resonance

Entries

Date : 2010年08月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

昨年の11月に、やすらぎの部屋主宰のチャリティイベントシルバーアーチに初出展させて頂きました。
これまでは年に2回の開催でしたが、今年から秋の1回に変更。
申し込みが通れば、10月30日(土曜)に再び出展させて頂こう、という風に考えていたのですが…。



出展者というのは、丸一日ブースに貼り付いていないといけない訳です。
何故ならお客様がいらっしゃるからです(笑)。


ですが、「あそこのブースのセッションを受けてみたかった!」とか、「あそこのアレを買いたかった!」とか、「じっくり色々見て回りたかった!」という出展者が結構沢山居るようでして(そりゃそうです)。
明日、出展者とその友人による、内輪シルバーアーチ的なイベントが開催されることになったのでした。



なので、うちも出ます(笑)。
主宰の方に「お友達を是非呼んでね」と言われたので、幾人かの方に声を掛けさせて頂きました。
残念ながらお多くの方は都合がつかないのですが…。


明日無理な方は是非! 10月のシルバーアーチに来て頂けると嬉しいです!
10月の方は、一般の方も沢山お越しになりますので、賑やかな雰囲気です(昨年お邪魔した限りでは、ですが)。
カードリーディング各種、フラワーエッセンス診断、マッサージ等々が軒を連ねる文化祭といった感じです。
アットホームなので、オススメですよー。

※明日のイベントについて、行きたいとご希望のお友達は個別に私の携帯へご連絡下さい。時間・場所などを折り返させて頂きます。ちょっと忙しかったので、あまり声を掛けられず…無念。






さて。
以前、blogにupしたラリマーですが、一部はこのような形になりました。




ラリマーその後




4色のコットン糸を編み込み、間にビーズを挟んだ紐を作ってから、トップにラリマーを持って来ました。
金具はシルバー925です。
とても優しい色合いで、可愛いですよ。

この糸を編んでいる時、兄の奥さんから「職人だね…」と呆れたような面白がっているようなコメントを頂きました(笑)。
確かに黙々と糸を編み続けるその姿は、我ながら『木陰で籠を編む女』『縄をなって草履を編む職人』という姿勢だったのです…。



ところで、ラリマーは大変高価なパワーストーンで、このサイズだと石だけで1粒あたり2000円とか、下手をすると4000円~という価格帯が多いのですが、一体どの価格でお出しするかは明日のお楽しみです。

大粒の可愛い石が幾つも入荷出来まして、結果ブレスが多くなりました。
どれもこれも大変安いです。ビックリ価格です。
宝石質の天然石も数種類あり、いわゆる『ジュエリー』として加工されるべき物を使ったアクセサリーもあります。
見た目はちょっと高級路線。だけど激安です。


それと、今回は別のお友達が作った和柄の小物も持参します。
ブックカバー、フラワーエッセンス用ケース、カモワンサイズのタロットケースなど。
細かく綺麗な出来ですので、お楽しみに~。




明日お会い出来ない方は、来月・再来月にお会いしましょう。
来月は来月で、お友達が主宰するミニイベント(@阿佐ヶ谷)に参加させて頂く予定で、そこにアクセサリーを持って伺う予定でおります。
こちらの詳細は待て次号! な感じです。
もちろん、毎月のワークショップ時にも持参していますので、宜しければ遊びに来て下さいませ。



今日の夕方、日が落ちる頃に見上げた空です。
どういう構造なのか…空に刷毛ですーっとなぞったような模様が出来ていました。




日暮れ




雲はちゃんと横長に見えてますし…なんでしょうね。
毎日こうやって姿を変え、色々な気持ちを楽しませてくれる訳で、自然の織りなすショーは素晴らしいものだなと思います。



反対側の空には、あと2日で満ちるお月様が出ていました。
こちらも少しだけ霞が掛かっていて、とても綺麗でしたよー。




今は携帯で何でも撮影出来て便利ですよね。
デジカメなんかを持ち歩かなくても、ある程度は綺麗に撮れるので、携帯にも感謝感謝です。




現在、週末に開催されるイベント出展の為に、アクセサリーをセコセコ作っている所です。
そういう訳でblog更新が止まってました(笑)。


お盆明けるまで激烈に忙しかった為、アクセサリーの在庫が大分減ってしまったままだったのです。
あーもうすぐ作らなきゃなーとか呑気に構えていたら、あと一週間しかないじゃないのー!
ということに大変遅まきながら気付いた次第です。遅っ!!!!

仕方ないんですよ。
お盆明けまでは時間の感覚とかも色々麻痺するので、正直言いまして昨日辺りまで5日ほど脳内時計が遅れてたりもしたし…。
という言い訳を試みる(笑)。





ところで全然関係ないのですが、今年の2月に古い友人の結婚式がありました。
僭越ながら司会を任されたのですが、その時にリングピローとウェルカムボードの制作も請け負ったんです。
なかなか画像データがこちらに回って来ないので(当日は司会だったので走り回っており、写真撮るような暇は全くありませんでした)、先日遊びに行った時に携帯で画像撮って来ました。




105.jpg

こちらはリングピローです。
土台はブラックカラーの陶器に、ベロア生地のクッションを作ってはめ込み。
真ん中に白いバラを置き、小鳥の首にリングを掛ける形にしました。
普段はあまり結婚指輪をしないということだったので、飾っても違和感がないような形にしてみました。
介添えの方には「え、小鳥に掛けちゃうんですか!?」と驚かれた記憶が…もしかして宜しくない感じなんでしょうか…(笑)。




104.jpg

元・ウェルカムボードです。
本当はこの状態ではなく、右側に開いているガラス戸に立てかける形で、『Welcome~』というメッセージボードが置いてありました。
が、披露宴が終わったらボード自体は用済みになってしまうので、別個に用意した訳です。
外側のガラス製の何かは、大きなキャンドルホルダーでして、高さは30センチくらい。
中にはお花が沢山&葡萄が飾られています。手前にある葡萄も私が持ち込んだ物で、現場でもああいう風に置きまして(下に敷いてあるオレンジ色の何かは、お嫁さんが家に飾る際に付け足した物らしいです)。




色々考えて、解体してもその後に使える物で工作しました。
勿論こういうのも夜なべで作ってました。昼間やらずに何故夜中にやるのか(笑)。
それは夜中の方が落ち着いて考えたり制作出来たりするという、ライターの性だからです。

プロットやデザインから考えて、素材を集めて、あまり巷にないような物を…という感じで作っていたので、余裕を持っていたつもりが瞬く間に前日夜中! っていうかもうすぐ朝! でした。



新郎新婦からの評価は良かったようで、ひと安心です。
特に新郎は、以前ブライダル関係の仕事をしていたことがあるので、
「あんなの見たことないよ! すっごく良い!」
ということで非常に喜んで頂いたのが印象的です。




そういう訳で現在は二つとも、彼らのおうちの玄関に飾られているのでした。
こうして自分が一所懸命作った物を、長いこと飾って頂いたり、使って頂いたりするのは、本当に嬉しいですね。
やっぱり作るのって楽しいなーと、目の下に隈を作りながら過ごしていた思い出が蘇ります。




そういう訳でアクセサリーの方もやるぞーっと。






ホ・オポノポノの中に

「ゆるしてください(forgiveness)」

という言葉があります。


英語と日本語のニュアンスは全く違うのですが、「forgiveness」を直訳すれば、一番近い言葉が「ゆるしてください」なんでしょうね。
でも、この言葉には、「自分が何か悪いことをしたので、許しを乞う」という意味合いが隠されているように思えます。
だからこれを繰り返していくと、「私は悪い人間です」と言い続けているような気がして来る場合もあるのでは? と、私は思います。




様々な癒しの教えにあるように、
『ゆるしましょう、ゆるされていると知りましょう』
という考え方は大変素晴らしいと思います。
生きていく中で、自分の足を一番引っ張るのは、『罪悪感』だと思うようになりました。
だから、とにかく楽になるには『ゆるす』ことと、『ゆるされていると知る』ことなんだろうなと。


とはいえ、一朝一夕ではゆるせないことも多々あります。
それは自分かも知れないし、誰か他の人かも知れない。
自分の人生に起きた出来事かも知れません。

これさえゆるせれば、手放せれば楽になれるだろうに、どうしても出来ない。
色んなセラピーやカウンセリング、分析や占いなどを経ても、どうしても出来ない。
そういうことを抱えている人だって、少なくはないと思います。



昨日のワークショップで、継続して参加して下さっている方から質問を受けました。

「どうしてもゆるせない、会うと酷い態度を取られていつも動揺してしまう。そういう相手との関係を、どうやって乗り越えたんですか?」

ここでの私の答えは、

「え。全然乗り越えてないよ。ゆるしてないし」

というものでした。




私も(威張ったことではないですが)かなりトラウマが深ーい人生を歩んでおりますので、どうにかして楽になりたいと長~~~~~い間、色々な手を使っては出来なくて…という四苦八苦していたのです。
しかし、ある時に「あ」と気付いたことが。


「出来ないことをやろうとするから苦しいんじゃないか?」




仮に、何か(誰か)との関係で、マイナスの記憶が100あるのに対して、プラスの記憶が5とか10とかだとして。
その状態で、マイナスを気にしないで友好的になろうとするなんて言うのは、どだい無理な話です。
プラスがマイナスを圧倒する程の量にならなければ、ひっくり返すことはそうそう出来ないんじゃ? と思います。
しかも、それまでのマイナスの記憶・感情が"消える"訳ではありません。




特に家族間での軋轢に関しては、

『家族なんだから好きにならなければいけない』
『家族なんだから大事にしなくてはならない』

という強迫観念が存在する場合が殆どで、例え虐待されたとしても

『でも、親なんだから』

と自分をねじ曲げようとすることがあると思います。
世の中の皆さんもよく口にされます。

私も色々な人から言われたことがあり、子供の頃に親に関する不満を漏らした時、「親に向かって何て事を!」と、怒ったよそのお父さんに頭を引っぱたかれたことがあったりします(笑)。
でも、事情を話したら「知らなかった。叩いてごめん…」と謝られたことがあります。
何にせよ、叩いちゃ駄目でしょ…と思いましたが、大概の人は『自分基準』で人の話を聞いているのだな、と強く思った出来事でした。


『親は大事にしましょう』
『家族は仲良くしなくては』


これは、あくまで実際に仲良しになれるおうちの話です。
世の中には色々なご家庭があり、人間関係が存在し、


『それは親御さんの愛情ゆえ』
『本当は愛してるはずだから』


という言葉では、どうにも説明が付かないことだって多々あるのです。
「愛してるんだったら、これはどう考えてもおかしいだろう」
「そう言われても嫌なものは嫌だ」
という何かがあって自分が深く傷ついたのだとしたら、真実はどうであれ、傷ついたというのが事実だということには違いありません。



カルマの法則という物に関して色々考えたり実験してみた所、『やった側がどういうつもりだったか』というよりも、『された側がどう受け取ったか』の方に強く出るような気がします。
色々あった上で「ゆるせない、どうしても嫌い」という相手というのは、そもそも嫌われるようなことをしでかした訳ですから、別にゆるさなくていいと思います。
もちろん、相手が本当は何を思ってそういうことを言ったのか・したのかという真実は分かりませんし、知る手段があるかどうかはさて置いての話ですよ。
相手は相手で何か色々な事情なりトラウマなりがあるのでしょうが、その辺りは頭の中に留めておくとして。


少なくとも、今はゆるしたくないのです。
それが分かっただけでも、儲け物です。
ゆるせるなら、ゆるしてもいいと思います。
だけど、出来ないなら無理にやることはないです。
出来ないことを無理矢理やろうとするから、余計に苦しくて自分の首を絞める結果になる。


いずれ、もしかしたら「ゆるしてみようかな?」という気持ちになるかも知れません。
人間の思考はコロッと変わるものですし。
そうしたら、その時にゆるす試みをしてみたら良いですよね。
先々までゆるさない! とかではなく、少なくとも今は嫌だなーということを確認して、先のことはその時に考えよう、位なもので良いんじゃないでしょうか。
出来ないことを無理にやろうとして、「やっぱり出来ない、自分は悪い人間だ」という罪悪感を上乗せするより、その方がよほど健全だと思いますよ。



『人は仲良くしなければならない』これは確かに真理です。
でも、『仲良くした方がいいかも』という文章に修正した方が、葛藤を起こさないで済むかも知れません(笑)。
究極的には、そうしたかったらそうすれば良い、というだけの話なのかなーと。



そういう風に気付いたこともまた、ある種『自分をゆるした』ことになるんじゃないかなと考えているのです。





本日は月に一度のワークショップでした。
ご参加頂きましてありがとうございます!



立秋を過ぎて、酷暑も大分楽に過ごせるかな? という陽気になって参りました。
でも、少し歩くと汗が止まらない気温と、湿度。



会場近くの東京大神宮で御挨拶をば。
「いつもこの土地を使わせて頂いて、ありがとうございます。また来月も宜しくお願い致します」



それから神社を出て、駅へ向かう道すがら、猫様に遭遇しました。




猫様






「無理…」



という雰囲気です。
力なくだらりと垂れた尻尾が、湿気を含んだ風にそよいでいました(笑)。




我々と違い、毛皮を着ている彼ら。
この夏の暑さでは、ただ過ごすだけでも大変でしょう。
我が家の犬も、ハアハアと息を荒げています。




明日からまた暑くなるそうです。
出来る限り、健やかに夏を乗り切りたいですね。





9月のワークショップは18日(土曜)11:00-14:00の予定です。詳細はこちら
楽しく成長する場ですので、是非ご参加下さいね。





知り合いの方が、二度目のカードリーディングを受けて下さいました。


元々仕事上のお付き合いがある方だったのですが、最初は恐らく興味半分で「タロット出来るの? やってやって!」という感じだったのでしょう。
けれど、今回はリピートをして下さったということで、初回がその方にとっては有意義なものだったのかなと思いました。


それはとても有り難いことです。


ともすると、占いというのは『お告げ』『覆せないもの』という印象を持たれたり、救いを求める依存対象になりがちな部分もあるのではないかと思います。
しかし、本来は自分の行く道を組み立てる道具として、また思考を整理させる道具として使う物ではないかと考えている私としては、

「自分が本当は何を考えているのかが理解出来る」
「色々と纏まった」

というご感想を頂くことこそ、大変に嬉しいことだったりします。




私が考えるカードリーディングは一方的なものではなく、お互いのやりとり(セッション)を通して作っていく物なので、その最中に互いがふと気付く色々なことが言葉になり、そしてそれらが当てはまり形となって行く様は、まるで二人でパズルを埋めて行く作業のようにも思えます。


また、私も時折人様のセッションを受けてみますが、やはり共同作業だなあと思います。
こちらが材料を提示し、まとまりのなかった靄のような物が、シンボルと会話を通じて段々と輪郭を持ち始めて行くという行程は、興味深く、面白い物です。


次の機会にまたカードを見た時、新たな物語が生まれていることが分かります。
「ああ、自分は前回から較べるとここまで来たんだな」
というマイルストーンとして、セラピーや占いを使いこなそうとする姿勢がある人は、やっぱり大人なのだなと思うのです。


気持ち良くセッションが出来るって、こういうことだなーと再確認したのでした。






インスピレーションとか閃きが起きた時、或いは"誰か"が囁いているような気がする時。
それを素直に採り入れることと、鵜呑みにすることの違いは大きいなと思います。


スピ系の世界を知ったり、その勉強をしていると、恰も

『チャネリングが出来るのは凄いこと』
『メッセージが聞ける人は選ばれた人』

というような錯覚を起こす時期があります。


横文字で言われると、何だか分からないけど凄い! と思いがちですが(笑)、大概の人は日常的にそういった囁きや、閃きをやり過ごしたり、または何の気なしに採り入れたりしています。
一般的には『虫の知らせ』という形で現れたりもします。
そういう言葉がある位ですから、誰にでもある感覚ですよね。


かく言う私も、そういうことはよくあるのですが…。
でも、ちょっと待てよと。
大体、その囁きの元は一体何か分かってるのかな? という待ったを掛けることにしています。

昔はそういうものに振り回されて、心身共にヘトヘトになっていましたので、期間を決めて『徹底無視』という実験をしたことがあります(笑)。
何かが囁いたり、何かの言葉が頭の中に浮かんで来ても、
「見えなーい。聞こえなーい。知らなーい。私は何も分かりませーん」
っていう感じです。


それは直感を無視することになるから、却って危険なんじゃないの?
という危惧をされることもあるでしょうが、試してみた結果、特に危険ではありませんでした。
一定期間その形で実験をし、得た結論としては、囁きとは言っても自分のエゴから出ている声が大部分かなと。
あくまでも私の場合は、です。


こういうマインドの囁きに距離を取ったことで、ワンクッション置けるようになりました。
「ホントかいな?」と、客観視するわけです。
おかしいことを言おうとしてないか? 他人様を脅かすだけ脅かして、救いのないことを言おうとしているのではないか? という風に、ふるいに掛ける作業をします。

これをフィルターなしでまんま出すと、段々と「神様(天使・霊)がこう言っている」という言い方ばかりをしてしまうようになったりして、ちょっと違う道へ逸れてしまうことがあるのかも知れない、と思います。
仕組みがどうであっても、結局は自分の口を通じて言っているので、『○○が言っている』という言い方は、あまり良いことではないのかなーとか。
だから、自分一人ならともかく、相手がいる場合は、必ず選択肢を提示するのが良いと思う訳です。
「私はこう思います」「もちろん、信じても信じなくてもいいし、どちらでもいいです」と。



以前、西洋占星術で高名な方にお会いした時、
「悪い結果があるのなら、それを回避または克服する方法まで言えなくては、占いをする資格なし」
というお話を伺ったことがあります。

本当につくづくそうだな、と思います。
脅かしたり、怯えさせたりするだけで、そこからどう動けば良いかまで言えないのなら、最初から言わない方がいいこともありますし。
そうすることで、自分は凄い力があるんだ、と思いたい気持ちがあるというのもまた、誰の中にもある真実だと思います。
やはり人間ですからね。色々な部分があって当たり前です。




それにしても、私は人様から「おーい、帰ってこーい!」と言われるような所へ行きたくはないので(笑)、とにかく何かが浮かんだ際にはあらゆる角度から検証し、客観視するという作業を挟むようにしています。
その作業には長時間必要な訳ではないので、時間にして数秒だったりしますが、これは大事な作業だなと実感します。

囁きの徹底無視という実験を繰り返した結果、こうして反射的にワンクッション置く・検証するという作業が出来るようになったので、やっておいて良かったなと(笑)。
あやふやな世界だからこそ、少なくとも自分で自分に嘘をついていないか、出来る限り真っ直ぐ見ようとする姿勢は大事なのだと思います。




舞台を観て来ました。
数年来のお知り合いの方が、出演されていたからです。



以前会った時の彼は、まだ養成所というか、そういうスクールに入ったばかりの少年でした。
今日見た彼は、既に立派な役者さんで、お仕事として舞台に立っていました。



やりたいことを見付け、その道を選び、実際そうなるということは、どれほど大変なことだろうかと思います。
大なり小なりの夢を叶えたり、何かを成し遂げたいという気持ちを抱くことはあれど、その目的を果たしたり、如何にスムーズにそうする、そうなるかという道程には、色々あるなあと。
一方、トントン拍子にその世界へ飛び込んでしまう人もいます。
そうなる人と、そうでない人と。色々なタイプの人がいますね。


最初は突拍子もない話だと思われる内容でも、実際成し遂げる人が沢山います。
生育環境からは考えもつかないような道に進んだり、何故か気付いたらそれをやっていたり。
出会う人だけでなく、仕事もご縁だと思います。


自己啓発本なんかには、
『まず目標を立てましょう』
『その目標に向けて必要なことをリストアップしましょう』
『リストアップした必要事項は、期限を決めて実行しましょう』
『モチベーションを上げ続けましょう』
といったことが、願望達成の近道として書かれています。


でも、私はある日思いました。
「夢がない人はどうすればいいのだ?」と。
どちらかと言うと、まずやりたいことを見付けたい! 夢そのものが欲しい!
と思ってる人の方が多いんじゃないの? という考えを持っていた訳です。

いきなり目標を持てって言われても、そりゃ無理ですよ。
色んなセミナーやワークショップに出席して、得た結論はこれでした(笑)。
人によっては、その日一日を無難に過ごすことだけで精一杯、という環境で育った人もいます。
物差しが全く違えば、どんな本を読もうがどんなセミナーに出ようが、意味を為さないのは当たり前です。



また、夢を持つ為には
『興味のあることをリストアップしましょう』
『自分が好きなものを探しましょう』
『好きな映画や本をリストアップして、共通点を見付けましょう』
といったやり方も、指南されたりします。

が。
自分が好きだと思っていることって、案外脆いものの上に立っていたりします。
なんで好きなの? と訊かれて、うーん…と唸ってしまうようなら、好きじゃないかも知れない。
「理由が言えるものなんて、本当に好きじゃないってことだから!」
と仰っていた方が以前いらっしゃいましたが、そんな筈はありません。
分からないように自分を目隠ししているだけです。
何もかも、全てのものには必ず理由があるのです。




ここ20年程、趣味で(笑)心の動きの勉強を延々しているのですが、自分に照らし合わせれば照らし合わせる程、やっぱりトラウマって厄介だなとの認識を深めています。
人間というのは、生まれてから現在に至るまでの『体験』で、価値観を形成します。

小さい子供の時に、テレビに映る歌手を見て、
「歌手になりたい」
と言ったとします。
大人はそれを聞いて、子供の戯言と片付けることが殆どでしょう。
私の世代の人は、「○○になりたい」と親に言った時、大概
「そんなもの、なれる訳がないでしょ」
「はあ? 何を言ってるの?」
と一言で片付けられてしまっているようです。

周りの方々に聞き取り調査をした結果なので、当然学術的なサンプルではありません。
参考程度ではありますが、いやーこういうのが本当に多い多い。
この大人世代も、当然そのまた上の世代から同じことを判で押したように言われ続けて刷り込まれているので、本当にそう思い込んでいることが殆どです。
例を挙げると、妙齢の女性が遭遇する確率の高い「早く結婚しなさい攻撃」も同じです(笑)。
この現象には、言う人の育った時代背景なども関係しますから、こんな風に世代の病とでも言うべき現れ方をしているのだろうなーと思います。



結果、それを素直に信じて(幼児は疑うということをまだ修得していません)『夢は叶わないもの』『なりたいものにはなれっこない』という価値観を持つに至った人が、かなり多いのではないかと考えます。
『好きなものや好きなことを否定された』という経験が出来てしまうので、そのまま成長するにつれて『何が好きなのかも分からない』『自分の選択を全く信用出来ない』という形で現れることも、往々にして起きるのだろうと。
そうすると、何かを『好きかどうか』で選別する能力が育たないまま大人になる訳で、人間関係で痛い目を見たり、何度も同じ失敗を繰り返す…という結果に繋がるのではないかと。
そして、『何かを好きだと思う気持ち』自体が起こらぬよう、厳重に封じてしまうのではないかと。





自分の中にある沢山の傷を見つめ、無かったことにして見て見ぬふりをすることなく、一つ一つ理解し、徹底して癒すこと。
それは生きる上で、とてもとても重要な作業だと思います。
実際に自分で実践していて、日々その思いを強くしています。




そうして己を理解することこそ、まだ自分でも発見していない夢に近づく、一本の道なのだろう思っているのです。







10日(火曜)12:08~新月ですよー。


と、軽く告知してみます(笑)。



────



先日、お友達から茄子を頂きました。
御母様が畑で作っていらっしゃるとのことで、とれたて新鮮です。
しかも大きい! 艶といい、張りといい、重量といい、見た目からも分かる絶品具合です。




茄子



普段、それ程は食べないのですが、肉みそ炒めににして頂きましたら、とっても美味しくてビックリしました。
…あ、自分の料理の腕がどうのとかではないです(笑)。


そういえば旬の食材とかって、近頃あまり意識していないな…と思い至り。
やっぱり、旬の食べ物はイコール身体に良い食べ物ですから、もう少し意識しようと思った次第です。


お店で買う茄子も美味しいでしょうが、自家栽培の物ってどうしてまた違う美味しさがあるんでしょうね。
いつも不思議に思います。



この茄子が本当に美味しかったので、暫く茄子にハマりそうです!





近頃は他人様からの依頼を受けて、オーダーアクセサリーを作ることが増えました。
夜中コソコソと制作していることが殆どで、いわゆる『夜なべ』をやっています(笑)。



自分の物も時々作りますよー。
本来は見た目が可愛いもの、綺麗なものが好きなので、ちゃんと浄化した上でエネルギーもチャージした『可愛い』『普通の』ネックレスやピアス等を作るのですが、普通のパワーストーンブレスレットも作ったります。


こういうのは、ハッキリと護身用目的で作ります。
一番最近、自分の為に作ったのがこちら。
ラピスラズリ×オニキス×水晶です。
ラピスには龍が彫ってあり、そこに金色のペイントがされています。
強そうでしょう(笑)。


ブレス



男性用、という感じで敢えて作ってみました。
今年のお盆はこれでどうにか乗り切ろうと思います!


「お盆を乗り切る」って、我ながらどういう言い方だろう…。




お盆を過ぎたら、イベント出展用のアクセサリーを沢山作る予定です!
現在、その時期に向けて徐々に綺麗な素材を集めている所であります。
綺麗な素材を前にすると、作るのが楽しみになりますね。




ラリマー




こちらは最近購入しました石で、ラリマーと言います。
発見されたのは1974年と、かなり新しい部類に入ります。

ドミニカ共和国でのみ採掘されているということで、その価格が他のパワーストーンとは段違いになっています。
今や、チャロアイト、スギライトと並ぶ世界三大ヒーリングストーンと言われているそうです。
私はストーンヒーリングをしないので分かりませんが、何か特別な力があるのかも知れませんね。

私は単純に、見た目が綺麗なので好きです。
海のような水色と白の波模様が、見る人を優しくさせてくれるような気がします。



こんな感じで、ちょこちょことアクセサリー用の素材を集めている所です。
喜んで頂ける素敵な物に変身することを願いつつ、少しの間だけ休眠させています。



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi