resonance

Entries

Date : 2010年05月

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2017年8月13日・9月3日・10月8日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。全て11時~15時です。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

生活している上で、自分が感じたことを、相手の言語に直して伝えるのは難しいなあと思うことが時々あります。


例えば、セッションをしている時に、ふとインスピレーションが来たりする訳です。
或いは、その人を守っているスピリットが何か象徴として見せてくるものがあったりします。

私の場合は明確な単語や言葉として受け取ることが非常に少なくて、謎の図形だったり、一見全く関係ないと思われる何らかの物であったり、人であったり、色であったりと、色々な姿で何かを提示される訳です。
自分としては感覚的に「なるほど」と思って納得する場合もあるし、「なんじゃこりゃ?」と首を傾げることも多くあります。

まず自分で理解するのにステップが必要で、「こういうことかな?」「いや、ああいうことかな?」と様々な可能性を一つずつ当て嵌めて、一番ピッタリ来たと感じるものが最終候補になります。


それを今度はお相手に伝えないといけない。
自分が分かる表現でも、相手には全くピンと来ないものは多くあるし、一つの単語でも様々な解釈があります。
だから、色々な角度から色々な表現で伝える必要がある。
その人に理解出来たとしても、それが元のイメージからかけ離れたら、もっと意味がない。
じゃあどうしよう…という摺り合わせが毎度行われるわけですが、やはり人それぞれ経験は違いますし、伝え方のクセ、受け取り方のクセというものがあります。

それと、「その時分からなくても良いこと」だってあります。
何年か経って、唐突に「あ」と気付くことってありますよね。


そういうことで行き詰まったことも多くありますが、結局は自分が色々な体験や経験をして、それを一つずつものにしていくしかないんじゃないか、という所に落ち着きました。
それでも毎日「果たしてこれでいいものか」という疑問はあります。
だから、なるべく沢山の人の話や言葉を聞いたり、採り入れたり、自分でも使う練習をしたり…ということが必要なんだなと思っています。



色々な可能性を日々模索して、体験することが、コミュニケーションの向上に繋がるかも、と思っているのです。







58.jpg


本日は、荻窪でランチをしてきました。
花咲きオムライスとエビフライです。
エビフライを食べるのは久しぶり…美味しかったです。




家を出る前に、多少時間的な余裕があると調べることがあります。
その日のファッションに採り入れる色や食べ物などは、気学を参考にしているのです。
そのために、ハッピーエナジーさんのトップページにある、『今日のハッピーエナジー』を見ています。

あ、もちろん毎日じゃないですよ。
例えば「どうしてもこれを着たい」とか「これを食べたい」って日もありますし。
ダラダラと家に居る日もありますしね。
逆に、「なんか気が進まない」ってこともあったりしますから、参考にと言ってもかなりゆるい感じです。
な~んとなく見て、な~んとなく参考にしています。
『ちびちびと開運要素を採り入れよう』という心持ちで見ているという程度です。


今日は一白水星の気を採り入れたらラッキーな日、と出ました。
なので、その象意の中に含まれる、『皮や衣のあるもの』を食べようと思って家を出たんです。
パッと浮かぶのは、天麩羅とか唐揚げなどですね。
そういうこともあって、今日はエビフライの乗ったランチに決定。



さて、ここでご注意。
何事もそうなのですが、何かで『こうすると良い』という情報を知った後で、「あれを食べなきゃ!」「あの色を着なきゃ!」と焦ったり、「ああしないと運が良くならないのだ!」と自分を追い込むなら、やらない方がいいですよ。
やっぱり、そういう考え方だと自分が苦しくなるばかりですから。
気が乗らなくて適用出来なかった時に、「出来なかった」と落ち込んだり、罪悪感を生むなら、最初からしない方がいいんじゃないかーなと、私は思います。
そういう小さな苦しみの積み重ねが、後々自分の人生を辛いものに仕立ててしまいます。
毎日のどんなに小さなことでも、苦しいことは生まない方がいいのです。

真面目な人ほど自分を縛る傾向が強いので、時々ご自分を振り返ることをお勧めします。
あ、そうそう。
くそ真面目とか生真面目と言われる人は、どれだけ頑張った所で自分を責める傾向が強いので、間違っても『私は真面目です』と思ってない場合が多いです(笑)。
あくまでも目安ですが、『頑張ります』『しなきゃ、やらなきゃ』が口癖の人は要注意です。
そういうタイプの方は、何かを外部から採り入れるよりも、『ゆるされています』を沢山心の中で唱えることの方がお勧めです。



開運行動も、『楽しんで』『適当に』やる。
どっちでもいいけど、気が楽だからとか楽しいからやる、という姿勢の方が色々スムーズに行くものですね。




漉油…なんて読むでしょう?



正解は『コシアブラ』です。
まんまですね(笑)。
でも、漢字だけポンと出されると、一瞬詰まっちゃいます。


お友達が教えて下さった所によれば、コシアブラは『山菜の女王』とまで言われているそうです。
天麩羅にすると美味しいよ、との情報でした。
すごい…女王なら是非食べてみたい…。


と思っていたのですが、そのお友達が天麩羅にしたものを分けて下さいました。



漉油の天麩羅



見た目は本当に山菜の天麩羅ですね。
たらの芽の天麩羅も大好きなので、とーっても楽しみでした。

お塩で頂くことにしたのですが、これがまた大変な美味で。
天つゆより塩の方が合いそうです。
って、私は天麩羅を食べる時は大概お塩なんですけどね。


初めて食べましたが、癖になる美味しさでした。
えぐみも殆どなくて、コクがあるのです。
おいしい! これはおいしいー!
と一瞬で食べ尽くしてしまったという…(笑)。


一般的に天麩羅にされることが多いそうですが、その他、おひたしや炊き込み御飯、和え物などに適しているそうです。
東京では、なかなかお目に掛からない食材だと思います。
旬の食材を食べるというのは健康にも良いそうで、とってもありがたい気持ちになるものです。



本当に美味しくて、大満足です。
ありがとうございました!


こちらは先日のランチ。
スープはお豆たっぷりのジェノバ風。
パンはプレッツェルといって、ドイツパンの仲間です。
うーまーかーったーーーーー。


52.jpg



その後はロイヤルホストのパンケーキを食べに行ったり。
パンケーキとホットケーキ類が大好きでございます。


53.jpg



食べてばっかりな気もしますが、きっと気のせいです。




で、今日は用事があって三鷹に行ったんです。
滅多に使わないルートで移動した所、バスをうっかり乗り間違う(笑)。
遠回りでてくてく歩いている途中に、『トリアノン』を発見しました。

私が知ってるトリアノンは高円寺店です。
大昔、同級生がアルバイトしていたのでよく覚えてます。
もしかして三鷹が本店なのかな?
懐かしくて(といってもこちらは初ですが)、中に入ってケーキを頂くことに。
こちらは喫茶スペースがあるのでオススメですよー。



54.jpg


ショートケーキを注文したら、お皿にデコレーションをして下さいました。
こういうのサービスは嬉しいですよね。

ショーケースにはケーキが沢山並んでいて、うっとり。
ケーキも大好きでして…あはは。
心の中で「君達は本当に可愛いね。みんな連れて帰りたいくらい可愛いよ!」と言っていたのはここだけのヒミツです。
ケーキを可愛いと思うのは、作っている方が一所懸命だからかも知れませんね。


知らない道で発見するお店に入るのって、楽しいですよね。
更に美味しかったりすると、更にお得な気分になります。



美味しいものを食べられる生活に感謝! ですね。


先日、きとりかさんの電話セッションを久々に受けました。
このセッションはフラワーフォトセラピーといって、5000種類以上のお花の写真を使ったものです。
私がこれまで、様々なセラピーやセッションを試して来た中でも、特にユニークな印象や感触があります。
気軽に購入したり、プレゼントにも最適なプチサイズのお試しセットがございますので、ご興味のある方はこちらからどうぞー。



さて、そのセッションでツインソウルという単語が出てきました。
久しぶりに聞きました。ちょっと忘れてた(笑)。

以下、ツインソウルとは? はて? という方の為の解説。
因みに、私の主観ですので信じなくてもいいですよー。
単純に「こういう説もあるらしい」程度で読んで下さい。




ソウル(魂)の成長の為に、我々は肉体を持って生まれて来ます。
学ぶ為に、役割を替えながら、様々な体験を通して勉強をするわけです。
例えば、今生で親と子でも、前回は夫婦だったり、敵同士だったり。
あらゆる人種や性別、環境や身分、その人生を体験することで、気づきを得たり理解を深めるという作業を延々続けている…というのが、転生論で多くある考え方です。

その勉強をするにあたり、我々はソウルグループというものをゆる~く形成して転生を繰り返します。
何となくレギュラーの参加メンバーが決まっていて(完全に固定という訳ではありませんが)、上記の役割を替えながら色々な人生をやっているという。
我々はある劇団に参加している役者であり、毎回違うお芝居を上演している、というのにも似ています。
だから、自分の周りで特に縁のある人は、前回や前々回、そのまた前の人生でも顔を合わせている場合が殆どです。

関係の善し悪しに関わらず、家族や古い知人関係をやっている人達というのは、大概何処かで会っている可能性が非常に高いと思って頂いて宜しいかと思います。
何のためにレギュラーがあるかというと、ゆるしたり愛したりということの理解を深めるためです。
ゆるせない相手に関しては、今回ゆるす作業を完了出来なければ、また来世! な感じで縁が切れません(笑)。
こういう人間関係のいざこざは、自分で仕組んでいると思った方が良いです。
何事も相手のせいではないのだ、と完全に理解するまで転生を繰り返します。



さて、ソウルメイトという言葉もあります。
上記のレギュラーはみんなソウルメイトです。
更に魂のお友達、仲間という解釈をするならば、今生ですれ違う人達は全てソウルメイトです。
『袖すり合うも多生の縁』という言葉がありますね。昔の人は偉かった。

通称・兄弟ソウルメイトといって、ソウルメイトの中でも特に仲良しで、助け合うご縁を繰り返す間柄もいます。
これもやはり、年齢や親子・兄弟・友人知人といった関係性に左右されない、有り難いご縁です。



で、ツインソウルです。
おおざっぱに説明しますと、元々ひとつだったものがふたつに割れた。
で、別々の魂として転生を繰り返しているが、元はひとつだったので魂の双子みたいなもの、という捉え方をしています。
とはいえ、魂は一個・二個という数え方が出来るような、有形のものではないのですが(笑)。
言葉で説明するとこんな感じになります。

ツインソウルは自分と波長・波動がとても近い(元は同じ)ので、他人のような気がしない、家族どころではなく、なんだかもう一人の自分を見ているようだ…という感想を抱く人が多いでしょう。たぶん。
なので、同じ時代に生まれて出会うと、強烈な引力を感じたりもします。
が、ツインソウルと出会う=ロマンチックな大恋愛、そして結婚…となるケースは非常に稀ではないかと私は考えています。



セッションの中で
「ツインソウルに出会ってますか?」
と訊かれまして、私はおそらく出会ってますが、相手は結婚してました…と答えました。
「ああ、大体そうですよね」
とお答え頂いて、私はちょっと考えました。
考えればなるほどな、という感じです。


私がツインソウルらしき人と出会った時、奇妙な感触を覚えました。
一目惚れ! とか、そういった激しい感情は全くありませんで。
「なーんか知ってるような…初めて会ったのに全く警戒心が沸かないというか…他人とは思えないというか…自分の身体がもうひとつあるような…おかしいなあ、変だなあ…何だこれは…」
本当に変ですね(笑)。


ツインソウルは男女に別れて生まれてくる場合もありますが、同性や親子で出て来る場合もあります。
時によっては片方が人間をやっている間、ガイド(守護霊的なもの)として守り、導くスピリットを受け持つ場合も多くあります。
家族に生まれた場合は、ロマンチックな大恋愛にはなりようがありませんよね。

そして、他人の男女で生まれてきた場合もまた、恋愛や結婚には発展しない場合が多いんじゃないかと。
魂にとっては成長(理解・愛・ゆるし)が最優先です。
元々波長がピッタリの自分みたいな人と恋愛や結婚をしても、大幅な成長は望めないよなー…と。
だから、敢えてツインの人とはパートナーシップを取らない形を選んで来ることが殆どなのではないかと。


特にツインソウルに幻想を抱いたりはしていませんでしたが(その言葉自体を忘れてましたし 笑)、なるほどなるほどと勉強になった次第でした。
きとりかさん、ありがとうございました!






バタバタしていて全然書いていませんでしたが!







本日、新月です!
10:04から既にスタートしていますよー。









ピンク色の紙がご用意出来る方は、その色の紙に書くと良いそうです。
そうじゃなきゃダメ、という訳ではありませんので(笑)。


ヒーリングサロン日月院さんで、ピンクの紙を無料ダウンロード中です。
お手元にそういった色の紙がない場合、ご利用されては如何でしょうか。




2個以上、10個以下で書きましょう。
自分が納得いく文章になるまで書き直しOKです。
新月スタートから8時間以内(なので今日の場合は18時過ぎまで)に、それが無理なら48時間以内に書いてしまいましょう!





ではでは、素敵な一日でありますように。
ここ数日は、何故か連日ご馳走して頂いている状態です。
大変ありがたいことなのですが、あまりに続くので一体いつまで続くのかという気持ちになっています(笑)。




47.jpg

お昼は友人と地元のフレンチレストランボヌールプラスへ。
魚をチョイスしたのですが、ケッパーのソースが効いていて、美味しかったです。
皮までカリカリにローストしてあって、全部ぺろっと食べちゃいました。
パンもお代わりし放題でお得!




48.jpg

色々と歩き回って、おやつタイムに今度はケーキ(笑)。
こっちは下北沢のサンデーブランチです。




とっても美味しい一日でした。





帰り道に色々と反芻していましたが、これは自分をゆるすスピードが上がっているからではないかと思いました。
色々なことを、有り難く100%受け取れるようになりつつあるのでは? という風に思えます。
「でも悪いから」という罪悪感や「今度は自分が何かしなきゃいけない」という焦燥感もなくて、ただただ有り難いなあという気持ちでいられるというのは、ラクだなーと思います。
勿論、貰いっぱなしで良いのだということではありませんが、頂く時の気持ちが変わったというのを実感します。


更なる飛躍のために、どんどんゆるし続けようと思いながら、帰宅したのでした。



今日もすっきり晴れて素晴らしいお天気ですね。
昨日は少し雨が降りましたが、太陽が顔を出すと有り難いなとつくづく感じます。



さてさて、時折「自信がないからナントカカントカ」という言葉を耳にすることがあります。
私はあまり使わない言葉ではありますが、皆さんがついウッカリ使ってしまう『自信』という言葉の正体は何でしょう。


自分の考えではありますが、


自分が間違ってるかもしれないという怖れ


のことかなと。

「違ったらどうしよう」という不安が拭えない、という状態ですね。


自信がないから、何をしていても常に不安。
自信がないから、変われない。
そんな風になってしまうと。

とはいえ、自信というものはある日突然降って湧いて来る物ではないので、必要であれば身に着ければ良いのではないかと思います。
雨後の筍みたいにニョキニョキ生えて来る物ではありませんから、最初は現状を認める所から。


「自信がない」

とマインドが囁くのであれば、

「自信がなくても良いよ」

と言ってあげる。
自信がある状態=人として正しい状態と思い込んでいるせいで、何となく自分が後ろめたいわけです。


だから、

「自分に自信がなくてもゆるされています」
「自分に自信がないと思っている私はゆるされています」


といった言い方を作って、自分に語りかけ続けることからスタートするのがラクだと思います。


因みに一度や二度言った程度では焼け石に水なので、感情を込めずとも延々と淡々と繰り返すのがポイントです。
何故なら、「自信がない!」という言葉は今まで数限りなく使って来たのですから、それを打ち消したり中和するにはそれなりの回数が必要になるわけで(笑)。
口に出してもいいですが、心の中で繰り返しても同じ結果になるので、どちらでもやりやすい方で。


そんな簡単なことで? と思われるかも知れませんが、とりあえずやってみたら宜しいかと。
だって、これならいつでも出来ますよね。
オススメですよー。


GWは毎日快晴が続いて、行楽を楽しむ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
晴れて良かったですよねー。
外を自転車で走っていると、日射しは強くても、風は少しひんやりしていて気持ちいい陽気です。




食べたいなと思ったお菓子を、出先で頂いたり。
買おうかな、と思っていた物が手元にやって来たり。

そういうことって、ありますよね。




今日は、「買おう!」と思っていた日焼け止めを頂いてしまいました。
手作りクッキーと一緒に頂いて、クッキー大好きな私は嬉しさ倍増です。
ありがとうございます!


41.jpg


こういうことがある度に、我々は繋がっているんだなと思います。
意識されない部分で、みんな繋がっているわけです。

如何に自分が心を開くか、流れを信頼するか。
それが出来るようになって来る程、共時性(シンクロニシティ。意味のある偶然)が発生します。

他にも聞きたかったことが耳に入って来たり、知りたかったことを教えて貰えたり。
ピッタリ波長の合う人と出会ったり。



しがみついて、コントロールしようとする程、そういったシンクロは遠くへ逃げてしまいます。

「こうなったら嬉しい…けど、まあいいや」

というラクな姿勢、囚われない生き方こそが、望むものを招き寄せる秘訣なんだなと日々思っています。


漸く、季節感を感じられる気温になって来ましたね。
暑いなーと思うものの、例年はもっと暑かったかな? と思いながら、犬の散歩をしていました。



昔、毎日5本立て前後で夢を見ていた時期がありまして、しかも内容を全部覚えているせいもあり、起きると
「疲れた…」
とガックリしてしまっていました(笑)。

なので、「夢を見ると疲れるから見ないようにしよう。というか、覚えてなきゃいいや」と思うようになってからというもの、夢を見ることが激減しました。
当然見てはいるのでしょうが、覚えていない訳です。
なので、起きた時の倦怠感も大分なくなり、今では週に1~2回覚えてるかな? 程度になりました。


『夢をヒントに!』
とか
『睡眠中を利用して目的達成!』
というような、自己啓発とか精神世界の側面から見ると、全く逆を行く人になってます(笑)。

でも、いいんです。
覚えている夢なら、余程印象に残っているということですし。
何時間か経過しても覚えているようなら、ちょびっとメモ。
何よりも、起きた時の疲労が減ったことが嬉しい私でございました。

昨日は珍しくも、ちょっとだけ見た夢を覚えていたので、そんなことを考えながらアクセサリーを作っていました。




さてさて、お友達に頼まれてプレゼント用に制作したネックレス(↓)が完成しました。
オーダーでアクセサリーを作る時は、必ずその人の波長をリーディングします。
現在の状態や、合う石を選ぶ為に、色々と読み取る作業から入ります。
その方にお会いしたことがなくても、私の場合はフルネーム(本名)が分かればリーディングは出来ます。

そんな中、面白いなと思うのが、オーダーする時に生年月日を添えて伝えて来る人が多いことです。
もう、90%超の割合(笑)。
なぜ皆さん生年月日が必要だと思っているのか、不思議だなーと思います。
ただ、西洋占星術などで合う石を見つける手法なんかもありますし。
そういうイメージが刷り込まれているのかも知れないですね。


石の話。
人によって、合う石とそうでない石があるようです。
『恋愛運を!』『金運用に!』『仕事運上げて!』
といったご要望を聞くことが時々あります。
でも、そういったあるジャンルに突出したご要望には、なかなかお応えしづらいのが現状です。

というのも、その人の波動・波長自体が上がってしまえば、自然にどのジャンルの出来事もスムーズに行くようになるからです。
あくまで個人的な捉え方ですが、私は恋愛運・結婚運・仕事運・金運といったものは別個に独立したものではない、という風に考えています。

そういう訳で、作る時は『その人の波動・波長をちょっと底上げ』するイメージで。
応援してくれたり、落ちそうになったら引き上げてくれたり。
基本的にノンポリですが、心強いお友達…といった感じで制作することを心の中に留め置いています。




リーディングしていると、その方の好き嫌いに関係なく、石そのものや、色やグレード(これも少なからず関係あるようです)が色々浮かんで来ます。
ただ、グレードなんかを完璧に考慮してしまうと、価格がとんでもないことになるので、とりあえずグレードは後回し(笑)。

でも、見た目は綺麗な方がいいですよね。
だから出来る限り、手を尽くしています。



アクセ


綺麗な物は、喜ばれる為に存在する。
我々も、そうありたいものです。




プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

旧blogタイトルは『気づきのステップ』。

■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロット&オラクルカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



癒されています
愛しています
愛されています
ゆるします
ゆるされています
ありがとうございます

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi