resonance

Entries

Date : 2010年11月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

12月12日の本番に向けて、1day cafeのミーティングをして来ました。
同時に、お手伝いをして下さるまびかちゃんがお誕生日でしたので、ランチをしながら御祝いをしました。
他人様の御祝いが出来るというのは、非常に豊かなことですね。




さて、その後もちくちくと1day cafeの詳細を詰めております。
メニューの試食もしつつ、改良点を並べて会議は続くよどこまでも。
とにかくミーティングが一番大切だと思うので、情報の共有は特に心がけている所です。


座席数を増やせないかという話が挙がっているのですが、キャパを考えてあと1テーブルか、ギリギリでもう一つテーブルを置く形になるかな? という話になりました。
日曜のランチ時なので混雑が予想されますが、今回は11:30-16:30の営業を予定しており、前回より1時間長くなります。
お時間のある方は、勘で混み具合を予想してお越し頂ければと思います…いえ、我々もどうなるか分からないので勘しか頼りがないという状況です。ゴメンナサイ。

座席の予約はどうしようかという話も出たのですが、なにぶん小さなお店ですし、一見さんもいらっしゃるだろうし…ということになり、その辺りはナシにしましょうということになりました。
お待ち頂く場所がありませんので、場合によってはお食事がお済みで時間の経っているお客様には、お会計をお願いすることもあるかと思います。
大変申し訳御座いませんが、何卒ご容赦下さいませ。



カードリーディングに関してはまた別口ですので、予約された方が確実です。
因みに、当日様子を見にいらっしゃってから予約をして頂き、その時間にまたお越し頂くという手もありますよー。
お陰様で少しずつご予約を頂いております。
本当にありがとうございます!




そんな訳で残り少ない日程ですが、今後もちょこちょこと情報を更新して参りまーす。




内観や自己ワークをしたり、日頃の生活をするにあたり、何が一番大切かというと『自分の中心に戻る』ということです。
スピ系や自己啓発などの講座や本で、耳にしたことのある方もいらっしゃるかと思います。
『自分のセンターに居る』、『戻る』、『外れる』という状況はどういうことでしょう。




分かりやすく言うと、「落ち着いて平常心を保った状態」が自分のセンターに居る、中心に居るということ。
「動揺し、心が乱れ、自分以外に気を取られている状態」のことが、センターから外れた状態です。

我々は何かビックリすることが起きると、直ぐに外の世界へ気を取られてしまいます。
次に「どうしよう、どうしよう」と、ただオロオロするばかり。
更に不安に駆られたり、落ち込んだり、悲しんだり、怒ったりを延々繰り返します。
これが一時的な作用ならまだしも、大きなショックがあった場合はどうでしょう?
或いは何らかの出来事に心を奪われて、延々そこから抜け出せなかったら?

何らかの問題が起きた時に、動揺した挙げ句、人のせい・環境のせいといった「自分の外側にあるもの」のせいにする時、確実に『センターから外れている』と言えましょう。



ワークショップやセッションでお会いする方などをふと目にした時、肉体と幽体(魂でも結構です)のバランスが崩れ、「ピッタリとハマってないなあ」と思う時があります。
また、蓄積疲労や季節の変わり目でイマイチ本調子ではない、という時もやはり「肉体と幽体の間に隙間がある」ように感じます。
場合によっては殆ど気が抜けてしまっていることもあります。
そうなると、気分的なもの以外にも体調不良を併発することがあります。
これを「センターから外れた状態」と言うことも出来るのでしょう。


そんな風に自分で居られない状況を脱することを、「自分のセンター(中心)に戻る」と言います。
呼吸法や瞑想のメリットは、自分の中心に戻ることが確実に早く出来る、という所にあると思っています。
自分の内部にある感情や思考に気付くには、まず先にその支配下から逃れることが最も大切です。
感情や思考に囚われている状況を糺さねば、直観も直感もやって来ることはなく、来たとしても全く気付くことはありませんからね。



そういう訳で、思考や感情にまず気付ける状況を作る為にも、呼吸法を繰り返したり、瞑想を採り入れたりすることがオススメなわけです。
やったことのない方は、既に経験のある人に誘導して貰うのが一番早く身に付きます。
私が主催しているワークショップやセッションでは、いついかなる時もそこから入ります。
思考を沈静化させ、自分に意識を戻します。
そこから全ての癒しが始まるのです。





「○○になりやしないかと心配で」
「○○になったらどうしよう」


という言い回しがあります。
これを言い続けたり、想い続けたりすると、どうなると思いますか?



結果としては、現実化の道を辿る可能性がどーんと上がります。
何故かと言うと、心配事というのは、やたら詳細まで具体化されたイメージの場合が多いからです。
しかも、繰り返し繰り返しイメージすることが可能な訳で…

つまり、

「○○になりやしないか」
「○○になったらどうしよう」

というのは、

「○○になりますように」
とイメージし、願い続けていることと全く同じです。



「好き」も「嫌い」も、気になるという意味では全く同じなのですが、それに似たような印象です。
心配というのは、むしろそうなるよう仕向けていることに他ならないのだと分かったら、次はどうすれば良いものか?



1:逆のイメージをする
心配事というのは、表面的には「あって欲しくない」ことですね。
だから、「こうなって欲しい!」というイメージを詳細に創り出すことも出来る筈。
心配事を消してしまう程のイメージを作り上げ、暇さえあれば繰り返すのもひとつの手です。


1:何故その心配事が発生したかを辿る
そもそも、どうしてそんな風に思い始めたのか?
どうしてそう思っていたいのか? を、静かに自分へ問いかけてみる。
そして「そう思っていたい? その思考を持っていたい?」と自分に尋ねる。
要らないようなら、手放すイメージをする…ということも出来ます。






何れにせよ、「だって心配しちゃうんだもん!」と自己制御が出来ないのであれば、何らかの手段を講じることが出来るのだと思います。
さて、ここで人間には選ぶ自由が与えられています。
心配し続ける=そうなるよう願い続けることもまた、選択の一つです。
その結果起きた出来事に対して発生した感情と思考も全て、自分のものなのです。







12月12日の1day cafeに向けて、メニューの試作を繰り返しています! ……池田さんが(笑)。
1day cafe主催のフリーアナウンサー、池田智子さんのblogはこちらです


私は主に試食係! 威張って言うこっちゃないですね。ハイ。
いや、試食も大事だと思います。本当に。
あと、ネタ出しですね。
「例えばこんなんは如何?」という感じで、アイディアを出しています。



わたくし何を隠そうパン大好きなので、池田さんにお願いしてパンを試作して頂きました。
来週また試食会があるので、恐らくその辺りでメニューが本決まりになるかと思います。
で、池田さんから試作品の画像が送られて来ました!



プチパン

これはまん丸のプチパン
白神こだま酵母と黒糖を練り込んである模様。




バゲット

こちらはバゲット
白神こだま酵母とてんさい糖を使用しているのだそうです。
ちょーオイシソー!


もうヨダレが出そうです…っていうか出てます。
早く食べたいわー。








1day cafe 情報

●日時:12月12日 11:30~16:30(予定)
●場所:杉並区阿佐ヶ谷北2-13-18-202
●行き方:阿佐ヶ谷駅北口を出て、バスロータリーを渡り、バーガーキングのあるアーケードに入る⇒直進約100M⇒左手に お花屋さん、ラーメン屋さんが見えたらラーメン屋さんの角を左に曲がる⇒左手にクレープ屋さんがあり、そのすぐ右側に階段があるので、2階へ⇒お店到着!
※お店はJR阿佐ヶ谷駅徒歩1分のカフェバー「TABASA」さんをお借りしています。

時間内はランチ、デザートをご提供。
天然石アクセサリーなど雑貨の販売や、タロットリーディングが15分1,500円で受けられます!
※リーディングは予約優先です。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。



ずーっと昔の話です。
あるセラピストさんに、色々なぶっちゃけ話をして頂いたことがありました。
スピ系業界ぶっちゃけ話(笑)。
それほど問題はないと思うので書きますが、今でも面白かったなーと思うことがありました。


「何でもかんでも過去世(前世)と結びつけるなー!」


と、渾身の力で仰っていたのが印象的です(笑)。



例えばテレビを観ていて、通り魔殺人が報道されていたとします。
それを観たセラピストさん達数名が、「あれは過去世でカルマがあったからだ」「間違いない」と話していたそうです。
その場にいたその方は、「ひどいね、いやだねっていう普通の感想を言いたかったけど、言っちゃいけない空気だった」らしく、空気を読んで黙っていたそうです。

いかなセラピストと言えど、セラピーの現場以外では普通の人として生きていたいという場合もある訳ですよね。
下手に過去世や前世のことを知ってしまうと、カルマだとか因縁がという方へ目が行ってしまい、普通の感想さえ出て来なくなるっていうのはどうかと思う、と仰っていました。


この話は私にとって大変重要な指針になりました。
前世などに限らず、下手にスピ系の知識があると、何かがあった時に理論武装してしまう危険性があり、その出来事から実質逃避してしまうということにもなりかねません。
一度こじつけ機能が発動すると、次回以降もそんな風に後付け解釈やこじつけがクセになりやすいのです。
特に、自分の思考を振り返ると反省しきりです。
一つの可能性として考慮しておく程度が、一番ニュートラルなのかも知れません。


出来る限り、その瞬間をありのままで受け止めて、「今、嫌だと感じてるなあ…怒ってるぞ、自分」とか「嬉しいのか、そうか」という風に認識できれば、また違う成長の道を見出せるのだと思います。






12月12日(日曜)に、阿佐ヶ谷で開催する1day cafe。
私はここで、今回もカードリーディングを担当させて頂きます。
お陰様で前回大好評を頂きまして、いやもうホントにビックリしました。
沢山の方が興味を持っていらっしゃるのだなーと思った次第です。

そんなわけで、今回も15分1,500円というイベントプライスでのご提供となります!
カード占いってやってもらったことがない、または回数が少ない、様子が分からなくてちょっと不安…という方にうってつけのプライスですよ。
特に悩んでないんですが、という方にも来年の流れを見たりするのにオススメでーす。



先日のミーティングで話し合ったのですが、店舗にはお待ち頂くスペースがありませんので、カードリーディングは予約優先とさせて頂こうということになりました。
11:30-16:30の間のいずれか15分間を1コマとして、お客様のご予約を承ります。


11:30-11:45 ○○様
11:45-12:00 ○○様


といった具合に、15分単位での区切りになります。
もちろん、直接お越し頂いて空きがあれば、その時にお受けすることも出来ます。
だから予約優先、というわけですね。
※当日、後ろの時間帯に空きがある場合は、延長も承ります(5分延長に付き+500円)。




本日より12月11日午後8時までの間、リーディングの予約を受け付けます。
毎時0分-15分、15分-30分、30分-45分、45分-00分という枠での受け付けです。


ご希望の方は

・この記事のコメント欄に非公開でコメントを書き込む
・メールフォームから御連絡頂く
・私のアドレスをご存知の方は直接メールする


などの方法でお知らせ下さい。
いずれも、お名前(予約表作成に使います)と、ご希望の時間帯をお知らせ下さいね(もちろん、お名前はweb上で公開しません)。

また、当日は店内にカードリーディングの予約表を貼り出します。
当日お店に行ってから決めます、という方はそちらをご覧下さいませ。
スタッフにお尋ね頂いても結構です。




★予約状況★

11:30-11:45 予約済み
11:45-12:00 予約済み
12:00-12:15 予約済み
12:30-12:45 予約済み
14:45-14:30 予約済み
14:30-14:45 予約済み





★お願い&ご注意★
ご予約頂いているお客様でも、時間になって店内にいらっしゃらない場合は、キャンセル扱いとさせて頂く場合がございますので、何卒ご了承下さいませ。
大変恐れ入りますが、飲食なしでカードリーディングのみをご希望の方は、ワンドリンクのご注文をお願いします。
お食事される方は、そのままお受け頂けます。






ミーティングでも意見が出たのですが、12月は前回よりも多くのお客様がいらっしゃるのではないかという予想を立てておりまして、少しでも状況が緩和されるようにと試行錯誤しております。
ご意見やリクエストなどありましたら、お知らせ頂ければ幸いです。


予約状況など諸々の情報は、また追ってこのblogでお知らせ致します。
今後もどうぞ宜しくお願い致します!







「怖い夢を見ました」
というお話を、人様から伺いました。


「内容はよく覚えていないが、蛇が出て来て怖いと思った。だから、良くないことが起きるのかなと思った」



というのが概要です。



夢というのは、潜在意識や無意識層から浮いて来た情報が、ある種のフィルターを通じて映像として認識される状態です。
何重にもフィルターを通しているので、登場人物があやふやだったり、「誰?」って人だったり、内容がめちゃくちゃだったりします。
理由として、そのまま精緻にトレースされてしまうと、顕在意識にストレスが掛かるから…という説があります。




さて、先程の「蛇の夢」です。
夢を判断する時に必要なのは、「出て来たもの」、そしてそれに対する自分のイメージです。
この方は蛇に対してマイナスイメージがあるようで、「嫌い」「怖い」と仰っていました。


蛇は古今東西、実に様々な象徴として使われているものでして、一慨に定義しづらいシンボルで判断出来ません。
ということは、本人が所属する文化圏での定義や、更に個人的なイメージから判断した方が良いのです。
蛇大好きー! とか、ペットとして飼っている人にしてみたら、恐らくラッキーシンボルでしょう。
でも、マイナスのイメージを持っている人にしてみたら、恐怖や嫌悪のシンボルになります。


蛇の夢を見た=自分の中で「怖い」という思考や感情が、潜在意識から顕在化しようとしている状態です。
環境の変化や心理的ストレスで、まず怖いとか心細いという状況が先にあり、そこから「怖い」のシンボルである蛇の夢に繋がったと見る方がスムーズな気がします。




これにはきっと何か意味が! というのも結構ですが、いちいち囚われない方がラクだと思いますよ。
「怖い夢を見たからきっと悪いことが! そういう意味があるに違いない!」
と設定してしまうと、例えば占いで『悪い結果』を言われた時のように、延々それに影響されます。

人間のエゴは非常に強力なので、実際にそういうものを探し始め、下手をすると自らそんな状況を作り上げてしまいますからね。
「ほらやっぱりー!」という風に、自分で作っちゃう訳です。


それよりも、客観的に眺めてみて、「何かを怖いと思ってるわけね」という風に解釈した方が、振り回されずに済みますし、何倍も現実的です。
夢に限らず、カードリーディングやカウンセリングもそうなのですが、象徴を解釈するには、出て来たものに対して「個人的にどう捉えているか」を洗い出す作業がまず必要だ、ということです。
そうすれば、ぐるぐる考えることもなく、悪い自己暗示を掛けずに済みます。

夢判断、早い! 安い! 美味い! みたいな感じです(笑)。
ご参考までに。




12月12日(日曜)に開催予定の1day cafeに備え、昨日は試食会をしました。
※前回の様子はこちら





1day cafeは、マクロビオティック(玄米菜食)のお教室などを開催していらっしゃる、フリーアナウンサー池田智子さんが主催です(池田さんのblogはこちら)。
マクロビはアレルギーフリーの自然食ですが、食べておいしい・見て楽しいといった部分を重視して、1day cafeにてご提供しています。
9月末に開催した折に、多くの方から「次はいつやるんですか?」といったお声を頂きまして、年内開催を決定したものです。




12月は冬。クリスマスですね。
そんな所をイメージしながら試作したデザート候補をup。






は豆腐クリームのティラミス。
あっさり味で豆腐のクセもなく、言われても分かりませんでした(笑)。
ボリュームもあって、とっても美味しかった!




172.jpg

こちらは豆腐のブラマンジェ。
周りに散らした色とりどりのフルーツジュレがアクセントになって、美味しかったです!



まだまだ試作中なので、変更の予定も大いにあります。
多くの方に喜んで頂けるよう、楽しんで準備中です。






☆1day cafe情報☆

日時:12月12日 11:30~16:30(予定)
場所:杉並区阿佐ヶ谷北2-13-18-202

阿佐ヶ谷駅北口を出て、バスロータリーを渡り、バーガーキングのあるアーケードに入る⇒直進約100M⇒左手に お花屋さん、ラーメン屋さんが見えたらラーメン屋さんの角を左に曲がる⇒左手にクレープ屋さんがあり、そのすぐ右側に階段があるので、2階へ⇒お店到着!
※場所はJR阿佐ヶ谷駅徒歩1分のカフェバー「TABASA」をお借りしています。



時間内はランチ、デザートをご提供。
天然石アクセサリーなど雑貨の販売や、タロットリーディングが15分1,500円で受けられます!





その他、詳細が決まり次第upして参ります!



何年か前に参加した大きなセミナーで、参加者から質問が出ました。




「成功して大金持ちになることが、どうして良いことなんですか?」





確かに。





「だって、その方が良いに決まってるじゃん」





というのがセミナートレーナーのお答えでした。
でも、質問をした方はその回答に全く納得が行っていない顔をしていました。
……そりゃそうだ(笑)。





ビジネス系のセミナーなんかでは、大概が「成功すること、富を得ること」を絶対目標に掲げます。
"その方が良いに決まっている"のだとしても、そもそもなんで? どうして? と首を傾げる方は多いのではないかと思います。
とはいえ、「成功することは良いことだ」「成功して富を得なくてはならない」もまた、観念なのだなあと思います。
正しいとか間違ってるという尺度とは別の話ですね。



我々は肉体を持って生きているので、成功して富があれば、ある種ラクに生きることは出来るでしょう。
だからって「お金持ちになるべき」ではなく、なりたい人はなればいいし、そうでない人はそれ以外の道を歩めば良いのだと思います。


とはいえ、我々の中には「お金は悪」とか「自分は成功に見合わない」…こういった観念も強いでしょうから、やっぱり自分がどんな観念を持っているか照らし合わせてみて、じゃあ今後もそれを持っていたいのか? という部分を問いかけることもやってみると良いのではないか、と思います。





…と、急に冷え込んで来て、真冬に出たセミナーの内容をふと思い出したのでした。






今年得た大きな気づきの時に、我々の肉体は膨大な情報(観念)の集積体だと以前より強く感じるようになりました。
小さなものから大きなものまで、数え切れない程の情報(観念)で構成されているわけです。




癒しや変化を望むのであれば、まず自分にどのような観念があるかに気付くことで、その情報を分解したり、違う情報を採り入れることが出来るようになります。
現在持っているものを手放すことなくして、人生(生き方)は変わらないということです。



本当の癒しが起きる時というのは、特定の観念に纏わる感情と思考の解放が起こります。
泣けばいい訳ではないのですが、割と涙という形で出て来る場合が多くあり、時に、肉体的な痛みを伴う場合があります。
逆に、日常的に泣くことに慣れてしまっている人は、泣けば癒されたと勘違いしがちですが、単なるカタルシスで「あースッキリした!」という気分のみで終わる場合があるのでご注意。


それまで肉体に蓄積していた感情と思考を解放する時、それらは肉体を通過します。
その時に、肉体が痛みや悲しみを自覚するのですが、これらの感覚は大概、心地良いものではありません。
この不快感に耐えきれず押し込めてしまうことを『抑圧』と言います。
浮かんでは沈めて、を繰り返す訳ですね。
その感覚を無理矢理「なかったこと・気付かなかったこと」にする。
しかし、身体はその情報を持っているので、何らかの条件が揃った時に、身体症状(あるいは環境的な状況)として外へ出そうとします。
これを繰り返し葛藤する…というのを、我々は日常的に(ちょびっと深い部分で)繰り返しているのです。



エゴは「このままでいいです!」と常に言い続けているので、癒されることを拒否することが多いのです。
だから、癒されるチャンスがやって来ると、その痛みや悲しみを自覚したくない為、必死で抵抗します(笑)。
"たまたま"予定が入ってしまったり、"たまたま"具合が悪くなったり、"たまたま"何かが起きて行けなくなったりすると。

こういった現象は、ほぼ全て変化への恐怖から発生します。
そんな風に出来事をコントロールしてしまう程、人間のエゴはエネルギーが強いのです。



例えば新月の願いを紙に書いても全く変化がない、という場合。
それは、潜在意識に大きな感情や思考の塊が岩のようにあって、邪魔しているからかも知れません。
「こんなことをして叶う訳がない」「夢は夢のままが美しい」「自分はこんな風になる価値がない」
…等々、ちょっとフタを開けてみれば色々な観念が渦巻いているのです。



それらの観念は癒されなくてもいいし、それを持ったまま、そして辛いまま生きるのもまたアリだとは思います。
が、そのまま自分の中にある痛みに気付かない振りをすると、身体が悲鳴を上げ、人生が痛みで一杯になることを私は既に体験上知っています。
スムーズな人生を生きるにあたり、やっぱり観念のお掃除(=癒し)というものは、あった方がいいな~と思う次第です。






「どうでもいい」

という言葉があります。



なんでか? というと、

「めんどくさいから」

という返事が返って来る、一連のアレです(笑)。





では、なぜ「どうでもいい」のかというと、

「関わるのが嫌だから。怖いから。向き合いたくないから」

という理由が隠れているわけです。
それが悪いとか、間違っている訳ではありません。



でも、



「お任せします。どの結果になっても文句言いません。納得します」

という意味での

「どっちでもいい」

とは、全く動機が違っています。
こちらは「こだわらないよ」「満足しますよ」という意味です。





何かがあった時、起きた時に、「どうでもいいよ…」「めんどくさいなあ」という言葉が出て来ることって多いなと思います。
実際に億劫であるということ以前に、「関わると嫌な思いをするのが分かってるから、やらなきゃいけないのを知ってるけど手を付けたくありません」という宣言なんだろうな、と思ったりしています。




だからって、それが悪い訳ではないのです。
そういうクセ。思考のクセです。


自分の思考のクセ(エゴの囁き)を把握することから、変化への道が切り開かれるのです。





────


◆ワークショップのお知らせ◆
2011年からワークショップの開催日が日曜へシフトします。
来年1月は9日(日曜)の11時-14時に開催です!
ご参加頂ける方や、ご質問など、もろもろメールフォームから御連絡下さいませ。





シルバーアーチをお手伝い頂いたまびかちゃんから、コミックスの『蟲師』をお借りしました。
全10巻で、先程最終巻を読み終わった所です。


普通の人の目には捉えられない蟲(むし)というものと、それを相手にする生業の主人公。
それから、その蟲に侵された人やそれに纏わるトラブル、その顛末などを描写していく一話完結の連作になります。

絵のタッチや雰囲気が、風の谷のナウシカに何となく似てるなーと思わせるもので、ファンタジックであり、時に怖ろしくもあり、ややグロっぽいかも…という所もあり、色々な表情を見せる作品でした。
何より、基本的に一話完結なのが読みやすいものでした。
近代日本の雰囲気は、読み進めるうちにお伽噺を紐解くような気分になります。


妖怪もそうですが、古来アミニズムで成り立っていた日本は、自然現象やちょっとしたトラブルを、物の怪や超自然的な何かに喩えて来ました。
自然を畏れ敬い、恵みと同時に災害をもたらすものとして、長い間接して来た訳です。
文明が発達して、段々とその気風が薄れて来ました。
「自然を大切に」などと野暮なことは今更言いませんが、文明が発達すると共に忘れてしまったものを感じるには、やっぱり自然なのだろうなということを思い起こさせる漫画でした。




以前、知り合いの方と話をしていた時。
そういえば心の病が増えましたね…という話題になったのですが。

「農業だよ農業! もうね、朝は日の出と共に起き、日の高いうちは農作業をして、泥だらけになって、身体を使いまくって、クッタクタになったら日没と共に寝る! そんで旬の作物で料理して、それを食べる! そういう生活をすれば、ぜーったいそういう人ガクッと減るから! 引きこもりの人とかもみんな農業やるべき! みんな農業やれー!」

と力強く仰っていたのを思い出します(笑)。
確かに、土に触れて身体を沢山使えば、自然とそういう病は姿を消すのだろうなーと思います。






蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)
(2000/11/20)
漆原 友紀

商品詳細を見る







これまで色々なテクニックを試して来ましたが、ワークショップや個人セッションをするにあたり、非常に効果的だなと思ったのがヴィジョン(ビジョン)心理学です。
私とヴィジョン心理学との出会いは10年以上前に遡ります。



ヴィジョン心理学とは、1970年代にチャック・スペザーノ博士が提唱した新しい心理学です。
効果的に人生を変えるテクニックを盛り込んだ内容で多くの成果を上げており、スペザーノ博士やそのお弟子さん方がワークショップやセミナーを世界中で開催しています。

心理学とスピリチュアリティを統合した内容は、具体的にはNLP(神経言語プログラミング)、ヒプノ・セラピー(催眠療法)、ゲシュタルト心理学、ロールプレイ、誘導瞑想などを組み合わせ、柔軟な方法を用いることで最も大きな効果・結果を引き出せるのが特徴です。



私は「本当に良くなるなら何を使ってもいい」派なので(笑)、この心理学との出会いは当時衝撃でした。
色々な関連書籍を読みましたが、最初は理解に大きな抵抗がありました。

多くの人が誤解している所でもあると思うのですが、『愛とはなんぞや』という部分でのつまづきが大きかったのです。
『愛とは甘い砂糖菓子ではなく、エゴを焼き尽くす炎である』という部分を理解するには、かなりの時間が必要だったと思います。
言い換えるのであれば、『真実は必ずしも己が望んだ姿では現れない』ということです。

日本語で言う愛は、何やら甘くて美味しい、都合の良いイメージがあります。
でも、ヴィジョン心理学で言う所の愛は、時に地獄の業火のような形で現れることもある、という訳です。
その人の真実を暴き出す、怖ろしい痛みを伴う何かとしてやって来ることがあると。



世界に散見される神話体系には、「なんでこんな姿なの?」と思ってしまうような神が存在します。
神道でもトリックスター(事件を起こす役割の神や精霊)がいますし、仏教でも憤怒の形相で現れて力ずくで折伏(仏法に帰依させる)する仏様がいますし、どういうことー? と首を捻ることが沢山あります。
しかし、神話世界を人間の内面の表れと捉えるのであれば、さもありなん。

人間一人の中には、多くの顔がある訳です。
日頃、それは理性という鍵を掛けて、表には出て来ない(=自分では知覚出来ない)ようになっていますが、実に多くの面が存在すると言えます。
全てを赦すことも出来れば、殺したいほど憎むことも出来るし、一般的に言う所の異常性を持ち得るのもまた、人間なのです。



こういった話を認めるかどうかはまた個人レベルの話なので別ですが、『愛』というものの役割もまた、認めがたい形で現れることがあるという訳です。
大概は、真実を暴き出す役割を持ってやって来ます。
何もかもを奪う、嵐のような形でやって来る場合もあります。


この時、傷つくのは心ではなく、エゴです。
「このままでいいです! このままでいられれば一番いい!」
「私は間違ってないからこの状態で別に困ってません!」
と、常日頃から自分に暗示を掛けている思考の正体です。
エゴに騙されて生きている時間が圧倒的に長い我々人間は、何かショックな出来事があってエゴが弱まった瞬間初めて、己を問い質すチャンスを得ます。
思考と感情に引きずられるのではなく、ただありのままを見つめる目は、こうしてもたらされるのです。



────とまあ、この辺は一般的な流れのご説明です。


全てはこの限りではない、と言いたい所ですが、あるケースを除いてほぼ100%こういう感じです。
あるケースとは何かと言うと。
思考を停止し、全てを見つめる目を持った状態です。
『悟り』の状態です。


お釈迦様は愛(この場合は執着を指す)・別・離・苦に振り回されるのを良しとせず、修行の道に入りました。
エゴに支配されている限り、悩み・苦しみ・痛み・傷つくというループは終わらないのです。
ですから、古今東西色々な賢者は悟りを模索する道へ入ったのです。


ヴィジョン心理学は、人間関係や生活の中にある気づきから、マスタリー(神との一体化・悟りへの道)を目指す実践心理学なのではないか、と私は考えます。
スペザーノ博士による関連書籍も沢山あり、文章が平易でとっつきやすいのも特徴です。
スピリチュアル一辺倒ではなく、実践タイプがお好みの方にはオススメです。






先日出展させて頂いたシルバーアーチでお隣になったのが、キャンドルとコサージュなどのアクセサリーを制作されているRosa e Coniglio (RoCo)のSunaさんでした。


大変可愛らしいお嬢さんでして、その作品は全て芸術と言える物ばかりでした。
スタートして直ぐにキャンドルを購入。



candle



クリスマスツリーみたいで可愛いですよね! あまりの可愛さに興奮(笑)。
ビジュー付きなので飾って楽しみたい物ですが、Sunaさん曰く「古くなると燃えづらくなるので」とのことでした。
因みにこちらはお友達へのお土産として購入した物です(プレゼント済み)。
以前、ハワイに行った折にこういったデコレーションキャンドル(と言うのかな?)を見たことがあるのですが、それよりももっと可愛くて繊細なイメージです。
一つずつ手作りで生まれて来るので、色やイメージが一緒でも、同じものは無いのだと思います。



candle


こちらは購入のオマケで頂いた、フローティングキャンドルです。
小さな青い鳩さん。
一つ一つ本当に丁寧な作りで、頭が下がるばかりです。



他にも、シルクフラワーの花弁を一枚ずつ染めて作ったコサージュや、ネックレス等のアクセサリー類が充実していて、沢山のお客様がいらっしゃいました。
私も売り子をしました(笑)。
自分の所のを売れよって感じなんですが、いやもう、その出来の素晴らしさにいたく感激しまして。
これは沢山の方に知らしめなくてはー!
と思った次第です。
シルバーアーチの日は、芸術家の生み出す物の素晴らしさを実感した日でもありました。



お話しさせて頂いたのですが、大変ステキなお嬢さんでした。
帰りの電車も途中までご一緒させて頂き、またお会いしたいなーと思いました。
サイトでも販売していらっしゃるようですので、皆さん一度遊びに行って下さいませ!



11月6日(土曜)11/06 13:52~新月スタートです。

新月のパワーが強いのは、この時間から8時間以内。
その間に書くことが出来なければ、48時間以内に書き記すのが良いようです。



・2コ以上10コ以下の願望を紙に書く
・サインペン、ボールペンなどの消えないペンを使用
・手書き
・内容は自分に関すること限定
・プロセスを指定せず、結果にフォーカスした方が高い確率で叶う
・「スムーズに」「簡単に」等の言葉を入れると実際そうなる可能性が上がる。
・読み直して修正したい場合は書き直しOK
・書いた紙は一年くらいどこかにしまっておくと良い




といったことを念頭に置いて、願望を具体化させるチャンスとしての新月利用がオススメです!
一番良い形で、ラクに簡単に願いが叶いますように。





誕生日

  • 2010.11
  • 04

Edit290

4日が私の誕生日でした。



日付が変わると同時に、そして日付が変わるまで、更には日付を跨いでからも。
沢山の方から御祝いのお言葉を頂戴しました。
本当にありがとうございます!

当日は亡き母の墓参りに向かいました。
墓地は隣の区なのですが、ここ暫く足を向けていなかったので、暫く前から「誕生日は墓参り」と予定を立てていました。
お墓に行ったところで母の魂がそこにある訳ではありませんが、他にもご先祖は沢山います。
「行った」ということと、「来た」ということがこっちとあっちで互いに噛み合えば良いのだと思います。
手を合わせて、何を語るでもなく、墓石を見ていました。ただそれだけでした。
帰り際に、「ありがとう」とだけ伝えて、また自転車で帰宅。
綺麗に晴れてくれて良かったです。雨だと自転車で行かれませんから(笑)。





誕生日を迎えた正直な感想はですね、えーと…




「…あれ、まだ生きてるなあ」



でした(笑)。
毎年そんなような感想を漏らしているので、お約束ということで。





一年前の自分が見たら、裸足で逃げ出すようなことが沢山沢山ありました。
当時の己がそれを知ったら、「嫌だ! ここから動きたくなーい!」と思ったであろう、凄まじい濁流のような出来事に呑まれ…た訳でもなく、意外と自分の脚で立ってる感じがします。

色んなことは正直ありました(現在進行形で)。
ここ数年、なかなか息切れ感がなくならない出来事が続いて、でもそれを一つずつ完了させることで、お陰様で多少の進歩や前進を肌で感じることが出来るようになってきたような気がします。
……って、気のせいかな(笑)。




私の中では、最近になって





輪廻の輪からはいつでも離脱して良い。その辺り、実は選べるらしい。
カルマが残ってようが、そんなもん関係なし。
好きに生きればいい。勝手に生きればいい。
喜怒哀楽の全てを使えばいい。憎んだり怒ったりしてもいい。
その全てに貴い価値が等しく存在する。
思考も感情も行動も、そこから派生する全てが世界の内にある。
だから好きに生きて好きに死ねばいーじゃん!






というのを理解出来たことが、非常に大きな事件でした。
「……なんだ。本当に何でもいいのか。悟ろうが堕落しようが、何でもいいのか」
それは呆気ない感覚でした。笑ってしまう位に簡単だったなと。


それと、理解というのは肉体がするものである。というのも、それに付随して分かりました。
思考がするのでも、感情がするのでもなく、これは恐らく肉体がするのです。
そこで初めて、人は完全に理解に至るのでしょう。
『腑に落ちる』の『腑』とは、臓腑…つまり内臓=肉体のことです。
肚が据わるとか色々な例えがありますが、要は身体がついて来て初めて深い理解が得られるのだと思いました。


時に、その理解は人様に説明することが大変難しいことだったりします。
「自転車に乗れるようになった瞬間を説明せよ」
「逆上がりが出来るようになる秘訣を、それを聞いた相手が出来るように説明せよ」
と言われて、相手がそれを出来るように説明出来る人っているのかいなと思いますが、多分それと同じなんではないかと。


やっぱり身体は大事なんですよ。
現代人は身体にあまり意識を向けない生活が根付いているため、思考と感情にばかり偏りがちですが、こりゃ身体と心と両方から入った方が、何事も分かりやすいかもー!
というのも大きな発見でした。
当然、心も大切です。とっても大事です。
だけど、どっちも同じ位に大切なものなのです。
バランスというやつですねー。






このblogも気の向くままにぼちぼちと続けて参ります。
どのような方が目にしていらっしゃるかの全ては把握しかねますが、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!






9月の末に1day cafeを開催した折、短時間ではありますが、カードリーディングを致しました。
日頃はまずお目に掛かる機会のない、色々な方とお話しする機会に恵まれまして、有り難い気持ちでおります。





カードリーディングというのは占い=当てものではなく、カウンセリングだと思っています。
己の心を整理し、理解すれば、人は自ずと道を見出して歩み始めます。
また、遮蔽物に見えていたものがまやかしであったと気付けば、勝手に状況が流れ出します。



「先々○○ということが起きます」とか「こうなる、とはっきり言って欲しい」といったことを求めていらっしゃる方には大変申し訳ないのですが、あまり断定的なことを言う訳にはいかないなあと思っています。
何故なら、断言した結果「こう言われたからきっとこうなるのだ」と、その人の心に暗示を掛けてしまい、そうなるように行動した結果、やっぱりそうなりましたー! …となる可能性が非常に高いからです。
一般的に『良い』と思われることでさえ、長い目で見たらどういう意味合いがあるか分かったものではありませんし。

特に、カードリーディングを受けにいらっしゃる時、またはセラピーを受けにいらっしゃる時の心理状態を考えれば、まず健全な状態で迷いが全くなく、人の言葉に左右されることはないから大丈夫! ってことはほぼないでしょう(笑)。
そうしたらまず足を運ばないですよ。ねえ。
なので、最初の状態からして、相手に力を預けてしまう割合が高いと言えるのだと思います。

それは、お医者さんに掛かる時のことを思えば一目瞭然です。
まず「ここが悪いので何とかして下さい」からスタートすると。
お医者さんに全てを委ねてしまうことの方が多いですよね。
痛みが無くなったり、病巣が無くなりさえすれば、「ありがとうございます」。
でも、自分の思う通りにことが運ばなければ、その限りではないと。



ですから、カードリーディングというのは、絶対的な『お告げ』ではないのです。
仮にもそれ自体が悪い訳ではありませんが、人はそれぞれ能力があり、思考があり、行動力がある訳ですから、紆余曲折を経て悩んだり苦しんだり迷ったりしながら、先へ進むというプロセスそのものに大きな価値があると思っているので、断定的な言い方というのは私が個人的に好きではない…というだけです。


……いや、まあ。
どっちでもいいんですけど(笑)。


この世界には、需要と供給がある訳ですしね。
プラスとマイナスで均衡している訳ですし。
絶対的な悪というのは存在しておらず、カードリーディングを客商売と捉えると、お客様は神様なのですから、ニーズに合わせてやり方を変えるべきなのかも知れません。
つまりあーだこーだ言っているのは、単に私の好みの問題です。ハイ。


私は、カードはあくまでも道具であって、道具を上手に使うことが一番大事だと思っているのです。
絶対的なお告げであると解釈した瞬間に、道具に使われ始めるのだと。
全面的に依存し、己の生きる力を放棄してしまうのだと、そういう風に考えています。
カードは非常に便利な道具ではありますが、使うたびに自分がニュートラルで居ることの大切さを考える機会にもなり得ます。



人ともカードとも、適切な距離で信頼関係を築きたい所です。




繰り返しになりますが、皆様のお陰をもちまして、第11回シルバーアーチは無事に終了致しました。
お越し下さった皆様、行きたいと思ったけど行けなかったという皆様、そしてお買い上げ下さった皆様、本当にありがとうございました!






眠くて前半殆どボンヤリしていた関係で、あまり他のブースさんには顔を出していないのですが、それでも買い物をしたりお話ししたりがあったので、ちょっとずつ体験談をupして行こうかなと思います。





余談的な感じでひとつ。
お隣が整体院を経営していらっしゃる高田さんという男性だったのですが、私は初対面でした。
紹介によりますと、強いヒーリングの力をお持ちだそうで、先祖供養から人生相談までどーんと来い、という素晴らしい方なのだそうです。




イベントが終わる時に、売り上げから寄付金を封筒に入れて提出することになりました。
その時、ブースナンバーを訊ねられまして、お知らせしましたところ、突然。


「あなた、Char好きじゃないですか?」


と訊かれ。



「は? Charですか? あのミュージシャンの?」


「そうですそうです。好きかと思って」


「…はあ、Charは凄いミュージシャンなんで尊敬してはいますけど、私どっちかって言うとメタル好きなんで…」


「おかしいなあ。Char好きに見えたんだけどなあ」





何故…ピンポイントでCharなのか…(笑)。
その日はテンガロンハットを被っていたのですが、その辺りの見た目でしょうか! 連想も謎ですが!






そういうことがあり、最後にちょっとオチがついたみたいな出来事が面白かったなと思いましたとさ(笑)。





プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi