resonance

Entries

Date : 2010年10月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

昨日は素晴らしいお天気に恵まれた中(めっちゃ婉曲表現)、それでも多くの方にお越し頂きまして、シルバーアーチは無事に終了致しました。



お越し頂いた皆様、主催・出展・スタッフの皆様、本当にありがとうございました!
良い出会い、良いお買い物も出来まして、大変喜ばしい一日となりました。
前日、別の仕事の都合で寝ていなかったのですが、楽しい時間を過ごせたことで、眠気は撤退するまで顔を出すこともなく。
良かった…いつ寝落ちするかと肝を冷やしていました。




ちょっと良い子ぶったblogではありますが、昨日色々な方とお話ししまして、
「もう少し、悪人である自分の地を出すべえか」
とも思いました。

…ぶっちゃけ、それが一番の収穫です(笑)。




昨年の初参加に続き、今年は楽しかったです。
個人的には今年の方が気楽でした。
色んな方がいらっしゃるのだなと思ったりもしまして。
お陰様で勉強になりました。
今年は価値観の変遷を経て、かなりノーガード戦法で臨んだのですが、結果どっちでも良いかと思ったので、今後も両手ブラリのノーガードで。




というかさっき起きたので、朝ごはん食べないと…アワアワ(現在午後4時半)。






仕事から帰って来たら夜中になっていました…。




というわけで!
明日はシルバーアーチの本番でございます。
いつになく早起きです(笑)。




午前11時から午後5時までの時間内なら、どなたでもお入り頂ける癒しの総合イベントです。
マッサージ系のボディワークから、ヒーリング、セラピー、販売系まで、様々なブースが出展されます。
特典付きハガキまたは特典つき地図を公式blogからDLすると、各ブースで様々な特典またはプチギフトが付いてきます♪



resonanceはアクセサリー類・布雑貨とカードリーディングでの参加です。



沢山の方々にお会い出来ますことを、心より楽しみにしております!




メダイ



シルバーアーチ本番を明後日に控え、しつこくまだ作っています(笑)。




このピアスは、メダイ部分に聖母像の刻印があり、聖母マリアと関連が深いとも言われる青い石であるラピスをあしらっています。
邪魔にならないサイズで、オシャレだと思いますよ。

十字架やメダイといったアイテムは、キリスト教圏では「信仰心が厚いんですね」と言われるような象徴ですが、日本では(一部を除き)ファッションアイテムになっているのが面白いなと思います。




全ての制作物は、故あってその形になり生まれて来ます。
それが生まれた瞬間に、どこへ旅立つか決まっているのだと思うことがよくあります。
私がアクセサリーを作っている時は、
「喜んでくれる、大事にしてくれる、ステキな人の所へお嫁に行くんだよ…」
と、娘を嫁に送り出す母のような気持ちでいるのでした(笑)。





現在台風が近づいており、雨風の激しい場所があったり、気温も急激に下がっていますが、イベント本番については特に心配もしておりません。
沢山の方とお会い出来るんだろうなーと今から楽しみです。



アクセサリーなどの制作物も、現在浄化中です。
お買い上げ下さった時点で、お渡しする際に改めて浄化作業をします(数秒なので見ても解らない程度ではありますが)。
色々な意味で綺麗な状態にてお手元へお届け出来るよう、色々工夫している所です。





明日はお手伝いをしてくださるまびかちゃんと最終打ち合わせをして、本番に臨みます♪







霊が見えます。
見えます。
視えちゃいます。



ということと、



除霊出来ます。
浄霊出来ます。




といったことは、基本的に全く別ジャンルのことです。
霊媒と霊能が根本的に違うように、この辺が巷ではわりとごっちゃに思われているので、要注意ですよ。
でもって、視えるからといって、その人自身が『凄い』訳ではありません。
視たくないのに視えてしまうことで、悩み苦しんでいる人は沢山いるのです…たぶん(笑)。



更に、視えてしまう人の大多数が、おそらく


『視えるからといって何か特別なことが出来る訳ではない』


のだと思います。
これはキツイ話ですよ。
「アイツは視えるらしいぞ!」
「何とかしてくれるっぽいぞ!」
と霊が縋って寄って来た所で、ただ乗っかられたり影響を受けて苦しむだけです。
だって、何も出来ないんですから。



でも、故あってあっちの世界に片足突っ込んでしまったことで、ネタが生まれることはあります(笑)。
伊藤三巳華さんは漫画家で、ホラー系の漫画雑誌で執筆されている方ですが、そういった「ギャー」みたいな絵ではなく、とっても可愛いコメディタッチのキャラクターが出て来ます。
実話系のコミックエッセイということもあり、読みやすく、実際あまり知ることの出来ない『片足突っ込んじゃった』人達の笑いと涙、その他諸々が垣間見えます。
泣いたり笑ったり、忙しい本でした。



視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)
(2010/05/19)
伊藤三巳華

商品詳細を見る





日本人の4割以上がエンパス(共感能力者)と言われています。
これは、「空気を読む」「相手の立場に立つ」のを美徳とする国民性に併せ、主語を殆ど使わない孤立言語(他に類する系統がない、独立した言語体系を持つもの)である日本語というツールのお陰なんじゃないかなーと私は思っています。
日常会話の中で、それぞれが「ああ、このことを言ってるんだな」と、言外に示された何かを読み取りながら会話しているのが日本語なんですよ。
非常に特殊な会話方法だと思います。
だから「曖昧で何を言いたいのか解らない」と、海外の方に言われたりしてしまうのですが(笑)。

察したり裏を読んだりしながら会話するのが当たり前なので、見えない所に気を配る、アンテナを立てるのが国民的に皆さんお上手な訳です。
つまり、見えない何かを感じようとする努力を、常日頃から怠らない生活なのですから、それはもう見えない筈のものが視えてしまったとしても、何ら不思議ではないのです…たぶん(笑)。
この辺りの理論は、最近の私が適当に考えたことなので、鵜呑みにしないようお願いしまーす。
でも、我ながらちょっと納得しました。



それはさておき、こういった漫画は楽しんで勉強出来るので、昔から大好きです。
また、大人から見て頂けないようなしょーもない漫画も、ちょっと為になる漫画も、同じように大事だと思いますよー。



太平洋戦争末期に、海軍の擁する戦艦大和という軍艦がありました。

敗色濃厚な時勢、もはや戦力差は圧倒的で、誰もが死地に赴く以外の道がなかった時。
陸軍に出撃を要請された海軍は、一度これを退けます。
後に、往路のみの燃料を積み、浅瀬に座礁させて自らを砲台として戦うため、出撃を決断します。



戦後、生き残った乗組員による著書が出版されました。
しかし内容に不満を持ったGHQにより改稿されたものが、現行本として出ています。

その著書の中にある言葉です。
フィクションと取るも、改竄と取るも人によりますでしょうが…。






『進歩のない者は決して勝たない。
 負けて目覚めることが最上の道だ。

 日本は進歩ということを軽んじすぎた。
 私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。

 破れて目覚める。それ以外に、どうして日本は救われるか。
 今、目覚めずしていつ救われるか。俺たちは、その先導になるのだ。

 日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか。』







我々が日頃忘れている、「国とは」「生きるとは」ということに対して、深く深く沈潜する言葉です。
一体、現代の誰がこのような言葉を言えるのかと。


時代があったでしょう。
これ以外に道がないというその瞬間にこそ、出て来る言葉でしょう。
良いとか悪いとか、正しいとか間違っているとか、常識や個人的ポリシーを遙かに超えた所の言葉であるように思いました。
涙なくしては見ることが出来ない文章です。


長い人類の歴史の中で、一度たりともその姿を消したことがない、戦争というもの。
こういった言葉を遺した人達が次世代の礎にならざるを得なかった状況を経て、我々は現在の恵みを頂いています。
しかし、果たしてそれが何処まで伝わっているのか、自分は何処まで理解しているのか…と思うと、胸が詰まります。
人によって考え方は様々で、それで良いのだと思ってもいますが、こういう体験をした人もいるのだと、そしてこういう言葉が生まれたのだということを知るのもまた、一つの道かと考えます。





戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)
(1994/08/03)
吉田 満

商品詳細を見る






タイガーアイ



注文していたドクロ型のタイガーアイです。
立たせようとすると、横にコロンと転がってしまうので、寝かせて撮影(笑)。



以前は怖いなーと思って敬遠していたスカルモチーフですが、このタイガーアイは高品質で大きさもそれなりにあり(14ミリ弱)、コロコロしていて艶があるので、どこか愛嬌があって可愛らしく見えます。


……と、思っているのは私だけかも知れませんが。




ストラップにしてシルバーアーチに出すかも知れません。
でも女性のお客様が大多数を占めるイベントということもあり、検討中です(笑)。





瞑想

  • 2010.10
  • 24

Edit281

昨日の記事で、瞑想のことをちらっと書きました。


瞑想というのは、古くから使われてきた悟りへの技法として有名ですね。
とはいえ別段大仰な何かではなく、寝る前の一時を使ってメディテーションしています、という方も実は多いのではないかと思います。
つまり別段不思議なことではないのです。全然スピリチュアルじゃないです(笑)。
内容としては、呼吸法に近いものがありますね。



静かに座って目を閉じ、ゆっくりと呼吸をします。
手は丹田の辺りに置いて、静かに長く長く息を吐き出し、身体の中から空気がなくなるまで吐き出したら、今度は自動的にゆっくり吸い込む…という呼吸を繰り返すことで、忙しない思考が静かに落ち着き始めます。

また、呼吸に意識を集中することで、自分がどれだけ大量の思考に埋もれているかも気付きやすくなります。
ただ感じる、観じる…という感覚を身に着ける上で、とても役立つツールです。




しかし、人それぞれ合ったやり方があると思います。
例えば、運動などで身体を動かすことに慣れている人。

私も子供の頃から長くスポーツをしていた関係で、思考が静かになる瞬間は身体の一部を何らかの形で動かすという単純作業時が多いなと思います。
それと近年はパソコンの前に座る時間が多いため、夜中にマウスを何となく動かしている時、思考が停止しやすいことに気付きました(笑)。

また、音楽に慣れ親しんだ方は、楽器を演奏したり歌っている時に思考が停止することが多いのではないでしょうか。




気疲れしやすい方や、何かのストレスで精神的に疲れてしまった、という方は出来るだけ瞑想をして、自分に静かな時間を与えてあげるのも手ですね。
とはいえ、無理にしなくてもいいです。人それぞれ、好きずきがありますので…。

合ったやり方を使うも良し。
上手くいかないよー! と怒りながらやっても良し。
面倒だからやーめた! となっても良し。
…要するに何でもいいです(笑)。
気が向いたからやってみよう、程度なものでOKだと思います。

結果を期待せず、とりあえずやってみる。
ある程度やって気が済んだら、次に思い出すまで忘れる。
スピ系のことだからって気合いを入れたりせず、常にそんなもので宜しいんじゃないでしょうか。
と、思っているのでございました。



逆に、どこかに通って身に着けるのもアリだと思いますよ。
毎月開催しているワークショップ参加者の皆さんは、大変学習のスピードが速くていらっしゃいます。
ワークショップでは、瞑想とイメージワークを必ず行うようにしていて、特に瞑想をした時の変化が顕著です。
思考が真っ白になって気持ち良くて、気持ち良くて、時間が来て瞑想状態から目覚めても、あまりの心地良さに言葉が出て来ない…という感想を漏らす方が増えて来ました。


皆さん本当にすごいわー。
私なかなかそこまで行かないわー(笑)。
と、誘導している身でありながら、正直に思っている次第です。
いいんですよ。
どんどん追い越して頂いて、私のお手本になって頂けるなら、それはそれでいいです(笑)。



そういう訳で、気の向いた方は是非ワークショップにも遊びに来て下さいねー。
次回は11月13日(土曜)に、東京・飯田橋で開催します。
12月は18日(土曜)に、江の島での1dayワークショップになります。


色々な癒し、気づきや発見をお持ち帰り頂けることと思いますよ♪






カードリーディングや、ワークショップ、又は個人セッションでも度々耳にすることの一つが、
「どうやったら○○が達成されるか?」
です。



○○の中には、『結婚』だったり『仕事』だったり、色々な単語が入ります。



どうしたら結婚出来ますか。
どうしたらこの仕事に就けますか。




様々なマニュアルが氾濫する世の中ですから、何らかの手立てを取れば、必ずそうなる…と思いたい気持ちはよ~く分かります。



それで、私なりに色々考えたり実験したり研究してみた限りでの結論はですね。




『どの道を通っても、そうなるのであればそうなる』



です。




とは言っても。

色々あくせく考えて、悩んで、不安に思って、まるで『こうならなければ死んでしまう!』とでもいうように人は苦しみます。
それは、生きているなら普通のことです。
悩むな、考えるなと言っても、マインドがある以上は、ほぼ無理です。



こうしたい・なりたいというものがある場合、マインドを逆に利用して、ステップを踏むこともできます。


・そもそも、何故そうなりたい・したいのか
・いつからそう思い始めたか。そのきっかけは何だったか
・仮にその状態が達成されたら自分はどうなるのか。何が変化するのか
・逆にもしそうなれなかった場合、どんなことになるのか
・そうなるという確信に至っていない場合、その不安要素は何か



こういったことを手書きで書いてみるのです。
納得するまで色々と箇条書きにしてみると、思考が整理され、シンプルになって行きます。



起きている間というのは、凄まじい数の思考が発生します。
そして、それに支配されます。
意識的にそこから遠離る手段を講じなければ、大量の思考に呑み込まれ、ニュートラルな状態では居られなくなります。



瞑想は、思考・マインドから遠離る手段です。
イメージワークは、マインドを逆に利用して、望む方向へ進む道具にします。


そんな手段を利用するなどして、「どっちでもいい」「もしその必要があればそうなる」という所に辿り着けたら、かなりラクになるでしょう。
夢や願望というのは、時として執着に姿を変えます。
そうして、いつの間にか人生を阻む壁にもなりかねません。


それを何らかの形で克服・手放すことが出来たなら、大きく成長する道具になるのだと思います。




とある現場の仕事でご一緒させて頂いた方々と、お会いして来ました。
お会いするのがほぼ一年ぶりという方が一人いらっしゃって、再会出来てとても嬉しかったです。





また会いたいと思える人がいるというのは、有り難いことだなと思います。
もちろん、物理的にお会いすることが出来るのなら、それは本当に幸せなことです。


とは言え、実際にそれが出来ても出来なくても、その気持ちの深さがどの程度であっても、自ら能動的に「会いたいな」と思える相手が存在してくれるということは、恵まれている証拠ではないかと思うのです。




誰かに大事に思ってもらっていたり、自分が誰かを大事に思ったり、会いたいと思って頂いたり、自分が思ったり。
逆に、もう会いたくないと思ったり、思われたり(笑)。



それもこれも、自分と自分以外の誰かがあっての反応な訳です。
良い悪いは抜きにして、色々な形で、見えない所で、人は繋がっているのだなと思います。



それはとてもとても、豊かなことなのだろうと思っています。





スピ系の世界を勉強するにあたって、どうするのが最も効率が良いのか? というご質問を受けることがあります。
現在、ヒーリングやセラピーに関わるスクールや講座は沢山あります。
そこにはほぼ必ずお金を払うわけで、出来る限りハズレを引きたくない、一度で「これだ!」と思うものに出会いたいという気持ちはよく分かります。




正直申しまして、スピリチュアル業界というのは『言ったもん勝ち』の風潮があります。
資格とかも自分で作れますしね。
ここに国家が承認していたり、公的な資格というのは存在しないのです(臨床心理士など別ですよ)。

でも、○○という資格がある、とプロフィールに書いてあったりすると、それを目安にされます。
文化人や芸能人が、どういった活動をして来たという略歴を目安にされるのと同じですね。




とは言え、あくまで目安は目安です。
人間性や個人的な相性を測れる訳ではありません(その辺りは警察官や教師、医師なども同じです)。
なので正直な所、色々なテクニックを持つセラピストやヒーラーを実際見てみるのが一番の勉強かなーと思ったりします。
自分の大切なお金を払って受けてみる。
そしてお金を払った分か、それ以上は収穫を沢山持って帰るぞーという意気込みで向き合う、と(笑)。


仮に「あーあ…」と思ったとしても、そこから何に気付くかは自分に掛かっています。
『転んでもタダでは起きない』というやつです。

例えば、"他人に何とかして貰えるものだと丸投げしすぎていた"とか。
例えば、"選ばれた人だけがなる神秘的な職業だと思っていた"とか。
やはり人間ですから、色々な先入観があるでしょうね。
逆に喜ばしい出会いだった場合も、何に対してそう思っているのかを確認することが大切だと思います。


あくまで私の場合はですが、そうやって学習して来ました。
色々なタイプの人と出会って、色々な道具を知って、喜んだりガッカリしたりを繰り返し、己の血肉にするということは、やっぱり必要なんだろうなと思う次第です。

ワークショップに参加して下さる方や、セッションを受けて下さる方にも繰り返しお伝えしていますが、私の所にだけ通う必要は全くないと思います。
私個人は『本当にラクになったり良くなったりするのなら何を使ってもいい』という考えを持っています。
心だけではなく、身体も同じように色々なやり方でメンテナンスをするのは大切なことですし、あちこち行って覗いてみて、やってみて、体験してみて、自分の思考やクセを把握して、その上で判断されるのが結果として最も効率的だと思います。






余談ですが、私はスピ系の資格を持っていません。
色々と長い間考えたのですが、いらないかな…となって今に至ります(笑)。
というか、今となってはどっちでもいいやと思っています。
私の場合は、カードリーディングに関してだと長い経験の蓄積がありますので、そこが自信の礎になっているなと思っています。
継続は力なり、とはよく言ったものです。

それと、マスコミに長い間おります関係で、会話やコミュニケーション能力は意識して現在も磨いています。
色々な部分で成長を意識しているので、それはそれでOKかなと思っている次第です。

スピ系の資格はあってもなくても良いことではないかと。
あることで自分の自信になるならそれで良し、無いことで何かに気づけるならそれもまた良し。
自分が納得するのであれば、それこそどちらでも構わないのではないかと思うわけです。



そうそう、道具との相性やテクニックに関する向き不向きは人によってあると思いますよ。
それを知る為にも、色々なセラピストやヒーラーに会って、自分が受けてみるという経験は大事なんでしょうね。




今月30日に開催されるスピ系の文化祭『シルバーアーチ』には、沢山のブースが出展します。
リーディング系やヒーリング系、物販のブースなどが目白押しです。
ご来場されるお客様が「来て良かった」と思って頂けるような、素敵なブースとの出会いがありますことを願っています♪





毎月開催しているワークショップですが、6月と12月は半年に一度の締めくくりとして、時間を長く取った1dayワークショップを実施しています。

通常ワークショップは約3時間ですが、1dayワークショップは約7時間と、倍以上の時間を掛けてじっくりと癒しの場を取ります。
特に12月は一年の締めくくりでもあり、来年の新しい始まりを気持ちよく迎えて頂く為にも、心のデトックスがオススメです。



1dayワークショップは、江の島のレンタルサロンSept-lani(セラニ)さんをお借りしています。
江の島という立地だけでなく、居心地の良いお部屋は、居るだけで癒される空間です。
かく言う私も、セラニさんに伺うのが楽しみでウキウキしております。

ワークショップでは、イメージワーク、瞑想などを中心に、様々な方法で癒しを促します。
また、エネルギーヒーリングも体験して頂けます!
6月にちょっとやってみたところ、大変有効だったようですので、サービスで行います(笑)。




ワークショップに参加すると、色々な癒しや気づきが促進される方が多いようです。
そして、身体の浄化が急速に起こるという方も少なくありません。
特に顕著な現象としては、『その時間はトイレが近くなる』『涙が出やすくなる』『生理が来る』というように、排泄や浄化が進むという方が大変多くいらっしゃいます。
日頃の生活で溜め込んだ様々な不要物を、気づき・癒しという浄化でどんどん外に出してしまう時間として捉えている方もいらっしゃいます。

その場・その時間だけでなく、日常生活に戻ってからも気づき続け、癒され続けることが出来るよう、どなたにでも分かりやすいワークを毎回実践しています。
また、気づきや体験をシェアすることで、癒しのスピードが大幅に上がります。
これは私の実体験からですが、シェアというものは、ただそうするだけで癒されてしまうこともあるほど、強力なヒーリングです。


ぜひ、癒しと浄化を体験しに来て下さいね。




●2010年12月1dayワークショップ●
日時  12月18日(土曜) 11:00~18:00(7時間)
会費  1万円(+お布施任意)
持ち物 お茶・お菓子類などあれば適宜(お茶の時間があります♪)
※詳しくはホームページをご覧下さい





イベント『シルバーアーチ』の出展用に制作したアクセサリーの続きでーす。


前回の記事でupしたものは、昨日のワークショップ時に売れてしまったりしています…(笑)。
シルバーアーチにいらっしゃる方は、どうぞお早めにご来店頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。






ピンクアメジスト/K14GFネックレス

ピンクアメジストのK14GFネックレス

アメジストと言えば、深い紫色がメジャーですが、このように淡いピンク色をした物もあるんですよ。
ローズクォーツよりは少し紫がかっていて、ラベンダーカラーのような印象です。
こちらの石はクンツァイトとも似た印象で、透明度が非常に高いのが特徴です。

金と紫のコンビは高貴なイメージがありますね。
紫はヒーリングと高い精神性を表す色と言われ、チャクラを色彩化したものでは頭頂のサハスラーラに関連が深いとされています。
それはさておき、大変キレイな色なので、実際にご覧頂きたいと思います!





アイオライト/K14GFネックレス

アイオライトのK14GFネックレス

アイオライトは和名を『菫青石』と言いまして、その名の通り落ち着いたすみれ色の石になります。
青みを帯びた色がサファイアに似ていることから、『water sapphire』とも呼ばれることがあるのですが、角度によっては様々な色合いを見せる"多色性"が特徴です。
画像では分かりにくいのですが、クリアに見えたり、違う色に見えたりと、不思議な表情を見せてくれる石なのです。

地に足を着け、落ち着いた思考を助けてくれるとも言われます。
また、その深い青という色から霊的な感性を高めるともされていて、第六チャクラいわゆる『サードアイ』との関連が深いとされ、未来へのヴィジョンを見つめる手助けをしてくれるとも言われています。





さて、度々出て来る『K14GF』という表示についてご説明致します。

K14GFとは、真鍮の芯に14金を圧着加工した素材のことで、金の重量が総重量の1/20以上で占められているものをゴールドフィルド(金張り)と呼びます。
つまり、K14GFとは『14金ゴールドフィルド』の略になるわけですね。
例えば合金やシルバーでアレルギーが出ても、14金以上の金含有率なら大丈夫という方にオススメです。
メッキと違い金の層が厚いため、丈夫で剥がれにくく、長い間ゴールドの輝きを楽しめるという利点があります。



実は、最近また地金が高騰しておりまして(毎年価格が上昇しています…)、全てに14金パーツを使うとなると、とてもとても1万円以下のアクセサリーにはならないのです。
原価だけで万越えの可能性が高くなるということですね。

私個人としても色々なアクセサリーが欲しい! という欲があるので、そうそう沢山買いそろえることが出来ないような価格帯にするのは、不本意だったりします。
なので、この素材を多用しているということですね。
その石の個性によって、シルバーと上手に使い分けて行きたいと思っています。


因みにシルバーは古くから魔除けとして親しまれている素材で、その銀色の輝きは月と関連があると考えられて来ました(ゴールドは太陽と関連づけられています)。
情緒・感情等の内面世界と関係があるとされ、少しナイーブになっていたり、感受性の豊かな方はシルバーを身に着けると良いかも知れません。
ただし、シルバーは酸化すると黒ずみが発生しやすいので、日常的に拭き取るなどのお手入れが必要です。


どのアクセサリーや素材とも、上手に付き合って行きたいなあと思う次第でございます。


今月30日に開催される癒しのイベント、『シルバーアーチ』出展に向けて、鋭意アクセサリー制作中でございます。


この夏は本当に暑かったですね…。
まだ本格的な秋の深まりはそれほど感じられませんが、気分だけでも秋を演出! ということで、ややシックな色合いのアクセサリーをちょこっと増やしています。
もちろん、オールシーズン使える万能アイテムも沢山ありますよ!
その中から一部をご紹介します♪





K14ゴールドフィルド/マルチパールネックレス

14金ゴールドフィルドを使用した、マルチパールネックレスです。
真ん中はあこや真珠、他は淡水パールとスモーキークォーツ、ルチルクォーツなど、大人なブラウン系の色合いでまとめました。
首周りにぴったりと沿うタイプですので、カッターシャツの襟元から見せるといった合わせ方がオススメです。
この秋冬の流行はキャメル系のようですので、トレンドとも相性バッチリです。
ブラウンが基調なので落ち着いた雰囲気に見えますが、金具がゴールドですので、実は華やかだったりもします。




K14ゴールドフィルド/オニキスネックレス

こちらは、『オニキス&スモーキークォーツ&ガーネットの14金ゴールドフィルドネックレス』です。
トップのオニキスが横長のハートで、ぷっくり具合も可愛いですよね。
これはゴールドと合わせるべきでしょう! と作る前から決心していました。
チェーンの途中に、オニキス・スモーキークォーツ・ガーネットといった相性の良いシックなカラーの小粒ストーンが留まっています。
適度に可愛くて、適度に大人で、どのようなファッションでも合わせやすいのではないかな、と思っています。





パワーストーン系のブレスも、沢山作りました。


グレイオニキス&オーラクオーツブレス

グレイオニキス&オーラクォーツのブレスレットです。
オニキスと言えば、上に出したような黒、白、または白黒ストライプなどが有名ですが、こんな風に半透明のグレイカラーもあるんですよー。
グレイオニキスのブレスレットは私も持っていますが、精神的・肉体的に参っていた時、ずーっと身に着けていました。
優しい色合いからは想像も付きませんが、長く着けていても石が疲れづらいというその耐久性は、色が違うだけでやっぱりオニキスなんだなと感心しました。

オーラクォーツは、水晶に純金を蒸着加工した物です。
このクォーツには128面カットが施されていて、キラキラと七色に輝きます。
オーラ加工された物は、酸で溶かす・刃物で削り取るなどしない限り、輝きが持続するそうです。



シーブルーカルセドニーブレス

シーブルーカルセドニー&プレナイト&ローズクォーツのブレスレット
パフハートのシーブルーカルセドニーが大変美しいです。
こちらにはキャンディカラーのローズクォーツやプレナイトと合わせました。
私が作る物にしては、かなり女の子っぽいと思います(笑)。

カルセドニーは優しい半透明の色合いが人気で、その中でも『シーブルー』と名の付く物が恐らく一番人気ではないかと思われます。
ターコイズよりも甘くて優しい印象ですね。





ブレス詰め合わせ

その他、色々とここに載せていない物もたーくさんあります。
というか、調子に乗って作りすぎたのではないかと危惧しています(笑)。



さてさて、これらのアクセサリー達は、イベントならではの爆安価格でお届けしますので、どうぞ当日をお楽しみに~♪♪♪





わりと近所の熊野神社へ行って来ました。
近所なのに、その存在を全然知りませんでした(笑)。



お隣は併設の幼稚園があって、今日は運動会だったのかな?
お子ちゃまたちが賑やかにしていました。



熊野神社


晴れたこともあり、清々しい境内です。
ありがたく参拝して参りました。






ここ数日は色々と思う所があって、生きるとは・死とは・人生とは…と改めて考えたりしています。


人間、必ずいつかは死にます。命ある動物だからです。
けれど、何故か自分だけは死なないとどこかで思っていたり、死ぬ日をどこか遠い場所の話だと思っていたりするのだな、と改めて思います。
知っていたけれども、いざ目の前にそれを置いて眺めてみると、日頃自分の中の奥深くに隠れている『生への欲望』『死への恐怖』『大小様々な執着』があぶり出されます。



色んな角度から「そうか、普段は意識してなかったけど、実は自分はそう思ってたのか」と頷きながら自分の人生を見ていると、普段は見えてこないものも見えて来たりします。


様々なことが起きる私の人生は、人間という生き物をやっているからこそなのだな…と深く感じました。
辛いことや苦しいこと、悲しいこと、嬉しいことや幸せだと感じることも、何もかもは『私』をやっているから起きるし感じるし思うのであって、己の人生をちょっと引いた目線から見てみると、これまでとは違った見え方をしてきました。
新たな視点を獲得したとか、新たなスタンスに気付いたという感じです。



起きることと、それに伴う感情や思考の全てが等価値で貴重なのだなと。
そこに優劣を付けることも、正否を判断することも本当は出来ないんだと。
そんな風に、人それぞれの『人生というステージ』で、一所懸命考えたり足掻いたり、失敗したり、成功したり、とアップダウンや寄り道を繰り返して生きている人間とは、とっても愛しい生き物なのだなと感じました。



だから、自分の中の偏った部分やどうしても直せない所、好き嫌いとか正しいとか間違ってるとか、出来るとか出来ないとか、そういうのはどうでもいいなと(笑)。
あってもいいし、なくてもいいし、あるから直さなきゃとかこうあるべきとかいうことでもないなーって。

私も苦手な人はいるし、苦手なことや克服しきれないものも沢山あります。
でもだからってそれを全てなくして、何もかもを平等に愛したり接したりすることは、きっとこの人生では出来ないだろうけど、それはそれで大きな価値のあることなのだと思います。
それこそが、『自分という人生を生きた』ということなのでしょうね。



もちろん、関わって下さった方々や、私を大事に思って下さる皆さんにも感謝の念が沸きました。
だからって、苦手な人やものを苦手だなーと思うことはなくなりませんでしたが(笑)。

それはそれでいいのだ。
と、どこかのアニメで聞いたような(?)セリフが出て来ます。


何かに対して取り組んだり、癒そうとしたり、解消しようとすることはとても素晴らしいことです。
けれど、また違う角度から見てみた時に、何かで苦しんだり、何もしない、出来なかった…ということもまた、同じくらい価値のあることかも知れません。



…などということを、久しぶりに思ったりしております。
人生のおさらいというか、棚卸しですね。


結果、行き着く所は『ありがとうございます』なのかな、とも思います。
人間って、人生って、本当に面白いですね。




本日3:45~新月始まっております!




望みを書いた方も多いのではないでしょうか。
日曜の3:44までの早いうちに(徐々に願望達成のエネルギーが弱まる模様)、願望を紙に書くことをオススメします。




◆毎月書いても全く変化が見られない内容の場合は?

⇒その願望について、手放せるよう(信じられるよう)書く
⇒文章自体を大幅に改変した方が良い
⇒願望の出発点(なぜ、それを願い始めたか)を思い出すと、案外見落としていた何かが見つかるかも?



などの手段を講じるのも手だと思います!



文章の中に「スムーズに叶います」「楽に達成されます」といった言葉を織り込むと、その通りになりやすいようです。
楽に願いが叶いますように。




今日、1day cafe主催のフリーアナウンサー、池田智子さんとお会いして来ました。
お陰様をもちまして、初回にして大盛況という結果でしたので、年内にもう一度やろう!
という話だったのですが、正式に場所をお借りすることが出来ましたので、ご報告致します。





次回の阿佐ヶ谷1day cafeは、12月12日(日曜日)に開催決定です!




11:30~15:30または16:00位までを予定しています。
メニューなどはこれから詰めて行く予定ですが、冬なので、心も体も温まる美味しいランチになる予定です。
詳細情報は決定次第、随時blogにてお知らせして参ります。


さて、そんな主催の池田さんからイベントのお知らせです。


────

10月14日に、西武池袋線、地下鉄大江戸線 練馬駅徒歩5分のMARIMO caf'e65さんで、
「子連れOKの発声と話し方教室」を開催されるそうです。

発声も話し方も、ほんのちょっとのエッセンスを加えるだけで、
かなり変わってきます
そして、相手への言葉の伝達度もアップ

たまには大きな声をだしてみたい!
幼稚園の親の集まりや学校のPTAの場面などで、
人前で話す時に、うまくいかない…。
なんとなく、習ってみたい…。

などなど、どんな理由でもOKですし、
子連れの参加もOKです!
気軽に、楽しく、そして、ポイントはしっかり押さえて、
参加してくださる皆様のプラスになる講座にしたいと思います。
ご興味ある方は、ぜひ、ご参加くださいませ

●日時 2010年10月14日(木)11時~
●料金 2500円(MARIMO caf'e65さんのおいしいキーマカレーランチ付き)


MARIMO caf'e65さんのブログにもイベント内容が掲載されています
http://marimo65.blog12.fc2.com/



────



ご興味のある方は是非、池田さんのblogへどうぞ!



明日は、今月30日(土曜)に開催される癒しのイベント『シルバーアーチ』参加の為のネタ出し用ミーティングです。
1day cafeではウェイトレスとして大活躍し、昨年のシルバーアーチでは売り子のお手伝いをして下さったまびかちゃんと、あーでもないこーでもないと相談する予定でおります。
アクセサリーや雑貨に関しても、どういった見せ方にするか、どういったラインナップで展開するかという話し合いは大事! ということで。


ノープラン、ノーガード戦法もなかなか面白いのですが、色々な準備を楽しむというのもまた、イベント参加には大事なことかなーと思います。
遠い思い出にあった文化祭準備、みたいな感じですかねー。



先日の1day cafeを開催する前に、ミーティングをしていました。
その時に、カードからアドバイスを貰おうということで、スタッフが一枚ずつ引いてみたのです(@モスバーガー)。


それぞれ、『プラスマイナスどちらも含め、全体を通した視点を持つ』『アイディアをもっと出す』『浄化』という暗示のカードを引きました。
スタッフを直接知っている方だったら、誰がどれを引いたかは、何となく分かりそうな並びです(笑)。



各々が引いたカードの内容を担当する、といったつもりで準備に取り組んでいたわけです。
初めてのイベントでも、こうやってそれぞれに大切な部分を持てたことは、カードに感謝だなーと思います。



ところでカードの解説書そのものに、上記のような説明が書いてあった訳ではありません。
パッと見で「こういうことだろうな」という解釈をしたわけですね。

同じカードを引いたとしても、違う場面・違う人であれば、また違う解釈をすることになるでしょう。
一見、偶発的に見える事象も、その時の自分を取り巻く環境などを考慮すると、シンプルにメッセージが飛び込んで来ます。





……場所の浄化は、当日朝に会場入りしてから念入りに行いました(笑)。






数ヶ月前のこと。

カードリーディングを頼まれた知り合いの方に、結婚の暗示が出ていました。
時期は丁度今頃。具体的に言うと10月。
という結果と、そこに至る道程、それにあたって必要な心構えなどをお話ししたのですが、昨日その方からメールを頂きまして。

無事にご結婚されたとのことでした。
折しも10月に入ったばかりです。
びっくり……はしませんでしたが(だってカードに出てましたし 笑)、おめでとうございますと心から申し上げました。




『カードリーディング歴25年です』
と挨拶すると、大概「はぁ?」という顔をされます。
「何歳からやってるの?」
と顔に書いてあります。
だって本当なんですものー嘘じゃないんですー。

ちくちくと自分だけの趣味としていじっていたものが、何時の間にやら特技へ昇華。
我ながら驚きの変遷です(笑)。




私は複数のカードを使い分けておりまして…と言っても中心は専らタロットですが。
そのタロットも実は4種類くらい持っています(多分4種類だった気が…もっとあったかな…)。
その他、各社などから出ているオラクル系のカードを何種類か持っています。



しかーし。
ワードローブと同じく、使い回すものは大概決まってしまうものです。



よく使うのはカモワンタロットです。
所謂、フランスのマルセイユ版タロットカードですね。
一番最近に使い始めて、一番しっくり来たカードです。




カモワンタロットそのものに関しては、タロット大学等で専門の指導を受けることが出来ます。
ご興味のある方はそちらへどうぞ。




私はどの種類のカードじゃないと見ることが出来ないとか、そういうことは全然ない人間です。
イベントなんかでは、お客様に使うカードそのものを選んで頂き、そのカードを使ってリーディング…ということもします。
見た感じ分かりやすいとか可愛いとか、人それぞれに色々な好みがありますから、好きなものを選んで頂けば宜しいかと思いますよ。
結論としましては、何を使った所で結果は同じかなと。



タロットカードは、一枚一枚に象徴として多くの意味合いが凝縮されており、また組み合わせや正位置・逆位置によって全く意味合いや流れが変わってしまいます。
それらを組み合わせて質問に合った答えを読み解く、相談者が自分でない場合は、それを相手に分かるように伝える…という技術を要求されることから、実際の所は中級者以上向けと言えるかも知れません。

この『質問を具体的に絞る』という作業は、どの占術でも重要なことですが、タロットもまた然り。
質問の文章が確定していないと、展開したカードを読み切れなくなります。
ということで、カードの鍛錬には質問を具体化させる練習が必須かなーとも思います。




さてさて、カードも人によってそれぞれ相性があると思います。
それに、これから使ってみたいという方にとっては、入り口になるカードは重要だと思います。
面白いよーとか誰にでも使えるんだよーという意味で、オススメのカードを挙げてみますね。




初心者の方にオススメなのは、ドリーン・バーチュー博士がプロデュースしているオラクルカードシリーズですね。
このシリーズ、解説文にはネガティブなことが書かれていません。
ですので、「占い? 悪い結果が出たら嫌ー! こわーい!」と構えてしまう人にお勧め(笑)。




マーメイド&ドルフィンカード日本語版説明書付マーメイド&ドルフィンカード日本語版説明書付
(2004/10/18)
ドリーン バーチュー

商品詳細を見る



中でも私のお気に入りがこちらのドルフィンカードです。
カラフルな色合いと可愛らしい絵、海の生き物(イルカや人魚など)を中心としたファンタジックなカードです。
カードそれぞれには詳細な解説文がありますから、毎日一枚めくってみたりという使い方で、段々とカードに慣れ親しむことができます。



慣れて来たら、解説の文章だけでなく、絵にも注目しましょう。
何が描かれているか? どんな状況か? 誰が何処を見ているか?
…ということに目が行くようになったら、それが現在の自分にどんな意味合いを持つか、照らし合わせるといったことで見えてくることもあるでしょう。



感覚的に言えば、カードリーディングとは夢判断に近いでしょう。
象徴を現実に翻訳するという作業が出来るようになると、タロットカードを扱うことも楽ですね。
あとは、ひたすら経験を積むこと。ひたすらやる。人のもやる。
これが一番大切です。


自分のリーディングに関しては、インスピレーションで…と言いたい所ですが、実際の所は膨大な経験からケースタディを引き出しているんだろうなと考えています。
勿論、自分の人生経験やそれに対する考察なんかも含め、自分の全てがカードリーディングの場面でもフィードバックされます。
日頃の観察眼を養っておくと、思わぬ所で役に立つのは何でも同じだなーと思うことしきりです。





先日無事に終了したイベント、『1day cafe』のスタッフ一同で先日ミーティングを終えました。




あくまでも反省会ではなく(笑)。

特に反省はしない!
でも改良点は挙げる!

そんな感じです。






初めてのイベントにしては、お陰様で成功したなーという感想です。
色んな面で上々だったんじゃない? という話になりました。


次回の1day cafeは、12月12日(日曜)を目安に開催予定です♪


日にちが確定次第、またblogで報告しまーす。
12月なので、クリスマスプレートとかいいよね、みたいな話も出ていました。
旬の食べ物、季節の食べ物は身体にとっても良い効果があるので、そういった食材を使って行こうかという方向です。
元々マクロビオティックが旬の食材を大事にしたりという考え方なのですが、ギッチギチにマクロビ命! ということではなくて、やっぱり多くの方にとって美味しく・楽しいというのが大事かなと私は思います。



何にせよ、やる側も訪れる側も、『ちょっと一息』『気楽に楽しく』が共有出来ることが最高なのではと。
今回は初イベントということで、全員に多少の緊張があったのですが、それでも「楽しかったね」と言いながらのアフターミーティングでした。
それもこれも、お越し下さった皆様のお陰でございます。
本当にありがとうございました!


次回も来て下さいね(笑)。




プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi