resonance

Entries

Date : 2010年07月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

先日、お裁縫が得意な友人に頼んで、数珠ケースを作って頂きました。


略式数珠を入れる為のケースなのですが、買おうと思ってからふと考えまして。
「そういえば、昨年の誕生日に手作りのブックカバーをくれたなあ」
そのブックカバーですが、とても丁寧に綺麗に作ってあって、感激したものです。


何を隠そう、私はアクセサリーを作るのは好きなのに、お裁縫が苦手なんです(笑)。
遂に、編み物が出来ないまま大人になってしまいました…。
何度かチャレンジしたのですが、チマチマやるのが性に合わないみたいで。
一体アクセサリー作りと何が違うのか? という感じですが、なんか違うんですよね。
そういう訳で、お裁縫が得意な人を大変尊敬している次第です。


布地は、以前作って頂いたブックカバーとお揃いでお願いしました。
柄の方向や強度なんかもちゃんと考えてくれて、飾り紐まで付いています。
中は裏地付きで、数珠があちこち動いて房が型くずれしないようにと、固定するスナップまで縫いつけて下さいました。
まさに! 至れり尽くせりでございます。



数珠ケース




見た目も可愛くて、大満足です。
早速、数珠を入れました。



で、ついでにブックカバーも一枚発注していました。
以前頂いたのは、文庫本サイズだったので、もう少し大きめの新書サイズを一枚。



ブックカバー




こちらは指定をしなかったので、作って下さった方のセンスにお任せしました。
補強の縁取りもついてますよ!
彼女が渋め好きなので、柄と色が渋めです(笑)。
他にも、これと同じ布で小さい巾着を作って頂いていたので、そちらも有り難く頂きました。



今年も開催される『やすらぎの部屋』のイベント、『シルバーアーチ』に、もし出ることになりましたら、彼女の作品も出品しようと思っています(笑)。






東京で二番目に古い名刹、深大寺
子供の頃に一度だけ行ったことがありますが、以降は近い割に全く足を運ぶこともありませんでした。


この度、ちょっと行ってみようと思い立ち。
我が家の方角からすると、丁度深大寺が今年の恵方の範囲内なんですよね。
だから、恵方参りも兼ねまして……というのは嘘です(笑)。
恵方参りのことなんて、すっかり忘れ去っていましたとさ。



近年、お寺に足を踏み入れることが殆どなくて、お寺参りをするのは仏事がある時くらいのものです。
何故ですかねえ…ご縁なんでしょうね、きっと(と、適当な理由でお茶を濁す)。




吉祥寺から深大寺行きのバスに乗り、終点まで。
今日も本当に暑かったです。
家を出たのが午後遅くなので、閉門ギリギリに滑り込む形かな? という感じでした。
深大寺。一度来た事があるとは言え、ほぼ初めてです。
というか、自分の意思で来たのは初めてですよ。
だから初めてと言っても過言ではないでしょう。
つまり、右も左も分からないという訳で。

…そんな私が最初に辿り着いたのが、深沙大王堂でした。
何故だ…何故本堂に着かなかったんだ…(笑)。
この深沙大王というのは、西遊記で云う所の沙悟浄に当たるらしいです。
西遊記での沙悟浄は、捲簾大将(ケンレンタイショウ)と言って、元々天界におわす天帝の近衛だったのですが、諸々の事情で堕天。
そして妖者へと変化してしまい、然る後に三蔵ご一行様に拾われた、という役回りです。



話が逸れました。


まずは、深沙堂で手を合わせて「お邪魔します」と御挨拶しまして。
おやー? 本堂はどこかなー?
と、不思議に思いながらウロウロしていると、普通の一般的なお墓が沢山ある場所に出てしまい…。
明らかにこっちじゃない(笑)。

近くにお蕎麦屋さんがあったので、「スミマセーン、本堂はどちらですか?」と訊ねて、指示された通りに坂を下ると…。
今度は開山堂というお堂に出てしまいました。
もう本当に、ここはドコ!? 感たっぷりです。
もしかして着かないんじゃないの? と、敷地内を彷徨う私。


キョロキョロ辺りを見回した所、
「あの屋根が怪しい! でっかいからあれに違いない!」
ということで、やっと本堂に辿り着きました。








閉門に近い時間だったこともあり、参拝客は疎らでした。
手を合わせている間も、じっとりと汗が滲んで来ます。
「お参りさせて頂いて、ありがとうございました」
と御礼を申し上げて、境内を後にしました。
よ、良かった…閉門前に間に合った…。

そういえば、昨今のパワースポットブームのせいなのか、数名で行動する妙齢の女性の姿が目立つなあ、という印象です。
あちこちの神様や仏様は、アレコレお願いされて大変ですねー(笑)。




門前には、色々なお店が軒を連ねていまして。
特にお客さんが沢山入っていたのが、鬼太郎茶屋。
中はごった返していて、とてもじゃないけど入れる風ではありませんでした。


89.jpg




お店の前にはぬりかべの車が。


90_20100725034249.jpg





こちらにはまた次回、チャレンジしようと思います。
何はともあれ、滑り込みで無事に参拝できて良かった、というお話でした。



おみくじ、あちこちにありますよね。
一昔前のレストランでも、テーブルに機械が置いてあったり(笑)。

とはいえ、一般的には寺社で引く方が多いでしょう。





さて、このおみくじですが、どのように使っていますか?




各所でおみくじを結んで行かれる方がいらっしゃいますが、だからといって『結ばなければいけない』という訳ではありません。人によっては、望ましくない内容だった場合に、その内容を神様や仏様にお預けする、という意味で結んで行かれるということのようです。



私は、何が出ても持って帰って、偶に取り出して眺めることにしています。
暫く前に、生まれて初めて『凶』を引いた時は、人目を憚らず大喜びしました(笑)。


「うわ、凶だ! 初めて引いたすっごーい!!」


何を喜んでいるのだ、という話ですが(笑)。


どういったものが出たとしても、それを引いたのは"現在の自分"です。
受動的に『選べなくて偶然』やって来たとすれば、結果に一喜一憂することもあるでしょう。
でも、偶々目にした本の内容や、耳に入って来た誰かの会話、テレビでやっている何かなど、色々なことは全て『現在の自分が選んで見ている』という観点に立つとしたら、また捉え方が違って来るのだと思います。


だから、おみくじも『凶を引いたから、これから悪いことがやって来る!』というのではなく、『ちょっと気を付けよう、慎重になろう』というガイド、またはツールとして使えば良いことだと思いますよ。
おみくじも道具ですから、使いようによって如何様にも姿を変えます。


どうせ使うのだったら、覆せないものとして捉えるのではなく、現在の自分を見直す道具として使ったら良いと思います。




ここ連日の暑さは凄いですね。
出来る限り平常の状態でいられるよう、皆さんもお身体を大切になさって下さい。



さて、9月のワークショップは18日(土曜)11時からに決まりました。
その前に8月14日もありますので、ご都合の合う方はお気軽にご参加下さいね!
詳細はサイトをご覧下さい。




月イチで始めたワークショップも3年目になりました。
地道にコツコツ、というのはあまり肌に合わないとはいえ、続けることで身になることは多いなと思います。
一人でやっているのではなく、出て下さる方がいらっしゃって成立する訳で、お互いに成長出来ていればいいなと思う次第です。

毎月色々なことを思いながら続けているのですが、楽しいなと思ったり、時には落ち込んだりしながらも、次の回に向けて成長の糧に出来ればという気持ちで居ります。


ヒーラーや占い師も、人間です。
なので、悩み苦しみの中に居ながら、皆さんと同じように歩みを進めています。
一つの悩みが解消したら、その次の段階で悩みが発生するのが人間です。
それでも、一つずつクリアーして次の段階へ進めるよう、自助努力を培う場として、色々なセミナーやセラピー、ワークがあるのだと思います。



折角あるものですから、色々と賢く利用して進みたいですよね。





本日はワークショップの日でした。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。


毎月のワークショップは大体飯田橋近辺で行うのですが、飯田橋には近年縁結びで有名になってしまった東京大神宮という神社があります。


ここは伊勢神宮の分社でして、遠く伊勢を臨む遙拝殿でした。
遙拝というのは、遙か彼方に坐す神様を拝む、という意味です。
遠くて行かれないという場合に、その場所から参拝しましょうということですね。

「縁結びの神様」が居るわけではありません(笑)。
が、日本で初めて神前結婚式というものを行った為、それが転じて縁結びとされた模様です。
雑誌やテレビなどで紹介されたのでしょうが、いやーいつ行っても女性でごった返しています。



久々に伺ったのは、昨年頂いたお守りを返す為なのですが、当然立ち寄ったからには参拝をします。
「お守りを頂いてありがとうございました。お返しに参りました」
「ワークショップの会場として飯田橋を使わせて頂いてありがとうございます」
「今はこのような状況です。頑張ってます」
というようなことを申し上げて、おしまい(笑)。


そうそう、どこの神社であっても、神社で頂いたお守りやお札は、一年でお返ししましょうね。
一年も経つと穢れが付着して、使い物にならなくなる…というような感じで理解して頂ければと思います。
特に神道では穢れを徹底的に嫌います。

入り口に手水舎があるのは、神様の御前に上がる前に、失礼のないよう手と口を清めなければならないからです。
何であっても、常に清浄であることを尊ぶ伝統な訳ですね。
そういう訳で、神社にはハンカチ必携です。



さて私が長年観察した結果、ここだけは外さない方がいい! と思った神社参りのポイントです。
すごく簡単です。誰でも出来ます。



・お賽銭は絶対に投げないこと
これは言わずもがなです。
目の前にお賽銭箱があるのに、やたらポイッと投げる人が多いこと多いこと。
あなたが神社の神様だったら、どう思いますか?
小銭をバラバラ投げ付けられて、どんな気分でしょう?



・御礼を言うこと
いきなりやって来て、欲望をぶちまけられても困ります。
まず「ここまで来られたこと」に感謝をすると宜しいんじゃないでしょうか。



・授与所でうっかりお守り等を落としてしまったら、正直に神社の方に言うこと
お参りの後に、御札や御守りを求める場合の話です。
『穢れを嫌う』と書きましたが、同じことです。
以前、ポロッと地面に落としたお守りを、何喰わぬ顔で元の場所に戻した女性が居ましたので、私が後で巫女さんに伝えたことがあります。
神社では、地面に落としたお守りは、参拝者に分けることが出来なくなります。
「そんなの知らないよー」という方もいらっしゃるでしょうが、知らないからといって、やっちゃ駄目なものは駄目なんですよ。

『郷に入っては郷に従え』と言いますし、そこの神社でお願いするなら、そこのルールに則って動くのが礼儀です。
例えば海外旅行をした時、日本ではOKでもその国では法に触れる…なんてことは山ほどあります。そういうことと全く同じです。
何処にでもルールはある訳で、厚かましくもお願いをするのなら、最低限のマナーとルールを調べた上で礼を尽くして参拝するのが良いのではないでしょうか。
そういったこともしないで、欲を吐き出すだけ吐き出して、「全然御利益ないじゃん!」というのは言えないと思います。





因みに私はどこの神社でもお寺でも、基本的にお願いをしません。
「いつもありがとうございます」と御礼を言うまでに留めています。
また、馴染みの神社だったり、土地を守る氏神様であれば、最近の状況を少しだけ掻い摘んでお話しします。
「これこれこんな感じですが、なんとかやってますので」
っていうのがいつものパターンです。


お参りが出来るということ自体が、とても豊かなことなんだな~と気付いた時があります。
身体が動いて、時間があって、そこまで行く体力があって、気力があって、都合がついて、そして何よりもご縁があって…という、沢山の要素があってこそのお参りな訳です。
行けない時は何故か行けないようになってたりしますし。
だから、そこに到着した時点で、本来の目的は達しているのではないかなと思うのです。
そこへ出向いてお参りが出来るって、ありがたいことですよ。ね。



7月お盆

  • 2010.07
  • 14

Edit239

でございます。

今月だけでなく、来月もお盆がありますね。
毎年様子を伺ってみると、大体7月のお盆から8月16日までは、ご先祖様など様々なあの世の方々が沢山いらっしゃるようです。
いつもより多く帰っていらっしゃいます。なので、現世は大混雑です(笑)。


私の場合は怠くて眠くてボーっとしてしまうのですが、そういう方もいらっしゃるかも知れません。
昨年、お世話になっているサロンに伺った折り、そこの方が
「立ち上がろうとしたら、椅子から立てなくて『あ、困った…』ってなりました」
と仰っていました。

何も感じなくても、ちょっと普段と違う状態になってしまう、という方もいらっしゃるかも?
と思います。




因みにお盆という習慣は仏教伝来の、と思っていたのですが。
調べてみた所、それだけのことでもないようです。
古来からの習慣や神事としてあったものが、時代と共に仏事として習合されて、現在の形になったというのが正しい説のようで。


『盂蘭盆会』というのがお盆の正式名称で、『うらぼんえ』と読みます。
一般的にはご先祖様方が帰っていらっしゃる時期であり、供養をして報恩する為の時期とされています。
やり方は地方で様々なやり方がありますから、その土地ならではのやり方と、その由来などを土地の方に訊いてみるのも、良い過ごし方なのかなと思います。
私は東京で生まれ育っているので、いまいち分からないのですが(笑)。



wikipediaには、こんなことが書いてありました。

中国文化圏では、日本でいう旧暦7月15日のお盆(盂蘭盆)を中元節(簡体字 中元节)と呼び祖霊にちなんだ祭が営まれる。
地元の風習と習合しており、盂蘭盆といった場合には日本と同じく佛教行事としての意味合いが強くなる。
ちなみに、日本ではお中元のことを盆礼ともいうが、双方が同義なのは中国において盂蘭盆と中元節の祭が融合したためである。
よって、中元節(旧暦7月15日)のお盆時期に、日本ではお中元(盆礼)という意味合いでは他人へ贈答をして、お盆(盂蘭盆)という意味では祖霊などへ報恩し、それらへ普段よりも多くのお供え物をする。



お中元はお盆と結びついた慣例だったんですねえ。
勉強になりました。



ともあれ、お盆だからご先祖様が帰って来るのか、帰って来る時期だからお盆なのか。
一体どちらなのでしょう。その辺りを時々不思議に思います。
長い歴史がありますから、その両方なのかも知れないですね。



宗教によって教義も色々かと思いますが、何にせよ肉体は先祖から頂いたものです。
お線香を上げてそっと手を合わせ、「ありがとうございます」の気持ちを伝えるのも、良い過ごし方だと思いますよ。




本日は選挙ですね。
持っている権利は有効に活用したいものです。
私はこれから行って来る予定です!



さて、明日12日の04:41から新月です!



この時間から8時間以内(無理なら48時間以内)に、書くのが早ければ早い程良いとされる『新月の願い』。
毎月書いていると、自分の成長の跡や変化が文面に表れます。


しかも!
明日の新月は日蝕と重なるということで、占星学上では大きな意味合いを持つようです。




日月院さんでは、夢が叶いやすいとされるピンク色の紙を無料DL中ですよ~。





日頃の行動の他にも、楽しみながらこういった機会を上手に使いたいですよね。
皆さんの願いが叶いますように。




『パワースポット』という言葉を、最近よく耳にします。
大繁盛というか、大盛況の場所も都内に幾つかあるようですね。
また(私も取扱いをしますが)、パワーストーンも大ブーム。
こういうものが流行ると、『不況』『社会不安』という世相を如実に反映しているのだと思います。

よく顔を出す天然石のお店の店長さんが、
「お店が繁盛するのはいいんですけど、逆にこういう物が流行ると、世の中大丈夫なのかな…って思っちゃいますねえ」
と仰っています。お説ごもっとも。



パワーストーンやパワースポットに関して、それ自体を良いとか悪いとか言う気は全く無いのですが、こういった物について色々な方に質問されることが多いので、ちょっと自分なりの考察を書いておこうかなと思います。
そういったものに対する考え方・接し方・扱い方についてです。
あくまで私の考え方なので、人様に強制する気はありません、念のため。







1:パワーストーンやパワースポットは、人間の為に存在している訳ではありません。
自然が生み出した物を利用する、ということは、太古の昔から人の歴史の中にありました。
分かりやすく言えば、温泉だったり、温暖な気候の場所で農耕が栄えたり。
そういうものと共生しているうちに、利用するようになってしまうというのは、エゴに満ちた我々人間にとっては、ある種当たり前かも知れません。
でもだからって、人が利用する為に存在しているということではありませんよね。
人間の為に、というのは素晴らしい傲慢だと思います(笑)。


2:感謝していますか?
現在ちょっとした飽和状態のスピリチュアルブームの中で、度々『感謝』という言葉が出て来ることに気付いている方もいらっしゃるのではないかと思います。
日々生活出来ること、食べられること、寝る場所があること、大切な人がいること…挙げればキリがない程、我々は恵まれているのですが、それが当たり前になりすぎている為、『もっと欲しい!』『これが嫌だ!』『これさえ上手く行けば幸せになれる筈なのに!』というエゴの暴走に埋もれた生活をしています。

まずは、時々自分の身を振り返って、「こんな所も感謝出来るなあ」という感じで、自分の棚卸しをしてみることをオススメします。
「感謝しましょう」って言われても、どういうことかわかんないよ! という人も居るでしょうし、それが悪い訳ではないのですが…。
因みに私の見解では、感謝というのはエネルギーです。
願うことと祈ることは違います。で、どちらかと言えば感謝とは祈りのエネルギーだと思っています。
「ありがとう」とポロッと口から出るような状態で発生するエネルギーです。
なので、それを逆手にとって形から入るのもアリです。
「ありがとう」を沢山沢山、それこそ念仏のように言い続けてみると、後から中身が着いてくるかも知れません。



3:で、感謝が何故大事なの?
今回はパワースポットやパワーストーン等の話に絞りますが、土地や石にも意識があります。
心…とは直訳出来ませんが、意識ですね。気持ちというか。
言ってしまえば、機械などの人間が生み出した物でさえ、意識はあるんです。
話を戻しましょう。

仮にあなたが『パワースポットさん』だとします。
あなたは地元の人だけが時々やって来るような場所で、静かに暮らしていたのに、何故か遠くから知らない人が沢山やって来ては、その辺で好き勝手な欲望を吐き出しています。
「お金が欲しい」「仕事が欲しい」「恋人が欲しい」「結婚したい」…といった、縁もゆかりもない個々人の欲望をひっきりなしに聞かされたとして、一体どう思いますか?
「勝手に来て勝手なことばっかり言って! そんなの自分で何とかしなさいよ!」
って、間違いなく私ならそう思いますね(笑)。
でも、少なくとも来た時に「お邪魔します」という風にやって来たり、帰って行く時に「ありがとうございました」「失礼しました」と挨拶してくれたら、ちょっとだけ心証が変わります。
更に、「ここまで来られて良かった、感謝します」といった気持ちの人には、「あなたにいいことがあるといいね」「またおいで」程度のことを思ったりするんじゃないでしょうか。


4:等価交換
神社や仏閣で祈祷やお祓いをして貰う時、金銭を払います。
これは当然、やって頂いた人への御礼でもあり、その施設の維持費でもあり、色々なことに使って頂く為ですが、最大の意味合いは『御礼の気持ち』であり、『エネルギーの等価交換』ではないかと思っています。
世の中、何でも同じです。物を買う時にお金が発生します。
何かを業者さんに頼んだら、お金を払います。
お金もエネルギーの一形態だとすると、感謝というエネルギーが形になった物、と言えなくもありません。

そういう訳で、エネルギーを頂いたら、何かの形で返す。循環させる。
パワースポットに行って、気持ちいいなとか有り難いな、嬉しいなという体験を頂いたら、感謝というエネルギーをお返しする。
そうでもしないと、元はパワースポットだった場所が、どんどん搾取されて枯れて行く一方になります。
逆に土地が怒ってしまったり、荒れてしまった場所に足を踏み入れることで自分が疲れてしまう、ということにもなりかねません。
ここまで書いて、質量保存の法則を思い出しました(笑)。



5:まず出来ることをやってから
スピリチュアルに開眼するのも結構ですが、我々は肉体を持った人間です。
頭がついているのは、考える為。肉体があるのは、行動する為です。
まず、自分で考えて行動する。
一所懸命やってみて駄目だったら、やり方を変えたり、考え方を変える。
それでも上手く行かないなら、上手く行くまでやってみる。
もしも何処かの時点で諦めてしまうようなら、自分にとってはその程度のことな訳です。
これ以上、手を尽くしようがない! という所までやって、それから神様に手を合わせてお任せしたり、流れに任せようということになったら、結果がどうであれ納得すると思います。



6:まとめ
くれぐれも『まず神頼み!』『プライドが傷つくのが嫌だから、先にパワーストーン買っちゃえ!』という、人生の怠け者にはなりませんよう。
私の体験上、『まず神頼みタイプ』の人の願いは、そうそう叶わないような気がします。
もしもそれらの物を使うのだとしたら、縋ったり依存することなく、「いつもありがとうございます」と、きちんと御礼を述べましょう。
それも一度や二度ではなく、日常的に習慣とする位が宜しいかと。
あと、取引しちゃ駄目ですよ。『こうしてくれたら御礼してあげる』では全く意味がありませんので。
我々は、人間関係でも「○○してくれたら好きになってあげるよ」的な思考が板についてしまっていますから、こういった部分でもその手を持ち出しやすいのです。




「パワーストーンやパワースポットは、そんなちっぽけなものじゃない!」
と言う方もいらっしゃると思いますが、あくまでも私の個人的な観点として…ということでご容赦下さい(笑)。


以上、ご参考下されば幸いです。






プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi