resonance

Entries

Category : from Sachi

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2018年3月18日・4月15日(全て日曜)
 の開催が現在確定しております。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

寒~い大晦日、あと僅かで2017年が終わりを迎えます。
コンビニのおにぎりを美味しく頂きながら、本年最後のblog更新です(笑)。



本年も大変お世話になりました。皆様とのご縁に深く感謝致しております。本当にありがとうございます。
皆様の今年はどのような一年でしたでしょうか。


私は奇跡のコース/ワークブックが2周目に入りまして、一年前と全く同じ日に同じレッスンをする、という体験を日々しております。
一年前の同じ日も、全く同じ文章を読んで同じレッスンをした筈なのに、
「うわ、何これ! え! 全然気付かなかった!」
という驚き体験の連続です…一年前は一体何をしていたのか自分(笑)。
自分の思考に、あまりにも無頓着に生きていたなーと反省しきりです。
多分、3周目に入ったら入ったで、また(自分の無頓着さと気付かなさに)驚くんだろうなーと遠い目で明後日を見ております。

日々レッスンをするというのは、自分の中にある間違った考え、怖れに気付き、手放し続けることの連続であると言えます。
その為には「私が自分でやる!」という自我の出張った状態では不可能なんだなーと思います。
「私が!」と言う時、怖れで一杯で防御している状態なのだということを以前より強く感じるようになりました。
常に、私達の心は『愛』または『怖れ』のどちらかにフォーカスしているのです。
いつでもそのどちらかを選んでいます。そうして選んでいる考えは、怖れが大半なのだということも以前と比べて分かって来ました。


私達が体験している『問題』『不幸』とは、自分の心の中にある怖れに基いた考えの現れです。
だから、問題そのものをどうにかしようとしても、その根本がどうにもなっていない為に、再発する・形を変えて続くといった状況に見舞われます。
なので、自分の心の中を真摯に見直すという姿勢が大事なんですね。
問題を作っているのは自分な訳ですから。

自分だけで頑張る、努力するという姿勢では、怖れを本当に手放すことが出来ないのだと思います。
結果、スピリット(宇宙/聖霊/愛)に助けを求め続けることが必要不可欠です。
つまり「私はいつでも完全に愛され、完璧に守られている。愛によって保護され、一つの問題も無く導かれている」という思考を"自分で・常に"採用し続けるのです。
これが真実である故に、一つも例外を作ってはならない、というのが『コース』の教えです。


けれども、愛を信頼し続けるという、たったそれだけのことがどれほどまでに難しいか、自分の心がどれほどまでに恐怖に貼り付いているのかをレッスンを続ける中で痛感します。
一つ苛々を感じる度に、自分は怖れに目を向けたと気付かなければならず、一つ心配事が頭を過る度に、自分は愛を否定したのだと気付かねばなりません。
愛を否定していると言うよりも、『自分は完全に愛されるに値しない罪深い存在である』という思考を取った状態ですね。

毎日毎日、何度も何度も「ああ~またやったわ~」と呆れ半分で笑いながら、でも以前だったらここに気付かず抑え込んで誤魔化していたなと思います。
一度間違った件は、戻って何度も見直してみようと仕切り直し・見直しを続けています。
10年前の自分だったら絶対に気付かなかったし、出来ない自分に失望して、そのままにしようとしたなと思いますから、亀の歩み以下でも一応進歩している……のか?(笑)



今年、自分の心の中で一番使ったフレーズは「これは何ですか?(何これ/なんじゃこりゃ)」でした。
目の前で起きている出来事、誰かの言動を自分で分かった気になることなく、「これが私の思考の何であるか、教えて下さい。私は何故、今これを見ているのか教えて下さい」という風に助けを求めるという意味合いの言葉です。
自分で物事の意味を断定しないでおく、という風にしておくと、ちょっとしてから「あ…そういうことかー!」という風に気付いたりしてですね、本当に早合点しなくて良かったよーと涙目になること数知れず、です。

スピリットに助けを求め続けると、思いも拠らぬ所から思いも拠らぬ形で思いも拠らぬことが現れるんだなーというビックリ体験も、
「何でも自分で分かった気になっちゃいけないな。プロセスや結果を指定することって意味が無いんだなー」
ということの証左になりました。
ここで言う『結果』というのは『形』のことですね。現象。
これは指定しても幸せじゃない可能性がある為、私は個人的にお勧めしませぬ(無論、駄目とは言いません。個人のご自由です)。

でも、見ている・体験している問題が自分の心の中に端を発していることを認めた上で、「どうかこれを解決して下さい」とお願いするのはアリです。お勧めです。
スピリットが見せてくれる解決とは、幸せ以外のことではないので、任せて安心! です。
…任せられるように自分を訓練する必要はありますが(笑)。



それから、忘れてはならないことですが。
お会いする方々は全て、私の心の中にある思考をよく見せて下さいました。
私の心の深層に隠れていた思考に気付いたことが山程ありました。
抑圧が酷い過去の記憶なんかは、自力では絶対にどう頑張っても見えて来ないものばかりですが、本当に有難いことに他人様が見せて教えて下さるのです。

それらを見てはスピリットに助けを求め、一つずつ認めて手放すプロセスを行っています。
それはこの記事を書いている間も続けています。この先もずっとそうでしょう。



私は毎日、自分の心の中を見ている。
自分の思考を見ている。
自分が抱えている間違った考えを手放す為に、見せて頂いている。

それを、これまで以上に強く感じた一年でした。





また、11月初頭に母方の祖母が逝去致しました。90代の大往生でした。
失礼ではありますが、年明けのご挨拶は控えさせて頂きます。


皆様、心も身体もポカポカに暖かくしてお過ごし下さいませ。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



大分気温が下がって参りましたねー。
気付けば11月も下旬に入りました。もうすぐ12月! ですね!
皆様、暖かくしてお過ごし下さいませ。



普段、何事も無くルーティンで生活している折には意識されませんが、私達は心の中に『自分は無力である』『自分は足りない人間だ』『自分は無価値だ』という思考を抱えています。
そんな中、非常事態が起きたりすると、それが目の前に突き付けられたように感じるのです。
そうして、弾かれたように動き出そうとします。「どうにかしなきゃ」と。

何をどうにかしなきゃいけないのかと言うと、このずっと隠していた無価値で無力な自分を、それによって感じている疾しさや後ろめたさを誤魔化さねばと思う訳です。
自分だけでなく、誰か(家族や近しい人)が大変な状態である時もそうです。
「役に立たねば」
「何とかしてあげなきゃ」
と焦ります。


でも、大体どうにかは出来ません。
何かを肩代わりしたり、引き受けたりするという『形』に纏わることは、何か出来るかも知れない。
でも、その行動の背景にある「自分はどれだけやっても足りないのだ」「こんなことしか出来ないのか」「こんなに酷い」という自分に対する思考自体はそのままなので、苦しいと思います。

その苦しみから逃れたくて、またその自分を責め苛む考えに操られて衝動的に行動してしまうと、結果は動機の通り…つまり自分が苦しむ、自分の足りなさを嘆くという結果を体験します。
後ろめたい気持ち、無力感を穴埋めしようとする時は、フォーカスしている先が無力感や疾しさですから、見ている通りの結果を私達は体験するんですね。
何故なら、心(思考)が見ている先に向かって私達は進み、心の通りの体験をするからです。
それが物理的な現象であってもそうだし、精神的な状態でもあっても全く変わりません。


こんなことも出来ない。
こんなことしか出来ない。
私はこんなに足りていない。

ということが事実として認められない時、そんな価値の自分が後ろめたいあまり、それを誤魔化そうとします。
外側を動かそうと躍起になったり、人を助けたくなったりしたら、実はその背後には自分に対する無力感、無価値観と裁きの思考が隠れている。
この、自分では未だに認められないことを、他人様や外側の何かを使って誤魔化そうとしている。
動き出そうとする前に踏み止まって、それを疑いたいと思っています。


「何とかしなきゃ」
と言う時、焦っています。何故焦っているのか。
状況は幾らでも出て来るでしょう。
だって時間が無いし。だって今こんな非常時だし。他にやる人が居ないから。

でも、本当は『こんな状況・状態を目撃・体験してしまった自分の価値』『何も出来ない、足りない、何が出来る訳でもない自分』から目を背けたくて焦っているのです。
そのままにしておくと、何かとんでもないことになってしまうに違いない。という大きな恐怖に飲み込まれて怯えているのです。


過去を振り返って自分の反応やその前後関係を見直すと、大体そうだったなーと思います。
私はそういう、何も出来ない自分が、何の役にも立たない自分が非常に疾しかったのです。
そのままで居るなんて、とてもとても恐ろしくて出来ませんでした。
こんな酷い自分をそのままにしておくことなんて、とんでもない。何かしなくては、と。

「何も出来ないんです。だから何の価値も無いんです。そんなの嫌だから、何か価値を付けなくては」
「何か出来ることがある筈だ!」
ではなく、『何も出来ないな~』というのがもしも本当の事なら、
「確かにな~。本当にそうだわ」
と頷くだけです。だって事実そうなら、ただもうそれだけですよね(笑)。
仮に何か出来そうなことがあるのなら、それを粛々とやる。ただ、やる。以上。です。

私の場合ですが。
「それが事実だったわ。そういえば私はずっと、元々そうだったもんなー。出来ることは無いけど、あってもこれ位ですかねー」
と気が付いてから、以前のように「なんでこんなに何も出来ないんだろう」と自分を裁いて苦しむことが大分減りました(ゼロになったと言う気は全然ありませんけども)。


『自分はこんなに足りない。なんて無価値なのだろう』
という思考を使っていると、幾ら何をやっても「自分は足りない。無価値だ」とリピートし続けます。
「何かもっと出来ることがあったんじゃないか」
「あれではダメだったのではないか」
という台詞が、ずーっとぐるぐるします。
これ以上出来ない、と思う程にやっても、足りなさを責め続けます。

その思考に出口はありません。
やってもやっても、苦痛は減りません。別の手を使っても、別のことをしても、変わりません。
自分の心を見よう、本当のことを見直そうとしない限りは。



良い悪いのジャッジを挟むこと無く、ただ「そうなんだな」と事実をそのまま受け止めるというのが、実は我々にとって一番難しいことのように思います。
特に、自分についての事実ですね。
自分を何者だと思っているか。自分にはどんな価値があると思っているか。
既に自らがその考えを持っていながらにして、それを見ることを厭うあまりに、様々な問題を起こしたり、苦しんだりします。

怖れて逃げ回るのではなく、抑え込み誤魔化すことに労力を費やすのではなく、ただ
「ああ、そうなんだな。事実こうだな」
「私は自分のことをこんな風に思っていたんだな」

と素直に見つめ、認めることを心掛けて行きたいと日々思っています。




東京は、ここ数日すっかり気温が上がって参りました。
ぼちぼち桜も咲き始めたようですが、今日は雨でよく分かりません(笑)。

春は色々なことが切り替えのシーズンでもありますね。
スッキリした気持ちで新年度を迎えたいものです。


毎月のワークショップは飯田橋で開催しておりますが、飯田橋には近年縁結びで有名な『東京大神宮』という神社があります。
会場から大変近い場所ということで、先日のワークショップ前にお参りして、土地を使わせて頂いているお礼をしに行きました次第です。


午前中でそこまで混雑していなかったことと、お天気にも恵まれましたことで、気持ちの良い参拝日和となりました。






先にも書きましたが、縁結びで有名になっている関係で、縁結びのお守りがずらりと並んでおります。
ノーマルスタンダードなデザインから、女性が好きそうな可愛らしいデザインまで、お好みの物をチョイス出来る仕様です。


色々な方が色々な気持ちで参拝されることでしょうが、その時の自分の姿勢や意識、目的(動機)が結果に反映されるのは何でも同じです。
可能であれば、気持ち良くお参りしたいものですよねー。


数人でご一緒したのですが、その時にそれぞれが引いたおみくじが面白く、また内容に対するリアクションで、その人の意識の方向性を垣間見ました。
みんなで読みながら、爆笑しまくりました(笑)。



このお近くにお寄りの際は、参拝されてみては如何でしょう。







2017





明けましておめでとうございます。
心の平和と沢山の喜び溢れる一年へ、意識の目を向けられますようにお祈り致しております。





本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます♪





今日で今年も終了ですねー。
あと数時間で年が切り替わります。


私は昨日まで個人セッションをさせて頂いておりました。
日常の中では、【奇跡のコース】のワークを一日一レッスン行う、という継続作業をしています。

継続してことを毎日行う、という生活もあってか、特別に新年になるというような感覚がほぼありません。
でも、お正月のお飾りを見たり、あちこちで年末年始ならではの光景を見ると、「そうなんだなー」と思います。



私の個人的な観点から行くと、自分の一年は『内なる声』に意識を向け直し続ける年であったように思います。
普段"自分"だと思い込んでいるものは自分では無い。
これまで思い込んでいた自分自身とは、一体何であったか。
【私】とは何か。
そういった根本的な土台について、幾度も振り返り続け、見直し続けていました。

過去の出来事についての整合性がやっと取れて、物凄くビックリしたこともあります。
「あ、あれはこのことかー!」と、15年以上前から不思議だったことの理由がやっと判明、とか。
そうすると日頃は時系列順に出来事が起きるような気がしているだけで、実は"時間"は存在しないのだなーとか、全ては同時に起きている、というのがやっぱりそうなんじゃ…と思ったりもしています。


全ては同時に起きている。
私の周りで、ではなく、私の内側で。
それを毎日確認しては、自分を不幸に留める思考を手放し続ける。
結果、幸せを体験するスペースが増える。
自分を見つめ直す地道な努力は、確実に実を結びます。
自分の人生を作っているのは、自分の心(顕在意識、潜在意識、魂)だからです。

何故私はこのように思うのだろう。
どうして私はこれを嫌だとか、好きだとか言っているのだろう。
これが欲しいと思う理由は?
これが目の前で起きているのはどうして?

私は何故、私はどうして、私は何の為に。
この繰り返しですねー。

今日も一日、我が内側を見つめます。
明日も一日がそうでしょう。
そうして、訪れる理解に感謝することと思います。



拙いblogですが、今年もお読み下さいました皆様には心より感謝申し上げます。
何か一つでも、理解のヒントになりましたなら、大変嬉しく思います。

今しばらくは、個人セッションワークショップも継続するかと思います。
来年、お目に掛かる機会がありましたら、何卒宜しくお願い申し上げます。


ではでは、光溢れる素晴らしい一年をお迎え下さいませ!




プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
※過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、必ず最新記事近辺を幾つかご確認下さい。
セラピストの基本姿勢、考え方をご理解の上、ご予約願います。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi