resonance

Entries

Date : 2010年06月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年11月5日・12月17日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。11月は11時~15時、12月は11時~19時です。
 ※11月と12月では開催時間、料金が異なります。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

ちょっと慌ただしかったので、暫くblogをお休みしていました。
とか言ってる間にもうすぐ7月ですね!
光陰矢のごとしという言葉が、年々身につまされております…(笑)。


さて。



「自信がない」



という言葉をよく耳にします。
そうなった原因は色々ありまして、


1:幼少時にあまり肯定されなかった
2:肉体的・精神的な虐待の被害者である
3:近しい人と共依存の関係にならざるを得なかった




等の要因が挙げられます。
上記のようなことを経験すると、常にどこかで
「自分は間違っているかもしれない」
「自分は価値がない人間だ」

という強迫観念に似た想念が付きまといます。

結果、自分を信頼出来ない機会が増え、それによってまた自分を信じられなくなる…というスパイラルに落ち込んでしまうわけです。



自信がない、ということを言い訳に使う人生のままが良いかな?
と自分に問いかけてみて、「いや、それはいらない」と思ったら、『自分を幸せにしてあげよう』という選択肢が生まれます。

自分がどれだけ自信がないか、どれだけ自分を信頼していないか、自分を嫌っているか、または否定しているかを見つめたり、内省することもひとつの手段です。
そして、それを認める。
自信がないのは人として悪いことだ、自信を持っているのが普通の人間だ、という思い込みがある場合が大半ですので、ないならないことを100%認める。
それ自体に善悪や正しい・間違っているという判断を持ち込まないこと。




そして、「自信がない私はゆるされています」「愛されています」「癒されています」等と、ホ・オポノポノの言葉を使って繰り返すのも手です。
または、毎日一個ずつ自分に何かを与えてあげるというやり方もあります。
『一日一善』といった感じで、自分に対する善行をするのが分かりやすいですよ。



食べたいと思ったものを食べる。
行きたいと思った場所へ行く。
会いたいと思った人に会う。
欲しいと思った物を買う。
昼寝をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、読書をしたり。

内容は何でも良いです。
ただし、『自分は嬉しいが、自分以外の誰の為にもならない可能性』が高いものを選びます。
「ついでに…」というのはナシ。


とにかく、自分のためだけのプチ贅沢をさせてあげる訳です。
で、心の中で自分に「これを食べようね」とか「お風呂にゆっくり入ろうね」と語りかける。
ここが結構な重要ポイントになります。
「こんな贅沢しちゃいけない!」と思ったら意味がないので、自分に語りかけることは大切ですよー。



人に対して何かを与えられる人というのは、自分の身を削って与えている訳ではないと思います。
自分が満ち足りてこそ、人様に与えることが出来ます。
要するに「まず、自分」な訳です。
自分が苦しい思いをしてまで、他人様に何か良いことをしなければならない、自分を後回しにして良い、という理由はありませんしね。
それが家族間であっても同じことではないでしょうか。


自分がラクかどうか。
楽しいかどうか。
嬉しいかどうか。
ホッとするかどうか。


自信がないのだとしても、生活の中にこの辺りのことを持ち込んでみるのも、面白いと思いますよ。







お友達がマクロビオティック(玄米菜食)の勉強をしているのですが、先日は彼女が月イチで開催しているお料理教室に行って来ました!


最初に、栄養学的な面から行っても和食は大事だよね、といった講義がありまして。
要するに現代は糖質・脂質・動物性タンパク質などを採りすぎている、ということです。
この辺は、小学校~中学校の家庭科などでやったことですが、考えながら日々の生活をしたいですね、ということで。


お料理といっても殆どは下ごしらえが済んでいて、混ぜるだけだったりという、簡単なものでした(笑)。
作ったのは、ひじきとプルーン(ペースト状になっています)のおにぎりと、すいとん風の味噌汁、豚しゃぶと温野菜のサラダ。


73.jpg


意識的にこういった食生活にすることって大事ですよね。



私は以前、東城百合子さんの本を何冊か読ませて頂いたことがあるのですが、東城さんは長い間、食生活の指導を行っていらっしゃいまして、大変参考になる本が何冊もあります。
もちろん、洋の東西を問わず、様々な考え方ややり方があるということを知ることが大切です。
添加物や色々な混ぜ物も良くはありませんが、まず何であってもご縁があって自分の元へ来た訳ですから、深く感謝してありがたく美味しく頂くことで、その人の血となり肉となってくれます。
あまりチクチク神経質になると、逆に病気になっちゃいそうですし(笑)。


そういった基本は忘れず、栄養学的にも大事な所を学べますので、オススメですよー。




薬草の自然療法―難病も自然療法と食養生で治そう薬草の自然療法―難病も自然療法と食養生で治そう
(1988/10)
東城 百合子

商品詳細を見る



心を育てる子どもの健康食心を育てる子どもの健康食
(2001/11)
東城 百合子

商品詳細を見る



食生活が人生を変える―細胞が活気づく“自然療法”の知恵 (知的生きかた文庫)食生活が人生を変える―細胞が活気づく“自然療法”の知恵 (知的生きかた文庫)
(2002/10)
東城 百合子

商品詳細を見る



家庭でも採り入れられる所を採り入れて、楽しんで健康になれれば良いですよね。



本日は江ノ島でワークショップを行いました。

半年に一度は、このようにいつもの倍以上の時間を使って、自分と向き合う時間を取っています。
参加して下さる方々には、毎月本当に感謝で一杯です。
前日の雨も、朝には綺麗に上がって、ありがたいなーという気持ちです。



74.jpg



いつも会場を提供して下さる、Sept-laniさん、ありがとうございます。
まるで我が家のようにリラックス出来る、居るだけで癒されるような素晴らしいサロンですので、アロマやヒプノ、各種カウンセリング等を行っている方には本当にオススメですよ!


リーディングの実践を参加者同士でやって頂いたり、瞑想したり、チャクラのお掃除をしたり、徹底してリラックスをしたり…ということをしているうちに、時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
「面白かった」「楽しかった」「気持ち良かった」というご感想を頂き、ありがたくも嬉しい気持ちで江ノ島を後にしました。



75.jpg



少し雲はあったものの、美しい夕焼けが望める絶景は相変わらずです。
小さなことかも知れませんが、行き帰りの電車は全て座って移動することが出来たのも、ありがたいことです!
半期に一度のワークショップはちょっと荷物が多いので…(笑)。
私も沢山のエネルギーを頂いた、ありがたいことずくめの一日でした。



7月は17日(土曜)に飯田橋でワークショップを開催しますので、是非いらして下さいねー!




秩父に用事があり、初めて行って参りました。



目的地は三峯神社です。
三峯神社は修験道が盛んだった関係で、今でも社殿にそういう特徴が色濃い印象でした。


特徴としましては、お使いが狼(大神)だということです。
三峯山中が、絶滅したニホンオオカミの生息地だったことが由来のようです。
神社って土地によって、お使いとされる動物が違ったりして面白いですよね。
春日大社は鹿だし、熊野は鴉(ヤタガラス)など、その土地柄が反映されているのだと思います。



67.jpg


鳥居手前に狛犬が居り、これが狼なんですよね…。
売店にも狼グッズが沢山ありました(笑)。




69.jpg

カラフルで鮮やかな社殿です。
土曜でしたが、人はそれほど訪れておらず、という感じ。
ささっと参拝します。

因みに、神社やお寺でお賽銭を入れる時、投げるのは駄目ですよー。
人に向かって投げ付けているのと一緒で、大変な失礼にあたります。



境内からすぐの所に、立ち寄り湯なんかも併設されていましたので、案外ゆっくり楽しめるかも知れません。
今回は着替えなどを持たずに参拝したので、直ぐに失礼しました。




68.jpg


境内の休憩所(喫茶室)でお茶を頂いた時、焼き菓子が付いて来たのですが、これが何とも美味しくて。
これだけ買って帰って来たかったなーと…あったのかな? なかったようにも見えました。

喫茶室は思いの外満席でして、集団参拝の人達がいらっしゃいました。
個人で来る人よりは、集団参拝の方が多いのかも知れません。




帰路では山梨の方へ抜けて、武田信玄の菩提寺である恵林寺へ。



70.jpg



既に閉館時間だったので、社殿には入れませんでした。
が、ついで参りは良くないと言いますし、これで良かったものと思われます。
庭園が綺麗に整備されていて、地元の方が憩いの場として使っていらっしゃいました。
また機会があったら訪れることもあるでしょう。




あちこちにあった道の駅も大盛況。
とっても流行ってるんだなあ、と感心した次第です。
私も立ち寄ったイチゴジャムを買って来まして、家で紅茶に入れたりパンに塗ったりして頂いています。
甘さ控えめですごく美味しい!
道の駅に行く用事があったら、売っている物を要チェックです!



終日お天気に恵まれまして、とても有り難い一日でした。


日曜のことになりますが、現在上演中のミュージカル『CHICAGO』を赤坂ACTシアターにて鑑賞して参りました。

実はミュージカルを観るのは、人生でも数回しかない経験でして。
舞台そのものにあまり縁がなかったので、「楽しめるかな?」とか「分かるだろうか」と少しだけ不安でもありました。



結果から言いますと、大変楽しい舞台でした。
日本人の役者・ダンサーだけではなく、外国の方がいらっしゃる?
と思ったのですが、なんとブロードウェイに出演しているアムラ=フェイ・ライトさんが客演しているそうです。
本場の人だったんだ、と驚きました。それはもう、唄もダンスもキレが素晴らしい!

『CHICAGO』というのは、元々ブロードウェイミュージカルで、そこからハリウッド映画にもなって、世界中で公演されて…というものだそうです。
世界各国でロングラン、日本キャストでの公演は二回目という再演。
ということは、世界各地で大変な人気であろうことは容易に分かります。


役者・ダンサーだけでなく、バンドの人達もキャストの一部、といった感じの舞台で、演出が凝っていて、誰でも観て分かる、笑える、楽しめるといった印象でした。
内容はですね、結構お下品かも(笑)。
いわゆる『古き良きアメリカ』という感じではないですが、軽いノリで誰でも楽しめます。

全てのキャストがすごい運動量。圧倒されてしまいます。
隅々まで神経の行き届いた振り付けを目で追うだけでも、プロって凄いなあと感心する他ありませんでした。
休憩20分を挟んで、1時間ずつといった構成のステージですが、よくあれだけ唄って踊ってを続けられるものだなと。
ダンスだけでも、唄だけでも、それぞれ見応えありましたよ!


ビジュアル系バンドのLUNA SEAボーカル、河村隆一さんが結構な役どころで出ていて、ビックリしました。
「あれ?」
と思ってよーく目を凝らしたら、ご本人でした(笑)。
よく伸びる声なので、ステージ向きの歌声だと思いますよ。

上演後、主演の米倉涼子さんと大澄賢也さんのトークショーがありました。
トークショーはこの後、17日の舞台(明日ですね)でも行われるということです。
また、舞台そのものは7月4日まであるので、ご興味のある方は是非とも足を運んでみて下さいませ。



昨日は久しぶりに、なおこさんと渋谷でお会いして来ました。
なおこさんは先日お誕生日だったので、心ばかりのプレゼントをば。

最近の進捗状況等を色々報告していたのですが。
自分の身に起きることや気付いたことを聞いて下さる方がいるというのは、本当にありがたいことなのだなあとしみじみ感じます。



66.jpg


フレンチトーストを頂きました。
美味しかったでーす。




さて、明日12日の20:15から新月スタートでございます。

願い事を書くピンク色の紙のDL、日月院さんで既に始まっていますよー。
http://home.interlink.or.jp/~nitigetu/pink.html

今日は、吉祥寺経由で出かける用事があったので、モーニングセットをやっているお店で朝食を食べよう! と思い立ちました。
急遽、吉祥寺でモーニングセットを実施しているお店を検索した所、以前から時々行っているティーサロンでモーニングをやっているらしいことが発覚。


あれー? そうだったんだ?
ということで、早速そのお店へ行って参りました。



64.jpg



モーニングセットは525円。
厚切りバタートースト&ジャム(複数の中から選べます)&ゆで卵&ポットサービスの紅茶がついて来ます。



紅茶はアッサムをチョイスして、ミルクで頂きました。
他にも5種類くらいの紅茶があり、ハーブティーも選べるようでした。
紅茶派の私には嬉しいお話です。
ジャムは苺と、お代わりの時にブルーベリーを選びました。

そうそう、トーストのお代わりが出来るのです。
モーニングは朝9時スタートで、トーストお代わりは11時(かな?)まで出来るらしいので、ゆっくりたっぷり食べたい人には宜しいかと思います。
私は二枚でお腹一杯でした…なんせ厚切りだったので。
ゆで卵も大好きなんですが、固ゆで卵ってお腹に溜まりますよね!
たっぷり2杯以上入った紅茶を一緒に頂くことで、朝のお腹は大満足でございます。


9時半頃にお店に着いて、食事をしていたのですが。
地元の奥様方が朝早くから集まったりしていて、あっという間に満席になっていました…。
店内は座席数もあまりないため、昼以降は混雑して並んでいることも多々あります。

朝から美味しい紅茶を飲みたいな、という方はお勧めですよー。
何しろお値段が激安です! 通常メニューでは、紅茶単品でもこのお値段では頂けません。
でも出来る限り10時頃までに入った方が良さそうです。
駅からは5分弱歩きますが、朝ごはんには穴場のスポットでした。





ティーサロン G-clef(ジークレフ)

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-4
0422-26-9239

営業時間 12:00~20:00

日曜営業
定休日 年末年始



頂き物

  • 2010.06
  • 07

Edit229

これ、アップルパイです。


63.jpg



我が家の近所に、全国展開している結構有名なレストランがあります。


今朝まで3日間ほど、体調を崩して寝込んでいたのですが、流石に何かを食べないと体力が戻らないと思い、買い物に行きました。
閉店ギリギリに行って、「これとこれとこれください」とお願いしました所、何故かホールのアップルパイをサービスして頂いたという(笑)。

いやいやビックリしました。

確かに長年通っているお店ですので、店長さんや店員さんが変わっても、何となく覚えられて来たのですが…流石にワンホールのパイをサービスして頂けるとは思わず。



御厚意で下さる物をお断りすることは出来ず、「ありがとうございます」と頭を下げたのですが、とっても嬉しかったです。

『申し訳ない』
とか
『何も返せなくて悪い』
ではなくて、
『ありがたいなあ』
と思ったら、またそのお店で買い物をすれば良い訳です。

元々とても罪悪感の強い人間でしたので、『正当な理由なく受け取れません!』的な思考があったのですが、気持ちを受け取ることは大分慣れて来て、物理的に何かを頂くことに現在チャレンジが続いているのだなあと思います。
変な話ですけどね、物を貰うことにチャレンジって(笑)。
でも、正直な書き方をすると、そういうことになるんだろうな…と思います。


気持ちがあれば行動が伴うと思いますし、有り難いと思えば次回以降に何らかの行動でお返しすることになりますから、相乗効果で更に関係性が良くなるかも知れません。
そういったことを、改めて考えさせられた出来事でした。



そういう訳で、アップルパイを頂きながら体調回復に励んでいたというお話です。




以前ご近所さんだった方が入院中で、身の回りのお世話をするため、週に2回ほど某大きな病院へ通っています。



大きな病気をするということは、やはりご家族もご本人も心細いものです。
あくまでも出来る限りのことでしかありませんが、ちょっとしたお手伝いをしています。
私が生まれた時からお付き合いがあった方ですし、親戚のような感覚ですね。
顔を見せるだけでも、嬉しいと言って下さるわけですから。



ところで、人間というのは体力が落ちるほど、人の本心に敏感になるものなのかな、と私は考えます。
昔、亡くなった母が病床にあった頃、お見舞いに来たいと言って下さる方を「会いたい」「会いたくない」と選り分けしていたことを思い出します。


その基準は何だろうと思って尋ねたところ、曰く『二心(ふたごころ)があるかどうか』らしいです。
実際どうなのかは知りませんが、母は血が繋がった人間であっても、真心がないと直感した相手とは会わないようにしていました。


『お見舞いしておいた方が世間体がいいから』
『顔だけ出したという義理を立てるため』
という人や
『今、死なれたら自分が困る』
といった考えがどこかにある場合、お見舞いをお断りするよう言われていました。



死の床にあった時ですから、殆ど体を動かすことも出来ず、喋ることがやっとといった感じでした。
だから、人と会うというのは相当な負担だったと思います。
それでも、気持ちがある人には会いたいと言っていましたから、言葉や形以外の何かを感じ取っていたのだと思います。
行きたくて行くのか、本当はいやだけど行かなきゃいけないから行くのか。
そういうことって、人には伝わってしまうものですよね。


今の自分はどう映っているんだろう、と考えます。
なので、シンプルに『お見舞い』と『お手伝い』に行こう! と一回ずつリセットしながら、足を運びたいなと思います。
「でも○○だったらどうしよう」
「だけど○○だし…」
といった余計なことは考えない。
考えてしまったら手放したりしながら、行動することが大事なんだなと。


だけどそれは、何に対してもそうなんですよね。
何のためにその行動を選ぼうとしているのか、余計な思考で誤魔化したりしていないのか。
一瞬一瞬、自分を正面から見つめるということを、出来る限り続けようと思っています。



プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、最新記事近辺を幾つかご確認下さいませ。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi