FC2ブログ

resonance

Entries

resonance/ライター&セラピストの潜在意識とかちょびっとスピとか現実とか

◆ Infomation

【works】
★ヒーリングセラピー個人セッション
 都内で対面式の個人セッションを行っています。
 幸せと癒し、学びと気付きを得たい方へ、様々に対応させて頂きます。
 潜在意識を日常へと活用することで、より良い人生へ変えることが可能です。
 随時お受けしておりますので、サイトをご覧下さいませ。

★癒しのワークショップ
 毎月一度、都内で女性向けの体験型ワークショップを開催中です。
 沢山の変化・癒し・浄化・成長・気づきを促すテクニックが山盛りです。
 2018年8月19日・9月16日・10月14日(全て日曜12:00~16:00)
 の開催が現在確定しております。
 ※以降の開催は決定次第upして参ります。
 ※それぞれ内容の詳細はサイトをご参照下さい。

明日は終戦記念日ですね。
雷・大雨が通り過ぎまして、それでもやっぱり高温多湿。
過ごし難い感じはします。爽やかな気持ちでいたいものです。



私は自己理解を深める為に、毎日自分を振り返る癖を付けているのですが、時々「あっ」と気付いたことの裏付けを取る為に、他人様の所へ足を運びます。

「何であの時ああいう体験をしたのか」
「その原因は何処にあるか」
といったことを一つずつ手繰っているのですが、自分が勝手に「これが原因の筈だ」ということにしておいても事実ではない為、理解には繋がりません。

理解に繋がらないと、因果関係の解明が出来ず、手放すことが出来ない…ということは、また繰り返す可能性が高いということになります。
それを避ける為、且つ自分の人生の修正を進めるのに、他人様のお力をお借りして検証して行く訳ですねー。



先日、ヒーラーさんにお願いしてリーディングを取って頂いた結果、それまで自分で探った内容は大体合っていたらしい、ということで「なるほど」でした。
元々の特徴なんかを伺って、自分ではほぼ無自覚だったことを言われたり、帰宅後色々とこれまでを見直して、「あー確かにそうかも」と思ったり。
まだ不明瞭な部分もありますが、お伺い出来て有難い収穫は色々ありました。

途中、
「(私の)ハイヤーセルフから『この人は凄く頑固なんで、それじゃなくてこっちからやらないと納得しない』と言われたんですけど」
と言われまして、爆笑しました。

私は
「あー、その通りです。理由と因果関係をはっきり聴かないと、納得出来ないんです」
とお答えしましたら、
「はい、まさに『そういう人だ』って言われました」
という会話に。

その他、
「あなたが男性に対して見切りが非常に速い理由は…」
等ということも言われまして、異性関係のこととかこちらから全然お伺いしなかったんですが(笑)、面白いな~と思いました。
「相手が口を開くよりも先に、相手の感情や思考を読み取るからです。とても離れた場所に居る赤の他人のことであっても、あっちの感情を感知する。普通にしているだけで、受け取る情報量が普通の人の倍あります。本音と建前が違うことも、口だけで行動が伴っていないことも即座に解る上、言動の不一致や口だけの約束、アピールをとても嫌う人ですね。自分が元々、心と行動が一致している純粋な人だからです」
とのことで、まあそうですねーと。…純粋かどうかは甚だ怪しいけど(笑)。



そう言えばハイヤーセルフという概念を忘れていました。
すごーく久々に聞いたので、新鮮な響き(笑)。
ハイヤーセルフの解釈は色々ですが、『奇跡のコース』だと"ホーリースピリット/聖霊"、『ホ・オポノポノ』だと"神聖な存在"と互換性があるかな? と思います(先生によって定義や解釈に差異はあるでしょう)。

私が思う所では、「○○してくれる」とか、一方的に守ってくれるとか、優しく甘やかしてくれる…というものではなく、自分が正直に意識を向けて、自分自身が受け取れる状態になって初めて情報や答えを与えてくれるんだろうなと。
リーディングをする時、個人の潜在意識を読むものと、ハイヤーセルフ等から情報を貰うのとでは、根本的に色々違うんだろうなーと思います。



どちらも訓練が必要ですが、個人的には後者の方が難易度が高いイメージです。
何でかと言うと、そっち(愛)を信頼する方が私達にとっては難しいからです。
過去(分裂した潜在意識/エゴ)を信用する方がラクな気がするんですよねー。

それと、日頃私達は自分の考えで頭がパンパンなので、"受け取る"どころではなかったりします。
振り返ると私は『自分の考えで一杯になっている』ということも分かっていなかったなーと思いますが、常に自分の考えで頭が一杯です。ホントに。


日々自分を内省しつつ、自分の考えを手放しながら、正しいものを受け取れるように自分を整えて行きたいなーと私はうっすら思っています。
適切に答え合わせをしながら、自分を理解して、戻るべき所に戻れることを目指しております~。



もうすぐお盆…もうすぐお盆…ここを過ぎれば折り返し…。
と自分に言い聞かせつつ、暑い毎日を過ごしております。
毎晩梅干しが美味しいです(笑)。




自分の人生に於けるライフイベントを振り返った時、
「『この人生のこの私が新規に体験している』ということは無かったのだ」
と気付きます。
あれもこれもあれもこれも、あんなに辛い思いをしたことも、恐ろしかったり、嬉しかったことも、全部が全部過去の再生で、自分の中にあった情報を見ていたのだと分かった時のヘナヘナ具合と来たら(笑)。

内容は多岐にわたります。本当に色々ですが、怪我や事件もそうですし、人間関係や様々な状況も全部です。
失恋とか、転職とか、そういった出来事も、過去の再現でした。ええ。
何故再生するかと言うと、完了していないからです。
正しい終わり方、落としどころに持って行かれなかった為、記憶として蓄積されていて、ちゃんとゴールさせない限りは無限に繰り返すことになります。
ゴールは『正しく完了させる』こと。『腑に落ちる、納得する終わり方』です。




ところでこのライフイベントですが、規則性があります。

1)過去の自分が犯した間違いをもう一度浚ってやり直し
2)過去の自分が犯した間違いを、前回は加害者だったので今回は被害者として体験
3)先祖がやらかした間違いを、子孫の自分が再現・再生
4)その土地や建物やモノの未浄化の記憶を自分が再現・再生


大体こんな感じです。

1は、この人生または過去世と呼ばれる記憶の中で、自分が間違った考えを持った為に辿ったルートを再体験。
2は、自分が間違った考えを持ったことによって、悪影響を与えてしまった相手側の立場や状況や気持ちを追体験。
3は、先祖バージョンです。親の因果が子に報い的なものですが、下手をすると問題を作った先祖が自分だったりする場合もー(その家系の子孫に生まれて来て、回収する人が居たりします)。
4は、よく事故が起きる場所とか、テナントが居付かないビルとか、身に着けると不幸になる何々とか、そういった形で発現します。


このどれに当たるかはその人のその出来事に依ります。ものによる。
が、共通しているのは全て『過去のトレース、再生である』ということです。



私達は出来事として体験・目撃しなければ、
「自分の中にこんな記憶、思考、過去があるのだ。私はこれを抱えているのだ」
とは気付きません。
なので、修正のプロセスを歩む中、私達は問題を数多く体験することになるということです。
別に修行の為でもなければ、神様からの試練でも何でもないのです(修行説が好きな方はその信念に沿って、多数の問題を体験すると思われます)。

毎日の生活をしていると、"今のこの肉体の自分が、この出来事を新しく体験している"かのようにいつも感じる訳ですが、全然そんなことは無いんですね。
自分の中にあるからこそ、それが見えると。
そう考えると、人によって、例えば同じ家に生まれ育った兄弟でも、全く違う人生を歩む理由が何となくでも分かります。
どういったドラマ、ストーリーと繋がっているかは、個人によって全然違うからです。


体験しているまさにその時は、「ええええ何で!?」と混乱したり、怒り狂って喚き散らしたり、不安で居ても立ってもいられなかったり、ショックを受けたり、打ちひしがれたり、有頂天になったりと忙しいでしょうが、この反応している状態に注目したいです。
これ、今の自分が反応しているのではなくて、過去の記憶なんです。

過去の記憶は、ちょっと分かりにくい形で再現されることも沢山あります。
例えば、『お金に困っている』という現象を体験しているとしましょうか。
この時、どんな気分、どんな気持ちか、頭の中で何を言っているかを注意深く見て頂くと良いでしょう。
実際、元ネタにある過去の情報が『お金』に関連していない可能性も大いに有り得るということです。


例えばここで嫌~な気持ち、怖いとか、不安で…という気持ちになっているとしたら、全く同じ気持ちになるような何かが、過去にあったんです。
「お金は関係無いかも…どっちか分からないけど、少なくともこういう気分になるような何かがあったらしい」
という受け止め方をされたら一番良いと思います。
勿論、現象ごと完全再生している場合も有り得ます。
とは言え、「全く同じ出来事があったのだ」と限定しないで、「何らかの元ネタがあって、この辛い気持ちを持っているようだ」と想定しておく、ぐらいの緩い感じで見ると良いですね。

「お金を何とかしなきゃ!」と躍起になるとか、自分で「きっとこれが原因に違いない」と決めて掛かってしまうと、根本的な解消までに時間を浪費する可能性がありますから、出来事・現象よりも自分が抱えている気持ちの方を見詰め直されるのが良いでしょう。
とは言え、この『不安で堪らない』『怖くて居られない』『苛々してどうしようもない』みたいな気持ちの方を見たくないから、自分以外に目を向け続けたり、忙しくして誤魔化そうとしたりなどを続ける訳です。
自分の中にあるネガティブな思考を見るのなんか、誰でも嫌に決まってます。だから今以てこうなんです(笑)。



多分つづく。




台風が来ております。
一時的に気温が下がりまして、今日は非常に過ごし易い日です(@東京)。
いやー…ホッとします。

数日前のことになりますが、猛暑の中を頑張って動いてくれているエアコンに対し、すごーく感謝が湧いて、エアコン様に手を合わせて泣いてしまった私です(笑)。
ちょっと面白いというか変な様子かもしれませんが、本当に有難い気持ちで一杯でした。
壊れもせず、部屋を涼しくしてくれるなんて素晴らしい。
お蔭で具合も悪くならずに過ごせますし、感謝しきりです。ありがたやー。




さて、最近告知が滞っておりましたが、10月までのワークショップスケジュールが出ましたのでお知らせです~。



★8月
8月19日(日曜) 12:00~16:00
テーマは『潜在意識/インナーチャイルドとの関係』


★9月
9月16日(日曜) 12:00~16:00
テーマは『前世・過去世を観る』


★10月
10月14日(日曜) 12:00~16:00
テーマは現在選定中です




こんな感じです!
ホームページに詳細がございますよ~。



私達は『あるべき状態』、『正しい状態』に戻る為に今の人生を生きています。
それが幸せというものなのですが、色々な方法で自分を見つめ直すことで、あるべき状態に戻って行くのは確実にそうです。

自分を良くするには色々なやり方がありますが、一番大切なのは自分で自分の人生に責任を持とうとする気持ち、自分自身を理解しようとする心です。
○○のせい、という考え方を使っていると、例えば折角のテクニックがあっても、生かすことが出来ません。
何をするにも自分の人生に対する姿勢がとても重要ですから、是非ご自分の人生に対する気持ちを見直してみて下さい。




暑中お見舞い申し上げます。

8月に入りました。「お盆まであと少し…あと少し…」というお話をちらほら耳にします。
この酷暑も、お盆を境に少し落ち着くんじゃないかなと思っていらっしゃる方が多いのですよね。
確かにお盆を過ぎた途端、風が変わりますからねー。
とは言え、もう少し早めに落ち着いてくれると嬉しいなーと。





自分を癒して行くと何が良いのかと言えば、偏に『ラクになること』です。
大きなパターンを手放すと、確かに物理現象がガラッと変わることもあり得ます。
形のレベルで変わることを私達は期待しがちですが、他にも沢山変化はあるんです。
実体験から申し上げますと、癒し(気付き、理解)が進んで行く毎に、激烈な感情や思考や執着は削れて行き、それから欲が減ります

特に物欲とか、自己実現的な欲求はがくんと減る。
欲しい! 欲しい! って気持ちになることがどんどん減って行きます。
あれ買いたいとか、手に入れたいとか、あそこに行きたいとか、あれを食べてみたいとか、あれになりたいとか、そういうことですね(私はほぼありませんが、恋愛中毒なんかも該当すると思います)。


じゃあそういう欲って一体何だったのかなと言うと、『欠乏』であり『自分は不完全』という考えで、それを形で無理矢理埋めようとする衝動だった…ってことになります。
もうちょっと砕けた言い回しだと、『自分に対する後ろめたさ』、『罪悪感、恐怖心』に操られた状態ですね。

これを動機に動き出すと、一つ何か形として手に入って、一瞬安心したような気がしても、程なくうずうずし始めます。
直ぐにまた同じ行動を繰り返すので、結果から言うと、それ自体が欲しいということじゃなかったんですね。
「自分の中が欠損している、不足している、足りない」という思考があって、これを外側から補填しようとすることであったと。
本当の原因、理由に目を向けない限り、代償行為のようなリピートを続けてしまいます。
原因が癒されていない為、それをせずには居られないからです。


ところで、個人の範疇を超えた潜在的な理由で『○○をせずにいられない』というパターンを反復している場合があります。
これはこれで元ネタを解除すると、我慢するでもなく、抑え込むでもなく、その欲求を感じなくなる為にパターンが消えます。
そのスタートとして、「私は何故、こうしているのだろう」と繰り返し疑問を持つことは大切です。

もし現在の自分個人の枠内ではない所に元ネタがあるとしたら、正体がなかなか分かりにくいかも知れません。
先祖から来ているとか、稀に過去世から来ていることもあります。
何に端を発しているのかとは言っても、プログラムのようなものですから、解除すれば…つまり、理由が判明して理解すると、続ける必要が無くなります。
結果、パターン消滅。それまで振り回されていた欲求や衝動や飢餓感は無くなります。



それまでは「これが無いと生きて行けない」「これが無い自分なんか想像出来ない」「あって当たり前」「なんかついやってしまう」と言う程に依存していた対象に、何ら興味を示さなくなったりすると、

「あの状態こそが自分だと思ってたけど、自分じゃなかったのか~」

と、振り返って感じ入ることが多々あります。
○○が好き、○○になりたい、といった趣味嗜好に関しても、どんどん手から離れて行きます。
その他、自分の人生で大きな影響のあった体験についても、同じく手放すことになるでしょう。

一つ気付いて手放す毎に、「あー、あれもこれも自分じゃなかった…」と確認する感じです。
それが自分だと思い込んでいたものばかりが剥がれ落ちて行くと、「あら? じゃあ私って何なのかな?」と思い始めます。
この確認作業を続けて行くと、何れは多くの先達が伝えて来られているように、『空』『ゼロ』の状態に戻って行くのでしょうね~。



○○したいとか、欲しいとか思う時には二種類の動機があります。
それを通じて喜びを感じているからなのか、自分の中の欠乏を埋めようとする為なのか、そのどちらかです。
満足するならそこで終わり。満足出来ないなら、また同じ行動を繰り返します。

後者については気付いて行くことでネガティブな考え、執着を手放すことになるので、自分だと思っていた思考、感情が剥がれ落ち、どんどん身軽になるということですね。
まずは、繰り返していることに疑問を持つことから。
それはもしかして、自分本体の望みではないのかも知れない。過去の繰り返しでしかないのかも知れない。
そのように見直してみる所からが、ラクになる一歩目です。



暑中お見舞い申し上げます。
記録的猛暑の7月が終わり、8月に入りますね。
お盆を過ぎれば何とか秋の気配…になって欲しいな…と思っている昨今です。

気温が上がった所で夕立も降らず、夜になっても気温が下がらず、そのまま朝…というループに目が回ります。
ちょっと外に出るだけでもクラッとしたり。
呉々もご自愛下さいませ。

私は夜に糠漬けを食べると美味しく感じる毎日です。
日中汗を掻くせいでしょうね。「おいしい~!」って感激します(笑)。
身体から逃げて行く塩分・ミネラル類を補給出来てありがたやーです。




さて、今日は『受け取り方、捉え方、解釈』のお話です。


物事を体験・目撃した時に正しく受け止められるというのは、幸せに暮らす上で大変重要なことです。
逆に、物事を体験・目撃した時に、間違った受け取り方をすると、問題や不幸の要因となります。
どういうことかと言うと。



例えば、凄く可愛がられて、大事に大事に育てられたとして、人間の受け取り方は大体二種類になります。

「こんなに良くして頂いて、有り難いなあ」

という解釈と

「こんなの当たり前。私が特別だから可愛がられるのだ」

という解釈です。





また、自分が何かをやらかして叱られた時の取り方も、二種類になります。

「自分が何か問題のあることをしたからだ。自分が間違っているからだ」



「酷い! 何で私がこんな目に遭わされなきゃいけないの! あっちがおかしい!」

です。



これらの解釈が何処で分かれるかと言うと、『自分に対してどのように価値判断をしているか』に照らし合わせた結果、割れます。
どちらかの取り方が常に絶対正しい、ということはありません。
その時の事例によって、正しい解釈(=事実)は違います。

自分の価値を不当に高く見積もり過ぎているから不満に感じるのか、実際に不条理な扱いを受けているから違和感があるのか、よくよく見直さねばならないでしょう。
ともあれ、不平不満があるとか、納得が行かないといった状態であるならば、正しい捉え方をしていない、正しい理解をしていないということになります。
「だから正しく見直しましょう」ってことです。




体験の受け取り方には個人の癖があります。
その"受け取り方の癖"を振り返ると、自分が自分をどう思っているかが分かります。


凄く愛されて育ちました。殆ど叱られたこともないし、やりたいことは殆ど全部出来る環境・状況で生きて来ました。
という方でも、「自分程、不幸な人間はいない」と信じ込んでいる人がいます。
それは何故かと言うと、自分に対する期待値が異常に高く、「何でも思い通りになるのが当たり前だ」と勘違いしているからです。

甘やかされ過ぎた、可愛がられ過ぎたとも言えますが、環境が悪いというよりも、そういった環境の中で「自分はこういう扱いを受けて当然の価値があるのだ」と間違って解釈しちゃった結果ですね。
外の世界の人から相応の扱いをされると、「おかしい。昔のように、何もかも思い通りじゃないなんて周りがおかしい」と考える訳です。



不幸癖がある人も似たようなものです。
「まあ、これが普通でしょ」「こういうものでしょ」と信じている限り、『自分にとっての普通』を体験し続けます。
自分に対する価値の見積もりが低すぎると、本当に不幸まっしぐら。物理的にも、精神的にも、です。

どちらであっても、自分をそのように見積もっている、価値判断している理由があります。
ですから、
『自分に対し、どの程度の体験や周りからの扱いが当たり前だと思っているか』
『その根拠は何か。自分をそこに価値付けている理由は正しいのか』

を見て、体験についての再解釈を行うと、正しい落とし所が見つかる可能性大です。


何か納得の行かない状況・状態である時、ついつい周りを変えようとしたり、願望達成をしようと試みるのが割とメジャーかも知れませんが、抑々の自分に対する価値判断を見直す機会として活用されるのが宜しいかと思います。



大雨の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
長期的な支援が必要な災害だと思います。

支援の方法は色々ありますが、Tカードをお持ちの方であればTポイントで寄付出来るのが一番お手軽かな? と思います。

あとは、今ならコンビニのレジ横に募金箱があったりしますから、お釣りの小銭を幾らかでも入れるとか出来ますね。
小さな協力でも、数が集まれば大きな力になります。
普通の個人が出来ることは僅かばかりのかも知れませんが、集まった善意を行政や関係者の方が最善の形で活用して下さいますようにと願うばかりです。







8月19日(日曜日)開催予定のワークショップテーマを置いておきますね~(サイトからコピペ)。

『潜在意識/インナーチャイルドとの関係』

現実に体験することを司っているのは潜在意識。
その潜在意識と直接仲良くするには、『インナーチャイルド』の存在を知ることです。
ここで言うインナーチャイルドは「私の中の私」「内なる自分」。
人生での自分と現実の関係性は、自分とインナーチャイルドの関係性の反映です。

様々な角度から内なる自分と向き合い、良い関係を作りましょう。
潜在意識を無視して、良い人生に出来ることはありません。
『インナーチャイルドと仲良し』を楽しんでみましょう♪



という訳で、インナーチャイルドのお勉強をがっつりやりましょう、です。
今回取り扱う『インナーチャイルド』とは、「傷付いた子供の頃の自分」という意味ではなく、『潜在意識を司っている部分』という意味で使っています。

現実を見せている、体験させているのはこのインナーチャイルドの部分ですから、この『内なる子供』と親密であることは、現実生活を良く出来るかということとイコールです。
この部分を蔑にしていると、実生活でもあまり良い思いが出来ないかも知れません(形として恵まれているかどうかは別)。


このインナーチャイルド、ホ・オポノポノでは『ウニヒピリ』と呼びます。
私達が体験すること、目にすること、それらに対しての反応は、潜在意識の中から現れるのですが、これを繰り返し見せてくれている担当者がウニヒピリです。

何の為に色々と見せてくれるかと言うと、「あなたの中にこういう未処理の記憶があるよ、だからクリーンにして手放して~」と言っている訳です。
沸き続ける記憶に右往左往すること、目の前にあるものを拒絶したり逃げたり誤魔化したりすることで一生が終わりかねない中、これまでの対応ではなく『認めて、手放す』為に見ているのだという認識に変えたら、自分は無力な被害者ではなくなります。



実体験から思うのですが、あれこれ考えている(つもりである)ことや、何かに対する咄嗟の反応や気持ちって、出所が何処なんだか分かったもんじゃないなーと。
主観としてはあくまで「今の自分が、リアルタイムにそう思った」気がしていることも、実はただの記憶であって、下手をすると自分の考えですらなかったり…(例えば先祖とか土地とか、その建物とかの記憶を自分が再生しているだけだったりする場合も)。
『この私』が『今、この瞬間』に考えたり思ったりなんかしていないんだな…というのが、手放す作業を繰り返して来て気付いたことです。

『ホ・オポノポノ』では「全てが記憶」、『奇跡のコース』では「全ては過去」と言い切っていますが、確認作業を続けていると「ありゃ本当だわ…」と唖然です。
まるで今、考えているかのような気がしている。たった今、そう思ったような気がしている。だけ。
でもそれらも全部過去であり記憶で、いつまでも手放さないからループしているんだということですね。


気付いて手放すこと、その実践を繰り返すとこの内容が理解出来て行くので、やっぱり日頃の地道な内省作業は大切だと痛感します。
自分の体験、反応に正直に向き合うことで、インナーチャイルドと協力して不要な記憶を手放して行くことが出来ます。
ラクに作業が進められるのが一番良いので、顕在意識と潜在意識、お互い協力しながら進みたいものです。




私の住んでいる地域では、とっても大雨でした。
びっくりしました…止んだ、と思ったらどばーっと! を暫し繰り返す感じで。
毎年のことですが、梅雨明け宣言が出ると絶対に雨が続きますよね。台風シーズンでもありますし。
お天気だけ取ってみても、日々色々ありますね…本当に。


現在も西日本を中心に大雨が続いております。
被害がおありの地域の皆様、いち早く日常に戻れますよう願っております。呉々もご無理なさらずに!

大雨の時に注意すること等がこちらのページにありましたので、リンクしておきます。
⇒『豪雨時はトイレの逆流対策も必要








今日は『ホ・オポノポノ(セルフ・アイデンティティ・スルー・ホ・オポノポノ)』のお話。
ここ暫くは『ホ・オポノポノ』は本当に凄いなーと思うことが沢山あります。
私もクリーニングツールは毎日使っていますが、人様からは度々「やっても効かなかった」「何も変わらなかった」というお話を伺います。


なんでかって言うとー。


「効かない」
「変わらない」
という不満や失望がある時、必ず期待が存在しています。

そう、「こういう結果になる筈だ」「こうなって欲しい!」という、結果に対するコントロール欲求があるんですね。
だから先ずは、自分が如何に特定の結果に執着しているかに気付いて手放すこと(目的、動機をクリーニング)をしないと、なんぼやっても「何これ! 変わんないじゃん! 騙された!」とプンプン怒ることになります。


何も問題が無い時は、クリーニングの必要性を感じない。だからやらない。
嫌なことがある時、問題がある時になって、「これが嫌だから変えたい!」という理由でやってみる。
すると、特定の目的の為にやることになるので、これはクリーニングしていることには全くならない訳です。

ホ・オポノポノのクリーニングというものは『事実・現実・因果関係を認める為、直面する為』にやるものだと私は理解しています。
自分の中にある古い記憶・思考を手放す、因果関係を解明するスピードを上げるという目的に於いては、非常に優れたメソッドのように思います。
自分一人で毎日出来るというのも有難いポイントです。


こうなって欲しい、こうなりたい、変えたい、辛い、苦しい、腹立たしい、好きだ、嫌いだ、痛い、怖い、嫌だ、見たくない、逃げたい、不満がある、その他諸々…をどんどんクリーニングして行くと、自分ではそれまで気づかなかった思考がべろんと捲れて来て、「あっ」という瞬間が何度も訪れます。
人の思考は積層構造になっていますから、楽になりたいならば上に表出している層から順番に捲って行く必要があります。

現象、現実も私達の思考(潜在意識)。
また、それらに対する反応も『思考』で、『記憶』であり『過去』です。



ちょっと例を出すと、お部屋で霊体験がーとかいうことがあったとしてですね(何故か夏場は怪談が盛り上がる季節なんで何となく…)。
それも、潜在的な私達の中にある記憶、過去の思考を見ている状態ですから、クリーニングするが宜しい。ってことですね。
土地に宿る記憶なのか、その建物に残った記憶なのか、本人の個人的な記憶なのか、先祖の記憶なのか…どれが元ネタかは解らないにせよ、体験しちゃった以上は事実なので、クリーニング対象(解決・解除の対象)ということになります。

この時、「早く消えて!」とか「怖いから」という理由でクリーニングするとまた空回りしますので、まずは「怖い」をクリーニング。「早く消えて欲しい(結果の指定)」をクリーニング。
といったように、実際に自分がリアルタイムで思っていることからどんどんクリーニングして行くと良いですね。
特にここ(何故クリーニングをしようとするのか、という動機・目的)が見落としがちというか、灯台下暗しなポイントだと思います。


『あらゆる問題は解決する為に現れる』
とも言えますから、逃げ出したり誤魔化したりすることなく、そうしたくなったらその気持ちもクリーニングして、どうしたら良いか分からないと思うならその思考もクリーニングして、一つずつ向き合っていくと良いでしょう。
つーかそれ以外出来ないですよね(笑)。

私は日々、「クリーニングってすげー!」と実感するにつれ、
「もっと昔に、この絡繰りを理解した上でマジメにクリーニングしておけば、長年あんな苦労しなかったのになあ…」
と遠い目ですよ。とほほー(笑)。
でも理解出来る日が来て本当に良かったです。ありがたや…。


プロフィール

Sachi

blog owner:Sachi
潜在意識を活用した、ちょびっとスピリチュアルな総合セラピー、癒しのワークショップ・タロットカードセッションをしているSachiです。
穏やかに楽しく成長出来るよう、入手した情報や、日々の気づき&
発見などをシェアして気ままに更新。
イベント情報も随時掲載中です♪

※記事の内容、情報については一個人の捉え方、考え方に纏わるものが大半です。
絶対的な事実という訳ではありません。
また、私の理解や気付きの段階に応じ、記事の内容にも随時変化がありますことを何卒ご理解下さい。
※過去の記事をご覧になってセッションやワークショップにご興味を持たれた方は、必ず最新記事近辺を幾つかご確認下さい。
セラピストの基本姿勢、考え方をご理解の上、ご予約願います。

※相互リンクは現在募集しておりません。


旧blogタイトルは『気づきのステップ』。


■カウンセリング&ヒーリング&セラピーを総合した個人セッション、月に一度のワークショップ、またタロットカードセッションをご希望の方はサイトをご覧下さい♪


やや細かいプロフィール



I love you.

メール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

recommend

マインドの変化を促すことで幸福体験をしたい方に♪



●心静かな時間を作り、暗示や瞑想に活用




●毎日コツコツ自分を浄化






●根本的に取り組みたい人は






●でも『コース』は難解だ…という人は




ブログ内検索

月別アーカイブ

Copyright © Sachi