あれが大好きなので、再現(?)してみました。
お椀の下に見えるサンタさんとのコントラストがシュールです(笑)。





以上、4品です。
製作タイムはちまきを入れて1時間半位?


兄の奥さん、大層喜んで下さって良かった良かった。
目的を果たせて何よりです。
ちょっと意外でしたが、甥が非常に喜んで食べていました。

最近は殆ど料理しませんが、元は嫌いではないので、やるとやっぱり楽しいです。
何かを作るというのが好きなんでしょうねー。


奥さんが「うちでも作りたいな。今日のメニュー、レシピはないの?」とお尋ね下さった訳ですが、料理を作るのに分量を量ったことなんてありませんわ。

液体系の調味料は瓶から直接ドボドボ入れ、粉系の物は袋や入れ物からそのままどばっと投入し、冷蔵庫の中を見て入れられそうな物を発見すれば予定に無くともその場で加える等、適当に適当を重ねた結果がコレだよ(笑)。


と言う訳で、久しぶりに楽しくお料理して参りました♪
毎日義務とかになると、途端に嫌になるのだろうとは思います(笑)。
世の(炊事を毎日されている)お母さん方は素晴らしい! と、いつも思う訳です。






さてさて、明日は今年最後のワークショップです。
1dayの長時間となります。
どんなんかな~(笑)。







ふと我に返りまして。
デコばっかりやっていたら、アクセサリーの製作を忘れそうに…(笑)。


という訳で、ちょっぴりではありますが新作でございまーす。







ピアス



☆スワロフスキークリスタル×アメジスト K14GFピアス

新作のスワロフスキークリスタルと、ライトカラーのアメジストを合わせました。
カラーリングはシックで上品なイメージですね。
ただ、色が暖色系なので、ジーンズなんかにもよく合うと思います。
スワロは光を受けてよく光るので、パーティーシーンにもオススメですよ!





ピアス


☆アメジスト×ロードライトガーネット×ペリドット K14GFピアス

こちらもアメジスト入りです。
ドロップカットのアメジストがとっても大人っぽく見えますが、ライトグリーンのペリドットが入っていますので、フレッシュなイメージもあります。
作っている時に考えていたテーマは『葡萄』です(笑)。





ブレスレット


☆ペリドット×インカローズ×スワロフスキークリスタル K14GFブレスレット

ペリドットを繋ぎ合わせて、パーツのエンドにハート形のインカローズを合わせました。
カットが細かく入っているペリドットが連なって、可愛いですよ!
秋冬はダークカラーのファッションが増えますから、小物で差し色を使うのがオススメです。
ペリドットは黄色人種の日本人の肌によく馴染みます。






ネックレス&ピアス


☆オパール K14GFネックレス&フープピアス

10月の誕生石、カボションカットのオパールを一粒あしらったシンプルなネックレスと、ランダムなカットのオパールを沢山通したラフなイメージのフープピアスです。
オパールの産地は、オーストラリアが非常に有名で高品質とされています。
乳白色のベースカラーに、チラチラと浮かぶ虹色の光沢がとっても贅沢。
一見セットアイテムのようになっていますが、作ったら偶々セットっぽくなっちゃっただけです(笑)。
背景が白いせいで色が飛んでいますが(笑)、こちらのオパールは宝石質ですよー。






以上、新作でございました♪


他にもちょびっとだけ新しいアイテムがありますが、それは実物をお出しするまでのお楽しみ~。
暫くイベント参加は無さそうなので、アクセサリー類は月イチのワークショップのみでのお目見えとなります。
是非ともお手に取ってご覧頂きたく思います!

因みに今回は制作中、他人様の前に出そうかどうしようか迷っていた物が幾つかあります。
どなたかの元へ嫁ぐことが無ければ、自分用に使う気満々でいます(笑)。






long,long ago...



で始まる位に、結構な昔の話です。
昔話として聞いて下さいな。




とあるセミナーに参加した時、手を挙げて発言された女性がいらっしゃいました。

「友人が新興宗教に走ってしまった。止められなかった。どうしたらいいか分からず、悩んでいる」

座って話を聴いていたトレーナーの方は、やおら立ち上がると、その女性の前に立ちました。
そして、目を真っ直ぐ見て、こう言いました。


「その友人にとってみれば、あなたはその宗教ほどの魅力が無かったということですね。もし友人を取り戻したいと願うのなら、あなたが本気で成長しなさい。宗教が悪い、友人が血迷った等と言わず、あなたが自分と戦いなさい!」


最後は怒鳴り声に近い大声でした。
それを聞いた女性は、泣きながら小さく頷いていました。
そんなやりとりを目にした私、結構ビックリしたのを覚えています。
これは色々見たり聞いたりして来た中でも、時々思い出す経験です。

似たような体験は恐らく色々な人の中にあるでしょう。
私もありました。
辛くて痛くて居たたまれず、無力感に身を引き裂かれるような思いをしたことがあります。



一般的には、例えば異性関係なんかだと分かりやすいでしょうか。
浮気をされたり、捨てられたのであれば、それはされた方に繋ぎ止めるだけの魅力が無かったからです。
と言い換えることも出来ます。キツイ言い方ですけどね。

相手が酷いんじゃない、そうさせた自分の、それを問題としてフォーカスし執着している自分の中の問題なのだ。
というのは、平たく言うと「被害者ぶるのはやめなさい」ということですね。
もしそれが本当に嫌なのだとしたら、辛いからどうにかしたいのだとしたら、自分の中にあるその問題の原因を解消すること。
それも、本気で。



私はそこそこの期間を使って精神世界をフラフラ歩いている中、誰かを変えようとしたり、現象のみをどうにか収めようとするのは、何の意味も無いということを────それこそ嫌という程(笑)────突き付けられて来ました。
誰から突き付けられたのかと言えば、他ならぬ自分からです。

その現象を作っているのは自分である。
少なくとも、その現象についてどう思うか、何を感じるかを選択しているのは自分である。
ということが本当に理解出来るまで、結構掛かったと思います。
…だって嫌だったんだもん(笑)。


しかーし。
嫌だろうが何だろうが、実際の所はそうでした。
ハイハイ自分でございましたー。すみませんでしたー。
と、ここ数年は大分素直になって来た訳ですが、この『自分だよー』というのを理解するに至るまでが、一番大変なのかも知れないです。

まー元気な内はエゴが粘るので、「違うもん! 全部私がやってるんじゃないもーん! 悪いのはアイツだもん!」と暴れる訳ですが、それをやっても何かが解決する訳ではないと気付くと、エゴはやや勢いを削がれます。
新しい選択を試してみたり、これまで手を出さなかったような部分をやってみたりする中で、「おや? 自分かも」と思い始める。
そんなことを繰り返して行く内に、「あーこりゃ全部自分だわ」と気付くんですねー。



気付かなくても別に問題は無いかも知れないです。
だって生きて行くことは出来る訳ですから。
辛いとか苦しいとか痛いとか言いながら、それでも生きては行ける。
特に現代日本はかなり物質的に恵まれている状況ですから、何とかして生きては行ける訳で。

ワークショップにご参加下さっている方がよく仰るのは、
「いつでもやめられるし、やらなくても生きて行ける」
ということです。全くその通り。

でも、一旦自分のことを知り、解放する作業を始めると、先に進むか後に戻るかの選択肢しかなく、戻るのが嫌なのだとしたら、実質前進しか道が無いことに気付きます。
ちょっとした茨の道です(笑)。

楽しいしラクになるんですが、エゴが頑張っちゃってる間は、苦しいことが多いと思います。
そういう時にシェア出来る仲間が居たり、検討分析を一緒に出来る友人が居ると、かなり負担が軽減されるというのは何度も書いている通りです。



因みに冒頭に書いたエピソードですが、丁度10年前の話だったような気がします。
あれを見ておいて良かったなーと思うことの一つに、
「癒しとか成長って、当たりが優しいだけじゃ無理だよなあ」
ってことを目の当たりに出来たことです(笑)。

怒ったり怒鳴ったりっていうのも、人間だから否定する必要ないんだわ。
と、妙に感心したのを記憶しています。
見ておいて良かった良かった(笑)。




偶~にですが、他人様に向かって先のことを予言ちっくに言うことがあります。
「○ヶ月(年)先にこうなるよ」と、割と具体的に言う訳です。


ならない場合もちょっとはあります(笑)。
が、結構な確率で現実化していることが多いらしく、何故分かったのですか? と訊かれたりします。



何故と言われましてもー。
いつもながら何も考えてないしー。
当てようとか全然思ってないしー。


という、何とも煮え切らないモヤッとした返答しか出来ませんで(笑)。
私が口に出したことで、相手に暗示が掛かって現実化するよう行動した…という可能性も否定し切れません。
それに、「私が凄いから予言出来た」訳でもないですしねえ。



人間が精神的・霊的な成長を遂げていく中で、サイキック的な側面が開発されることは非常に多い現象です。
というか、いつかは絶対にそこを通ります。
数多い過去世でどういったことを多くやって来たかというのも、サイキックが発現することに強く関わっています。

こういった内容は右脳が司っているようなので、右脳を使う訓練、即ち瞑想をしたり内観したりイメージワークを重ねることによって、付加的に開発されて行くようです。
過去世で修行者や宗教関係者を多くやっていると、今生でもその要素を大きく引き継いで来ている可能性は必然的に高まります。



ワークショップに継続参加している方の中には、そういった側面が強く引き出されて来ている方もいらっしゃいます。
直観が鋭敏になったり、人の本質を即座に見抜いたり、又聞きだけで何かを言い当てたり、エネルギーをヴィジョン化して視ることが出来るようになったり、未来を予見出来るようになったり…。

そんな中、水を差すようではありますが、
「そういう力があること"が"凄いのではないんですよー」
ということを繰り返しお伝えしている理由は、先述したように何れ万人がその道を歩むからです。
…つーか、そんなん別に凄くねえし。と、私が思っているからです(笑)。


それに、人間にとって必須要素かと問われれば、そうでもないと思いますし。
スピリチュアリストを目指す(?)一部の人にとっては必須かも知れませんが。
要は否定も肯定もせず、適当にやればいいんじゃないかなーってことで。

私が、私だけが特別なんだ! と、その力に振り回されないように気を付けて、あとは上手に付き合えば良いのではないかと私は考えています。
一言で言うと「どっちでも宜しいんじゃないでしょうか」という、いつものアレです(笑)。



お金持ちになったり、何らかの資格や肩書きが手に入ったり、社会的地位のある著名人と知り合ったりという中で、勘違いしないでいられるか? ということと、恐らく同じなんですよね(勘違いするのも選択肢としてはアリだと思いますが)。

でも、あるものは上手に利用したら良いと思いますよ。
それ自体はニュートラルな存在なのですから、あとは自分が如何なる時もセンターに居られるようになればオッケーオッケー。
道具に主導権を奪われるのではなく、自分が自分の御主人様であるという意識を持ち続けていれば、能動的にシアワセをクリエイト出来るんじゃないかなーと思います。



そういう側面を持っている方とお話ししながら、お互いの未来を予見ごっこをするというのも、なかなか楽しいなあと思いました。
自分だけだとそこは視ないし分からないなーという部分に話が食い込んで来るので、非常に面白いんですよこれがまた。

但し、当てに入った途端にエゴがのさばります。
訳が分からなくなるので、こういうのは基本的にお遊び感覚でやるのが一番ラクで精度が高いなーと。
お笑い要素の一環としてちょいちょい使うのが、私は気楽で楽しいと思っています。





Mahalo Kitchen Studioの池田さんがオーダーして下さっていた、デコ名刺入れをお渡ししました!
本当に、とっても喜んで頂きました♪




デコ♪

池田さんの記事から当該画像を頂いて、本来の色に近くなるよう加工しています。




もうこれでもか! って位に喜んで頂いて、凄く嬉しかったです。
色々な形で行っている製作活動ですが、勿論自己満足もあります。
でも、実際それを使う方が喜んで下さることは、やっぱりとても嬉しいなあといつも思います。

私自身はかなりストレートな表現をする人間なので、分かりやすく喜んで下さる方には感謝の念を抱きます。
喜んで下さってありがとうございます! って感じですね。



彼女のブログ記事だけ読んでいると、私は一体何者なのか読んだ方には掴めない風ですな(笑)。
ある時はアクセサリー職人、ある時はカードリーディングをやり、ある時はデコ職人になり、ある時はイベントの司会であり、またある時はインタビュアー、そしてある時はライター、而してその正体は!

……ただの人です(笑)。
ガッカリされる位に、至ってフツーです。
街に紛れていても、背景としてフツーに溶け込んでいると思います。
長年特別ではなくフツーを目指していたのですが、近年かなりそれに近くなって来たのではないかと!
そんな自分に喜びを覚える今日この頃(笑)。



池田さんと色々とお話ししましたが、初めてTVの仕事で出会った頃からは、全く考えも付かないような方向にお互い進んでいるなあと思います。
他の方から見て、私が変わったかどうかは分かりませんが、これだから人生面白いんだわーと思うような、楽しい展開が沢山あります。

「悲喜こもごも」の「悲」がかなり減って、その分「喜」が大幅に増えました。
そうなると、沢山の可能性が見えて来て、色々な新しいご縁も増えて、更に違う展開をして…と千変万化して行くのを体感しています。
来年はもっともっと加速度的に楽しくなるんだろうね、と頷きました。


そんな話をhive cafe(飯田橋)でしていました。
こちらのお店、画像が無くて申し訳ないのですが、ランチのパンが食べ放題ですよー。





ところで、以前からチョイチョイ書いていますが、キラキラするものはとても大事なのではないか? なんか軽くなるしね! ということで、自分用にも何か作ろうかな~と考えています。
自分用には普段から、色々とアクセサリー(ブレス・ピアス・ネックレス・リングは標準装備)を身に着けているので、そこまで必要ではないかも知れません。

んが。
やっぱり挑戦したくはなって来るもんです(笑)。
何を作ろうか、どういう風に作ろうか等を考えるのもまた、とっても楽しい作業です。





2012年3月度のワークショップ日時が決まりましたので、お知らせ致します。



2012年3月11日(日曜)
11:00~14:00




です!
情報はこちら⇒resonance ワークショップページ



今月が12月ですな。
ということは、来年からワークショップを続けて5年目に入るようです。
他人事みたいですが、数えてみたらちょっとビックリしました(笑)。
誰か褒めてー。

来年末まで続いているようだったら、何かの形で御祝いしようかなーと思いつきました。
だって5周年って、結構凄いことですよね。
漫画が連載5周年だとすると、ちょっとは長寿連載の仲間入り。
ブランドだって立ち上げて5周年だったら、何かアニバーサリーイベントっぽいことやりますもん。
例えがイマイチですかね(笑)。



始めた当初は、こんな長くやるとは全く思っていなかったんです。
人様から「やって」と言われてやり始めるのが私のパターンなのですが、このワークショップもセッションも全く同じでして、他人様に声を掛けられることなくして、今の私は有り得ない訳です。
もし私のセッションやワークが誰かの役に立ったりしているなら、回り回って私に声を掛けて下さった方に良いカルマ(徳)が積まれているのでしょう(笑)。

いやはや不思議ですな~。
よもや2011年にこんなことになっているとは、4年ちょい前の私も全く予想だにしておりませんでしたから。
出会うタイプの方々も変わり、私の中にあるブロックも大分解消されて参りまして(まだあるけど)、どんどんラクな方へ進んでいるのが自覚出来ますが、当時はもっと大変だった訳ですからねー。
今ラクなのは、当時の自分あってのこと。
色々な方にも感謝していますが、昔の自分にも改めて感謝です。イイコイイコ。
こういうことでもないと、なかなか自分に感謝ってしないですねー。


ワークショップを見ていると、継続してご参加下さっている方は、何らかの形で気付きがあります。
また積極的にワークやセッションを受けていらっしゃる方に関しては、劇的とも言える変化を遂げています。
そういう瞬間に立ち会うことが出来るのは、私にとっても大きな恵みです。
多くのセラピーやワークやセッションがある中で、ご縁を頂けることに感謝しています。
本当にありがとうございます!





さて、毎月開催中のワークショップですが、現在確定しているスケジュールは以下になります。


★2011年
12月18日(日曜) 11:00~18:00

※残席僅かにあります!



★2012年
1月15日(日曜) 11:00~14:00

2月12日(日曜) 11:00~14:00

3月11日(日曜) 11:00~14:00




皆さんにお会い出来ますこと、心より楽しみにしております♪





癒しや自己成長について勉強を始めると、現在抱えている問題についてアタリを付けることが、少しずつ出来るようになります。

「この傷はきっと母親の言動からだ」
とか、
「○歳の時にああいうことがあったからだ」
等、色々なケースを想定して考えます。


その内、

「過去世に違いない」
「バーストラウマだ!」

というような部分に波及することがあります。
特に、過去世という概念や、バーストラウマという概念を知った頃は、その傾向が顕著でしょう。

実際どうかというのはケースによるし、人によるので厳密には分かりません。
が、抱えている問題(だと思っていること)と、想定している原因は、必ずしも直線で結ばれるとは限らないでしょう。


膨大なケースを見た訳ではないので断言出来ませんが、今の所バーストラウマは人によると思います。
胎児期の記憶が無い人の方が多いでしょうから、そこはなかなか分かりづらい部分ではありますが。

過去世は、ほぼ全ての人類が持っています。
今回が初という人は、非常に稀少な例を除いて殆ど居ないのではないかと。
また、転生の回数が1桁台という人もかなり少ないと思います。
どちらも、今の何かに繋がる遠因を求めるとしても、それが特別なことではないということです。



これまで自分でワークをしたり、セッションをした中で思うことは、
「これが原因に違いない!」というのは、殆どアテにならない。
ということです(笑)。

これは私だけでなく、連続して何度かセッションを受けて下さっている方や、自己ワークに勤しんでいらっしゃる皆さんが、口を揃えて仰ることです。
「全く記憶に無かったり、さして重要でないと思っていた所に降りて行くのが凄く不思議」と。



潜在意識と顕在意識は、記憶の保存方法や認識が違います。
自分は凄く自信が無い人です、と顕在的に(エゴが)思って外へアピールしていたとしても、ちょっと捲ってみれば自信満々だったりするのはよくある話。
私はこういう人だから~という表面的な自己像の認識は、エゴが"そういうことにしておいた方が生き易い"からという理由でやっている訳です。

これと同じで、問題についても"過去世に原因があることにしておきたい"とか"バーストラウマであって欲しい"という、エゴの作ったカモフラージュである可能性を考慮しておくと、遠回りせずに本題へ行き着きやすくなるかも知れないですね。



人によっては勿論、過去世やバーストラウマから来ている場合もありますよ。
それも、抱えている問題の種類によります。
私のこの問題はインナーチャイルドから来ていて、この問題は両親の遺伝情報からで、この問題は過去世からでした、という風に割れる可能性は有り得る話です。
何処から来ているかは、一人の人間の中にも様々な場合があるということですね。


自分の中というのは、かなり奥が深く知り甲斐があるものです。
だからこそ終わらない旅路は面白くも難しく、そしてシンプルであると言えましょう。






今日の夜になって帰路を歩いていたら、満月だということに気付きました。
大変美しく青白い光を放つ満月でした。

で、数時間後に用事があってもう一度外へ出たら、月が欠けていまして。
ん? 確か満月ではなかったか? ありり?
「あ…もしかして月食?」
と、数秒後に気付いたのであります。


我々の生活には直接作用しないと思われる天体の現象ですが、案外大きく影響はあるのだと思っています。
満月や新月が潮の満干とそれに伴う出生時間の偏りや、また犯罪の発生率に大きな関係があるように、月食もその位の大きなレベルで人間と関係あるんじゃないかなーと。
だからって避けようとか、積極的に利用しようとか、そういうことは考えませんが…何しろ、空を見上げて初めて満月と月食に気付いた位ですしね(笑)。



以下、石井ゆかりさんの西洋占星術サイト『筋トレ』の週報・全体の空模様から文章を一部抜粋・引用させて頂きます。


────

満月は物事や時間が文字通り「満ちる」タイミングですが
月と太陽の通り道が交わって起こる月食は
そのもっとも特徴的なものと言えるでしょう。

地球もこの出会いに参加していることがハッキリ解るわけで
なにかとても大切な節目、というイメージが湧きます。


満月前後は「揺れやすい」と感じる人が多いようですが
食はその「スペシャル版」なので
この10日前後は
体調がおかしくなったり
感情的に不安定だったりする人もいるかもしれません。

まあ、それはいわば「気のせい」なので
あせらずゆっくり、自分の感覚に合わせて進むのが
いいんじゃないかと思います。


────


そうか、「気のせい」なのか!
じゃ、最近モヤモヤしてイマイチすっきりしなかったのも、気のせいということで!(笑)

気のせい。こうしてみると、なんだかとても素敵な響きです。
「きっと私は繊細だから、月の満ち欠けが特別作用しているに違いない!」
と言いたいのは山々なのですが、まず無いなと思います。
何故なら気のせいだから(笑)。



冗談みたいですけど基本はいつも本気です。
あ、でもざっくりとは関係あると思いますよー。
人類全体とか、個々が把握出来る範囲外の、何とな~くの括りでは、きっと今回の月食も関係あると思っています。

とは言え、現代社会は日頃の忙しさにかまけて、なかなか月を見上げることも少ない生活です。
偶には見上げて天体のショーを観察するのも、楽しいですよね。寒いけど(笑)。
寒い時は空気が澄んで空が綺麗に見えますから、ちょろっとお散歩でもしてみては如何でしょ?






自分に取り組む時は、コーチや師匠や先輩や先達にあたる人に付くことが一番ラクです。

そもそも取り組むと言っても、初心者の頃はまず何から目を付ければ良いかも分からないでしょうから、先にその道を歩んでいる人の知恵をお借りすることが、最も手っ取り早いルートとなります。
何事も、最初は模倣からですねー。
よちよちとひよこ歩きをしながら、ちょっとずつ色々な問題を解消して行く訳です。



何かに気付いたり、解消出来たり、成長していくことを喜びにして行くのは普通のことです。
自分に取り組む内、色々な制限から解放されて行き、
「私は素晴らしい存在なのだ」
「私はこのままでいいんだ」
「愛されているんだ!」

ということに気付いたりもします。

これは本当のことなので、全く疑う余地はありません。
誰でも万人、宇宙から全く同じように無限に愛されています。
そういう意味では全ての人が平等です。
状況や環境に差があったり、愛で満たされていることに気付かないというのは、個人の内面にあるブロックの反映に他なりません。
精神的な問題のみならず、家系、親、栄養、肉体(遺伝子)情報等も含めたブロックですね。



で、進んだら進んだなりの穴がありまして。先達に対して
「私だけは大丈夫」
と思ってしまう訳です。エゴが囁く甘えですね。
これだけ取り組んでいるから、多少は大目に見てくれるだろう。と思いたいのです。
何故か? それはいつも書いているように、エゴは『自分だけ特別』が大好きだからです。

周りに居る人、先を行く人にそれを使うことが割と多いんじゃないでしょうか。
相手の都合に構わず、「何とかしてくれ!」と突撃したり、仕事でもないし訊かれていないのに自分の相談をメールや電話で長々したり、時間に構わず連絡したり、いきなり態度がぞんざいになったり。
また、「仕事が忙しくて」「病気なので」「子供が」「お金が」という理由で、「だから仕方ないでしょ?」と、自分の都合を通そうとしたり。
それもこれも、『自分はこれだけ考えてるorやってるor大変だから許されるだろう』というエゴの産物です。




私が見る日本のスピ業界の大半は、何となく「何でもOK」なイメージがあります。
いいよ。いいよ。あなたはそのままでいいのよ。何も変わる必要はないのよ。許されているのよ。愛されているのよ。
と、ピンク色でフワフワキラキラした、つかみ所の無い、地に足の着いていない、何を言ってるか解らない、そして痛い部分が一切ないイメージです。

痛みというのは、人間の機能でも大変重要な要素を占めていると思います。
言うなれば、警報、アラートですからね。
これが無かったら、自分にとっての重大性を判別し、取り組む優先順位を区別し理解することが、極めて困難になるでしょう。
だから、逃げたり避けて通ろうとするべきものではなく、自分にとっての大切な物差しであることを知っておいた方が良いんじゃないかと。
大体、痛いのを避けて通ろうとするのも、エゴですしね~。
逃げた所で、永久に無くなりはしませんので、そこは大切なポイントとして覚えておきましょうね。



『そのままで良い』という言葉が、何処か曲解されている気もします。
エゴも含めてそのまんまで居ると、恐らく問題は解消されないでしょうし、逆にエゴのドツボに填るのでは? ということです。
現象や状況や他人に振り回されて、ドラマチックなだけで終わる。以上(笑)。
それも楽しそうだわねぇ…って人も居ますから、敢えて止めませんが。

ご都合主義な『そのままで良い』を振りかざすことで、先述したような"一般的には非常識に当たる甘え"なんかも、容認されるだろう…というイメージがあるのかなーと。
それに対してOKを出しているヒーラーやセラピストも居ると思いますし、個人の自由なのでそれが悪いとは全く思いません。
が、いちいち助けたり個々のニーズに応えてしまうと、その人の成長を潰すでしょうし、また共依存に陥って自分の首を絞めることになると考えます。


なので、私はやりたくないし、やらないです。疲れる(笑)。
むしろ、人間社会で生きているのであれば、そこは糺してもいいんじゃないのかな? と、個人的には思っています。
そのやり方はマズいですよ、と示すのも、ちょっとだけ気付いている人だから出来ることで。
……と書くと語弊がありますが、まあそんなようなものだと理解しています。
そこは線を引くのがお互いの為です。そうすることで、共倒れを防ぎたい訳で。

無論、他人様の為に全てを捧げている人や、我が身を投げ打つのが趣味の方も多いと思いますので、否定はしません。
単純に、私の好みの話ですね。



しかし、季節や年齢や体調や状況に関係なく、いつでもエゴ様だけはちょー元気だなあと思います(笑)。






私がネットを使うようになってから、そこそこ経ちます。


「ブログやサイトを作って何かを書いたりして、怖くないの?」


と、時々訊かれます。
続きは大体、「私だったら怖くて出来ないわぁ(よくやるよねぇ)」っていう定型文なんですけど(笑)。




怖い。
というか。
嫌な目には数回遭ってるんです。
やめちゃおうかなーと思ったことも、数回。




でも、なんで顔の見えない誰かも分からない人を警戒せにゃならんのだ。

とか、

誰かの為にやってるんじゃない。

とか思うと、まあいいかなーということになる。




詰まる所、現実世界での生き方と同じです。
当然お互い人間ですから、最低限のマナーは気を付けます。
でも、誰かにこう思われる可能性があるから嫌だとか、自分が良いと思っても誰かがそう思わないなら、最初から手を出さないとか、そういうのは私の中に殆ど無くなりました(昔はあった訳です 笑)。

嫌われたら、中傷されたら、批判されたら、拒絶されたら、そりゃー嫌ですよ。
嫌だけど、そんなこと言ってたらキリがないですわ。
万人に好かれるとかって、誰に於いてもまず有り得ませんから。
神仏だって、人によって好き嫌いがあるじゃないですか。嫌って、否定しまくる人がいるのに、それはもう個人レベルでは無理でしょー。
あと、ネットというのは見ない自由がありますから、嫌なら見なきゃいいじゃん。と、思います。私もそうしていますし。




嫌われたくないからやらない。

という思考をちょっとバラしてみると、最初に「嫌われる」ことを想定しています。
自分で嫌われることにフォーカスしちゃってる訳ですね。
だから、如何に良い(と思うこと、とされていること)をしても、多分その形で跳ね返って来るでしょう。
少なくとも、"自分のフィルターを通すとそう見えるようなこと"が起きるのではないかと思います。

何を取るか、ですね。
自分がそうしたいことを選び、そして何らかの形で結果を引き受けるのか。
目の前に無い妄想の産物を怖れて、逃げ回るのか。
こういう風に書くと、全てに於いて同じく適用されるように思えですが、多分その通りです(笑)。



フォーカスする対象を選び、そして動機と目的を勘違いしないでいられるか。
更に私に関して言えばですが、自分を知ること・気付き続けることも続けているので、それによってマイナスの結果に対して執着をしなくなって来たことや、嫌な思いをしても直ぐに完了させることが大分上手くなって来ました。
だから、本当に周りの反応を気に病む必要が無くなって来た訳ですね。

誰かに何かを言われたからこうする。
というのもアリだとは思いますが、でも結局それを選んだのは自分ですよね。
「言われたから」
「約束したから」
等、言い訳は沢山ありますが、前部責任転嫁の為にエゴが作った妄想・まやかしと言えます。



いつでも、選んでいるのは自分なのです。
そして行動しているのも。
だからこそ、気づけるし変えられる。
選び直すことが出来ることを、覚えておきたいなーと思います。





疲れたなーとか、何となく調子が…という時は、自然の力を借りるのがオススメです。


大きな木を探して、触れてみても良いでしょう。
草の上に裸足で立ってみるのも、大変良い効果があります。
海とか川とか、とにかく自分よりも大きな存在である自然を感じられる場所なら、何でもいいです。

悩んでいたり疲れていたりする時というのは、エゴが肥大化して自分よりも偉大な存在を感じられなくなっている時なので、到底太刀打ち出来ない自然を目の当たりにするのは、かなり大事ですよー。



ゆっくり長く息を吐いて、吐ききったら自然に吸い込むという呼吸の仕方を繰り返すと、身体がゆるんでラクになって行くでしょう。
土いじりや畑仕事なんかも、非常に素晴らしいグラウンディングになります。

スピリチュアルに興味のある人は、どうしても身体が疎かになりがちで、意識が頭にばかり向いてしまう傾向があります。
運動と栄養の摂取を心がけると共に、自然に触れることを常に意識していれば、バランスも取りやすいのだと思いますよ。


食事をする時は、命を頂いているという恵みに感謝して、食事に集中する。
これだけでも、栄養の吸収率が上がると思います。
現代社会では食事のみによる栄養の摂取は非常に難しいと思われますが、普通に食事をしている時ですら、本を読みながらであったり、ゲームをしながらだったり、音楽を聴きながらだったりすると、吸収率がガクッと落ちるのではないかと考えます(私は本もゲームも大好きですが、食事中は流石に脇に置きます)。

運動している時は、身体がどんな風に動いているかをよく観察しながら動かす。
私はウォーキングをしていて、自分の左右の足の形が違う理由を発見しました。
歩いている時の体重のかけ方が、左右で違ったんですよね。
ただ動きを観察しているだけでも、関節の動き方や、体重移動のクセなど、色々な発見があります。



更に季節の移り変わりや気温や湿度などの変化も、身体は敏感に感じていますので、そういったことを感じるクセをつけておくと、楽しい発見も多いでしょう。
時々は、自然の多い場所へ一人でぶらっと日帰り旅行に出かけるのがオススメです。






昔に較べると最近は大分減りましたが、やはりセッションやタロットでは恋愛関連のご相談を頂くことがあります。

何故昔に較べて減ったかと言うと、私自身があまりそこに重心を置かなくなったからだと思います。
……いや、多分昔もそれほど重心を置いていませんでしたが、今と比較すればの話で(笑)。




でね。
お話をふんふんと聴いていると、


「相手のこと、別に好きじゃないでしょう」


ということが凄く多いな、と思ったんです。
愛はおろか、好きですらなかったりする。
だから、その時点でそのようにお尋ねするのですが、大概はエゴに溺れ中なので全否定します(笑)。

心配で夜も眠れないとか、どうしたらいいか分からなくて仕事も手に付かないとか、色々言われます。
じゃあそういう風になることが、相手に対する愛の証拠であるのかと言えば、甚だ怪しいかなーと。
要は自分なんですよ。そんな自分がダイスキー! なんです。
一言で言うと、ナルシスト的な思考ってことですね。



それはさておき、どうしていいか分からないー。
というループに填った時は、書き出してみるといいです。


・抑もその人の何処が好きか
・現在、何が問題で何が気に食わないと思っているか
・どうなれば満足か
・何故それが満足なのか
・そういう日は来ると思うか
・相手は自分に対してどんなニーズがあると思うか



なーんてことを書いて行くと、自分の欲求・要求が浮き彫りになって来るのと、相手のことは特に考慮していなかったことが分かり、段々冷静になって行くと思います。

大概は、自分の欲望をトレースした言動を取ってくれないから気に入らない、そしてそういう風にしてくれるまで執着しているだけ…ということに集約されると思います。
こういう書き方だとロマンはないですけどね、惚れた腫れたという言葉を引っ剥がすと、下から出て来るのはこんなものです(笑)。



恋愛依存というのは、恋愛の甘い感覚に対する依存というよりも、欲望を満たしたい、他人をコントロールしたいというの執念への依存であったり、また勝手に自分がアップダウンすることへの中毒です。
いつまでも決して満足することはなく、飢餓感からもっともっとと追い求めることになります。
欲望への執着が本体なので、自分が妄想(予想ではなく、あくまで妄想)していた結果が手に入ったとしても、「これじゃない」とか「この人じゃない」と打ち捨てることになります。
なかなか大変でございます(笑)。

でも、恋愛(人間関係)を通じて自分のエゴに気付いたり、相手に与えようとしたり、受け取ろうとしたり、人の立場に立ってみたり、コントロールしたり、また感謝したり、憎んだり、そしてエゴの作る妄想に乗っ取られたり…ということを繰り返すことで、人は成長して行く場合もあるので、よろしいんじゃないでしょうか。
特に恋愛は、日頃は他人に見せないようにしているエゴのぶつけ合いです。
色濃く自分のニーズが浮き出るので、そこに気づけるならそこから選択の余地が生まれます。
何もかも、成長へ繋がる気づきの一環です。




ただ、本当は別段好きでもないのに、相手がこうしてくれないああしてくれないと感情がアップダウンするのって、大変そうだなあと個人的には思います。
ああしてこうしてのニーズに気付ける方が、そして自分の中に解放されていない何かがあると知る方が、余程ラクです。

そんな自分に気付いたら、自分自身を出来る限りセンターに置いておけるような練習が出来るといいですよねー。
色んなやり方があるのでここでは言及しませんが、何もかもは他人様ではなく、自分が握っているのだということ。
これを忘れずに居られるなら、きっとラクになりますよ~ってお話です。





我々のエゴは変化を拒む為に、


「○○だから出来ない」
「分からない」
「必要ない」



という言葉を頻繁に使う場合があります。
そういう時は、何度も自分に問いかけて下さい。



それは真実なのか?



と。
誰にとっても普遍的な、絶対的な真実たり得るのかどうかを、まっすぐ直視して下さい。



誰々(親、医者、先生、友人、先輩、兄弟、子供等々)がこう言ったから。
本に書いてあったから。
今までの自分はこうだったから。
このままでも仕方ないから。
出来ない理由を探しているから。
辛いから。
面倒だから。
怖いから。
生活を変えるのが嫌だから。
ラク(怠惰で居られる)だから。
別にいいし。



以上の中に近い該当理由がある場合、エゴにばっちり騙されています。
要するに嘘八百です。
こういう理由を楯に、チャンスの手を自ら跳ね除けます。
で、相変わらず「誰か何とかしてよ!」と、エゴに乗っ取られただだっ子ちゃんになる訳です(笑)。



何らかの形でヘルプしてくれようとするものが現れた時、それはとりもなおさず、
『自分がその形で呼んだ』
ことに他ならないということを、忘れてはいけません。

誰かを通じて、変化を促す言動がもたらされたのなら、当然"その人を通じて気付けと告げているのは結局自分"です。
無理難題を押しつけられた、酷いことを言われた、ショックなことを言われた、された、傷ついた、変われと言われた等々、様々な現象が起きているでしょうが、ぜーんぶ自分がやらせているだけです。
そこに癒すものがありますよ、気付いた方がラクになるよ、と自らの潜在意識(それを宇宙の愛と言う人もいます)がお知らせしてくれているだけの話です。



「私の好きな方法で助けてよ!」
と言いたくなる気持ちも大変よく分かるのですが、恐らくその方法では決して助からないし、変化が起きません。
自分の好きな方法とはつまり、過去既に知っている方法だからです。
過去に知っているということは、エゴが変わらないように先回りすることが可能で、「やった気になっただけ」「理屈のみで分かった気になっただけ」という結果になりましょう。

勿論、元々知っている方法で確実に効果があるのなら、それを続けるのもありだと思います。
エゴの抵抗が追い付かないということですからね。
そうでないのだとしたら、新しい方法を持ち込むしかないのでは? と思います。



ここまでの内容を一言で分かりやすく書くと、「言い訳禁止」(笑)。
エゴの海に溺れているのなら、その状況が辛くて変化を望むのであれば、それが藁に見えようが鉄に見えようが掴んでみればいいじゃないですか。

それでもまだ拒めるのならば、実際は全く困っていないのですよ。
不幸だ辛いと言い続けていたい、エゴの奴隷である中毒患者なのだということです。
そのままでいるのも、当然自由です。


もし一瞬でも目を見開いて真実を見据えようとするなら、これまで色眼鏡で見ていた世界が、違って見えて来るのかも知れません。





今日は、クラフト作家でいらっしゃるRosa e ConiglioのSunaさんと、妹さんのお二人が遊んで下さいました~♪


吉祥寺にて集合! なんとお二人はお着物で登場されました。
本当に可愛いお嬢さん方なので、眼福過ぎです。
見た目が(も)美しいというのは非常に大切だなあと日々確認中です(笑)。
何と言っても、他人を喜ばせることが出来ますからね!

うーん、うーん、ちょー可愛い! 着物いいなあ。
ご本人達が可愛い上に、ちゃんと似合うものを着ているからだろうな~とか、私は一人脳内会議をしていました(笑)。





ランチはSunaさんがわざわざ調べて、お席をご予約下さいました。
田舎(でんじゃ)という、和風のお店です。
古めの民家を改築したような、不思議な作りのお店でした。
落ち着いていて、ゆっくり出来て、隠れ家テイストです。

ぐるなび
youtube
奥に床の間があるお部屋で、お食事を頂きました(48秒頃に写っているお席)。

※今回の記事は、画像のサイズがバラバラで見づらいと思います。途中でサイズを変えればいいと気付いたのですが、最早後の祭り。ゴメンナサイ。



ランチ

デザート&ドリンク



内容は、選べるメイン・ごはん・味噌汁・漬け物・煮物・小鉢・デザート・ドリンクが付いてくるランチB(1,200円)にしてみまして。
鶏肉大好きなので、鶏の塩柚胡椒焼きをセレクト。
デザートは黒蜜アイスクリーム。
頂いたものは全て、とっても美味しかったですよ!


お店までは吉祥寺駅から暫く歩くのですが、吉祥寺をしょっちゅう利用するとは言っても、こちらの方まではなかなか訪れません。
いや、初めてじゃないかな? という訳で、道沿いに点在するお店をキョロキョロ見ながら歩いていました。
妹さん曰く「3人とも食いしん坊だから、あのカフェ美味しそうとかいちいち見ちゃいますね」
その通り(笑)。





その後、お茶しましょうということで移動開始。
妹さんが「沢山紅茶が飲めるお店」をご希望されましたので、大きいポットサービスで紅茶が飲めるお店を目指します。
向かった先は、吉祥寺東急の近くにある紅茶専門店Gclefのティーサロン。
いつも人気で混んでいるのですが、今日も混んでいて暫く並びました。


ワッフル


私は季節メニューのマロングラッセのワッフル(ハーフサイズ)と、アイスロイヤルミルクティ(アッサム)のセット(1,365円…だったような)をば。
フルサイズだと、ワッフルが倍量になります。
久しぶりに訪れても相変わらず美味しかったのですが、幸いにもお二人に喜んで頂きましたので、むしろそこに満足です!

混雑していると90分で店外へ出なくてはならないのですが、土日は確実に90分!
小さいお店なので仕方ないとは思いますが、これが無制限だったらなーと惜しく思います。
まあ、惜しいからまた行ってしまうんでしょう(笑)。




その後、御用があるという妹さんとお名残惜しくもお別れしまして、Sunaさんのお買い物にお付き合い。
羊毛の専門店へということで、てくてくてくてくとランチのお店とは逆方向へ歩きます。
羊毛専門店ってどういう所? と考えていたのですが、毛糸屋さんというか…ホントに羊毛専門店でした(アナンダ吉祥寺店)。

毛糸になるそもそも大分前の、毛刈りしただけっぽい羊毛が沢山…!
そして店内は動物園的なかほり(笑)。
洗うとかそういう作業を殆どしていない物が大半を占めている様子で、非常に未知との遭遇でした。

いやー子供の頃から長年ウロチョロしている吉祥寺ですが、よもやこのようなお店があろうとは~(笑)。
私は糸を紡いだりはしませんが(出来ないし)、糸車が実際に動いているのを見て、「お伽噺の世界だ」と思ったのでした。
その本当のスゴさはよく分からないままに、それでも圧倒されながらお店を出ました。
……吉祥寺、凄いわ(笑)。





てな訳で、今日は沢山歩きました。
ウォーキングいらないのではと思ったりしましたが、一応やります(笑)。

素敵なお嬢さんと楽しいお時間を過ごさせて頂いたことで、とーーーーーっても満ち足りた気分です。
本当に楽しかった~。お陰様で良い夢を見られそうです。
Sunaさん、妹さん、本当にありがとうございました!
心残りは、お着物姿をup出来ないことです…是非ともこの喜びを分かち合いたいのですが、一人で楽しむことにします(笑)。
あーシアワセ。


電飾♪







俗に、「運が落ちた」と表現されるような時があります。
何をやっても上手くことが運ばない時です。
何もしなくても、泣きっ面に蜂のようなことばかりが起きる時です。

どういう意味があるのかな?
と思うかも知れませんが、それは意味とかではなくて…。


1,エゴが肥大化し、傲慢になっているというサイン
2,潜在意識に刷り込まれたパターンが、「ハイここまで~」と言っている




という感じではないかと思います。
実際はどちらも同じことなんですけどね。

潜在的に「それは長く続かない」というインプットがある場合、当然あるポイント(自分が決めた上限)に到達した時点で下落を開始します。
この上限ポイントを外す、又は違う形に変えることが大切です。



何でも上手いこと運んでしまう時というのは、嬉しいと同時にエゴがこう囁きます。
「自分だけが特別に凄い」
「他人と較べて素晴らしい」
と。
身近に居る不幸そうな人を見付けては、悦に浸る訳です。

勿論エゴは"特別"や"比較"が大好物ですから、これの不幸バージョンもあります。
「誰々に較べたらまだマシだ」
「自分だけが特別に不幸だ」
とか。

自分と他人の間に線引きをしている思考を持つのなら、当然それが自分に跳ね返って来ます。
上のどちらのケースも、根本的には全く同じですよ。




現在の状況が思わしくないのだとしても、延々しがみついていられるタフな人も居ます。
凄いと思いますよ、本当に。
気力・体力共に人並み外れてるんでしょう。
変わらない為に全てのエネルギーを費やしている訳ですから。
これは感嘆に値します。私は体力が低いので、とてもとても出来ません。

でもしがみつくこと、現実を認めない為にエネルギーを使う位なら、学びや気づきに生かすことも出来ると思うんです。
まず、「あーなんか落ちてるなあ…」と認める。
落ちたと気付く直前は、どういう状態であったかを書き出したり、思い出したりする。

恐怖や痛みを見なかったことにしていないか?
何かから目を背け、逃げようとしているのではないか?
いずれダメになると決めて掛かっていたのではないか?
他人に対して出したエネルギーが回収されている可能性は?
等々。


そして、今の自分は率直に何を感じているかを知ること。
この状況は他でもない自分自身が招いたことであると認めることです。
自分を客観的に見た時に、何を教え、与えようと思うでしょうか。

しがみついているものから手を放しさえすれば、フォーカスし続けることをやめてしまえばいい。
案外、たったそれだけのことなのかも知れません。
勿論、身体の健康は当然大切なことです。
健康な身体があってこそ、その上に幸運が乗って来る訳ですから。



今日は数日ぶりに雨が通り過ぎまして、やっと久しぶりにウォーキング出来て良かったです。
僅か数日のお休みだったのに、もう身体が鈍っていてショック(笑)。

この数日間、どうしてか身体がモヤモヤした感じだったのは、ウォーキング出来なかったから、のようです。
身体の鈍りがある為に、イマイチな感じがする…というのも大いにあると思いました(笑)。




キラキラ・ギラギラは身体が軽くなるんじゃないか?


ということに最近気付いた訳ですが、キラキラ・ギラギラの幅を拡げるべし。
という訳で、デコ始めました("冷やし中華始めました"っぽい?)。






deco mirror

めっちゃ光が反射して、色が飛んでるし(笑)。
まだ途中なのでお見せ出来ません。悪しからず。



それにしても。
デコを始めたはいいけど…慣れていないせいか、やってみるとかなり大変かも(笑)。
でも、時間を忘れて作業してしまうという意味では、すごーく楽しいです!

アクセサリー作りや、ネイルアートに近い感覚がありますが、こちらの方が根気とスピードが要ります。
塗った接着剤が固まらない間にストーンを載せないといけないので、時間が掛かる割には急がないといけない。
慣れない内は、結構集中力を使いますねー。
気付けば2時間経過…肩凝りで気付く、みたいな感じです(笑)。


でも、キラキラするものって、本当にイイですねえ…。
あまりに没頭してしまうと目がチカチカし始めるので、そこは気を付けないと疲れてしまいます。
適度に力を抜きながらやっていますが、ついつい楽しくてやっちゃいますわ。





tree

街のあちこちにクリスマスツリーがお目見えしています。
やっぱりキラキラして綺麗ですね。



東京は急激に冷えています。
昼間は「4℃だって」とかいう声が聞こえて来ました。



寒さに負けないよう、おうちの中や身の回りの物を、キラキラさせてみては如何でしょう♪







プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi